hinata

>

アクティビティ

>

山でも街でも可愛い!カリマーのおすすめリュック・バックパック10選

山でも街でも可愛い!カリマーのおすすめリュック・バックパック10選

 アクティビティ

カリマーのリュックを背負って登山をする人々

出典:カリマー

ユニオンジャックのタグでおなじみのアウトドアブランド、karrimor(カリマー)。カリマーで人気といえば、リュック・バックパックです!登山やトレッキング向けのリュックから、タウンユースのおしゃれなリュックまで、「カリマー」ブランドが欲しくなるリュックを紹介します!


 目次


リュック愛用者多し!カリマーの魅力に迫る!

カリマーのロゴ    

出典:カリマー

「カリマー」は1946年にイギリスのチャールズ&メアリー・パーソン夫妻によって生み出されたブランドです。当時はサイクルワークショップとしての出発でしたが、その後、サイクルバッグ製品のタフさと機能性が評判となり、1957年からリュックサックの分野に進出。クライマーたちの要望をかなえる製品を次々に生み出しました。

登山からタウンユースまで、チャレンジスピッツあふれるカリマー製品!

カリマーのブランド紹介    

出典:カリマー

イギリスのクライマーたちが熱望したことにより誕生した「カリマー」のリュック。トップクライマーたちの声を積極的に取り入れたリュックは、エベレスト遠征や秘境探検などに採用され、国内外のアルピニストたちに信頼されるトップブランドに成長しました。あの有名な女性クライマー田部井順子さんも、カリマーとともに女性初のエベレスト登頂に成功したんですよ!

「カリマー」のリュックが魅力あふれる製品であり続ける理由、それはトップクライマーや冒険家たちをサポートし続け、彼らとともに時代やニーズにあった画期的な製品の開発にチャレンジしていること。そうしたブランドスピリッツが、今やおしゃれなアイテムとして人気のタウンユースのリュックや、ジャケットなどのアパレル製品にもあらわれています。

カリマーの魅力に迫る!カリマーのリュックが人気の理由とは

木の幹に置かれたカリマーのリュック    

出典:カリマー

驚きのラインナップ数!

カリマーのリュックのラインナップ    

出典:カリマー

カリマージャパンのHP には、“どのようなフィールドやシーンで力を発揮するのかを、開発段階で明確にイメージしてデザイン”しているとあります。その言葉どおり、アウトドアで使うリュックは、アルパインクライミング向け、トレッキング向け、ハイキング向けなどと細かくラインナップ。さらにタウンユースのリュックとして、ビジネス・トラベル向け、バックパッキング向けなどと、こちらもシチュエーション別にラインナップされています。
このようなニーズやシーンに合わせて細かく選べる充実した商品展開に加えて、豊富なカラーバリエーションとスタイリッシュなデザインが、ユーザーの心をつかんでいます。

背負いやすさへのこだわり

背面のデザイン    

出典:カリマー

「背負いやすく、疲れづらい」ことは、カリマーが大切にしているブランドとしての製品コンセプト。背中に背負った時の安定感やフィット感を高めるための工夫が、ショルダーハーネスや背面のプレートなど、あらゆるところになされています。
その背負いやすさへこだわりは、同じシリーズ・同容量のリュックで、背面の長さによっていくつかのタイプを用意している製品があることからも分かります。小柄な女性向け、背の高い女性向けなど、体格や身長に合わせて選ぶことができるユーザビリティは、間違いなく人気の理由の一つに挙げられそうです。

タフさ、機能を備えたプロダクト!

カリマーのリュックのデザイン    

出典:カリマー

「carry more=もっと運べる」―ブランド名の語源でもあるこの言葉のとおり、「カリマー」の一つ一つのアイテムにアウトドアのあらゆるシーンや、タウンユースで必要なモノが備わっています。たとえばリュックならば、製品のタフさ、必要な荷物を効率よく出し入れできるような工夫、そしてスキーなどのギアやノートパソコンなどを安全に運ぶための機能など…どれもが創業70年の歴史と技術に支えられて進化し続けています。

黒のデイパック多数!

カリマーのデイパックはカジュアルなテイストと使い勝手のよさに非常に定評があります。中でも黒色はビジネスマンも使えるということで、支持を集め、多数のデイパックが発売されることになったのです。

また、タウンユース用のデイパック以外にも登山用デイパックも発売しています。こちらも、コーディネートしやすいということでユーザーに大変好評です。皆さんも迷ったらぜひ黒色のカリマーのデイパックでカジュアルにコーディネートしましょう!

カリマーの公式ホームページでもクリにデイパックについて特集されているので、是非ご覧ください。
公式の特集はこちら:カリマー

他ブランドと比べたカリマーリュックの評判をチェック!

 

友達で「オスプレイ」のザックを買った人がいるのですが、
カリマーの方が細身でスマートに見えるし、歩いている時に
腕を後ろに引いてもザックに手が当たらないと言ってくれました。

あと、驚いたのは腰のベルト。
たいてい、山のザックには付いていますが、これも友達曰く、
カリマーの方が安定感があると言ってくれました。
ベルトがしっかり効いてくれると、本当に山では楽です。
荷物がうんと軽く感じます。

本当に女性の体を考えて設計されているなというのが、
背負ってみるととても良くわかるザックなので、
個人的におすすめのメーカーです。

登山女子のあれこれブログ-TO SEE THE WORLD-

細身でスマートかつ機能性も抜群。本格的なアウトドアの場面でのリュックを背負った時の安定感は必須ですが、カリマーのリュックはとてもいいです。

 

デザイン・・・おおよそ登山ザックとは思えないカジュアル(?)なデザイン。
多くのザックは明らかに登山!という感じで街に出ると目立ちそうなんですよね。
オールブラックなんですよ・・・シブいというか。。。
登山やる人は登山ファッションとして派手なものを選ぶことがあるかもしれませんが
私自身あんまりそういうのは好まないんですわ。。。
Type1では青とかありましたが、背が低い人向けとのことでこちらのタイプにすると
このデザインがありましたので・・・そんな中でシンプルな色つかいと形状が気に入りました。

関西登山旅行記のブログ「へたれな休日」

他のブランドとは違いシンプルなデザインなので、タウンでも使いやすいです。さらにカラーもブラックがあるので、コーディネートもしやすいですね。

 

アウトドア用なので軽くて機能も充実!
15リットルなのでレインカバーは付いていませんが、ちょっとしたお出かけには充分です!

私は車がメインなので、リュックのほかにトートバッグにオムツなどを入れています。
ちょっとした買い物や公園にはリュックだけ持って出かけます。

ウーマンエキサイト

小さいサイズのリュックだと女性も使いやすく、ちょっとした買い物や公園にもリュックだけ持って行って使えるのでとても便利ですね。

18〜30Lの普段使いしやすいリュックおすすめ7選

50L以上の大型リュックおすすめ2選

キッズにもおすすめなコンパクトリュック2選

まとめ

ハイスペックな機能を持ちつつ、ハイテクすぎないスタイリッシュなデザインの「カリマー」。アウトドアでも、街のなかでも、「カリマー」が人気の理由がおわかりいただけましたか?あなたのアウトドアライフのお供に、そしてタウンユースに、ずっと愛用できるリュックをぜひ「カリマー」で探してみてくださいね!


あわせて読みたい記事



新着記事



おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪