コールマンのストーブの全てがここに!選び方からメンテナンス方法まで徹底解説

hinata

>

キャンプ

>

バーナー

>

コールマンのストーブの全てがここに!選び方からメンテナンス方法まで徹底解説

コールマンのストーブの全てがここに!選び方からメンテナンス方法まで徹底解説

 キャンプ

キャンプの定番、コールマンのおすすめストーブを紹介!ガスやガソリンなど燃料やストーブのタイプごとに使い勝手は様々です。特徴を知ればアウトドアクッキングで大活躍のアイテム。それぞれの違いとメンテナンス、修理方法などから自分に合うストーブを見つけましょう!


 目次


ストーブはどのタイプを選んだら良いの?

   

ストーブのタイプ別に選ぶときのポイントを紹介します。ストーブには大きく分けて、シングルバーナータイプとツーバーナータイプがあります。

山でコーヒー派や軽食づくりにはシングルバーナー!

シングルバーナーのストーブは、お湯を沸かしたり軽食を作る時など、ちょっと火を使いたいときに重宝します。クッカーはもちろん、スキレットやホットサンドメーカーなどで軽食を作るのにも便利な大きさ。小さく持ち運べるからソロキャンプや登山、ピクニックなど様々なシーンで活用できます!

シングルバーナーをさらに細かく分類すると、燃料タンクとバーナー部分が分かれるセパレートモデル、燃料とバーナーがひとつになっている一体型モデルがあります。

   

パッキングを小さくしたい、ガソリンをランタンにも使いたい、鍋を置いても安定感がほしい、といった要望がある人は燃料タンクとバーナーが別々にできるセパレートモデルがおすすめ。オートキャンプなどでパッキングは多少かさばったとしても、取り出しや片付けが楽な方が良いという場合は、タンクとバーナーがくっついた一体型モデルが手軽でおすすめです!

本気のアウトドアクッキング派ならツーバーナー!

ツーバーナータイプを主役に置いて、その周りにクーラーボックスや作業台、シェルフなどを配置すれば、そこはもうあなただけのアウトドアキッチンです!

   

出典:コールマン

ツーバーナータイプは、アウトドアで本格的にクッキングをしたいという場合の必需品と言えるでしょう。パスタを茹でながら具材を炒める、大きなフライパンや大鍋を置いて豪華なメインディッシュを作る、鉄板を置いて大人数分の焼きそばを炒めるなど、アイデア次第でいくらでも楽しめますよ!

お馴染みのツーバーナータイプのストーブですが、その上に鉄板を乗せると魚焼きグリルに変身!ガソリン式の特徴である強い火力が、素材の良さを引き出してくれます。

骨付きリブを大胆に調理!ツーバーナーのストーブは、どんな調理でもお任せの万能アイテム!アウトドアクッキングの強い味方です。

   

Instagram (@marukome101)

ツーバーナータイプのストーブは見た目が大きいので荷物の量が気になりますが、収納時には燃料や小道具をストーブの中に一緒にしまっておけるので、意外とすっきり保管できます。

どの燃料を選べば良いの?それぞれの特徴は?

ガス、ガソリン、ケロシン(灯油)と、それぞれに優れた点があります。どれを選べば良いのか、初めてだと迷ってしまいますね。まず、はじめは燃費の良さと耐久性を重視したいならガソリン、初心者でも扱いやすいものが良ければガス、とにかく燃料の入手が簡単な方が良いならケロシン(灯油)という選び方でも良いでしょう。

ガソリン式

ガソリンの種類は不純物の少ない純正ホワイトガソリンがおすすめ。ガソリン式ストーブはホームセンターなどでも購入できるので、液体燃料初心者の方にはチャレンジしやすいでしょう。しかし、難点を言えば「ホワイトガソリンが高い」「ガソリンは灯油よりも取り扱いに注意が必要」といった点があります。

   

Instagram (@rie_0220)

ガソリン式ストーブは燃料タンクに入れ、タンク内の空気を加圧し燃料を送り出す「ポンピング」という作業を行う必要があり、少々コツが要ります。その手間さえ惜しまなければ、家庭用コンロと遜色ない強い火力で調理できるのがガソリン式ストーブの魅力です!

   

Instagram (@shogo_26)

ガソリン式は使いこなせば高山、雪山、寒冷地でも安定した火力が得られます。

マルチフューエル式

   

Instagram (@ikkeroom)

ガソリンにはホワイトガソリンの他に、車の燃料となるレギュラーガソリン、ケロシン(灯油)などの種類があります。これらのガソリンを1台のストーブで利用できる“マルチフューエル式”と呼ばれるストーブがあります。

日本での正規販売はされていませんが、コールマンのストーブの中にもマルチフューエル式ストーブがあり、Amazonなどで入手可能です。

ガス式

   

Instagram (@kazu_10.14)

ガスタイプは、別売りのLPガスカートリッジをバーナー本体に装着するだけで使用できます。手軽に使えるので、はじめての方でも扱いやすいのがメリットです。ただし、雪山登山など本格的なアウトドアには不向き。寒さに弱いのと、燃料が切れてしまった場合につぶしが利かない点に注意が必要です。

ストーブの燃料はランタンにも共用可能!

   

Instagram (@shida7657)

ガスやガソリンは、燃焼系ランタンにも使えます。そのため、ストーブもランタンも同じ燃料タイプのもので揃える、というのはぜひ覚えておきたいポイント!同じタイプで揃えると、燃料を無駄なく使うことができます。

燃料はまとめて収納すると使いやすい!

シングルタイプのおすすめストーブ!

コールマンのストーブの中で、特に人気のあるガソリン式またはガス式のストーブをタイプ別に紹介!まずはデイキャンプやソロキャンプ、登山などにおすすめのシングルストーブから♪

ツーバーナータイプのおすすめストーブ!

コールマンのストーブの中でも大人気のツーバーナーストーブを、ガソリン式とガス式それぞれ紹介します!

メンテナンス方法

   

Instagram (@aki_hobby_490)

日常のストーブのお手入れには、本体外側や内部の汚れ(バーナー部は除く)は、ふきんを水にぬらしたり中性洗剤などをしみこまて、きれいに拭き取りましょう。 故障の原因になるので、汚れても水洗いは厳禁です! バーナー部の汚れやサビは、ワイヤーブラシで磨いてください。その他、定期的に行いたいメンテナンス方法を紹介します!

錆び落とし

   

Instagram (@leather_works_zz)

使用しているうちにストーブの五徳部分が錆びてくることがあります。部品を交換する方法が最も簡単ですが、定期的に分解して錆びを落とすことも大切なメンテナンスです。

そこで、スポーツスターIIの分解方法を紹介!最初にジェネレーターのナットを外し、反対側の固定金具も外します。ナットのついていた側をつまんで持ち上げるとフックが金具に引っかかっているのでこちらも外します。

   

出典:Amazon

さらに火口の真ん中にある太ねじをドライバーで回して外し、火口部分を取ります。受け皿もねじで数か所とまっているので、ねじを外して全て分解します。

   

出典:Amazon

分解ができたら、錆落とし用ブラシを使って錆をこすり落とします。錆を落とせたら、潤滑剤をスプレーしてから分解した手順と逆に組み立てていき完成です!
スポーツスターIIだけでなく、五徳タイプのストーブについては基本的に同じようなメンテナンスを行います。

ジェネレーターの交換方法

火力が弱くなってきた、点火しにくい、完全燃焼しない、火力の調整ができない。このようなトラブルが発生した場合には、ジェネレーターを交換します。

・シングルバーナーの場合

 

1. ジェネレーターの固定金具をはずす。
2. ジェネレーター取付部のジャムナットをはずす。
3. ジェネレーターを持ち上げ、クリーニングロッドをはずす。
4. ジェネレーター先端を本体から抜き取り、ジェネレーターを横にスライドさせながらはずす。
5. 新しいジェネレーターをグレートのくぼみに合わせ、先端を本体のジェネレーター差し込み口に入れる。
6. クリーニングロッドをバルブ先端の穴に引っ掛けてから、燃料レバーをHIGHにしてクリーニングロッドを下げ、ジャムナットで固定。ジェネレーター固定金具を付けて完了。

もっと詳しく知りたい方はこちら

・ツーバーナーの場合

 

1. ジェネレーターチューブをプライヤーではさみ、左に1/4回転させる。
2. 手で回してゆるめ、ジェネレーターチューブを抜き取る。
3. ニードルをプライヤーではさみ、左に1/4回転させる。
4. 手で回してゆるめ、ニードルを抜き取る。
5. 新しいジェネレーターを4~1の順で取り付けて交換完了。

もっと詳しく知りたい方はこちら

火力が強く、経済性に優れたバーナーコンロ。手軽なアウトドアを楽しむための定番となっている道具ですが、どの機種も定期的なメンテナンスによって一生ものの道具になりますよ!

修理について

   

Instagram (@90chicken)

クラシカルな佇まいが味になっていてカッコイイ!メンテナンスをしながら、大事に使えば何年でも現役で活躍してくれるのがコールマンのストーブの嬉しいところ。
コールマンでは、店頭持ち込みによる修理も受け付けています。また、日本国内に限り【直送修理受付センター】に直送して、点検・修理を受けることも可能です。

■直送修理受付センター
TEL 0120-999-050
修理にかかる期間は、3~7営業日(繁忙期を除く)とのこと。火力が弱くなったな、メンテナンスをしてもきれいなブルーの炎が立たなくなったなと感じたら、一度修理を依頼してみては?

まとめ

   

出典:コールマン

アウトドアクッキングで大活躍のコールマンのおすすめストーブを紹介してきました!コールマンのストーブは、メンテナンスや修理をしながら長く使える一生モノのアイテムです。しっかりお手入れすると、愛着もひとしお!キャンプやピクニックなど、きっと素敵な思い出づくりの相棒になるでしょう☆


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner