富士五湖のキャンプ場おすすめ14選!世界遺産のお膝元!

 キャンプ場

富士五湖から臨む富士山

出典:PIXTA

富士山の裾野には、自然豊かで気持の良いキャンプ場がたくさんあります。今回は、富士五湖のそばにある人気キャンプ場を「予約不要」「ペット可」「高規格」「温泉」などの特徴や口コミを交えながら紹介します。喧騒を離れ、日本一雄大な富士山のパワーを感じながらエネルギーチャージしてみてはいかがでしょうか。


 目次


富士五湖とは?

河口湖からの富士山の眺め

出典:Pixabay

富士五湖とは、「本栖湖(もとすこ)」「精進湖(しょうじこ)」「西湖(さいこ)」「河口湖(かわぐちこ)」「山中湖(やまなかこ)」の5つの湖をさします。いずれも富士山の山梨県側の裾野にあり、富士山の噴火によって自然に作られた湖です。

富士五湖は箱根伊豆国立公園に指定されています。また、2013年に“富士山”が世界文化遺産として認定されると同時に、富士五湖すべてが世界文化遺産として登録されました。

それぞれの湖ごとの特徴とキャンプ場の傾向

5つある湖はそれぞれ特徴があります。透明度の高さやアクティビティの豊富さなどお好みのスポットを見つけてみましょう!

本栖湖(もとすこ)【富士河口湖町、身延町】

本栖湖

出典:洪庵キャンプ場

本栖湖は富士五湖の中で最西端に位置しています。五湖の中で最も水深が深く(121.6メートル)、水が澄んでいるのが特徴です。なんと湖でダイビングも可能。千円札の裏側を見てみると、湖に富士山が移っている“逆さ富士”が描かれていますが、この絵のモデルとなっているのがここ本栖湖からの眺めです。

また、本栖湖の湖畔から登ることができる竜ヶ岳は「ダイヤモンド富士」が見られるスポットとしても有名。周辺は酪農地帯が広がっていて、牧歌的な風景の中でキャンプを楽しめます。

精進湖(しょうじこ)【富士河口湖町】

精進湖の外観

出典:精進湖キャンピングコテージ

精進湖は本栖湖の隣に位置する湖で、精進湖の北側から富士山を眺めると手前に大室山が見えます。大きな富士山が大室山を抱くように見えることから「子抱き富士」と称されています。手前には、青木ヶ原樹海が広がっています。樹海の中を走る国道139号からは、樹海の緑と富士山の雄大な姿を目の当たりにできます。精進湖エリアは観光地として開発されていないため、まさに大自然の息吹を感じられるキャンピングスポットです。

西湖 (さいこ)【富士河口湖町】

西湖の外観

出典:西湖キャンプ場テント村

富士五湖の真ん中に位置する西湖。ここでは、青木ヶ原樹海の他に洞窟散策ができる「富岳風穴」や、絶滅危惧種のクニマスを展示している「西湖ネイチャーセンター」などがあります。西湖は透明度が高く、水の色が青く澄んでいて、“乙女の湖”とも呼ばれる美しい湖です。

観光地化があまりされていないので、手つかずの自然が数多くあり、自然の中で静かにキャンプを楽しみたいというキャンパーに人気のスポットです。ウィンドサーフィンやヒメマス釣りが可能なことでも有名です。また、「西湖のいやしの里根場」では、かやぶきの民家が見られます。長らく大切にされてきた日本の文化も楽しみたい人にもおすすめのスポットといえるでしょう。

河口湖 (かわぐちこ)【富士河口湖町】

RetreatCamp まほろば

出典:RetreatCamp まほろば

河口湖は富士五湖の中で山中湖に次ぐ、二番目に大きな湖です。標高は831mと、富士五湖の中で最も低い位置にあります。特徴的なのは湖の形。横に長い形をしていて、湖岸線の長さは五湖の中で最も長く、遊覧船やボートの数も多いです。湖に沿うように、河口湖東岸エリアと河口湖北岸エリアとがあり、それぞれ観光地として古くから開発されています。

河口湖東岸エリアの湖畔には「オルゴールの森」や「河口湖美術館」などの観光スポットや飲食店、土産物店、ホテルなどが並び、コテージを併設したキャンプ場も多数。平成に入ってから発掘された新しい温泉もあり、富士河口湖温泉郷として親しまれています。キャンプと温泉、両方を楽しみたい人におすすめのエリアです。

河口湖北岸エリアにも美術館やアウトドア体験施設などが多数あります。北岸は、湖を挟んで向こう側に富士山を望む眺望が楽しめるため、カメラ好きが集まる好撮影スポットとしても人気が高いです。なお、河口湖の全貌を見たい人は「富士山パノラマロープウェイ」で天上山に登ることをおすすめします。天上山は昔話「カチカチ山」の舞台として知られています。

山中湖 (やまなかこ)【山中湖村】

小田急山中湖フォレストコテージ

出典:小田急山中湖フォレストコテージ

相模川の源流である山中湖は、富士五湖の中で最も面積が大きい湖で、面積は6.57平方キロメートルあります。富士五湖でいちばん標高に位置しており、日本国内の湖の中でも第3位の高さ。高原なので夏場でも涼しく、避暑地としても人気があります。また、ブラックバスが養殖されているため、釣り人からも大人気。富士五湖で一番水深が浅く、冬には完全凍結することもあり、凍った山中湖ではワカサギの穴釣りが楽しめます。

湖岸にはカフェやレストランも多く、スワンボートを楽しんだり、サイクリングを楽しんだりするのも気持ち良いです。また、山中湖には珍しい水陸両用の「カバ」というバスが走っていて、マリモや白鳥も見られます。

hinata編集部が選ぶ!おすすめのキャンプ場ランキングTOP5

ここからはhinata編集部のおすすめキャンプ場を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

5位 予約不要でも大丈夫「浩庵キャンプ場」

洪庵キャンプ場

出典:洪庵キャンプ場

【hinata評価】
最寄りICからのアクセス:★★☆
レンタル品の充実度  :★☆☆
アクティビティの充実度:★★★
付近の買い出しスポット:★★☆
お風呂・シャワー、温泉;★★☆
総合評価 10/15点

透明度の高い本栖湖では、釣りやウィンドサーフィン、カヌー、ダイビングなど実に幅広いアクティビティが楽しめます。湖でダイビング、何だか意外でわくわくしませんか。湖畔ではSUP(スタンドアップ パドル サーフィン)、SUPヨガなども体験が可能。湖でのウォーターアクティビティに興味がある人におすすめしたいキャンプ場です。

【基本情報】
住所:山梨県南巨摩郡身延町中ノ倉2926
電話:0556-38-0117
営業期間:通年営業
公式HPはこちら:浩庵キャンプ場

4位 昭和23年創業の老舗「本栖湖キャンプ場」

本栖湖キャンプ場

出典:本栖湖キャンプ場

【hinata評価】
最寄りICからのアクセス:★☆☆
レンタル品の充実度  :★☆☆
アクティビティの充実度:★★★
付近の買い出しスポット:★★★
お風呂・シャワー、温泉;★★☆
総合評価 10/15点

「本栖湖キャンプ場」は昭和23年より営業を続けている歴史あるキャンプ場。本栖湖観光協会が運営しています。本栖湖との距離は非常に近く、道路を1本挟んですぐという立地。広大な松林の中にあり、バンガローやコテージでの宿泊も可能です。

【基本情報】
住所 : 山梨県南都留郡富士河口湖町本栖18
電話 : 0555-87-2306
営業期間 : 4月~11月
公式HPはこちら:本栖湖キャンプ場

3位 ボートクルーズや屋形船もある「夢見る河口湖 コテージ戸沢センター」

夢見る河口湖 コテージ戸沢センターの様子

出典:夢見る河口湖 コテージ戸沢センター

【hinata評価】
最寄りICからのアクセス:★★☆
レンタル品の充実度  :★☆☆
アクティビティの充実度:★★★
付近の買い出しスポット:★★☆
お風呂・シャワー、温泉;★★★
総合評価 11/15点

富士の裾野から頂上までを一望できる河口湖の中でも屈指のキャンプ場。河口湖の湖畔にあり、水辺のすぐそばにテントを張ることが可能です。施設内にある専用の桟橋からボートや屋形船などにも乗船できます。予約をすれば、屋形船での貸し切りパーティーもできるのもうれしいポイント。テントの目の前で魚釣りをして、釣った魚をその場で焼いて食べるなど、抜群のロケーションのなかで、キャンプの楽しみが広がります。

【基本情報】
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石2578
電話:0555-76-8188
営業期間:通年営業
公式はこちら:夢見る河口湖 コテージ戸沢センター

2位. 湖畔から富士山が臨める「小田急山中湖フォレストコテージ」

小田急山中湖フォレストコテージ

出典:小田急山中湖フォレストコテージ

【hinata評価】
最寄りICからのアクセス:★★★
レンタル品の充実度  :★★☆
アクティビティの充実度:★★★
付近の買い出しスポット:★★☆
お風呂・シャワー、温泉;★☆☆
総合評価 11i/15点

森の中の静かなテントサイトと湖畔のテントサイト、2つのロケーションが楽しめます。湖畔サイトからは富士山が臨めます。ドッグランが併設されているほか、珍しい透明なカヌーへの乗船もできるので愛犬家や小さな子供連れのファミリーに人気のキャンプ場です。キャビンへの宿泊も可能。

【基本情報】
住所:山梨県南都留郡山中湖村平野491
電話:0555-62-2171
営業期間:3月~11月末まで
公式はこちら:小田急山中湖フォレストコテージ

1位 雄大な西湖を一望できる「PICA 富士西湖」

PICA 富士西湖の景観

【hinata評価】
最寄りICからのアクセス:★★☆
レンタル品の充実度  :★★★
アクティビティの充実度:★★★
付近の買い出しスポット:★★☆
お風呂・シャワー、温泉;★★☆
総合評価 12/15点

PICA西湖のアクティブグランデ、レイクビューコテージは、目の前に西湖を見渡せる絶景のコテージです。初心者でも安心の充実した設備があり、特にテラスにはバーベキューの機材が備え付けられています!中には、室内にプロジェクターを完備した棟もあり、西湖でカヌーを楽しんだあとに動画で振り返る……というような楽しみ方もできます。

【基本情報】
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068-1
電話:0555-20-4555 
営業期間:通年営業
公式HPはこちら:PICA 富士西湖

本栖湖のキャンプ場おすすめ2選

6. ペットとの宿泊も可能な「本栖レークサイドキャンプ場」

三方を松林に囲まれており、静かにキャンプを楽しみたい人におすすめのキャンプ場です。ドッグランが併設されていて、ペットと一緒に楽しめるのが特徴。予約不要のフリーサイトが150サイトあり、好きな場所を選びたい場合には早朝にチェックインするのがポイント。温水シャワーやカヌーのレンタルサービスもあります。

【基本情報】
住所 : 山梨県南都留郡冨士河口湖町本栖大久保19
電話 : 0555-87-2093
営業期間 : 4月〜8月末
公式HPはこちら:本栖レークサイドキャンプ場

7. 初心者も安心のカヌー体験!「本栖湖いこいの森」

本栖湖いこいの森の外観

出典:本栖湖いこいの森

本栖湖いこいの森の特徴は、初心者でも安心してさまざまなアクティビティが楽しめること。特にカヌーは、元国体選手がインストラクターとして指導してくれるため、初心者でも楽しく安全に学べます。そのほか、ウィンドサーフィンやスキューバダイビング、ラフティングも体験可能。湖でめいいっぱいアクティビティを楽しむキャンプ、なかなか良いですよ。

【基本情報】
住所:山梨県南巨摩郡身延町釜額字川尻2035
電話:0556-38-0559
営業期間:4月~11月
公式HPはこちら:本栖湖いこいの森

精進湖のおすすめキャンプ場

8. 至れり尽くせりで初心者も安心「精進湖キャンピングコテージ」

精進湖キャンピングコテージでバーベキューを楽しむ人々

出典:精進湖キャンピングコテージ

釣りやバーベキューを楽しみたい人におすすめのキャンプ場です。湖畔には予約不要のフリーサイトをはじめ、希望に合わせて選べる大小さまざまなコテージやバンガローなどがあります。コテージまたはバンガローに宿泊の場合、バーベキュー用の食材を届けてくれるサービスも。至れり尽くせりで、キャンプ初心者でも安心です。

【基本情報】
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町精進495
電話:0555-87-2005
営業期間:3月下旬〜12月初旬
公式HPはこちら:精進湖キャンピングコテージ

西湖のキャンプ場おすすめ2選

9. 西湖では唯一、サイトから富士山が眺められる「西湖キャンプ場テント村」

西湖キャンプ場テント村の様子

出典:西湖キャンプ場テント村

湖畔に位置しつつ山にも囲まれた、自然いっぱいのキャンプ場です。サイトから富士山が臨めることが人気のポイント。ペット同伴も可能です。“大自然を満喫しよう”をテーマに、バーベキューやサイクリング、フィッシングなどのアクティビティが楽しめます。富士五湖の中でも比較的静かな西湖エリアですが、そのなかでも一番北側に位置する西湖キャンプ場テント村は極めて静か。静寂の中で見る満天の星は癒し効果が絶大です。

【基本情報】
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖西2515
電話:0555-82-2003
営業期間:4月下旬〜11月上旬
公式HPはこちら:西湖キャンプ場テント村

10. 利用料が安価&近隣に温泉がある「西湖キャンプビレッジノーム」

西湖キャンプビレッジノームでのキャンプの様子

出典:西湖キャンプビレッジノーム

西湖キャンプビレッジノームは、湖畔のフリーサイト、林間の区画サイト、林間のフリーサイトの3つからなるキャンプ場です。特筆すべき点は、湖畔のフリーサイトが予約不可なこと。当日の早いもの順に場所が埋まっていきます。チェックインの13時に合わせて入場できるよう準備しておくのがベストでしょう。また、近くには温泉施設があるので、一日の汚れを洗い流して2日目も思いっきり遊べます。

【基本情報】
住所:南都留郡 富士河口湖町西湖1030
電話:0555-82-2650
営業期間:3月〜11月末まで
公式HPはこちら:西湖キャンプビレッジノーム

河口湖のキャンプ場おすすめ2選

11. ※現在はリニューアルされています。河口湖山宮キャンプ場(現:Retreat camp まほろば)

河口湖山宮キャンプ場のキャンピングカー

出典:河口湖山宮キャンプ場

※現在はリニューアルされているため、公式ホームページをご確認下さい。
トレーラーハウスやキャンピングカーへの宿泊体験もできるキャンプ場です。観光地として開発された河口湖から車でおよそ15分で着く便利なロケーションにありながら、開放的でワイルドな環境の中でキャンプが楽しめます。登山道、三つ峠や「母の白滝」などのハイキングコースを利用するにも便利。海抜900メートルで夏でも涼しく快適です。

【基本情報】
所在地:山梨県南都留郡富士河口湖町河口字山宮2553
電話:0555-76-7321
営業期間:通年営業
公式HPはこちら:河口湖山宮キャンプ場(現:Retreat camp まほろば)

12. 小川の流れる「ハーブの里オートキャンプ場」

ハーブの里オートキャンプ場の外観

出典:ハーブの里オートキャンプ場

ハーブの里オートキャンプ場は、場内に小川が流れており、川のせせらぎに癒されること間違いなし。サイトは、地面が土で林間のオートサイトになっています。森の中でのキャンプの雰囲気を存分に感じながらも、快適にキャンプを楽しめます。

【基本情報】
住所:山梨県南都留郡河口湖町宇河口534
電話:0555-76-7070
営業期間:4月下旬~11月末
公式はこちら:ハーブの里オートキャンプ場

山中湖のキャンプ場おすすめ2選

13. バンガローのバリエーションが豊かな「湖山荘キャンプ場」

湖山荘キャンプ場からの景色

出典:湖山荘キャンプ場

標高1,000メートルの位置にあるキャンプ場。そのため、夏場でも涼しく快適に過ごせます。湖山荘キャンプ場は山中湖の目の前にあり、水上レジャーを楽しむにも抜群のロケーション。キャンプ場からの富士山の眺めは絶景と評判です。トレーラーハウスに宿泊も可能。人気エリアにありながら格安に使用できるため、夏場などシーズン中は平日でも混み合います。予約はお早めに!

【基本情報】
住所:山梨県南都留郡山中湖村平野508
電話:0555-62-1143
営業期間:3月下旬~11月末(不定休)
公式HPはこちら:湖山荘キャンプ場

14. 今話題のハンモックカフェがある「PICA山中湖ヴィレッジ」

PICA山中湖

出典:PICA山中湖

手軽にキャンプを楽しみたい人におすすめのPICA山中湖。ハンモックが設置されているコテージやドギーコテージなど、多種多様なコテージでの宿泊が可能です。施設内にはオーガニックカフェなどもあり、ナチュラルでヘルシーな休日を過ごせます。

【基本情報】
住所:山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
電話:0555-62-4155
営業期間:通年営業
公式HPはこちら:PICA山中湖ヴィレッジ

富士五湖周辺の観光スポット

富士吉田周辺から臨む富士山

出典:Pixabay

富士五湖周辺にはさまざまな観光スポットがあります。なかでも、最も観光スポットに恵まれているのが河口湖周辺。ここでは河口湖を中心に、富士五湖周辺の観光スポットを紹介します。キャンプのついでに楽しんでみてはいかがでしょうか。

河口湖 富士山パノラマロープウェイ

昔話「かちかち山」の舞台として知られる天上山。その山頂に位置する富士見台駅と、河口湖畔駅とを約3分で結ぶロープウェイです。展望台からは、富士山や河口湖を存分に一望が可能。周辺に「うさぎ神社」や「天上の鐘」、うさぎやタヌキのオブジェなども点在しており、フォトスポットとしても楽しめます。

くわしくはこちら:河口湖 富士山パノラマロープウェイ

西湖いやしの里根場

西湖いやしの里根場から臨む富士山

出典:PIXTA

西湖の西北部にある、かやぶき屋根の家屋を復元した観光集落です。どこか懐かしく重厚感のある約20棟の古民家が、富士山をバックに並ぶ姿は壮観。癒しの時間を過ごせることでしょう。施設のなかには、食事処や特産品、地場産の加工品などを扱う商店があり、陶芸体験なども楽しめます。

くわしくはこちら:西湖いやしの里根場

河口湖オルゴールの森美術館

河口湖オルゴールの森美術館

出典:PIXTA

まるで小さなヨーロッパのような空間が広がる美術館です。目の前に、富士山とヨーロッパ風の街並みの両方が同時に広がる不思議な景観は圧巻。所蔵品のスケールも規格外で、全長20mの世界最大級の巨大ダンスオルガンや、あの悲劇の豪華客船「タイタニック号」に搭載される予定だった自動演奏楽器などが並びます。デートや家族でのお出かけにおすすめのスポットです。

くわしくはこちら:河口湖オルゴールの森美術館

富士急ハイランド

富士急ハイランドのジェットコースター

出典:PIXTA

世界最大級の絶叫系アトラクションを有する富士急ハイランド。中央自動車道「河口湖」ICより車で約5分の場所に位置しています。揺さぶられるような興奮を味わいたい人はぜひ立ち寄ってみては。あらかじめ行くことが確定している場合には、前売りチケットを購入しておくと、スムーズに入場できます。

くわしくはこちら:富士急ハイランド

富士五湖の豆知識

厚い雲がかかった富士山

出典:Pixabay

最後に、富士五湖にまつわる豆知識を紹介します。知らなくても、富士五湖周辺を十分に楽しむことは可能ですが、知っているとより一層、見ている景色に深みを感じられるかもしれません。歴史やトリビアに興味のある人はぜひ。

富士五湖の歴史とは

富士五湖の歴史は非常に古いです。約500万年前は海の底にありましたが、徐々に海から離れ、今のような姿になりました。形状の変化の要因は富士山の噴火。富士五湖の歴史は、富士山の噴火の歴史とともにあります。噴火のたび、少しずつ形状や数を変化させ、今のようになったのです。5つの湖ができたのは平安時代に遡ります。その後、今のような形になったのは江戸時代に起こった宝永の噴火のあと。なお、正式に「富士五湖」と呼ばれるようになったのは昭和になってからです。

富士五湖、最後にできた湖は?

段階的に形成されてきた富士五湖はおおよそ数万年前、湖が形成された当初は2つの湖だったといわれています。富士山周辺の湖が5つに分かれたのは、上記に記したように平安時代のこと。それまでは「山中湖」「河口湖」「本栖湖」そして「せの海」と呼ばれる湖の計4つでした。864年に起こった、大規模な富士山の噴火により、「せの海」は「西湖」と「精進湖」に分離。湖は5つになりました。つまり、最後にできた湖は「西湖」と「精進湖」といえるでしょう。

富士五湖は湖底でつながっている?

精進湖から臨む富士山

出典:Pixabay.

地図上で見ても、比較的近くに位置し合う「西湖」「精進湖」「本栖湖」。この3つの湖が、地中で地下水などを通じてつながっていると考える「湖底連結説」があります。この説が生まれた理由には、水位がほとんど同じなことや、増水・減水がほぼ同時に起こることなどが挙げられます。地中でつながる湖——。なんともロマンのある話ですが、3つの湖が最初から分離していたわけではないことを踏まえると、不思議な話ではないのかもしれません。

富士山が一番きれいに見える場所は?

富士山は、季節や天気によって景観を大きく変えるもの。朝日が好き、夕暮れが好き、青空が好き……など、個人の好みもあるでしょう。正直なところ「一番きれいに見える場所」をどことするかを決めるのは非常に難しい問題です。ですがもし、逆さ富士(富士山が湖に映り込んでいる様子)を見たいのであれば、山中湖親水公園(長池親水公園)がおすすめ。湖面が静かな日には、富士山と公園のあいだに挟まれた山中湖のなかに、美しい富士山の姿を確認できます。

富士五湖のおすすめドライブスポット

鳴沢氷穴の内側

出典:PIXTA

富士五湖周辺には洞窟も数多くあります。たとえば青木ヶ原樹海の深い緑に囲まれた「富岳風穴」。国の天然記念物にも指定されているこの洞窟は、夏でもひんやりと涼しく非常に静かです。非日常を存分に味わえるはず。また、天井から染み出した水が凍ってできた氷柱が特徴的な「鳴沢氷穴」も魅力的です。環状になっているため、ぐるっと回れる仕組みのこの洞窟。場所ごとにいろんな表情があり、好奇心が掻き立てられます。ドライブでぜひ訪れてみては。

チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンとは

豊かな富士五湖周辺の自然の機微に触れ、富士山の絶景を楽しみながら長距離を走り抜く大会もあります。その名も「チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン」。複数あるコースのなかでも、富士五湖すべてを網羅するFUJI 5LAKEの総距離は118kmにおよびます。走り慣れていないと到底太刀打ちできない距離ではありますが、ほかのウルトラマラソンのロケーションに比べると比較的難易度が低く、ウルトラマラソンの登竜門として挑戦しやすいコースです。大会は基本、春に行われますが、2019年には試験的に秋大会も行われています。

それぞれに特徴のある富士五湖で楽しもう

湖ごと、季節ごとにさまざまな特徴がある富士五湖。見るたびに違った表情を楽しめるのが大きな魅力です。今回紹介したように、周辺に位置するキャンプ場ももりだくさん。どの施設も、とっておきのアクティビティを楽しめること必至です。ぜひ何度も通ってみて、お気に入りを見つけてみてください。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪