hinata

>

キャンプ用品

>

ランタン

>

灯油ランタン

>

気になる灯油ランタンのおすすめから自作方法まで徹底解剖☆

気になる灯油ランタンのおすすめから自作方法まで徹底解剖☆

 キャンプ用品

闇夜に光るランタン

出典:Wittybear / ゲッティイメージズ

灯油ランタンは手間がかかりそうというイメージが多いはず。実はそんなことないんです。初心者にもおすすめなコールマンの灯油ランタンだけでなく、ベテランにおすすめなランタンもご紹介します!


 目次


灯油ランタンとは?

スタンドに吊るされたランタン    

出典:MASARU MIYASHITA / flickr

ホワイトガソリンランタンやアルコールランプとの違い

1番の違いはやはり燃料です。灯油ランタンは灯油を使っているため、ホワイトガソリンランタンとアルコールランプに比べて、ランニングコストが非常に安いんです!

加圧式タイプとハリケーンランタンタイプの2種類

灯油ランタンは2種類に分けることができます。液体の灯油を圧力によって気化させて空気と混ぜ、燃えやすい気体を作り出す灯油ランタンは加圧式タイプと呼ばれています。

一方、ハリケーンランタンタイプはアルコールランプと構造はほとんど同じです。灯油が芯を上がって炎口の上の部分で燃焼するようにしたものです。この仕組みを利用しているため、どんな嵐にも耐えられるランタンということで、ハリケーンランタンと呼ばれています。

明るさはどれくらい?

加圧式ランタンは非常に明るい光を放つので、広範囲を照らすことができ、メインランタンとして活躍できます。

一方、ハリケーンランタンは穏やかな光なのでテントサイト内を雰囲気よく照らすことができます。

暖房としても使える

秋、冬にキャンプをすると日中に少し肌寒いと思うことがあります。そんな時は加圧式灯油ランタンで温まりましょう!とっても暖かくなるというわけではありませんが、優しい暖かさが身を包んでくれます。

hinataおすすめの灯油ランタン5選

hinataおすすめの灯油ランタンをご紹介します。明るさのCPという単位はキャンドルパワーの略称で、1CPはろうそくの火1つ分の明るさと同じです。メインランタンとしてテントサイトを照らすためには、だいたい200CPほど必要なので、ぜひ参考にしてください。

灯油ランタンの注意点

持ち運び方法

灯油を完全密閉できないため、灯油を入れたまま持ち運びをすると灯油が漏れ出す可能性があります。グローブから少し漏れ出すくらいですが、危ないので火がついたまま持ち運ぶのは避けましょう。

キャンプに使うときは、灯油を持って行って使う分入れるのがベストです。もしも灯油が余ってしまったら灯油を抜ききってから持ち運びましょう。灯油の抜き方は下記をご覧ください。

燃料の抜き方

燃料を抜く理由は2つあります。

・持ち運びのときの燃料の漏れを防ぐため。
・ランタンの劣化を防ぐため。

燃料に水分が混ざると、サビの原因にもなり大変危険なので確実に燃料を抜き取りましょう。特に加圧式の場合、加圧によって空気中の水分と混ざってしまうことがあるので気をつけてください。

燃料を抜き取るには抜き取りポンプを使用しましょう。

ポンプの金属が先に着いた方をランタンに突っ込んで、ポンピングするだけ。空気圧をあげるわけではないので、楽にポンピングできます。これで最後まで燃料を抜き取りましょう。燃料を最後までとりきれない場合は、空焚きして、燃料を最後まで使い切ってください。

芯の取替え方法

加圧式とは違ってハリケーンランタンは、芯と呼ばれる布を燃やすことで火がつきます。つまり芯が燃え切ってしまったら新しい物に取り替えなければなりません。

芯の取替え方法は以下の手順です。

1. 芯を買ってきて、形をハサミでカットして整える。芯の先を少し細くカットすると綺麗な炎になります。
2. バーナー部分をとりはずしてカットした芯を通し、5mmから10mmほど先を出す。
3. バーナーを取り付け、もう片方の先端を燃料タンクに入れる。

以上で芯の取り替えは完了です。ランタンによってバーナーの取り外し方が変わるのでご注意ください。フュアーハンドのハリケーンランタンの芯交換は下の動画の通りなので、参考にしてみてください。

灯油ランタンの自作方法

灯油ランタンは簡単な自宅にある製品から作ることができるんです!今回はその1つをご紹介します。

材料:アルミ缶 ×2(蓋付き)、適当な生地(Gパンがベスト)、灯油

手順1. アルミ缶1つから、1×3 cmくらいアルミ板を2つ切り取り作る。

手順2. アルミ缶の蓋に生地とアルミ板2枚入るくらいに、カッターで穴を開ける。(2×15mm程度)

手順3. 生地とアルミ板を入れればバーナーの出来上がり。バーナーをアルミ缶にくっつけましょう。

手順4. アルミ缶内に灯油を入れれば完成!


たったの4ステップで自作の灯油ランタンができてしまうなんて、すごいですよね!自作ギアであれば、世界に1つだけのデザインですし、愛着もわきます♪

まとめ

いかがでしたか?少し手間がかかる印象の灯油ランタンですが、ハリケーンタイプなら簡単に扱うことができますし、手間のかかる加圧式も可愛いものですよ♩灯油ランタンの良さをわかっていただけたのなら嬉しいです。ぜひ自分にあった灯油ランタンを見つけてください!


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

3

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪