hinata

>

キャンプ

>

焚き火台

>

スタイリッシュでおしゃれ♡『ピコグリル』の魅力♪

スタイリッシュでおしゃれ♡『ピコグリル』の魅力♪

 キャンプ

燃える焚き火

出典:Pixabay

キャンプで焚き火をするには焚き火台を使用することが多いですが、その中でも海外のアウトドアメーカーが販売している焚き火台『ピコグリル』を知っていますか?今回は『ピコグリル』の魅力をご紹介していきます♡


 目次


『ピコグリル』とは?

スイスのアウトドアメーカー『STC』社製の焚き火台です。「ハイキングでも焚き火を楽しめるように」という願いを叶えられるような薄さを実現した焚き火台になっています。洗練されたシルエットに魅了されているキャンパーさんも多く、ネットショップでも少数のショップでしか販売されていないので、入荷してもすぐ売り切れてしまいます。手に入れたい方は、在庫があるかをまめに見る必要があるほど。

板の部分に穴が複数ありそこから空気が入るので、他の焚き火台よりも火付きが楽にできるところに、特徴があります◎他の焚き火台よりも火の粉が下に落ちやすいので、芝生など植物が自生しているキャンプ場などではアルミのトレイなどで火の粉が落ちないようにする必要があります。

A4サイズより少し大きい『ピコグリル398』

ピコグリル398    

出典:pikari outdoor-shop

薪は少しはみ出しますが十分な焚き火ができるサイズになっています。

Picogrill398 ピコグリル398
組立サイズ:38.5×26×24.5(h)cm
収納サイズ:33.5×23.5×1(h)cm
重さ:(約)448g(本体)
素材:ステンレス
付属品:収納ケース
価格:11,800円(税込)
購入はこちら:pikari outdoor-shop

   

Instagram (@mah_ofa)

『ピコグリル398』は、ソロや少人数用のクッカーを乗せるスペースが十分にあるモデルになっています♡

A4サイズ2枚分ほどの『ピコグリル760』

ピコグリル760    

出典:pikari outdoor-shop

『ピコグリル760』は大きい薪もそのまま置けるので、斧や鉈がなくても安心です。

Picogrill760 ピコグリル760
組立サイズ:38×54×26(h)cm
収納サイズ:30×30×45cm
重さ:(約)740g
価格:17,500円(税込)
購入はこちら:pikari outdoor-shop

   

Instagram (@masami1970gtx)

『ピコグリル760』はシリーズの中でも一番大きいサイズで最も人気のアイテム♡ファイヤーハンガーとのおしゃれ感も人気の秘密かもしれませんね♡

アルコールバーナーが利用できる『ピコグリル239』

小枝が燃えるピコグリル239    

出典:pikari outdoor-shop

『ピコグリル239』は『ピコグリル398』や『ピコグリル760』とは違い小枝など細い木で使用できるのが特徴的です。

Picogrill239 ピコグリル 239
組立サイズ:19cm×19cm×16.5(h)cm
収納サイズ:33.5cm×19cm×0.5(h)cm
重さ:239g(ケースなし)
素材:ステンレス
付属品:ナイロンケース・スピット(串)1本
価格:9,600円(税込)
購入はこちら:pikari outdoor-shop

『ピコグリル239』よりさらに小さい『ピコグリル85』も♡

小枝が燃えるピコグリル85    

出典:pikari outdoor-shop

『ピコグリル85』は最近出回り始めたミニサイズの『ピコグリル』♡ネイチャーストーブとしても使用することができるので、車に常備して置いてもいいですよ◎

ピコグリル85
組立サイズ:120×140(h)mm
収納サイズ:230×150mm
重さ:(約)100g
価格:8,000円(税込)
購入はこちら:pikari outdoor-shop

   

Instagram (@sub_lostyle)

『ピコグリル』の中でも最も小さいサイズの『ピコグリル85』。持っているキャンパーさんが徐々に増えてきている理由には、アルコールストーブを中に入れて使用できるという点があげられます。小さくても『ピコグリル』の個性的なシルエットは変わりません♡

他の軽量焚き火台との違いは?

燃える焚き火    

出典:Pixabay

オートキャンプ用の焚き火台は、スノーピークの『焚火台』やロゴスの『ピラミッドグリル』、ユニフレームの『ファイアグリル』など数多く販売されています。これらは、ダッチオープンが置けるようにと割とがっちりとした印象な焚き火台になっていました。しっかり使える一方で、ソロ用や女子キャンプのような、ちょっと焚き火がしたいという時などは重くて後片付けも大変という印象があるので使用するのを敬遠することも。

その他、小さいサイズの焚き火台も多く出ており、これらは軽量で扱いやすいですが、キャンプで使用するほとんどの薪は、斧や鉈などでその焚き火台のサイズに合わせる必要がありした。それに対して『ピコグリル』は、組み立ても簡単で女性でも扱いがしやすく、薪もよほど太くなければ斧や鉈などで小さくしなくても乗せることも可能で焚き火を楽しむことができます♪

どういった人向き?

ソロキャンからファミリーキャンプまで幅広く使うことができます♪コンパクトカーや女子キャンプなど、荷物が多いと大変なキャンプでも、薄いのでコンテナボックスなどの隙間に入れられます。また、軽量であることから、重さを気にすることなく気軽に使えるのも魅力ですよ♡焚き火を楽しむだけではなく、燃料を消費しがちなシチューや煮込み料理などを焚き火でキャンプを楽しむのもいいですね♡

   

Instagram (@mah_ofa)

デイキャンプで焚き火をする時も軽量なのでコンテナの中にでも入れて♪外ではやっぱり焚き火ですよね♡

   

Instagram (@kani_instagram)

荷物を少なくしたいソロキャンプ用にも大活躍◎自然の中に溶け込むようにキャンプをすると日々のストレスから解放されます♪

アイテムもプラスして♡

『ピコグリル』をより便利に使用できるアイテムをプラスすると焚き火をもっと楽しむことができます◎

何本かあると重宝する『スピット(串)』

『ピコグリル』の上にセットするだけでクッカーやアルコールバーナーを使うことができる『スピット』は一つあるととても重宝します♡『ピコグリル398』、『ピコグリル760』のそれぞれのサイズ用の『スピット』がありますよ♪

ピコグリルの上にスピットをおいてクッカーをのせた様子    

出典:pikari outdoor-shop

複数あるとよりクッカーを置くのも安定し、半分はクッカー用半分は薪を追加したり整えたりということもできます。

Picogrill用 スピット/串
サイズ:31cm
価格:650円(税込)
購入はこちら:pikari outdoor-shop

Big spit /ビックスピット  Picogrill760用
サイズ:45cm
価格:1,000円(税込)
購入はこちら:pikari outdoor-shop

   

Instagram (@toshio_sugi)

肉も刺して焼くことができるので、ワイルドな雰囲気はばっちり♡焼きあがった肉を豪快に食べられるのもキャンプの醍醐味ですね♪

   

Instagram (@tommy_k330)

スピットを複数本持っていると網のような使い方もできます◎収納サイズもスピット1本の大きさにまとめられるのでコンパクト♡

『ピコグリル760』専用の変形五徳

コグリル760専用の五徳    

出典:pikari outdoor-shop

『ピコグリル760』には専用の五徳も販売されています。焚き火台を全て覆ってしまう網などは、薪を追加したい時には邪魔になってしまいます。火力が安定し、料理を作るために鍋を置きたい時に慌てて網を乗せるということも多いはず。
この五徳はどちらをする場合にも不便さを感じることなく使えます◎

Picogrill760専用 変形五徳
重さ:165g
価格:2,800円(税込)
購入はこちら: pikarioutdoor-shop

パーセルトレンチ

『スピット』と同じくクッカーを乗せて使用できる『パーセルトレンチ』ですが、網状や格子状になっているのでより安定して使用することができます。

   

Instagram (@syoetsu.tsuruga)

あまり販売していないのでオリジナルの『パーセルトレンチ』を自作してしまうキャンパーさんも!より個性的な焚き火エリアを作ることができますね♡

インスタグラムで学ぶ

   

Instagram (@okuramakimaki)

ブッシュクラフトでもよく登場する『ムーリッカ焚き火フライパン』は『ピコグリル』との相性もばっちり◎

   

Instagram (@sotosukisentai2)

完成された配置はベテランキャンパーさんのこだわりがつまっています♡中央に『ピコグリル』をとったサイト作り憧れてしまいますよね♪

   

Instagram (@tomiguro)

『トランギア』のケトルなどキャンプ用のアイテムとなじむのも『ピコグリル』の魅力♡家ではできないことをキャンプでしたいと思わせてくれるワンショットになっています◎

   

Instagram (@gotooutcamp)

『ノルディスク』の『アルフェイム』と合わせて使うことでお互いのおしゃれさを際立たせています◎どんな料理を作るかワクワクしてくるテントサイトになっていますね♡

   

Instagram (@panda_camp)

『コフラン』の『テレスコーピング』に刺してウィンナー♡『ピコグリル』は網をどかさなくてもいいというのもメリットです◎

取り扱いショップは?

ネットショップからの購入が主流の『ピコグリル』は、入荷の数も少なくあっという間に無くなってしまうことも。まめに取り扱っているネットショップをチェックするしかありません。今回はその中でもシリーズを多く取り扱っている『pikari outdoor-shop』さんをご紹介します。『ピコグリル』のほかおしゃれなアウトドアグッズがたくさん♡『ピコグリル』の定期的な入荷情報も随時更新されるので要チェックですよ♪

pikari outdoor-shop

まとめ

いかがでしたか?他の焚き火台とはまた違ったデザインの『ピコグリル』。冬キャンプでは暖を取るために使用していましたが、春~秋ではキャンプの料理をすべて『ピコグリル』で作ってみてもいいかもしれません♪使えば使うほどキャンプに行きたくなってしまう焚き火台間違いなしですよ♡


あわせて読みたい記事



新着記事



おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪