キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

灯油ランタンおすすめ6選!燃料の入れ方〜メンテナンス方法まで一挙紹介

闇夜に光るランタン

キャンプの必須アイテムとも言えるランタン。今回は、ランタンの中でも炎の揺らめきと暖かみのある光色で根強い人気を誇る「灯油ランタン」を紹介します。灯油ランタンは、準備や片付けに時間がかかりそうなイメージがありますが、使い方は意外とシンプルです。この機会に使い方や注意点を理解して、キャンプで安全に灯油ランタンを使いましょう!

灯油ランタンとは?

灯油ランタンは、燃料がガソリンや石油と比べて安価で手に入りやすく、テーブル全体を柔らかい明かりで照らすアイテムとして使います。使用する燃料は灯油だけでなく、パラフィンオイルでも使用OKです! また、初心者の方でも扱いやすく、安定した明るさを長時間持続できるため、夜のキャンプを彩りたいという方に人気があります! ▼ランタン全般の人気商品を知りたい方はこちらの記事をチェック!

灯油ランタンの選び方

灯油ランタンは、大きく分けて2種類あります。使いやすさや明るさ、メンテナンスのしやすさといったことに注目しながら、灯油ランタンを選んでみましょう。

加圧式タイプorハリケーンランタンタイプ

灯油ランタンは加圧式タイプと、ハリケーンランタンタイプから選べます。
  • 加圧式タイプ……液体の灯油を圧力によって気化させて空気と混ぜ、燃えやすい気体を作り出す仕組み。光量に優れていることが多く、明るさを重視して選びたい方におすすめ。
  • ハリケーンランタンタイプ……アルコールランプと構造がほとんど一緒。灯油が芯を上がって炎口の上の部分で燃焼するようにしたものです。燃費に優れています。
初心者は、ハリケーンランタンタイプがおすすめです。加圧式タイプは扱いが難しいので、失敗すると怪我をする危険性があります。

メンテナンスのしやすさ

灯油ランタン

出典:Amazon

灯油ランタンを選ぶ際は、メンテナンスのしやすさにも注目して選ぶのも大切です。圧力式はパーツが多くて構造が複雑なので、メンテナンスに時間がかかります。 フェアーハンドタイプは芯の交換が必要ですが、シンプルな構造なので使い方もお手入れも簡単!初心者や面倒な手間を省きたい方は、フェアーハンドタイプの方が手軽に使えるのでおすすめです。

おすすめの灯油ランタン【加圧式タイプ】

加圧式タイプの灯油ランタンは光量が多いので、テーブルの周囲を明るく照らしてくれます。明るさメインでランタンを選びたい方におすすめです。
▼ペトロマックスを詳しく知りたい方はこちらもチェック!

おすすめの灯油ランタン【ハリケーンランタンタイプ】

ハリケーンランタンは、燃費効率に優れており、扱いやすいのが魅力です。初心者でも扱いやすい灯油ランタンが欲しい方はチェックしてみましょう!
▼ハリケーンランタンを詳しく知りたい方はこちらもチェック!
▼フュアーハンドのハリケーンランタンを詳しく知りたい方はこちらをチェック!

灯油ランタンの使い方

灯油ランタンは、加圧式タイプとハリケーンランタンタイプで使い方が大きく異なります。今回紹介するのは、初心者でも扱いやすい、ハリケーンランタンタイプの使い方です。

給油する

点火前にタンクのふたを開けて、燃料を入れましょう。燃料を入れすぎると使い終わった後の処理が大変なので、満タンには入れず、8分目までで止めるのが重要です。ランタンの光量にもよりますが、1日使用するなら8分目でも十分足ります。

ライターの火を近づけて点火する

灯油ランタン

出典:Amazon

グローブ脇のレバーでグローブを持ち上げ、ライターやマッチで芯に火を灯します。その後は、グローブを元の位置に戻すだけ!燃料を入れてからすぐに火を灯しても火はつきません。芯に燃料が染み込むまで、燃料を入れてから10分ほど待ってから着火しましょう。

火の大きさを調節する

火の大きさは芯の長さに比例しています。本体の脇にあるレバーを回して芯の大きさを変更できるので、火を大きくしたい場合は芯を長く、火を小さくしたい場合は芯を短くしましょう。消火したい場合は、芯を一番下まで下げるだけでOKです!

灯油ランタンの注意点

アルコールランプやガソリンランタンと比べて扱いやすい灯油ランタンにも、実際に使う場合は危険が伴います。これから紹介する注意点を把握してから使用しましょう!

給油時は平な地面に置いて行うこと

給油時は、ランタンを持ったまま行わず、平な地面に置いて行いましょう。斜めになったまま作業すると。燃料がこぼれてしまったり、上手く給油できないことが多いです。手に灯油がかかってしまわないように周りに何もない安定した場所で給油しましょう。

芯を出し過ぎないように!

灯油ランタン

出典:Amazon

点火後は、芯を出しすぎないように気をつけましょう。芯を出すと火力が強くなりますが、あっという間に燃え尽きてしまいます。点火時間が短くなってしまうので、適度に芯を調節して使用しましょう。火を長持ちさせたい方は、ほんの少し芯を出して使用するのがおすすめです。

冬キャンプ、灯油ランタンで温まろう

少し手間がかかる印象の灯油ランタンですが、使い方は意外とシンプルなので、コツを掴めば簡単に点火できます。今回紹介した種類と仕組みを理解できれば、安全にキャンプが楽しめるはずです!この機会に、自分にあった灯油ランタンを見つけてみましょう!

今回紹介したアイテム

商品画像コールマン ケロシンランタンペトロマックス HK500ロゴス ブロンズランタンデイツ ハリケーンランタンフュアーハンド ハリケーンランタンJFEIBLUE 灯油ランタン
商品名コールマン ケロシンランタンペトロマックス HK500ロゴス ブロンズランタンデイツ ハリケーンランタンフュアーハンド ハリケーンランタンJFEIBLUE 灯油ランタン
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事