キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

アウトドア用おすすめ鉄板16選!ソロキャンプで肉を豪快に楽しむ

鉄板で肉を焼いている様子

出典:PIXTA

ソロキャンプでは、カップ麺やインスタントなど、手軽に済ませることもありますが、一人で贅沢にお肉を食べたくなることもあるでしょう。最近ではそのようなソロキャンパー向けのコンパクトな鉄板が数多く展開されています。この記事では、アウトドアやソロキャンプでステーキなどの食材をおいしく焼けるおすすめの鉄板を紹介します。ぜひお気に入りの鉄板を見つけてみてください!

ソロキャンプで鉄板を使うメリット

頑丈で調理がしやすい

鉄板は落としたり多少雑に扱ったりしても、そう簡単には歪まない頑丈さが特徴です。そのため、何度も買い直す必要がなく、長期的にはコスパが良いアイテム! また、鉄板は熱伝導率や蓄熱性、保温性が高く、一度温まると安定した温度で食材を焼くことができます。

意外と場所を取らない

意外と場所を取らないコンパクトさも鉄板の特徴です。多くの鉄板は、ハンドルも着脱式になっており、場所を取らずに収納・持ち運びができます。 ソロキャンプ用に手のひらサイズの鉄板もあるので、荷物を減らしたい方にもおすすめです。

同時に調理ができる

鉄板1枚で同時にいくつもの調理をすることができます。火床が1箇所でおさまり、余計な器具を使わずに調理ができるため、片付けも簡単に終わります。 調理時間の短縮にもつながり、簡単に調理を済ませたい人にもおすすめです。

キャンプ飯の幅が広がる

鉄板では、焼きそばやパエリアなど、網では調理できない料理を楽しむことができます。 熱伝導率や蓄熱性の高さから、鉄板全体が均一に温まるため、肉や野菜をどこに置いても同じ温かさで焼けます。野菜はシャキっと焼くことができ、肉はムラなくジューシーに焼くことができます。 小さいお肉だけではなく、大きなステーキ肉などでも均一に火を通すことができ、網焼きよりも幅広い料理を作れるというメリットもあります。

鉄板の選び方

ミニ鉄板でウインナーを焼いてる
鉄板にはさまざまなな種類があります。主にサイズ・厚さ・形状・素材を基準にして選んでいきましょう!ここではそれぞれの選ぶポイントを紹介していきます!

サイズで選ぶ

天板を選ぶ上でサイズは重要。特に使用人数によって適切な鉄板のサイズが変わってきます。ソロやペアの場合はコンパクトで手軽に扱えて持ち運びやすいA5サイズがちょうど良いです。3人以上で使用する場合はある程度大きいサイズの鉄板を準備しましょう。

厚さで選ぶ

鉄板は厚さがあるほど蓄熱性が高く、食材に熱がじっくり伝わります。一般的にステーキを焼く場合は、厚いほうがおいしく焼きやすいと言われています。分厚いステーキを焼くには10mm以上がおすすめ!適度においしい料理を作りたい場合は5mm以上。手軽に料理を作るには3mm以上のものを選びましょう!

形状で選ぶ

  • 平型
  • 平型はフラットで溝がないため、使用後の手入れがラクです。平らなので隙間に収納しやすいのもポイント。しかし、調理のときに食材や油、汁が落ちやすいので注意が必要。
  • フチあり
  • 一方フチが設けてあるタイプは食材や油、汁が落ちにくいです。ただし、平型と違いフラットではないので収納のしやすさの違いがあります。
  • 波型
波型のプレートの表面は凸凹になっています。凸凹になっていることで食材の油が適度に落ちるためヘルシーな焼き上がりになるのが特徴。
  • 穴あき型
穴あき型は鉄板自体に穴が開けられているので油が下に落ち、肉から油っぽさをとってくれます。ただし炭などに油が落ちると煙が発生するので、油受けも必要です。

素材で選ぶ

最近の鉄板のなかには鉄製はもちろんステンレスのものもあります。それぞれの特徴を把握したうえで選んでみてください。
  • 鉄製
蓄熱性に優れていて、食材をおいしく焼けるのが特徴。当たり前ですが鉄板はほとんどが鉄製です。鉄製の中でも表面に黒の膜をまとった黒皮鉄板という素材のものが多いです。
  • ステンレス製
丈夫でさびにくく、手入れや管理しやすいのがステンレス製の特徴。鉄製より扱いがラクなものがいいという人におすすめです。
  • アルミニウム
アルミニウムは熱伝導率が高く鉄板がすぐに温まるので、すぐに調理できます。また耐食性にも優れているのでさびにくいのが特徴。さらに軽量なのでソロキャンプやツーリングキャンプにおすすめです。

ソロキャンプに使いやすいおすすめの鉄板を紹介!

ソロキャンプでも鉄板を使っておいしい料理を作りたいですよね。ここではソロキャンプおすすめの鉄板を紹介します!

鉄板の手入れの仕方(シーズニング)

一般に売られている鉄製の鉄板やフライパンは出荷時点でさびないようにさび止め剤が塗ってあります。そのさび止め剤をしっかり焼き切るのが使用前の重要ポイントです。製品によってはこの工程が必要ないものもありますが基本行程は同じなので参考にしてみてください。

使用する前の準備

1.火でサビ止めをしっかり焼き切る まず、鉄板の表面に塗ってあるサビ止め、油をしっかり焼き切ります。鉄板の色が変わり煙が出てきますが、煙が出なくなるまでしっかり加熱してください。裏表しっかり焼き切ることができたら、しばらく放置して鉄板を冷まします。熱いまま水などで冷やさず、放置して自然に冷めるのを待ちましょう2.洗剤で洗う 素手で触れる程度まで冷めたら洗剤を使用してしっかり洗い流します。 3.水分を飛ばし油を塗る しっかり洗い終わったら再び鉄板を熱し、水分を飛ばします。水分が飛んだら熱いうちにキッチンペーパーなどを使って食用油を裏表全体に塗り広げます。この時トングや革手袋を使用すると安全。この後、鉄板を煙が出るまで火にかけて冷まし、食用油を塗るという工程を2~3回繰り返して油を馴染ませて完了です。 4.くず野菜を炒める 油を塗ったばっかりの鉄板はどうしても鉄臭さが残ってしまいます。それを防ぐためにくず野菜を炒めます。コツとしては野菜くずに焦げ目がつく程度に炒めましょう

使用後の手入れ

使用後は鉄板が素手で触れる程度まで冷めたら市販のタワシを使い、ぬるま湯~お湯くらいの温度の湯でこすりながら洗い流します。そのあとは鉄板を火にかけ水分をしっかり飛ばし、油を塗る作業をすれば完了です。 洗剤を使用するとさび止めとして塗った油が落ち、さびをつくる原因になるので使用後はできるだけ洗剤は使わずに洗いましょう。また鉄板に馴染んだ油分を落とさないように注意。徐々に油が馴染んでくることで食材がこびりつきにくくなります。

鉄板を使ってお肉を焼く際のポイントを紹介!

おいしい焼肉の焼き方

おいしく焼くには、肉の種類によって焼き分けることが大切です。 ・カルビ、ロース 強火ゾーンで表面に焦げ目がつくぐらいしっかりと焼き、その後は中火ゾーンに移し、中までじっくりと火を通します。すぐに鉄板や網から出さない場合は弱火ゾーンで保温するのがおすすめ。あまり時間をおいてしまうと肉自体が硬くなってしまうので注意が必要です。 ・ホルモン系 強火ゾーンで表面の水分を抜いてパリッとなるまで焼きます。中までしっかりと火を通す必要があるため、その後は中火ゾーンで焼きましょう。 ・タン 強火ゾーンで一気に焼き色が付くまで焼き上げ、完全に中まで火が通らないうちに食べるのがベスト。しっかりと火が通ってしまうと硬くなってしまいます。 ・レバー 弱火ゾーンでじっくりと焼き上げていき、表面の色が変わってきたらひっくり返します。あまり焼きすぎるとボソボソになってしまうため、注意が必要です。

おいしいステーキの焼き方

ステーキには、レア・ミディアム・ウェルダンの3種類の焼き加減が存在し、焼き方によって大きく味が変化するため、焼き時間は重要です。 基本的には、強火ゾーンで表面を焼き、中火ゾーンで中まで火を通します。 ポイント ①強火ゾーンでしっかりと焼き色を付ける ②焼き色が付いたら、強火ゾーンのまま裏返し、同じく焼き色を付ける ③弱火ゾーンへ移し、アルミホイルを被せる ④熱をじっくり入れると同時に蒸し焼きにし、ジューシーさを損なわずに焼く

ソロキャンプで鉄板を使い鉄板焼きを楽しもう!

ミニ鉄板で肉を焼いてる
ソロキャンプでは荷物を極力少なくしたい方が増えてきました。最近では、分厚いながらもコンパクトなサイズの鉄板が多く展開されており、ソロキャンプでも持ち運びやすくなっています。せっかくアウトドアを楽しむのであれば、おいしくお肉を焼いて楽しみたいですよね。ぜひ、今回ご紹介した鉄板を参考にして、おいしいお肉が焼ける鉄板を手に入れてみてはいかがでしょうか。

今回紹介したアイテム

商品画像バンドック 極厚鉄板ヨコザワテッパンベルモント 極厚鉄板M.O.L 極厚アウトドア鉄板遊火人 遊火パンユニフレーム ユニ鉄WOOPS アウトドア野外鉄板テンマクデザイン 男前グリルみきかじや村 Millio 鍛造ソロ鉄板大久保鉄工 男爆鉄板戦闘鉄板 FB-2oka-d-art 黒皮鉄板 ミドルタイプoka-d-art 黒皮鉄板 スモールタイプ日本鉄具製作 ミニ鉄板YOKA DOUBLE PAN(ダブルパン)セリア ミニ鉄板
商品名バンドック 極厚鉄板ヨコザワテッパンベルモント 極厚鉄板M.O.L 極厚アウトドア鉄板遊火人 遊火パンユニフレーム ユニ鉄WOOPS アウトドア野外鉄板テンマクデザイン 男前グリルみきかじや村 Millio 鍛造ソロ鉄板大久保鉄工 男爆鉄板戦闘鉄板 FB-2oka-d-art 黒皮鉄板 ミドルタイプoka-d-art 黒皮鉄板 スモールタイプ日本鉄具製作 ミニ鉄板YOKA DOUBLE PAN(ダブルパン)セリア ミニ鉄板
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事