hinata

>

アクティビティ

>

トレイルラン

>

ゲイターの効果的な使い方を紹介!シーン別おすすめゲイター8選

ゲイターの効果的な使い方を紹介!シーン別おすすめゲイター8選

 アクティビティ

ゲイターを着用した足元

出典:楽天

夏の登山や冬の雪山歩き、トレランなどに効果を発揮するゲイター。ゴアテックス素材やロング丈、ショート丈など種類が多様化されてどれを選ぼうか迷ってしまうことはありませんか?そこで活用シーンごとに分けてゲイターの効果的な使い方とおすすめアイテムを紹介します!


 目次


ゲイターとは?

   

Instagram (@heimatberg_outdoorshop)

ゲイターは登山やトレイルランニングをする際に装着するものです。ゲイターがあれば、富士山の大砂走りでも、山歩き中の突然の雨や朝露たっぷりの草原歩きでも、靴の中や足元は快適&ドライ!フカフカの雪の上でも寒さや雪の侵入を気にする必要なく、楽しく歩けます♪

ゲイターにはどんな種類があるの?

ゲイターは大まかに次の3種類のタイプがあります。

トレイルゲイタータイプ

   

Instagram (@heimatberg_outdoorshop)

トレイルランニング時や颯爽と歩きたい緩やかな地形での春夏ハイキング登山などで装着。主に小石の侵入を防ぐためや靴紐がほどけるのを防ぐためのものです。激しい運動による靴の中の蒸れを抑えるため、通気性が高く、軽量で動きやすいよう設計されています。そのため、雨や雪による浸水を予防する効果は低めです。

アルパインゲイタータイプ

   

Instagram (@travel_akikazoo)

ハイキングや夏山の本格的な縦走からスノーシューイング、バックカントリースキーなど山でのアクティビティ全般に装着できる対応範囲の広いゲイターです。小石や小枝などの侵入予防、足元の浸水や蒸れ予防、歩行時の足の保護などに役立ちます。

高い防水透湿性や耐摩耗性、耐引き裂き性を備えた素材や、ショートからロングまでの丈など様々なゲイターが揃っています。

エクスペディションゲイター

   

Instagram (@tnsb2g8n)

雪山登山や厳冬期の縦走など、本格的なアルパイン登山時に装着するゲイターです。厳しい天候や足元の悪い状況での登山を目的としているので、耐久性や保温性、防水性は最も優れていて、素材や作りがしっかりしているため重量もあります。

一昔前よりもゲイターの種類は多様化し、雪のある時期だけでなく一年中活躍してくれるアイテムになっています。タイプごとの特徴を知って、自分の用途に合ったものを選びましょう!

どの長さを選べば良いの?

   

Instagram (@oyasuminasai_328)

長さひとつとっても様々な違いがあるゲイター。丈の長さによる特徴は次のとおりです。

ロング丈

   

Instagram (@kuni0307)

ふくらはぎ上、ひざ下までの約35~45センチ程度のもので、より厳しい環境に対して保護する範囲を広くしたいときに使います。その分動きやすさや通気性が低下してしまいます。

ショート丈

   

Instagram (@emi.0312)

足首の上あたりの20~30センチ程度のもので、動きやすさを求める場合や短時間の使用で保護性能よりも携行のしやすさを重視する場合に選びます。

セミロング(ミドル)丈

ロングとショートの中間にあたるサイズですが、ロング丈の重量を少しでも軽くするために用いる目的がありますが、装着時にふくらはぎの一番太い部分で留めるため、中途半端な位置でずり落ちやすいという欠点があります。

開閉方式について

   

Instagram (@salt_3)

ゲイターを選ぶ際に丈の長さと一緒に確認しておきたいのが、開閉方式の違いです。一般的には、ベルクロ(マジックテープ)タイプ、ジッパータイプ、両方を装備している併用タイプがあります。また、ランニング向けのショートゲイターの中には開閉しないで、そのまま靴を履く前に装着するタイプもあります。

着脱のしやすさで選ぶならベルクロタイプ、雨や雪などの浸水を防ぐのが目的なら止水効果のあるジッパータイプがいいです。併用タイプは石や小枝などの侵入も雨など浸水も防ぐことができるので、保護性能の高さを重視する場合におすすめです!ただし、併用タイプは着脱がしにくいというデメリットもあります。

素材について

   

Instagram (@goretexjp)

撥水、防水性

雨や雪などの侵入を防ぎ、足元がズボンの中まで濡れないことを目的としている場合、ゲイターの素材には防水透湿性の高いゴアテックスが主に使われています。最近では、より高い防水透湿性があるとされるEvant(イーヴァント)という新しい素材も使われるようになってきました。

耐久性、耐引き裂き性

雪山登山においては滑り止めのために登山靴の裏にアイゼン(クランポン)という爪を装着します。この爪が歩行時にゲイターに引っかかって穴をあけてしまうことがあります。そのため、冬山用ゲイターには下部に補強がされているものがおすすめ。

素材としては高い耐久性のあるコーデュラナイロンや耐引き裂き性に優れた厚手のリップストップナイロン、ウレタンコーティングされたナイロンが主流です。

ストレッチ性、通気性

軽さを求めるゲイターにはフィット感と通気性、伸縮性を重視したソフトシェル素材が使用されることが多いです。このソフトシェル素材はとにかくストレッチ性に優れており、薄くてかさばらず、激しい運動をしても蒸れにくいのが特徴です。ただし、防水性や耐久性は低いので使う場所や季節に気をつけましょう。

夏山登山でのゲイターの使い方とおすすめアイテム

ここからは季節・シーンごとにおすすめのゲイターと使い方をご紹介!
まずは夏山登山からです♪

気候の穏やかな季節や緩やかな地形での日帰りハイキングには、ショートタイプがおすすめ。雨天時や霧が多く出ているときなどに浸水を防ぐことが目的です。

短時間の使用が多くなるので、素材はフィット感よりも防水性を重視します。使わないときはリュックにしまっておくので、薄手で軽量、かさばらないものが良いでしょう。

冬山登山でのゲイターの使い方とおすすめアイテム

冬の山でのゲイターの役割には、防寒性と雪による浸水を防ぐ防水性が求められます。ロング丈で防水性の高い素材を選ぶようにしましょう。雪山などのハードな環境においてはゲイターを装着することで体温の低下を防いだり、ストレスを軽減したりという効果もあります。

冬の装備は夏よりも靴やパンツの大きさや厚みがごつくなるので、冬山用ゲイターは夏より大きめを選びます。ただし、ぶかぶかすぎると歩行時に足を引っ掛けやすくなるのでサイズ選びにはより気をつけてください。丈の長さが短く中途半端だと、上から雪が侵入しやすくなってしまいます。

アイゼンで引っ掛けてしまっても簡単にやぶけてしまわないよう、ゲイターの下部に補強がされている耐久性の高いものを選ぶのがおすすめです。

トレイルランニングでのゲイターの使い方とおすすめアイテム

トレイルランニングでのゲイターの役割は、靴やズボンの中に小石や小枝、砂などが入ってくるのを防ぎます。ランニング向けのシューズは靴裏が平面のため、固定用のストラップは細いレース(細引き)のものがおすすめです。

超軽量タイプのゲイターの場合には、ストラップの代わりにマジックテープが採用されているものもあります。マジックテープのパッチをシューズのかかと側に貼り付け、そこに固定するので走行時のパフォーマンスの邪魔になりません。ただし、パッチがはがれる場合もあり、パッチを貼っていないシューズには装着できないというデメリットがあります。

まとめ

意外と見落としがちな足元の装備。山道や雪道などを実際に歩いてみると感じることですが、靴に小石が入ったり、足元が濡れたりするのは想像以上にストレスになります。快適なアクティビティを楽しむために、ゲイターは大事なアイテム!

足元を飾ってくれるゲイターは、かわいいアウトドアファッションを楽しむ「山ガール」や「森ガール」にとっても大切な存在。どんなアクティビティを楽しみたいのかを念頭に、おしゃれ心も盛り込んで上手に選んでいきたいですね!


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinata ライター募集

  • テントのレンタル開始

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

3

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

4

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

5
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪