ゴールゼロの人気ランタン特集!ライトハウスマイクロ他多数!

 キャンプ用品

出典:Amazon

Goal Zero(ゴールゼロ)の人気LEDライト「ライトハウスマイクロ」は明るくコンパクト。連続使用時間も長いことでキャンパーの注目を集めています。実際に使用している人のブログや口コミ、フラッシュとの違いも解説。利用シーンに応じて色々な使い方ができる他のモデルのLEDランタンや太陽光パネルも紹介します。


 目次


ゴールゼロの名品「ライトハウスマイクロ」&「フラッシュ」

出典:楽天

ゴールゼロの名品「ライトハウスマイクロ」の魅力を一言で表すならば、「コンパクトで明るい」ことです。重量68gと軽量で手のひらにすっぽりと収まるコンパクトボディ。ソロキャンプであればランタンとしての役割を果たすのに充分な150ルーメンという明るさ。

さらにUSBコネクタ付属なので、スマホなどの充電器で簡単に充電できます。LOWモードにすれば連続使用時間も最大で170時間。バッテリー残量も一目で分かるなど、利便性に優れていることが特徴です。アウトドアシーンだけではなく、「常時バッグに入れて持ち歩いている」という人がいるほど、使い勝手が良いアイテムです。

価格は?定価はいくら?

出典:Pixabay

ライトハウスマイクロの定価はオープン価格となっているのですが、ネット通販での販売価格は税込で2,900円前後。ただ、人気商品のため品切れ状態が続いており、ネットでの購入は難しいのが現実です。アウトドアショップや家電量販店などの実店舗で見つけた際には、迷わず購入することをおすすめします!

ライトハウスマイクロの口コミをブログでチェック!

出典:Pixabay

ライトハウスマイクロを実際に購入して使用した人たちの口コミをチェックしてみましょう。サイト全体を照らす明かりではないけれど、複数使いやテント内で使うにはちょうど良い明るさ、との口コミが多く見られます。

もともとメインではなく、テント内で使うことを想定しておりました!ヒルバーグのケロン4GTで実戦投入してきました!全室に1個つけてみました。LEDは4つで、一番明るい状態になります。1つでも十分な明るさです!バッグの中を探すようなことでもなければ、LED半分の暗い方でも十分な明るさでした!

RYUCAMP

こちらの方は4人用テントにライトハウスマイクロを使用。LEDながらも白色ライトではなく暖色のライトだと知り、購入に至ったようです。本体上部には吊り下げ用のフックが付いていますが、開閉はできないのでカラナビなどを付けると利便性がアップします。

電池が長持ちなので、キャンプでも山歩きでもいつでも持っていきます。充電を忘れて持っていっても一泊ぐらいのキャンプなら余裕です。日帰り山歩きでなぜかナイトハイクになってしまったときでもこれがあれば安心です。高輝度のヘッドランプを持っていなくても、知っているお山で、かつ緊急用としてなら十分山歩きできます。

ひとりキャンプと山道具

ライトハウスマイクロはLOWモードで使用すれば、約170時間の点灯が可能になっています。日数に換算すると約7日間!アウトドアだけではなく、停電時などの非常時用バッグに入れておいても安心です。

ライトハウスマイクロ

出典:楽天

軽量・コンパクトで持ち運びに便利な「ライトハウスマイクロ」。充電式リチウムイオン電池内臓で重量68gは驚異的とも言えます。本体サイズは約93×37.75mmなので、アウターやパンツのポケットに入れて持ち歩けます。本体上部に付いているスイッチボタンは「小さくて押しにくい」との声と、「バッグの中で誤って点灯する心配がない」と意見が分かれているようです。

USB充電の他、ソーラーパネルでの充電も可能なので、ソーラーパネルも揃えておけば、停電時にも充電できます。

購入はこちら:ゴールゼロ

ライトハウスマイクロフラッシュとの違い

出典:楽天

ライトハウスマイクロとフラッシュの大きな違いは点灯モードの種類。マイクロは点灯モードが2つに対して、フラッシュは点灯モードが3つになっています。フラッシュ本体上部にはフラッシュライト機能があり、懐中電灯のように1点に的を絞って照らせます。カバンの中を探したい時や、ピンポイントで照らして作業したい時には便利な機能です。

サイズや重量、連続点灯時間に関しては、両タイプともほぼ同じ仕様。デザイン的にはフラッシュ本体下部には「FLASH」の文字が入っているのが違いとなります。価格に関しては、フラッシュタイプの方が千円ほど高くなっています。フラッシュタイプも品薄の影響でネットなどでは1万円前後の高額で販売されているケースもあり、購入の際には注意が必要です。

ライトハウスマイクロフラッシュの口コミをブログでチェック!

出典:Amazon

マイクロフラッシュ購入者の口コミをご紹介します!ランタンと懐中電灯を兼ね備えたフラッシュを購入する理由として一番多いのが、「照明器具を一つにして荷物をコンパクトにしたい」ということでした。

フックをつける場所があるので、高い位置から吊るせば拡散してかなりの広範囲を照らしてくれます。小さいながらかなり明るいです。懐中電灯としてもかなり優秀でお手洗いに行く時などにサッと持ち出せて便利でした。灯もLEDですが、オレンジ色に近い色で、サブランタンとしても使えそうです。USBで充電できるので、災害時にも活躍してくれると思います。

楽天

マイクロフラッシュは懐中電灯としても使えるのが魅力の一つ。置き場に困るトイレでの懐中電灯も、マイクロフラッシュであれば、ポケットに収納できます。

ソロキャンプ用にコンパクトでランタンにも懐中電灯にもなる物を探していて、これを買いました。フラッシュタイプを購入。
好きなとこで調光できる◯
フラッシュライトも調光できます◯
そしてなにより驚いたのがランタンタイプの使い方でLEDを全面4灯するのですが、半面2灯する使い方も出来る!これは向かい側などにまぶしくないので意外に良い機能だと思います。おそらく点灯時間も延びるでしょう。結構パワーあるので正直2灯でも充分かと思います。

Amazon

ツーリングキャンプやソロキャンプなど、UL(ウルトラライト)パッキングを求める方にとって、ランタンと懐中電灯を兼ね備えたマイクロフラッシュは最適といえます。

ライトハウスマイクロのランタンシェード情報

出典:楽天

ランタンの明かりを柔らかく拡散してくれるのがランタンシェード。ライトハウスマイクロ専用のランタンシェードは販売されていないのですが、シェードの口径とマイクロの本体上部サイズが合えば、シェードを取り付けられます。

ただし、スチール製のシェードの場合は本体よりもシェードが重たくなってしまうので、マイクロの利点の一つ「軽さ」が損なわれる事態に。荷物の重量が気にならないオートキャンプの際に試してみるといいかもしれません。

ランプシェード購入の際には、マイクロ本体上部のスイッチ部分がシェードで隠れてしまわないか、という点も確認しましょう。スイッチが隠れてしまうと格段に使い勝手が悪くなってしまうためです。

その他のランタン&ライトもチェック

出典:Amazon

ゴールゼロにはライトハウスマイクロの他にも使い勝手の良いランタンやライトが沢山あります。どれもコンパクトサイズで、収納スペースを取らないものばかり。使い方を工夫すれば、サイト内をより一層楽しく、明るくできます。

ポータブル電源もあるんです

出典:楽天

アウトドアライフがを格段に便利にしてくれるポータブル電源。アウトドアだけだはなく非常時にも頼りになるアイテムとして注目されています。ゴールゼロのポータブル電源はソーラーパネル、ACアダプターのどちらからも充電可能。ソーラーパネルも用意しておけば停電時やアウトドアでの利用でも充電しながら使うことができます。

ゴールゼロのポータブル電源は数種類ありますが、今回はアウトドアでの使い勝手が良い電池容量428Whの「Yeti Lithium 400」をご紹介します。

詳しくはこちら:ゴールゼロ

ソーラーパネルも!?

電源が確保できない状態のアウトドアで便利なのがソーラーパネル。天気に左右されるという面もありますが、エコ電力として日常に取り入れてみてもいいかもしれませんね。今回ご紹介するソーラーパネルの共通点として、充電未完了機器への自動再充電という便利な機能があります。

ゴールゼロのランタンをチェック!

出典:Amazon

ゴールゼロの人気ランタン「ライトハウスマイクロ」。実際に手に取ってみると、その小ささと明るさに驚くはずです。ライトハウスマイクロとフラッシュは人気があり過ぎ、品切れ状態の店舗も多く、中古品の価格が高騰しているのも現状。かろうじてフラッシュの方は家電量販店などで取り扱っている場合もあります。クラッシュライトやライトアライフなど、色々な使い方を楽しめるランタンもおすすめです。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪