hinata

>

ノウハウ

>

クッキング用品

>

【ナイフシャープニング】ナイフを研ごう!切れるほど安全なナイフ

【ナイフシャープニング】ナイフを研ごう!切れるほど安全なナイフ

 ノウハウ

ナイフシャープニングでナイフを研ぐ様子

ナイフシャープニングで皆さんのナイフをお手入れしていますか?一見丈夫そうなアウトドアナイフも金属が摩耗し、切れ味が悪くなっていきます。定期的なお手入れが必要なのです。そこで今回はナイフの切れ味をキープするために、誰にでもできる砥ぎ方をご紹介します。


 目次


こんなナイフはすぐに砥いで!

アウトドアナイフのアップ    

アウトドアナイフは過酷な使用を強いられます。ブレードが激しく摩耗し、切れなくなったナイフは大変危険です。そこで切れ味をチェックしておくことが重要です。
チェックの方法は、葉物野菜やトマトなどの柔らかい野菜を切ってみること。なかなか刃が入らなかったり、切り込んで繊維が切り残るようであれば砥ぎが必要です。

また、細いロープを切る時に力が必要であったり、木を削ってみてゴリゴリと音がするようであれば、それはもうナイフとしての役目を果たしていません。そんなナイフはすぐに砥いで安全確保をしてください。

自分のナイフを知る

ナイフ刃形の種類で砥ぐ範囲が違う

ナイフのグラインドの種類比較のイラスト    

ナイフには様々な種類がありますが、正面から(断面を)見るとスパイン(刃の背)からブレード(刃)に向かって形状がいろいろあります。この形状によって砥ぐ範囲が決まってきますので、自分のナイフがどんな形状か知っておきましょう。

ホロウグラインド

ホロウグラインドの刃先    

多くのナイフがこの形状をしています。ナイフの腹がくびれるようなカーブで、ブレードに1mm程度の段が付いています。この段をセカンドベベル(またはマイクロベベル)と言い、刃が付いている所です。(まれにセカンドベベルの無い物もあります)
このセカンドベベルの所を研ぎます。

フラットグラインド

フラットグラインドの刃先    

スパインから、またはスパインのわずかに下からブレードに向かって平らに仕上がっていて、ブレード近くにセカンドベベルを持った形状です。このタイプは動物の解体で皮を剥ぐスキナーナイフに多く見られます。また刃厚が薄いクッキングナイフやポケットナイフの多くもこの形状です。

スカンジグラインド

スカンジグラインドを使ってきの皮を剝ぐ様子    

文字通り北欧製のナイフが発祥で、ブッシュクラフト(一般的にはキャンプ)用ナイフとしてはこの形状が最も多く、幅広い用途に使われます。ナイフの中ほどより先に向かって平らに仕上がっていて、比較的ブレードの幅が広いので、砥ぐ角度を決めやすく砥ぎやすい形状です。

コンベックスグラインド

コンベックスグラインドの刃先のアップ    

和名を蛤刃(はまぐりば)と言い、ブレードの直前から丸味を持たせています。刃厚のある斧やマチェットに多くみられる形状です。この形状は刃持ちが良く、ナイフ愛好家は好んでこの形にナイフを研ぎ直したりしますが、砥ぐのに技術が必要です。また慣れないと切り辛かったり、刃が滑って怪我をする事もあるので、ナイフとしては初心者にはおすすめできません。

ブレードのダメージ

ブレードの様々なダメージを表したイラスト    

ナイフは使っているうちに金属が摩耗します。特にキャンプではバトニングをしたり、硬い木を削ったりという過酷な使われ方をしますので、ブレードが潰れたり欠けたりすることも多いのです。

このままではキャンプで必要な仕事がはかどらず、結果として大きなストレスになったり怪我の原因になります。ですからしっかり研いでこの問題を解決しておきましょう。

砥石を用意する

ナイフを研ぐのには砥石が必要ですが、これには日本式と西洋式とがあり、また目の細かさによって番手が分けられています。

日本の砥石

並べられた研ぎ石    

日本式は石を水で湿らせて、刃を引くように滑らせて使います。必要なのは水だけです。手軽で、1回のストロークで削れる金属の量が少なく、細やかな仕上がりになります。現在は合成砥石が多く、粒子が均一でとても使いやすくなっています。

西洋の砥石

西洋の砥石とナイフ    

西洋式はオイルストーンと呼ばれ、油を付けて刃を押すように滑らせて砥ぎます。素材は天然石が多いため同じ番手でもバラつきがあります。番手を付けたものは少なく、コース(荒砥)、ミディアム(中砥)、ファイン(仕上げ)といった大きな分類になっていることが多いようです。

キャンプで使用するナイフのほとんどが西洋刃ですから、西洋の砥石を使うのが王道かもしれませんが、現在では欧米のアウトドアーズマンの間でも、性能が良く綺麗に仕上がり、切れ味が良くなる日本式の砥石が注目されています。

砥石の番手について

砥石には番手が付いています。数字が多いほどきめが細かく、数百番台から数千番台まであり、それぞれ荒砥(あらと)、中砥(なかと)、仕上げ砥という分類に別れています。

番手と分類の関係はメーカーや使用者によって様々ですので、以下の解説は大まかな目安になります。

荒砥
500番前後以下の数字の物で、触った感じもザラザラしています。荒砥はナイフが刃こぼれしていたり、グラインドの形状をカスタマイズして変更したりするような時に使います。

中砥
800番あたり以上から1500番ぐらいまでですが、メーカーや人によっては2000番ぐらいまでも中砥と呼んでいるようです。中砥は鈍くなった切れ味を戻すためや、通常のメンテナンスで、この番手から砥ぎ作業を開始することが多いです。

仕上げ砥
通常2000番以上で、中には数万番というものもあります。仕上げ砥は金属表面の傷を取り、鏡面のような仕上げにまでできる砥石です。美術品の日本刀などは数万番ぐらいまで使い分けますが、アウトドアナイフの仕上げには最高でも3000番ぐらいまでで十分です。

革砥とコンパウンド
ストロップと呼ばれる革を貼ったパドルにコンパウンドを塗り、最後の仕上げに使います。コンパウンドは白棒と呼ばれる研磨剤を固めたものを使います。白棒は中仕上げ用の分類ですが、アウトドアナイフにはこれが最適です。

その他のシャープナー
その他器具の隙間に刃を滑らせるような簡易シャープナーやダイヤモンドシャープナーなどがありますが、これらは臨時のタッチアップ用として使います。

ナイフの砥ぎ方

刃を当てる角度が最重要!

ナイフのツグメント角度を表したイラスト    

ナイフを研ぐ時に一番重要なのは刃を当てる角度を一定に保つことです。多くのアウトドアナイフは刃の角度が20°~25°になっています。ですから砥石には10°~12.5°の角度を維持して刃を当てることになります。

しかし実際には正確に角度を測れるわけではありませんから、ナイフを砥石に当てて横から見て、ブレードが砥石にピッタリついていると思われる角度を維持することになります。

「かえし」を感じ取る

かえしができる様子を表したイラスト    

刃を研ぐと砥石に当たっている面と反対側に小さい金属の塊が発生します。これは砥いだ面の金属が擦り落とされたもので、確かに砥がれているという証です。

これは目に見えないほど小さなものですから、指の感触で感じ取るしかありませんが、確認する時には指を這わす方向を絶対に間違えないようにしてください。砥いだ面と反対側のスパインからブレードに向かって(ブレードに対して直角)軽く指を当てる程度です。決してブレードに沿って横方向に指を動かさないでください。

砥ぐ準備と心得

砥ぐ時には砥石の他に、水とナイフに着いた砥石粉を拭き取るぼろ布などが必要になります。
砥ぎの作業は手が汚れますが、手袋などは着けないでください。手の中のナイフの動きを感じ取ったり、かえしを確認するためには素手であることが重要で、ビニール手袋などを着けているとかえって怪我の原因になります。

そして常に「切るための道具を扱っている」という意識を忘れないようにしてください。

ナイフ砥ぎを実際に行った動画を参考にしてみてください▽

砥ぎの結果を確認する

自分で納得した砥ぎができたら試し切りをします。これには紙を使い、ナイフを少し滑らせながら斜めに切りつけてみてください。引っかからずに切れれば完了です。

ナイフでトマトを薄くスライスする様子    

切れ味が良ければうぶ毛も剃れますが、危険が伴いますのでトマトなどの野菜を試し切りすることをおすすめします。また、キウイフルーツの表面の毛を剃ってみるのも良いですね。これが剃れるようなら完璧です。鋭い刃物は例え斧でも野菜が切れます。

オイルを忘れずに

砥ぎ終わったらナイフの水分を良く拭きとり、胡桃油などの乾性油を薄く塗っておきましょう。特にカーボンスチール(炭素鋼)のナイフは水分が残っているとすぐに錆びてきますので念入りに水分を拭き取ってください。

まとめ

ナイフで木を剝ぐ様子    

ナイフはキャンプ必携のアイテムです。自分で砥いだ切れ味の良いナイフは作業を効率良く進めてくれるばかりか、キャンプの楽しさを倍増させてもくれます。特に非力な女性には少ない力で物を切る事ができる鋭いナイフが必要です。砥ぎの作業は初心者でもナイフ1本あたり40分程度でできますので、ぜひチャレンジしてみてください。


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

3

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪