キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

ツーリングテントおすすめ26選!バイクでキャンプ!

ツーリングテント越しに見えるバイク

出典:DOD

バイクでキャンプ!今回は、キャンプツーリングのテントの選び方のポイントと、おすすめのツーリングテントを紹介。コンパクト性や軽量性、設営のしやすさや全室の広さなど、キャンプツーリングならではの視点で解説していきます。

ツーリングテントとは?

バイクと組み立てたテント

出典:DOD

キャンプツーリング、できるだけ安く済ませたいとはいいつつも、寝床をしっかり確保することは必須事項!中でもツーリングテントは持っていて損しない便利アイテムです。ツーリングテントとは、バイクや自転車で気軽に持ち運べるほどの軽量でコンパクトなテントのことをいいます。
▼こちらの記事もおすすめ

ツーリングテントの選び方

ツーリングテントを買う上で何を基準にして買えば良いのかわからない。と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?ここではツーリングテントの選び方を紹介します!是非参考にしてみてください。

軽量&コンパクトさ

張られたテントとバイク

出典:Amazon

積載が限られるキャンプツーリングでは軽量でコンパクトなテントにすることで移動もラクになります。重さもツーリングへの影響を最小限にするため、テントの重量は5kg以内を目安に選びましょう。バイクへの積載は荷台から左右15cm以内に収まることが必須のため、横幅60cm程度に収めることがポイントです。

使用人数

使用人数もテント選びの重要なポイントです。テントを選ぶ際、使用人数プラス1人分のサイズにすることで、テント内に荷物を入れても寝るスペースを十分に確保出来ます。使用人数目安として、ソロでキャンプされる方は「1〜2人用」のテント、2人であれば「2〜3人用」を選びましょう!

設営のしやすさ

ツーリングをメインとするキャンプツーリングは、日没頃にキャンプ場に着くことがあります。そのため設営のしやすい自立型テントやワンタッチテント選ぶとスムーズにサイトを作ってキャンプを楽しめるでしょう。

前室の広さ

前室の大きいテントでは、前室に荷物を置くことができるだけでなく、前室をタープ代わりにすることも!簡単な料理を作ることも可能。ツーリングテントの中には、前室スペースにバイクを収納できるタイプもあり、雨除けや盗難防止として機能するので便利です。

通気性

テント上部
テント内の空気を循環させるベンチレーション(換気口)が付いているかを確認する必要があります。夏は通気性を確保しないとテント内が蒸し風呂状態になってしまい、快適には過ごせません。逆に冬は通気性を最小限に抑え、フライシートにスカートを設けたモデルがおすすめです。

結露の起きにくさ

外気との温度差がひどい時は、結露が発生してシュラフがビチョビチョになることも。そのため、結露を防ぐためには「ダブルウォール」のテントを選ぶようにしましょう!
シングルウォールテントとダブルウォールテントの特徴比較

出典:モンベル

ダブルウォール」とは、テントがフライシートとインナーテントの2つで形成されているタイプのこと。フライシートとインナーテントの間に空気の層ができることで、外気との温度・湿度の差を最小限に抑えられます。

軽量でコンパクト!ソロ用ツーリングテント

持ち運び、設営もラクな軽量コンパクトな小型テント。キャンプツーリングはもちろん、登山やバックパッキングにもおすすめなソロ用のテントをそれぞれのポイントとともに紹介します。

ワンタッチタイプ

組み立てタイプ

前室にバイクが入る!ソロ用ツーリングテント4選

前室にバイクがぴったり入るソロ用ツーリングテントを紹介します!雨風に雨風にさらされることなく、ソロキャンプが楽しめますのでチェックしてみましょう!

ワンタッチタイプ

組み立てタイプ

グループでのツーリングに!2〜3人用ツーリングテント

ツーリングも何人かで行く場合は、各々ソロテントを持ち寄るのではなく、一緒に泊まれるテントでもいいでしょう。ここでは2〜3人で泊まれるツーリングテントを紹介します。

冬のツーリングキャンプに最適なテント

冬のキャンプでは雪や冷気を遮断するためにスカーフ付きのテントがおすすめ!ここではスカーフ付きのテントを紹介します!

GeerTop 2人用テント

GEERTOP テントの商品紹介

出典:Amazon

スカート付きのダブルウォールテント。スカートはロールアップ可能で夏場は通気性を確保、冬場はスカートで冷気を遮断。インナーテントには二つある出入り口をメッシュにできるので夏場も安心して使用できます。 【hinataのおすすめポイント】
  • ロールアップできるスカートは冬場の冷気をしっかり防ぐ
  • 通気性を確保できるメッシュ機構で夏場も安心
【基本情報】
  • 使用サイズ:210×140×115cm
  • 収納サイズ:16×16×46cm
  • 重量:3kg
  • 耐水圧:3,000mm
  • 使用人数:1~2人

自転車キャンプにピッタリのツーリングテント

自転車キャンプでは軽量なUL(ウルトラライト)系のテントが重宝します。ここでは軽量性を重視し自転車キャンプで使いやすいテントを紹介!

こだわりのテントで快適なキャンプツーリングを!

バイクが前室に収まるテントやコンパクトさを追求したテント、コストを抑えたテントなど小型テントもさまざまな種類があります。自分のキャンプスタイルに合うテントを見つけて快適なキャンプツーリングを楽しんでください! ▼ツーリングキャンプで行けるキャンプ場を知りたい方はこちらをチェック
▼ツーリングキャンプに必要な道具を知りたい方はこちらをチェック

今回紹介したアイテム

商品画像DOD ライダーズワンタッチテントホールアース ワンタッチコンパクトツーリングテントコールマン ツーリングドームSTモンベル クロノスドーム 2型プロモンテ VL16キャプテンスタッグ リベロツーリングテントUVバンドック ツーリングテント ソロ ドーム 1スノーピーク テント ファル2WhiteHills パックパッキングテントニーモ ホーネットストーム 1Pアライテント エアライズ1ネイチャーハイク クラウドアップ1DOD ライダーズワンポールテントロゴス Tradcanvas ツーリングドゥーブルWAQ Alpha TC TIPIテントスノーピーク アメニティドームSogawa ステイシーネストダンロップ コンパクトアルパインテントバンドック bdk-03ビジョンピークス TCルーテントノースイーグル ドームテント270ネイチャーハイク スカート付きテントMSR エリクサー2モンベル ステラリッジテント2型 本体ネイチャーハイク サイクリング ウルトラライト
商品名DOD ライダーズワンタッチテントホールアース ワンタッチコンパクトツーリングテントコールマン ツーリングドームSTモンベル クロノスドーム 2型プロモンテ VL16キャプテンスタッグ リベロツーリングテントUVバンドック ツーリングテント ソロ ドーム 1スノーピーク テント ファル2WhiteHills パックパッキングテントニーモ ホーネットストーム 1Pアライテント エアライズ1ネイチャーハイク クラウドアップ1DOD ライダーズワンポールテントロゴス Tradcanvas ツーリングドゥーブルWAQ Alpha TC TIPIテントスノーピーク アメニティドームSogawa ステイシーネストダンロップ コンパクトアルパインテントバンドック bdk-03ビジョンピークス TCルーテントノースイーグル ドームテント270ネイチャーハイク スカート付きテントMSR エリクサー2モンベル ステラリッジテント2型 本体ネイチャーハイク サイクリング ウルトラライト
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事