ランキング

【2022年】hinata人気記事ランキングBEST3!「焚き火」編

2022年もいよいよ大詰め。hinataではキャンプ・アウトドアに関する記事を毎日たくさんお届けしてきましたが、中でも特に人気だった記事をジャンル別におさらい!第五弾のテーマは、「焚き火まわりのアイテム」です。今年も数多くリリースされた焚き火台に関する記事かと思いきや!?みんなが注目したのは、こんなアイテムたちでした!

キャンプの真髄「焚き火」グッズ

キャンプといえば、焚き火。「焚き火をするためにキャンプに行く」「焚き火は男のロマンだ」という声も、どこからともなく聞こえてきます。ソロキャンプについても、焚き火台のコンパクト化や多様化が、そのスタイルを確立しつつあるといえるでしょう。また、従来のバーベキューにとどまらず、本格的なキャンプ料理=焚き火料理に挑戦する人が増えたことも、名品の誕生を後押ししているに違いありません。 さて、キャンプギアの中でも激戦区「焚き火」まわりのグッズ、2022年はどんな記事が読まれたのでしょうか?BEST3を見ていきましょう!

【1位】万能すぎるポータブルグリルの実力を披露!

圧倒的な携帯性!みょーんと伸びる片手サイズのポータブルグリル「Bitty Big Q」がキャンプの救世主に!?

花形の焚き火台を押し寄せ、圧倒的に注目度が高かったのが、ポータブルグリル「Bitty Big Q」。一口に「グリル」といっても、用途は五徳やロストル、テーブル、調理台、物干しラック…。さらには、ローストした塊肉や揚げ物を一時避難する場所に至るまで、使い方はアイデアによって無限大。汎用性の高さが大きな魅力です。
ランキング
それもそのはず。この「Bitty Big Q」は、上下・左右・前後に変幻自在。幅はスライド式で最大40cmまで、奥行きは15〜24cmまで伸縮、高さは9・15・22cmの3段階調節ができ、目的によって細かなサイズ変更が可能。収納時は、1,000円札より一回り小さいほどの幅17×奥行き9×高さ9cmと、携帯性に優れているのも、ソロキャンパーをはじめ、焚き火まわりを充実させたい幅広いキャンパーの心を掴みました。

【2位】1本4役以上のオールラウンダー?編集部が実証も

1本で大活躍のYOKAキャンピングナイフ。見た目と実用性に惚れ惚れ!

ランキング
焚き火台や火ばさみ、グローブなど焚き火を始める基本グッズをそろえたあと、気になってくるのが「バトニング」。斧や鉈は少しハードルが高いけれど、ナイフで細い薪を割る作業はキャンパーの憧れです。そこで注目を集めたのが、「YOKAキャンピングナイフ」。ぱっと目を引く秀逸なデザインと、1本4役以上という実用性に期待が高まります。
ランキング
記事の中では、実際に編集部が4パターンのナイフの使い方を実証。全長20cmというコンパクトなサイズ感でありながら、バトニングをはじめ、ファイアースターターのストライカーとしても活躍。もちろん、野菜や肉を切るといった王道の用途はストレスなく、さらにフライ返しや焦げ落としといった、「かゆいところに手が届く」活用法も。 自分のキャンプ経験値を上げてくれそうな良品との出会い、貴重ですよね。

【3位】展示会で見つけた、来年買うべき最新ギアを一挙公開!

ついに二次燃焼モデルも!ユニフレーム2023年展示会で見つけた「来年買うべき最新キャンプギア」

ランキング
金属加工製品をはじめ、質実剛健なものづくりが定評のある、日本のアウトドアメーカー「ユニフレーム」。新作アイテムをいち早くチェックしたいファンは数知れず、同メーカーの2023年展示会のレポートがランクイン。最注目ギアは、数多くの焚き火台を生み出しているユニフレームから、初登場となる二次燃焼型焚き火台「バーンストーブ」。厚さ約5.5cm、約1.7kgとスリムかつ軽量なボディに、期待を裏切らないスタイリッシュなデザインです。
ランキング
他、約53gと超軽量のチタン製マグや、ユニフレームの定番テント「REVOシリーズ」から、正方形タープ「REVOスクエアタープ」のコンパクトサイズが新登場。さらには、ロングセラー商品「焚き火テーブル」や、「ファイアグリル」の新オプションパーツなどなど、ファンを興奮させる続々のラインナップ。まだまだ、市場には出回っていない商品ばかりなので、記事を読むだけでユニフレームの新しい世界観が体験できます。

【番外編】こんな記事もよく読まれました

やはり薪割りアイテム記事は上位に!

焚き火まわりでその他上位にあったのは、薪割り機「薪BISHI」や小型ノコギリ「バタフライソー2」。いずれも薪割りや、枝を焚き火用にカットするための便利な道具です。「薪BISHI」は、誰でも簡単に爽快に薪割りができる薪割り機。忍者道具のようなユニークな形状で、手のひらサイズというコンパクトさもお供させやすい。

機能美、コンパクト、実用性、汎用性はもはや常識!

ランキング
「バタフライソー2」はノコギリですが、ホームセンターやキャンプ場で売っている薪が長すぎたりした場合、焚き火台に合わせてスッキリカットできる、というもの。現地調達した長い枝をカットして使ったり、自然の中にあるものでアウトドアを楽しむ「ブッシュクラフト」がぐっと身近に…なんて夢も広がります。

焚き火まわりグッズの探求は、まだまだつづく…

焚き火台は、大きさや用途、使用人数によって数台持っている人もいるでしょう。ただ、まずは1台。そして、バトニングやブッシュクラフト、焚き火料理など、焚き火を進化させるにあたり、焚き火まわりグッズの追求ははじまります。そんなキャンパーがいる限り、名品は生まれ続けるでしょう。 来年も、アイデア満載の商品をイチ早くお届けするので、こまめにhinataをチェックしてくださいね!

特集・連載


あわせて読みたい記事