キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

ソロキャンプ飯を極める!建設機械メーカーが開発した無骨でタフな「ミニ鉄板シリーズ」

日本鉄具製作のミニ鉄板

焚き火やカセットコンロで食材をおいしく焼きあげる「鉄板」。中でも持ち運びやすくて準備・片付けが楽なミニ鉄板は、今やソロキャンプで必須アイテムのひとつと言っても過言ではありません。全国のアウトドアブランドや鉄工所が続々と鉄板がリリースする中、1919年創業の老舗建設機械メーカーが人気シリーズをコンパクト化した「ミニ鉄板」を開発しました。

今、鉄板がアツい!

「バーベキュー網よりも調理しやすい」、「とにかく肉がおいしい」、「手入れが簡単」などなど、愛用者が急増中の「鉄板」。特に厚みのあるものは、蓄熱性が高く安定した温度で食材をおいしく焼けることから人気が高く、全国のアウトドアメーカーや鉄工所がこぞってオリジナルの極厚鉄板をリリースしています。中でも、コンパクトなミニ鉄板は持ち運びしやすく、手軽においしい料理ができるとソロキャンパーから絶大な人気を集めています。

日本を代表する建設機械メーカーが開発・製造

日本鉄具製作のロゴ
「日本鉄具製作」は、1919年創業の日本を代表する土木設備や機械の製造企業「日工」が2021年に立ち上げた本格キャンプギアブランド。建設機械のエッセンスを加えた無骨なデザインが特長のベーベキュー用鉄板や焚き火台を、鋼材の大量仕入れによるスケールメリットを活かした価格設定でリリースしています。とくに「極厚鉄板シリーズ」は、販売5ヶ月で500枚売れたという人気商品。今回は「よりコンパクトで持ち運びしやすい鉄板も作ってほしい」というファンの声に応え、「ミニ鉄板シリーズ」を開発しました。

これぞ一生モノ!メイドインジャパンの品質

取っ手のついたミニ鉄板
「ミニ鉄板シリーズ」は、鋼材加工のプロが1枚ずつ加工して丁寧なバリ取りなどを行っている高品質な逸品。長く愛用できる無骨さとタフさが最大の魅力です。食材をひっくり返すヘラしても使えるロゴ入りのオリジナルリフターと、持ち運びに便利なオリジナルポーチが付属しています。

好みに合わせて選べる5種類を展開

厚みと調理のしやすさを両立したフチありタイプ

フチありミニ鉄板 長方形
【基本情報】 フチあり長方形 サイズ:23×18cm 厚さ:4.5mm 重さ:約1.4kg 価格:5,200円(送料込)
フチありミニ鉄板 正方形
【基本情報】 フチあり正方形 サイズ:20×20cm 厚さ:4.5mm 重さ:約1.4kg 価格:5,200円(送料込) フチのあるタイプは長方形と、よりコンパクトな正方形の2サイズを展開。フチがせり上がっているので肉汁などがこぼれず、使いやすさは抜群です。鉄板の厚みは焼き上がりの良さと持ち運びのしやすさを考えた絶妙なバランス4.5mmになっています。
ミニ鉄板の図面

シンプルさが潔いフラットタイプ

フチなしミニ鉄板
【基本情報】 A5フラット(厚さ3種) サイズ:21×14.8cm 厚さ:4.5mm/6mm/9mm 重さ:約1.1kg/約1.4kg/約2.2kg 価格:3,200円/3,500円/3,800円(送料込) シンプルさを極めたA5サイズのフラット鉄板は、食材がこぼれ落ちやすいものの、フチがないぶんお手入れが簡単です。鉄板の厚さは、4.5/6/9㎜の3種類が用意されています。9㎜にもなると重さは2.2kgとかなりずっしりしますが、蓄熱性は抜群。とにかく食材をおいしく焼きたいこだわり派の人におすすめです。

「ミニ鉄板シリーズ」で最高のキャンプ飯を!

日本鉄具製作のミニ鉄板
1枚あると格段に調理の幅が広がる「ミニ鉄板シリーズ」。使い勝手を重視してフチありを選ぶか、フラットタイプで無骨なシンプルさを極めるか……、豊富なラインナップの中から「自分だけのモノ」を選ぶ過程もキャンプの醍醐味のひとつ。「何を焼こうかな」と想像を膨らませながら、自分にぴったりの1枚を見つけてください。 購入はこちら:PayPayモール
 最終更新日:

あわせて読みたい記事