複数買い必須!?ユニフレームの超定番の焚き火テーブル!

hinata

>

キャンプ

>

キャンプテーブル

>

複数買い必須!?ユニフレームの超定番の焚き火テーブル!

複数買い必須!?ユニフレームの超定番の焚き火テーブル!

 キャンプ

出典:pixabay.com

ユニフレームの焚き火テーブルは、キャンパーの間では必須アイテムと言われるくらい人気のアイテム。1台のみならず、複数個購入するキャンパーさんも多いのだとか。今回はそんな焚き火テーブルの魅力と使用法をご紹介します!


 目次


ユニフレームの焚き火テーブルを知っていますか?

キャンプ中の困りごと・・・熱い鍋の置き場所

   

出典:ユニフレーム

アウトドアで自然をめいいっぱい満喫した後の食事は、キャンプ中の楽しみの一つです。ほどよく疲れた身体で、青空や星空の下で食べる食事は格別ですよね。しかし、熱した鍋や卓上コンロなど、キャンプ中に熱いものの置き場所に困ったことはないでしょうか?通常テーブルに使われている素材は、木やプラスチックの一般的に使われる家具の素材が多く、熱した鉄製のアイテムを置く、熱後が付いてには少し不安になるものです。

今、ユニフレームの焚き火テーブルが大人気

   

出典:rakuten.co.jp

そんなキャンパーの悩みを解決するアイテムが、アウトドアメーカー『ユニフレーム』の焚き火テーブルです。焚き火テーブルは、火の周りで使用するのに最適化されたつくりで、屋外での食事に持っていけば、様々な用途に使用することができます。もちろん普通のローテーブルとしても活用できるため、一つ持っていればアウトドアにおいて大変便利なアイテムです。

焚き火テーブルの5つの特徴

熱に強く、熱した調理器具もそのまま置ける

   

出典:rakuten.co.jp

キャンプでは、調理に使用した器具をそのまま食卓に並べることも多いですよね。大人数でのキャンプならば、なおさら器具を多く置く必要があります。また、熱せられた鍋やフライパンを、普通のローテーブルに置くのは少し抵抗があるかもしれません。しかし、ユニフレームの焚き火テーブルは、熱に強いステンレス製でできています。そのため、アツアツに熱せられた鍋やフライパンも、そのまますぐに直置きすることができます。
また、幅約55cmと広さも十分に確保できるため、少人数のキャンプであればこれ一つで十分に食卓の役割を果たしてくれます。また、スタンドにはφ19mmのステンレスを採用しており、食事のたっぷり入った鉄製の鍋にも十分耐えうることができます。

傷に強く、汚れにくい素材

   

Instagram (@shihor291)

カレーライスや鍋物、バーベキューなどキャンプの定番メニューは、テーブルに油汚れがつきやすく、キャンプに夢中になってはしゃいでいると、気を付けていてもついこぼしてしまうものです。小さなお子さんも参加するキャンプでは、食事中に食べこぼし等でテーブルが汚れてしまうことも少なくありません。そうでなくとも、屋外でセッティングするために、キャンプで使用するテーブルには傷や汚れがつきものとなってしまいます。
しかし、ユニフレームの焚き火テーブルに使用されているステンレスは、エンボス加工が施されています。エンボス加工が施されていると、つるつるの素材よりも傷が断然目立ちにくく、その上汚れもさっとふきとることができるのです。そのため傷や汚れがついてしまうことを気にすることなく、心行くまで食事を楽しむことができます。

ロースタイルで食卓に最適な高さ!

   

Instagram (@you_cyunn)

ユニテーブルの焚き火テーブルは組み立て後の高さが37cmと、大人から子供まで、食卓として使用するのにちょうど良いサイズです。キャンプで使用するチェアーは高さが低いことが多いので、これくらいの高さのテーブルが一番食事をとりやすく、飲み物などのちょっとした物を置くにも大変便利なローテーブルとなっています。

組み立て簡単で女性やお子様でも楽々

   

Instagram (@jutasera)

ユニテーブルの焚き火テーブルは、組み立てやすいのも特徴の一つです。ご自宅で使うローテーブルと同様に、スタンドを広げることで簡単に設置することができます。女性やお子様でも楽々組み立てられるため、キャンプ基地のセッティングをスムーズに済ませることも可能です。さらに、側面は木製のプレートで覆われておりセッティング中に手を痛めてしまう心配もないためお子様にも安心して任せられます。

焚き火テーブルは複数買うべし!

用途が幅広いため複数買いが基本!

   

Instagram (@p10mama)

一つ持っていくだけでも大変便利な焚き火テーブルですが、実は、ベテランキャンパーの間では焚き火テーブルの複数買いが基本スタイルなのです。その理由は、ローテーブルを使う用途がかなり広いため、一度に様々な場所で活用したくなるためです。
食卓や調理スペース、各々のサイドテーブルやちょっとした荷物置き場など、実に多様な場面で活躍するためついついもう1つ、2つと欲しくなってしまいます。また、ユニフレームの焚き火テーブルは、シンプルなデザインで食事や飲み物などの主役を色褪せさせることなく使用できるため、たくさんあって嬉しいアイテムとなっています。さらに、調理をしないアウトドアでも普通のテーブルとして使用することができるため、キャンプに使用するテーブルをお探しの方にはぜひおすすめしたいアイテムです。

他の同じ高さのテーブルとの組み合わせも

   

出典:ユニフレーム

ユニテーブルの焚き火テーブルは、その他のアイテムとの組み合わせによっても用途を広げることができます。たとえば、キャンプで用いる通常のローテーブルと組み合わせることによってちょっとしたリビングスペースを生み出すことができます。サイドに焚き火テーブルを設置することで、調理をしつつその場で食事を楽しむことができます。そのため、屋外での食事メニューの幅がぐっと広がります。

まとめ

いかがでしょうか?ユニフレームの焚き火テーブルは、熱や傷に強く屋外での食事に最適な優れものです。また、シンプルなデザインで、一つ持っているだけでもさまざまな場面で役立てることができます。さらに、他のアイテムとの組み合わせで活躍の幅がもっと広がります。組み合わせも自由でキャンプがもっと楽しくなるユニフレームの焚き火テーブルを活用して、ぜひアウトドアをエンジョイしてください!


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪