ユニフレームのファイアグリルを使ってバーベキュー

出典:ユニフレーム

ユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」の魅力を解説!

金属加工技術が有名な新潟県燕三条市に位置し、丈夫で長持ちする高品質キャンプ用品を展開するメーカー、UNIFLAME(ユニフレーム)。中でも、1998年に販売した「ファイヤグリル」は、焚き火やバーベキューのアイテムとして人気です。今回は、発売から20年以上経った今でも絶大の人気を誇る魅力を解説!全種類紹介しているので、シーンに合わせて選んでみましょう。

ユニフレーム「ファイアグリル」2つの魅力

1.焚き火・バーベキュー・ダッチオーブン料理まで楽しめる!

ユニフレームのファイアグリルは、1台で「焚き火」「バーベキュー」「ダッチオーブン料理」の3役を担う優れものです。フィールドを傷めることなく焚き火を楽しんだり、付属の網でバーベキューをするのはもちろん、ダッチオーブン料理の他にも別売りの鉄板を使えば、料理の幅はさらに広がります。

2.アウトドア時にうれしいコンパクト設計

ユニフレームのファイアグリルは本体、脚、焼き網を分解できるつくりで、コンパクトに持ち運べます。収納時には本体の中に脚やロストルがコンパクトに収まり、厚さわずか7cmになるので保管も簡単!持ち運びの際には場所を取らないので、焚き火用と調理用で2台持ちもできます。

ファイアグリルは通常のものと「solo」の2サイズ

ユニフレームのファイアグリル
サイズは、通常サイズとsoloサイズの2種類。ソロキャンパーから家族、グループなど幅広いシーンで使えるバリエーションがあるのはうれしいポイントです。 「通常サイズとsoloサイズ、どっちがいいの?」という方のために補足すると、選ぶ基準は、ズバリ使用人数です。 通常サイズはソロキャンプでも使えますが、最大人数は5人といったところ。両親+子ども数人くらいの人数で使用するなら通常サイズで十分です。ひとりで楽しみたいなら、soloサイズがおすすめ!持ち運びやすく、コンパクトながら使い勝手が良いです。
商品名ファイヤーグリルファイヤーグリル solo
画像
使用サイズ43×43×33cm29.5×29.5×18cm
収納サイズ37.5×37.5×7cm21×21×5cm
重さ2.7kg900g
使用人数4~5人1人

ファイアグリルは豊富なオプションで、幅広い使い方ができる!

ファイアグリルを購入する際には、これらのオプションも合わせて揃えていきたいところ!ユニフレームのファイアグリルは、別売りのオプションが豊富です。鉄板を使えば焼きそばやお好み焼き、ヘビーロストルの焼き網を使えばダッチオーブン料理も楽しめます。
商品名ファイアグリル 専用ケースファイアグリル ヘビーロストル ファイアグリル 焼き網ファイアグリル エンボス鉄板
画像
サイズ43×10×40.5cm33.5×33.5cm35×35cm32×32.3×2cm
おすすめポイントファイアグリルが 2台収納できる 専用ケースダッチオーブンにも 耐えられる五徳高い耐久性を誇る 焼き網炒め物に適した鉄板

ファイアグリルとあわせて使いたい便利な6つのアイテム

商品名焚き火テーブルUFダッチオーブン8インチUFダッチオーブン10インチダッチスタンドFGハンガーFGポットハンガー
画像
サイズ55×35×37cm直径20.5×9.5cm直径26×11cm21×7cm48cm-
おすすめポイント熱・汚れ・キズに強い丈夫なテーブルソロキャンプ向きのダッチオーブンファミリーキャンプ向きのダッチオーブン頑丈でサビにくいスタンドトングやリフターを置きやすいハンガーダッチオーブンなどをつるせる

ファイアグリルの懸念点や手入れ方法、裏技も知っておこう

熱でロストルが変形してしまう

ファイアグリルの欠点は、炭床であるロストルが変形してしまうこと。付属しているロストルは薄い鉄板なので、使い続けるとデコボコに変形してしまいます。変形しても使用する際に大きな問題となることはありませんが、使いづらさを感じた場合は買い換えましょう。

アルミホイルを利用して片づけを楽ちんに

ユニフレームのファイアグリルの使用前のセットの様子
ロストルの下にアルミホイルを敷いておけば、あとは炭や食材の油などをまとめて包んで捨てるだけで良いので、後片付けが簡単になります。ロストルに巻くと空気の通り道が無くなって火が燃えづらくなるので、気をつけてください。

2台使いでキャンプをより快適に!

片方はバーベキュー、もう片方でダッチオーブンを使うなど、調理を同時にこなしたいシーンでは、ファイアグリルが2台あると便利です。収納時には、2つを重ねると1つにまとめて収納できるという裏技もあるので、2台持ちもぜひ検討してみてください。

さびにくいとはいえ、お手入れはお忘れなく。

組み立てる前のユニフレームのファイアグリル
さびにくいことで定評のあるユニフレームのファイアグリルですが、しっかり手入れをすることで保ちはさらに良くなります。使用後に洗う際には、完全に冷え切ってから洗いましょう。熱を持った状態で急に冷水で洗うと、変形の原因になります。 そして、洗った後はしっかりと乾燥させること。これを怠ると、サビやすくなります!乾燥の時間を取れない場合は、使用後は拭くだけにして、自宅に戻ってからしっかり洗うのがおすすめです。

ファイアグリルはコストパフォーマンスが良く安定性抜群!

ユニフレームのファイアグリルで燃え上がる焚き火
実際にファイアグリルを使用されている方の評価を見ると、やはり抜群の安定性とコストパフォーマンスが良い点を挙げられています。特に、キャンプ初心者からの評価が高いです。組み立てや後片付け、持ち運びも簡単にできる点が人気の理由のひとつであることが伺えます!

「ファイアグリル」でキャンプ料理にトライ!

今回は、発売から20年以上経った今でも絶大の人気を誇る、ユニフレームのファイアグリルの魅力を解説しました。このキャンプ用品は、1台で3役を担う優れもの!2サイズから選び、豊富なオプションと組み合わせれば楽しみの幅が大きく広がること間違いなし!まだファイアグリルを持っていない人は、ぜひチェックしてみてください!

今回紹介したアイテム

商品画像ファイアグリルファイアグリルsoloファイアグリル収納ケースファイアグリル ヘビーロストルファイアグリル用 焼き網ファイアグリル エンボス鉄板焚き火テーブルUFダッチオーブン8インチUFダッチオーブン10インチダッチスタンドFGハンガーFGポットハンガーファイアグリル用 ロストル
商品名ファイアグリルファイアグリルsoloファイアグリル収納ケースファイアグリル ヘビーロストルファイアグリル用 焼き網ファイアグリル エンボス鉄板焚き火テーブルUFダッチオーブン8インチUFダッチオーブン10インチダッチスタンドFGハンガーFGポットハンガーファイアグリル用 ロストル
商品リンク

特集・連載


あわせて読みたい記事