ペトロマックスのランタン「HK500」

出典:PIXTA

ペトロマックスの魅力とは?灯油ランタンHK500の特徴&メンテ方法も

灯油ランタンの金字塔といえば「ペトロマックス」。1910年の創業以来その姿を大きく変えることなく、今もなお多くのキャンパーが愛する大定番です。そこで今回は、ペトロマックスの代表作「HK500」の魅力と、メンテナンス法、購入方法などを一挙お届けします。

「ペトロマックス」社とは?

「ペトロマックス」社は1910年にドイツで創業した、灯油ランタンの老舗メーカーです。ブランド名は、灯油の「PETRO」と開発者の「MAX」を掛け合わせたもの。圧力式灯油ランタンを開発した会社としても知られ、そのほとんどが創業当時のデザインを今なお踏襲しているのも特徴です。 近年ではロケットストーブをはじめ、ダッチオーブン・マグカップ・スパチュラ・ファイヤースキレットなどのおしゃれでシンプルな料理器具も製作・販売しています。昔のデザインを変えることなく、先端技術による高い機能も備えた製品を世に送り出す、誰もが認めるキャンプ用品のトップメーカーです。

ペトロマックスのランタンが人気の理由とは?

美しく完成されたフォルムのペトロマックスのランタン。レトロなたたずまいは現代のキャンプシーンでもひときわ存在感を放ちます。ここからは、時を経てなお色あせることのないランタンの奥深い魅力を紐解きます。

変わることない「不朽のデザイン」

ペトロマックスのランタン魅力といえば、デザイン性の高さが挙げられます。 登場当初からほとんど変わらないクラシカルなデザインは、さまざまなスタイルのキャプサイトで主役になる存在。他メーカーのランタンにはなかなかない懐かしさと独自性で、今も多くのキャンパーを魅了し続けています。また、世界大戦の際にドイツ軍が使用したことでも裏付けられている品質の高さもポイントです。

夜を彩る「やわらかな灯火」

夜を照らすランタン

出典:PIXTA

ランタンが真価を発揮するのは日が落ちてから。頭上で輝く星空の下、非日常的な空間を満喫するのにもランタンは欠かせません。ペドロマックスのランタンなら、灯油式ならではのやさしい明かりで夜のひと時に彩りを添えてくれます。

ペトロマックスのランタン「HK500」の魅力

今でもキャンプシーンでも絶大な人気を誇るのがペトロマックスの「HK500」です。200以上の細かなパーツで構成されたボディは見惚れてしまうほどの完成度。約400ワットの光量でメインランタンとしても十分。加えて、世代を超えて受け継がれるほどの頑丈さも備えています。

HK500の購入方法

HK150などのコンパクトなモデルもラインナップされていましたが、いずれも人気の高さも手伝って、購入したくてもなかなか手に入らないこともしばしば。正規取扱店や各Webサイトで見つけられることもあるので、根気よく探すのがおすすめです。

ペトロマックスのランタン・HK500の「使い方」

ここからは、ペトロマックスのランタン「HK500」の使い方を紹介します。初めての人は難しく感じるかもしれませんが、基本さえ押さえればすぐになれるはずです。

【手順1】保護リングを外し、マントルを取り付ける

まずはホヤの上下にあるピンク色の保護リングを必ず外します。保護リングを外さず点灯させると、ホヤが黒く煤けるので注意したいところ。 次にインナーチムニーのノズルの溝にマントルを指先で膨らませてから、マントルが外れないように二重結びをして固定しましょう。ランタンの性能を最大限に発揮するためにも、純正のマントルの使用がおすすめです。

【手順2】燃料(灯油)を入れる

このランタンで使える燃料は「灯油」です。圧力計付き注油口キャップを反時計回りに回して外し、付属のジョウゴを使用してタンクの7分目を超えないよう燃料を入れます。燃料を入れすぎると圧力がかからず、炎が出にくくなるので慎重に注ぎましょう。

【手順3】ポンピングで加圧する

続いては圧力式のランタンにおいて必要となるポンピングをします。この作業でタンク内に圧力をかけることで、ジェネレーターに液体の灯油を押し上げていきます。 ポンピングする前は、各所の栓やレバーが閉まっているかを確認しましょう。ポンプのロックを外してから、圧力計の針が赤線を指すまでポンピングを続けます。

【手順4】プレヒート燃料(灯油)を入れる

点火前の最後の工程がプレヒート(予熱)です。プレヒートとは、ジェネレーターを温めて液体の灯油を気化させる工程です。 予熱バーナーのレバーを手前に引いてライターなどで点火。予熱は最低でも90秒以上行いましょう。タンク内の圧力が下がってきたら必要に応じてポンピングで圧力を保ちます。こうして気化した灯油は空気と混合してガス状の燃料となり、マントルを燃やす準備が完了します。 プレヒートが完了したらいよいよマントルに点火。グリップホイールの矢印を下向きになるよう回し、予熱バーナーのレバーを下げておきます。点火直後は炎が安定しない場合がありますが、次第に白く明るい炎になるはずです。

HK500の「メンテナンス」方法

使用による汚れを掃除

本体やホヤには使用に伴う煤汚れが付着します。ウエスやブラシでこまめに磨いておきましょう。時々、分解して細かいところまで掃除することも大切です。手入れを欠かさなければ異変にも気付くことができるので、故障を防ぐことにもつながります。

部品の緩みや劣化をチェック

いつも快適に使用し続けるためには日頃の点検を怠らないことが肝心です。ランタンの使用時に何らかの不具合が生じた際には、部品の緩みや劣化が原因として挙げられます。 例えば、「マントルが点灯せずに黒くなる」場合には、セラミックノズルやガスチャンバーの緩みによるガス漏れが起きているかもしれません。定期的にチェックして増し締めしましょう。同様にニップルが緩んだ場合には付属の専用スパナで締め直しを。クリーニングニードルが折損している恐れもあるので交換して対処しましょう。 「点灯後になぜか炎が消えてしまう」「ポンピングすると圧力が漏れている気がする」などのケースには、圧力調整スクリューの緩みや、注油口キャップのゴムパッキンの劣化も考えられます。こちらも締め直しや交換を試みましょう。 また、マントルが破れた際は新しいものに交換してください。穴が空いたまま使用すると、ホヤや各パーツが炎で破損することもあります。

ペトロマックスランタンの「注意点」

昔ながらの設計を踏襲しているランタンなので、使用するには少々慣れが必要になります。注意すべきポイントを押さえて正しく、安全に楽しみましょう。

使用できる燃料は「灯油」のみ

HK500は灯油のみを燃料とするランタン。ガソリンやアルコールなど灯油以外の燃料は使わないよう注意が必要です。また、灯油が古い場合も燃焼不良を起こすこともあるので使用を避けましょう。

使用シーンは「屋外」のみ

HK500は屋外での使用を前提にデザインされています。屋内では使用できないので、コテージ内やテント内での使用は避けましょう。火災や酸欠による重大な事故が発生する危険性があります。

ペトロマックスのランタン「HK500」で素敵な夜を!

今回はHK500の特徴や使い方、注意点を中心にペトロマックスのランタンの魅力を紹介しました。そのクラシカルで魅力的なデザインや高い品質の虜になるキャンパーも多数!あなたも非日常を満喫できる「ペトロマックスのランタン」をぜひ体験してみてください。

特集・連載


あわせて読みたい記事