hinata

>

ノウハウ

>

ストーブ

>

薪ストーブ

>

薪の基礎知識まとめ!薪のことを知れば知るほどよく燃える◎

薪の基礎知識まとめ!薪のことを知れば知るほどよく燃える◎

 ノウハウ

積み上げられた薪

出典:pixabey

薪ストーブや焚き火の炎を見ていると、心がリラックスして落ち着いた気持ちになれます。でも、使ったことがない人にとって薪は少し扱いが難しいイメージ。そこで、焚き火や薪ストーブで使用する薪について、種類や違い、ベストな入手方法、薪を使用する場合の注意点など一挙ご紹介♪


 目次


炭とは違う!薪のことを知って上手に使いこなそう!

薪がはぜる音を聞きながら、のんびりと炎のゆらめきに癒されたい。

薪ストーブ    

出典:ゲッティイメージズ

「1 / fゆらぎ」と言われる炎のゆらめきには、人の心を落ち着かせる力があります。私たちがキャンプで焚き火をしたり、暖炉や薪ストーブに憧れたりするのは、炎のゆらぎに癒されたいという自然な欲求があるから、とも言えそうです。
薪のことをもっとよく知ることで、慌てたりすることなくよりのんびりとした火との時間を楽しめますよ♪

薪を使い分けるポイントは??

薪    

出典:ゲッティイメージズ

キャンプ初心者や薪ストーブの焚き付け未経験者の場合、焚き火をするにも薪ストーブで暖をとるにも、すでに用意された薪を投入するだけの方がほとんどでは?(筆者はそうでした) 
一般的に、薪を種類分けする場合に注目されるのは「薪の太さ」「薪の材質(木の種類)」の2点です。薪は燃焼時間や温度を調整するために3種類の太さのものを用意します。

3種類の太さの薪、さらに薪の材質の特性に合わせてた使い方を知っていると、なかなか火がつかなくて苦労したり、着火剤を忘れてしまって慌てたり、無駄に多くの薪を使ってしまったりといった失敗が減ります。

薪の太さは3種類!

細い薪(焚き付け用)

積み上げられた細い薪    

出典:pixabey

最初に火を付けるために用いるのが、直径約2cm前後の細い薪です。焚き付け用には針葉樹が適しているので、自分でキャンプ場や森林を歩いて探してきたものを使うのも手です。

中くらいの薪(火の大きさの調整用)

薪    

出典:ゲッティイメージズ

直径約5cm前後の薪は一般的に中くらいの太さの薪と言われます。焚き付け用の薪で火を起こした後、いきなり太い薪を投入してしまうと火が消えてしまうため、薪は細いものから中くらい、最後に太い薪へと徐々に太く、順を追って投入していきます。

太い薪(長時間の燃焼用)

着火した太い薪    

出典:pixabey

太い薪は長時間燃焼させたいときに使用します。一般的に、直径約10cm前後あるものが太い薪と言われます。太い薪は薪割することで空気に触れる面積を広げ、よく乾燥させてから使用します。

薪に火を付ける際は、太さを3種類用意するといいです。いきなり太い薪に火を付けようとしても付かないので、まずは一番細い薪から焚き付けて、少しずつ太い薪を投入していくようにしましょう。

収納して薪運び楽々!薪バッグがおすすめ!

薪は「広葉樹」or「針葉樹」!

薪の太さの違いは何となくわかりましたね。では、もう一つの注目点「薪の材質の違い」を見ていきましょう。材質の違いを知ると、どの薪をどんなタイミングで用いれば良いかという選択基準が持てるようになります。

材質とは木の種類によるもので、「広葉樹」「針葉樹」と大きく2つに分けることができます。それぞれの特徴を見ていきましょう◎

薪ストーブには「広葉樹」

広葉樹    

出典:ゲッティイメージズ

広葉樹とは葉の形が、人の掌のように大きく広がったものを言います。街路樹にもよく使わているケヤキ、森林公園やキャンプ場でなじみ深いクヌギや樫、コナラ、白樺、ブナ、桜などです。
これら広葉樹が薪になったとき、最大の特徴は“燃焼時間が長く、熱量が多い”という点です。広葉樹は一般的に幹の部分の密度が高いため、火持ちが良く、暖める力が高いのです。

火起こし・焚き火には「針葉樹」

針葉樹    

出典:ゲッティイメージズ

針葉樹とは、葉の形が針のように尖って細いものを言います。代表的なものは、日本の人工林として植樹されている杉、香りが良いヒノキ、防風林などにもよく用いられている松などです。

針葉樹の枯れ枝はよく燃えます

   

出典:ゲッティイメージズ

これら針葉樹が薪になったとき、最大の特徴は“樹液が多く一気に燃え上がるため、最初の焚き付け用に適している”という点です。また、針葉樹は広葉樹と比べると木の密度が低く、密度が低いので薪割がしやすく、運搬の際も軽いというメリットがあります。

暖炉    

出典:ゲッティイメージズ

こうした特徴を考慮して、広葉樹と針葉樹の両方の薪を用意し、用途や状況に合わせて使い分けてみてください。そして、先ほど紹介したように薪は太さによっても燃え方が違いますから、太さと薪の材質で使用する薪を選べるようになると、アウトドアでの火の扱い方がワンランクアップしますね!

必要な薪の量は??

焚き火の場合

燃やし方、炎の大きさ、風の状況などにも影響を受けますが、ざっくり1束500円の薪で3時間はもちます。焚き火を行う時間に合わせて、冬などで朝昼にも焚き火をするなら3束ほど、夜だけなら1束あれば十分。焚き火を一度始めたら、薪が燃え尽きるまで就寝できないので、就寝の時間を逆算して準備しましょう。

薪ストーブの場合

薪ストで使う薪の量は緯度や標高にも大きく左右されますが、那須高原で遊ぶ我が家の場合は土曜日の15時~23時、日曜日の7時~10時の11時間くらいで約30kg~35kgほど使います。
30kgの米袋1つに約15~18kg入るので、それをちょうど2袋使い切る感じです。

もやしさん家のもやもやな生活

薪が切れたらと思うと恐ろしい。実際思ったより薪の消費量が多く、途中でなくなったら…と不安になり、キャンプ場のセンターハウスに買いに走りました。初回は薪も販売している高規格キャンプ場が良いかもしれません。どれくらい薪を使うかわからないですしね。

マジョママン

薪ストーブの場合、想像以上に薪の消費が早くなるので注意が必要。1泊2日の冬キャンプの場合、最低でも25kg程度は用意すべきです。また、分量に不安のある始めたての頃は、薪の販売を行っているキャンプ場を選ぶのがおすすめです!

薪の保管方法は??

薪を保管する際に注意すべきことは、湿気と虫です。そのため正しい保管方法は、風の通る屋根付きの屋外。風がよく通り、雨よけの屋根も付いている場所であれば、薪が湿気ることも少ないですし、屋外であれば虫が出たとしてもそこまで気になりません。正しい保管をして、せっかくの薪が使えなくなってしまったり、室内が汚れたり、虫があわないように注意しましょう。

良い薪を購入するヒント

   

出典:asobov / ゲッティイメージズ

薪用の丸太の入手には、例えば、薪業者(専門の燃料屋)から購入する、地元の森林組合や営林署に問い合わせて購入する、果樹園や公園の木や街路樹などの剪定枝を譲ってもらう、近所で新築工事があった場合は大工さんに掛け合って端材を譲ってもらう、山林を所有する地主から間伐材を譲ってもらうなどの方法があります。

木の山    

出典:ゲッティイメージズ

自分で調達する方法を知っておくと、広葉樹を多くして焚き火の持続時間をより長く持たせるには?煤の少ない焚き火で調理をするのにベストな薪の配合は?など、あれこれ試行錯誤する楽しさもあります。運搬コストを抑えるためにも、できるだけ近場で現地調達を心がけましょう!

薪の炎で料理を楽しむ☆

キャンプ場によっては薪があらかじめ用意されていて、それらを購入して使用するよう決められていることがあります。すぐに使えて便利な反面、キャンプ場で購入できる薪は針葉樹のものが多く、比較的小さめに割られているという話を聞きます。
針葉樹は焚き付け用には良いですが、煤やヤニが多いので調理には不向き。また、小さめの薪は火持ちが悪いというデメリットがあります。

   

出典:AndreaObzerova / ゲッティイメージズ

調理に最適な薪とは、広葉樹の堅くて重い(密度が高い)木を割ったものです。これらは火が安定するまではテクニックを必要としますが、一度火が安定すると燃焼時間が長く、煤も出にくいため調理に扱いやすい点が優れています。樹木の種類ですと、「クヌギ」・「シイノキ」・「ナラ」・「ヤマザクラ」などが挙げられます。

焚き火で一晩燃やすだけなら、キャンプ場やホームセンターで手に入る500円から800円程度の値段の薪で十分。でももし、自分で良い薪になりそうな木材を選んで薪割したものを使えるのであれば、その方が上等な焚き火を楽しめて、調理をする際もぐっと良いものになるでしょう。

薪割りにもこだわりたい

薪割り    

出典:ゲッティイメージズ

また、良い薪の特長である火持ちを長くするには、薪を割るときに大きめに割るのがポイント。特に、薪ストーブはたくさんの薪を使うことになるので、なるべく自分で丸太を調達して、自分で薪割する方が、質の良い薪を安くたくさん使うことができるのでおすすめです。

薪割りの相方①:ナタ・手斧

鉈は、小さめの斧のようなもので、大きめの薪を、更に小さくする際に使用するアイテムです。手斧も同様に片手で使える斧です。太めの薪を適切なサイズに割ることで、細かな炎の調整が可能になります。逆に大きな薪しかないと炎の調整ができないので、ナタは焚き火料理をする際にはマストで必要です!

薪割りの相方②:ナイフ

ナタよりも一回りコンパクトになっているアウトドアナイフ。焚付用の薪が必要な際に、ナイフで焚き付け用の薪を作成したり、先端をナイフで割いてあげることで焚き付けが容易にできるようになります。

薪割りの相方③:薪割り台

薪を使用する際の注意点

焚き火や薪ストーブなどで薪を燃やす場合に注意すべきは、乾燥させた自然の木材から作られた薪を用いることです。ガソリンやガス、プラスチック片、紙、化学物質や塩分などが付着している木材のことで、このような木材を燃やしてしまうと有害物質が発生してしまいます。

特に焚き火で調理を楽しみたい場合や、お子様連れが焚き火の近くで過ごすような状況の場合には使用する薪は安全なものであることが必須です。
有害物質は健康に悪い影響を与えてしまうだけでなく、火災やストーブの故障などにもつながるので注意してください!

おすすめの薪ストーブもチェック!

その他の薪ストーブについても知りたい方はこちら▼

薪ストーブについてブログでもチェック!

キャンプで薪ストーブを使おうと思うと準備が大変・・・・・・

手を出してはいけない分野に手を出したか・・・・・と、準備段階では思っていました ( ̄◇ ̄;)

それでも実際に使ってみて、気持ちが180°変わりました^^

ひのきのキャンプ道具専門店 取締役のブログ

今年から煙突にロックウール巻く事にしました。
最初はステンレスガードを煙突に取り付けていたんですが、幕よけの板がやや熱くなることがあって不安で

3年目で今さらですけど、オーソドックスなロックウールを採用。
いちいち巻くのが面倒かなって思ってましたが、巻きっぱなしでそのまま撤収するようにしたら楽でした。

にしちゃんママのファミリーキャンプブログ

薪ストーブは、煙突ガードを使用するなど、テントの膜に直接触れないようにセッティングする必要があるので準備が大変。しかし、実際に使用した方々はその使用感に満足している方が多いです。また、キャンパーさnによって様々な工夫をこらしているので、いろいろなブログをチェックしてみると自分の幕に最適なインストール方法が見つかるはず!

まとめ

薪にも種類があって、太さによって火にくべる順番が決まっているなど、基礎的な薪の知識を紹介しました!
今回紹介した知識は基本的なことばかりですが、実際には知らなくても焚き火や薪ストーブで暖をとったり、調理をしたりすることはできます。でも、自分で薪の材料となる丸太を入手して、自分好みの薪を作ることができたら、それはもう焚き火や薪ストーブを楽しむ時間がより味わい深いものになることは間違いありません!


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

関連するキーワード

焚き火台 薪ストーブ ストーブ

おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪