hinata

>

キャンプ

>

アウトドアブランド

>

トランギア

>

トランギアのストームクッカーはこう使う!使い方から全ラインナップまで紹介!

トランギアのストームクッカーはこう使う!使い方から全ラインナップまで紹介!

 キャンプ

出典:Amazon

キャンプや登山、ツーリングなどでも食事は最大の楽しみのひとつ!色々な料理を楽しみたいですよね。でも、調理器具をあれこれ持っていくのは大変。そこで人気になっているのがトランギアのストームクッカー!燃料、鍋、フライパンまで揃っているのでとても軽くてコンパクトです☆機能性も高い万能調理器具、ストームクッカーの魅力をご紹介しましょう!


 目次


ストームクッカーとは?

ストームクッカーとは、スウェーデンのアウトドア用調理器具の専門ブランドトランギアから発売されているアルコールバーナーを使った登山やアウトドアで活躍する調理道具セットのこと。収納時にコンパクトにまとめられて持ち運びがしやすく、使い道が広いのが人気の理由です。

ストームクッカーのセット内容は?

まずはストームクッカーのセット内容を確認しましょう。Lサイズの場合、燃料となるアルコールバーナー、バーナーをセットするためのベース、風防にもなるゴトク、1.5Lのポット(鍋)、1.7Lのポット、収納時に蓋になるフライパン、ポットとフライパン共用のハンドルが各1個でセットになっています。シリーズのセット内容は全て同じですが、Sサイズのモデルはポットが1.0L2つとなっています。

こうしたパーツを組み合わせることで、簡易的なカマドが出来上がり、効率の良い調理ができるようになります。ポットに蓋はありませんが、フライパンを蓋代わりに使うことが可能。すべて重ねて収納することができるので、かなりコンパクトにまとまり持ち運びしやすくなっています!

構造、火力、利用時間など基本情報を紹介!

それでは、セットアップの仕方と構造を説明しましょう。

1. ベースにゴトクをセットする
2.燃料を入れたゴトクの中央にセットする
3.ライターかマッチでアルコールに着火する


以上でアットアップは完了!あとはゴトクの中や上にポットかフライパンを置いて調理開始です。
ストームクッカーはセットアップも簡単!使い方を間違ったり、低温下で機能しなくなるような余分なパーツがないことから、特別なメンテナンスが不要で長く使い続けることができるのも特長の一つです。

構造もとてもシンプル。ベースの横に開いている穴が、バーナーへの酸素供給を増やします。引き込まれた空気は熱により上昇し、大量の酸素が供給されるため安定した火力が得られる仕組みになっています。またフライパンをソースパンの蓋として利用することで、より加熱効率がよくなるので燃料の節約にもつながります。

基本仕様はアルコール燃料で、入手しやすくコストも安いのはメリットですが、火力はガスストーブよりも弱いです。ただし着火のしやすさや強風や低温に強いこと、安定した火力を得られることを考えれば、特別に強い火力が必要な場合やよっぽど急ぐことがなければ問題なし!調理に必要な火力は充分に持っています。

燃料の燃焼時間は1回のアルコール使用量約100ccで約25分。お湯を沸かしたり炒め物などの調理には充分な時間です。炊飯をする場合、丁度1回分炊けるという感じ。長時間の煮込み料理などの場合は途中でアルコールの補充が必要になりますが、補充や着火が簡単なのであまり負担になることはないと思います。

ストームクッカーのラインナップ

ストームクッカーはこう使う!

純正アクセサリーでもっと便利に!

トランギアでは、ストームクッカーがより便利に使える色々なアクセサリーもリリースしています。その一部をご紹介しましょう!

使用の際の注意点

ストームクッカーは便利な調理器具ですが、使う際にはいくつか注意が必要なことがあります。注意点をまとめましたので、参考にして安全に使用してください!

●使用中にはバーナー本体やスタンドベース、ゴトクがとても熱くなります。ヤケドをしないように調理中は軍手や革手袋を使うことをおすすめします。また、木のテーブルや樹脂製のクロスなど燃えやすいものや溶けやすい物の上や周辺では使わない方がいいでしょう。
●アルコール燃料の炎は明るい場所だと着火していてもみえにくいことがあります。またガス燃料と違い燃焼音がしないので、燃焼していないように見えても火が着いているということがあります。着火、消火の確認は慎重に行ってください。
●空気の循環が重要な調理器具です。基本的に野外での使用のみと考えてテント内、車内など閉鎖された場所では使用しないようにしましょう。
●純正で使用する場合、燃料はアルコールのみ!バーナー内の燃料タンクにガソリンなど他の燃料をいれることは現金です!またアルコールを燃料タンクにいれたまま持ち運ぶと漏れることがあるので使用前、使用後は必ず燃料を抜きましょう。
●調理中にアルコール燃料が切れた場合、必ず一度火を完全に消してからを補給すること!補給中にアルコールに引火してしまうと大事故につながります。

ストームクッカーでアウトドア料理を楽しもう♪

ストームクッカーは煮ることも茹でることも焼くことも1セットでできる万能調理器!基本の炊飯方法とおすすめレシピをいくつかご紹介しましょう!

ストームクッカーの基本!お米をおいしく炊く炊飯方法♪

1.まずはお米をといでパンに入れます。米1合に対して水180cc〜200cc、柔らかさの好みで調整してください。できれば夏は30分、冬は1時間ほど浸しておくとよりおいしく炊きあがります!

2.パンを中火にかけます。このときフライパンを上にかぶせて蓋にします。圧力をかけた方がおいしく炊けるので、フライパンの上に石やケトルなどを乗せて重しにするといいでしょう。

3.3分から4分ほどで沸騰して蒸気がでてきます。吹きこぼれがはじまったら火を弱めてください。

4.10分程度待って、蒸気が弱くなったら蓋を空けてみましょう。水分がなく泡がなくなっていたらOK!

5.パンとフライパンをそのままひっくり返して、フライパンを下にしたまま蒸らします。10分から20分程度蒸らせば完成です!ふっくらおいしいご飯をいただきましょう♪

簡単にできる!ストームクッカーで作るアウトドアレシピ

フライパンひとつでシンプルペペロンチーノ
【二人分】
・スパゲティ・・・160g
・にんにく・・・1片
・唐辛子・・・1本
・オリーブオイル・・・40cc
・水・・・適量       
・塩・・・適量

1.唐辛子は種を抜き輪切りに、ニンニクはみじん切りにしておきます。
2.フライパンでお湯を沸かし、塩を入れてスパゲティを製品の表示時間より1分短く茹でます。湯きりをしてゆで汁をコップに半分程度とっておきます。
3.フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくと唐辛子を弱火でじっくり炒めます。
4.にんにくにうっすら色がついたらゆで汁加えて強火でしっかり混ぜあわせます。
5.フライパンにパスタを入れてオイルを絡めます。味が薄ければ塩、コショウで調整しましょう。

ペペロンチーノはオイルとゆで汁をしっかりと混ぜ合わせて乳化させるのがコツ!


材料をいれて煮込むだけ!ゴロゴロ野菜のポトフ
【二人分】
じゃがいも・・・2個
人参・・・1本
タマネギ・・・1個
キャベツ・・・1/4個
ソーセージ・・・4本
コンソメキューブ・・・1個
水・・・300cc
塩・コショウ・・・適量

1.じゃがいも、タマネギは皮を剥き大きく2つに切る、人参は乱切り、キャベツは1/8の大きさにして楊枝をさしておきます。ソーセージは半分に切るか切れ目をいれておきましょう。
2.パンに水、コンソメキューブ、材料をすべて入れて火にかけます。
3.そのまま、15分ほど煮込んで野菜に火が通れば完成です。最後に塩、コショウで味を整えましょう。

具材はアレンジOK!カブやブロッコリー、キノコも合いますよ♪ソーセージをベーコンに変えても!


ご飯を炊く時に一手間加えて♪洋風森の炊き込みご飯!
【二人分】
米・・・1合
水・・・180cc
マッシュルーム・・・4個
しめじ・・・ 1パック
しいたけ・・・2枚
タマネギ・・・1/2個
ベーコン・・・2枚
にんにく・・・1片
オリーブオイル・・・少々
白ワイン・・・大さじ1
コンソメ・・・1/2個
塩・コショウ・・・少々

1.タマネギ、にんにくはみじん切りに、きのこはいしづきをとり、しめじは手でほぐしマッシュルームとしいたけは薄切りにします。
2.米はといで、パンに30分ほど浸しておきます。
3.フライパンにオリーブオイルを引き、にんにくを炒めて色がついてきたら他の材料を入れて炒めます。しんなりしてきたら白ワイン、塩、コショウを振り味を整えます。
4.お米と水の入ったパンに炒めた具材、ほぐしたコンソメを入れ、炊きます。
5.炊きあがったらお好みでパセリやレモンをふりかけていただきましょう!

季節によって具材をかえてもおいしくできあがります!おすすめはタケノコや鶏肉です♪


あわせて読みたい記事



新着記事



おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪