車中泊をしている女性

出典:PIXTA

車中泊でも快眠できるベッド環境の作り方!おすすめアイテム15個も紹介

※本記事には一部プロモーションが含まれます

「車中泊は寝心地がイマイチ...」そんな悩みを抱えているあなたへ、この記事では車中泊で快眠できるベッド環境の作り方を解説します。シートを倒しただけでは味わえない、フラットな寝心地を手に入れるための3つの改善方法。さらに、車中泊で気持ちよく眠るためのおすすめアイテムも紹介します。この記事を読めば、あなたの車中泊ライフが一気にアップグレードすること間違いなしです!

車中泊のベッドづくりで改善すべきたった一つのポイント

後部座席を倒した車内

出典:PIXTA

車中泊で気持ちよく眠れるベッドづくりをする上で、一番大切にしたいのが「完全にフラットな状態を確保する」ことです。 車中泊をするときは車の後部座席や助手席を倒して、フルフラットにした状態にするのが一般的。しかし、上の画像のように座席を全て倒しても完全なフラットな状態になる車は少ないです。 大抵の車は段差があったり、ところどころ隙間ができてしまうことが多いです。段差ができている上にキャンプ用のマットを敷いたとしても、完全に平らにはならないので快適には眠れません。 この段差をさまざまなアイテムを使って、完全なフラットな状態にするのが快適なベッド環境づくりのポイントです。

車中泊で快適に眠れるベッド環境をつくる3つの方法

車中泊で快眠できる環境には「完全にフラットな状態」をつくる必要がありますが、そのためにはいくつかの方法があります。ここでは(1)ベッドキット(2)折りたたみベッド(3)車中泊専用マットの3つを使ったベッド環境づくりを紹介します。

ベッドキットを使う

後部座席の完全なフラット状態の確保のために、ベニヤ板などを敷いてDIYする方法があります。確実にフルフラットにできる方法ですが、知識も技術も必要です。 しかし、設置するだけで平らな空間を創り出せる「ベッドキット」なら、どんな人でも簡単にフルフラットの寝床を作れます。 後部座席に金属のフレームを設置して、その上にマットを敷くことでフラットなスペースを作れるのがベッドキットの特徴です。また、ベッドキットを使うと上段・下段に分かれるので、荷物スペースと自分が快適に過ごせるスペースに分けられて、居住性もアップします。 ただし、簡単に快適空間が作れる半面、値段が高いのと、車種ごとに適した形が違うのであなたの車に対応しているベッドキットがない場合も…。まずは、あなたの車に適したベッドキットがあるか調べてみましょう!

車中泊専用マットを使う

後部座席を倒した時の若干の凸凹があっても、車中泊に適した分厚いマットレスなら多少の段差も気になりません。 車中泊用のマットは、空気を入れて使う「エアタイプ」とサッと敷くだけの「ウレタンタイプ」の2種類に分かれます。エアタイプ・ウレタンタイプのメリット・デメリットは以下の通りです。あなたの好みに合わせて選んでみてください。
エアタイプのメリット・デメリット
メリット値段が安い 軽いから持ち運びが楽 コンパクトに収納できる
デメリット設営に手間がかかる 車種にぴったり合うサイズがない
ウレタンタイプのメリット・デメリット
メリット設営がとても楽 寝心地はエアタイプより良い 車種専用タイプならくまなく敷ける
デメリット値段が高い かさばるし重い

車中泊用の折りたたみベッドを使う

ベッドキットを設置するのも、マットを設置するのも多少なりとも手間と時間がかかります。 そこで、もっと気軽に車中泊に挑戦できるのが、車中泊専用の折りたたみベッドを使う方法です。 車のシートの上にベッドを置くだけだから簡単。使わないときは折りたたんで車の隅に置いておけるから邪魔になりません。シートの下は空間が空くので荷物を置くスペースにもなって良いこと尽くし。 ただし、シートの上に置くため、シートへのダメージが気になるところ。ダメージを軽減するアタッチメントが付属しているようなタイプを選ぶと安心です。

車中泊の快適空間づくりにおすすめのベッドキット5選

ここからは車中泊のベッド環境を快適にするベッドキットを紹介します。車種ごとに適したベッドキットは異なります。車中泊でよく使われる代表的な車種に絞って今回はピックアップしました。

車中泊でもぐっすり眠れるマット7選

ここからは車中泊の寝室を快適にできるマットを紹介していきます。フカフカの分厚いエアマットタイプ、設営が楽なウレタンタイプの2種類のうち、おすすめの商品を厳選しました。

車中泊で快眠できる折りたたみベッド3選

最後に紹介するのは折りたたみタイプのベッドです。普段はコンパクトにしまっておき、使うときはサッと開いて気軽に車中泊を楽しめますよ。

ポイントをチェックして快適な車中泊を!

車中泊の快適なベッド環境では、何よりも車のシートを倒した後の凹凸を滑らかにすることが大切です。凸凹が解消されない限り、車中泊でぐっすり眠るのは難しいです。そのため今回紹介した、ベッドキット、マット、折りたたみベッドをうまく使って、車中泊でも快眠できる空間づくりに挑戦してみてください。フルフラットな空間が作れるだけで、より一層、車中泊を楽しむことができますよ!

今回紹介したアイテム

商品画像ハイエース 200系 レジアスエース ベッドキット スーパーGL N-VAN 車中泊専用ベッドキットN-VAN ベッドキットエヌボックス/N-BOX JF3/JF4 マルビーレ かんたん車中泊ベッドキットコールマン エアベッド エクストラデュラブルエアーベッドアイリスオーヤマ エアベッド(ABD-1N)IREGRO 車中泊マットオンリースタイル 車中泊専用マットクイックキャンプ 車中泊マットYoyitoki 車中泊マットLevolva 車中泊マットRATON アウトドアベッドZIKGER 車中泊用折りたたみベッドyadocari Car bed
商品名ハイエース 200系 レジアスエース ベッドキット スーパーGL N-VAN 車中泊専用ベッドキットN-VAN ベッドキットエヌボックス/N-BOX JF3/JF4 マルビーレ かんたん車中泊ベッドキットコールマン エアベッド エクストラデュラブルエアーベッドアイリスオーヤマ エアベッド(ABD-1N)IREGRO 車中泊マットオンリースタイル 車中泊専用マットクイックキャンプ 車中泊マットYoyitoki 車中泊マットLevolva 車中泊マットRATON アウトドアベッドZIKGER 車中泊用折りたたみベッドyadocari Car bed
商品リンク


あわせて読みたい記事