自宅でアウトドア気分。庭で使いたいアイテムたち

 キャンプ場

出典:Snow Peak

最近、自宅の庭でアウトドアを楽しむ人が増えています。遠出をすることなく、気軽に楽しめるスタイルが人気の理由です。また、キャンプとは別に、専用のアイテムを使って、庭ならではの楽しみ方ができることも魅力です。今回は庭キャンプの魅力や、庭だからこそ使えるちょっと変わったギアを紹介します。


 目次


自宅ならでは。大きなギアと楽しむアウトドア

車で0分。おうちキャンプが今、アツい!

出典:instagram(@yucam_._yyn707)

最近、郊外の一戸建てに住むキャンパーさんの間では、自宅の庭でアウトドアを楽しむスタイルが流行しつつあります。通常のキャンプには積載や移動など、面倒なことが意外と多いものです。仕事で疲れた週末には、なんとなく敬遠してしまうことも。そこで、ゆっくりと過ごしつつアウトドアも楽しみたい時は、「自宅の庭」を活用してみては?家でアウトドアをすれば、荷物の準備や車の運転をする必要はありません。庭にイスやテーブルを出し、食事をするだけでもOK。休日をのんびりと過ごしながら、気軽にアウトドアを楽しめますよ。

せっかくなら庭専用ギア、使いたくない?

出典:FIRESIDE

自宅の庭でのアウトドアには、大きな特徴があります。それは、キャンプ場には持って行けないような、大きくて重たいアイテムや、自宅のインテリアを活用できること。運搬をする必要がなく、性能重視で選んだアイテムを自由に使うことができるので、通常のキャンプとは違ったテイストで楽しめますよ。世間には、庭専用に作られたアイテムも多く出回っています。せっかく自宅の庭でアウトドアをするなら、専用のアイテムを使ってちょっと贅沢に楽しんでみては?

庭専用のアウトドア家具でちょっとリッチにおうちキャンプ!

【タープ】日陰で庭を心地よく。スノピの住宅タープ

出典:Snow Peak

「アーバンシェード」は、スノーピーク史上初「住宅で」使うアイテムとして2018年末に発売されたタープです。庭やウッドデッキなどに張ることで快適な日陰空間を作り、あたかも家の中の一部屋のように外を楽しむことができます。

出典:Pixabay

このアイテムは一般のタープと異なり、長期間張りっぱなしにする前提で作られています。素材にはビニールよりも頑丈で分厚い「織物」が使われています。パラソルと同じ素材で出来ているので風雨に強く、年月が経っても性能が落ちにくいことが魅力です。

【テーブル、チェア】スノピのガーデンシリーズは高級感満載。しかも使い勝手も抜群

出典:Snow Peak

「ガーデンユニットテーブル」は庭で使うことを想定して作られています。高級感があり、かつ様々な使い方ができるので、庭でアウトドアを楽しむにはぴったりです。

ボルトで接合しているので、キャンプ用テーブルのように、折りたたむことはできませんが、その分、構造的にとても安定しています。天板には「イタウバ」という、デッキに用いられる木材が用いられています。この木材は使うほどに黒ずみ、次第にアンティーク調の高級感ある風合いになっていきます。同じ素材、構造で作られた「ガーデンチェア」をテーブルと一緒に使えば統一感が出るので、レイアウトが品よくまとまります。

出典:Snow Peak

ガーデンテーブル最大の魅力は、テーブル中心の使い方を状況に合わせて、自由に変更できることです。余白スペースに天板を設置すれば、巨大な一枚テーブルになります。グリルを置けば、バーベキュースペースに早変わり。家族や友人との、鉄板を囲んだ賑やかな食事を楽しめそうですね!

【チェア】インテリアブランドの庭用チェアで至福のひと時

出典:Pixabay

庭用のチェアには、アウトドアブランドよりもむしろ、インテリアを扱うブランドのほうがおすすめ。アウトドアチェアと違って、持ち運びの便利が重要でないので、頑丈な素材を使っていて作りにも安定感があります。また、デザインがインテリアに近いので、庭でくつろぐ時に、室内と同じような落ち着きを得ることができます。

2人掛けのハンギングチェア

出典:楽天

特に「ハンギングチェア」は庭でこそ使いたいアイテムです。自然を感じながらイスに揺られていると、時間を忘れてゆっくりと過ごすことができます。イスに揺られているうちに眠くなれば、そのまま眠ることもOK。自宅の庭で、贅沢な時間を過ごすことができますよ。

庭ならでは。大きな調理器具で本格の料理を作ろう

【グリル】ウェーバーのグリルで豪快バーベキュー!

庭でのアウトドアは、バーベキューで一気に本格的になります。バーベキューには「ウェーバー」のグリルがおすすめ。バーベキューの本場、アメリカで60%ものシェアを誇る人気なブランドです。そのなかでもスピリットシリーズとジェネシスシリーズは庭でのBBQにぴったり。ガス式なので煙が出ず、近隣の迷惑になりません。また一度にたくさん焼けるので、大人数で使う時にも便利です。ダイヤルを使って、火力を細かく調整できるので、焼き上がりは本格。外はカリッと、中はジューシーな本格グリルを楽しむことができます!

【燻製】大きいからこそ本格派の燻製ができる

出典:Pixabay

自宅での燻製には、大胆な調理ができるメリットがあります。キャンプには持っていけないような、大きな燻製気を使えば、たくさんの食材を一気に燻製にできます。また、ブロック肉や、大きな魚を切り分けることなく、そのままの姿で燻製にできるので、出来上がりのクオリティもアップしますよ。おすすめブランドは鉄板工房。燻製室が他の燻製器のものに比べはるかに広く、最大80cmの食材をつるせます。完成した大きな燻製を、大人数で食べるのも楽しそうですよね!

【ピザ窯】庭にアンティークな重厚感とエキゾチックな美味しさを

メキシコ製のピザ窯、チムニー

出典:Amazon

荷物の積載をする必要がない自宅の庭なら、「ピザ窯」を使った調理もできます。窯の中で焦げないよう、ピザを回し焼する調理自体がエキゾチックで面白いです。炭火で焼いたピザの味は香ばしくて癖になりますよ。

特に、武田コーポレーションが販売しているメキシコ製のピザ窯がおすすめです。可愛らしくも重厚感のある見た目は、本場のピザ窯のよう。庭の雰囲気を異国風にしてくれます。また、専用の台が付いているので、地面の上はもちろん、テーブルの上でも安全に使うことができますよ。

ファイヤーサイドのギアは庭キャンプにぴったり

薪ストーブのブランド「ファイヤーサイド」からは、庭で使えそうな面白いアイテムが多く出ています。奇抜な発想から作られた「火」にまつわるアイテムは庭の使い方に変化を与えてくれますよ。ファイヤーサイドの数あるギアの中から、特に秀逸な2アイテムを厳選したので、チェックしてみてください!

まるでオブジェ!ハイセンスな焚き火台「TIPI」

出典:FIRESIDE

一見してオブジェのようなこのアイテム。実は「焚き火台」なんです。エッジが利いた、アーティスティックな見た目なので、使わない時でも庭に飾っておけそうですね。素材には鉄板が使われています。買ったばかりの頃はメタリックな質感ですが、時間がたつほどに表面の鉄板が錆び、アンティークな味わいが出てきますよ。ダッチオーブンと同じように「使って育てる」楽しみがあります。

出典:FIRESIDE

夜になれば、炎を使ったワイルドな「照明」に早変わり。三角形の開口から明かりが漏れる様子がとても幻想的です。1日の中で、時間ごとに様々な使い方が楽しめるところが魅力です。

グリルと焚き火、両方楽しめるなんて

出典:FIRESIDE

「ファイヤーボウル」は1台で焚き火とバーベキューの両方を、一緒に楽しめるアイテムです。通常の焚き火台では、炎の上に調理器具を置くので、調理中や食事中に焚き火を楽しむことはできません。しかしこのアイテムなら、中心の炎の熱で、周囲の鉄板を温めるので、グリルをしながら焚き火を楽しめますよ。

食事や会話など、団欒の中心にいつでも炎があるなんて、なんだかロマンチックですよね。炎を囲んでいる時に感じる心の落ち着きや、周りの人との一体感には語りつくせない魅力があります。そんな火が作り出す充実した時間を、食事中でも味わえるなんてとても幸せな気分になれそうです。

自宅ならではのアウトドアを楽しもう

自宅の庭で楽しむアウトドアの魅力と、庭ならではのアウトドアギアを紹介しました。最近、スノーピークは日常でも自然を感じる「アーバンアウトドア」というコンセプトを打ち出しました。このことからも、お手軽に楽しむ庭キャンプは、これから流行が来そうな兆候があります。あなたも流行を先取りして、庭ならではのアウトドアをしてみては?

お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプスタイル おうちキャンプ

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪