キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

キャンピングトレーラーの魅力とおすすめ小型モデルを紹介!お得な中古やレンタル情報も

湖のそばに止まっているキャンピングトレーラーを引いている車

キャンピングトレーラーは、キャンピングカーと比べて居住空間が広く、間取りの自由度が高いのが特徴。そんなキャンピングトレーラーには牽引免許が必要なものと総重量が軽く、軽自動車やコンパクトカーでも牽引でき、普通免許で運転できるトレーラーがあります。今回は、普通免許でも牽引できるキャンピングトレーラーの魅力や疑問点を紹介!

キャンピングトレーラーの魅力とは?

キャンピングトレーラーを引いている写真

出典:pixabay

普通の乗用車でもオートキャンプができるのに、なぜわざわざキャンピングトレーラーを持っていってキャンプをするのでしょうか?人々がキャンピングトレーラーに惹かれるのに、大変魅力的な理由がたくさんありました!

750kg以下の小型ならけん引免許は不要

牽引するには牽引免許が必要だと思いトレーラーの購入をハードル高く感じてしまう方も多いと思います。実はキャンピングトレーラーの総重量が750kg以下なら牽引免許が無くても牽引が可能です。なのでトレーラーの購入を考えている方は総重量が750kg以下かを確認しましょう!

小型は購入費用や維持費がリーズナブル

新車の大型のキャンピングトレーラーは350万円から1000万円するものまであります。中古車でも安くて、250万円から700万円程です。小型のキャンピングトレーラーであれば、新車でも200万円程で購入できるものも多くおすすめです。 小型キャンピングトレーラーは、部品の購入費用や、洗車にかかる費用や時間まで抑えることができます!メンテナンス費用が抑えられるので、はじめて購入したい方は手が出しやすいでしょう。

運転は想像よりも簡単

トレーラーと聞くと、巨大なコンテナや車両積載車を想像する人が多いと思います。しかし、キャンピングトレーラーはけん引免許が必要なクラス。大型トレーラーよりも、サイズが小さいので比較的操作しやすいです。 実際、難しいかは個人の感覚によるものですが、まったく未経験でも30分も運転すれば慣れてしまう方が多いです。一番の難所は、トレーラーのバック(後進)。教習所のけん引免許コースの講習でも、ひたすらバックの練習をすることが多いです。

広々空間でのんびりできる!

運転席やエンジンを積んでいない分、居住空間が広く、間取りの自由度が高いのがキャンプトレーラーの大きな特徴です!天井が高く、まるで家がそのまま移動しているかのように感じます。 運転に疲れたらキャンピングトレーラーで一休み。車の運転席で休むよりずっとリラックスできます。

キャンピングカーと比較すると扱いやすい!

キャンピングトレーラーは簡単に車体から切り離せるのが強みです!宿泊地へ着いたらキャンピングトレーラーは切り離し、近くの温泉やスーパーなどへは小回りのきく乗用車で出かけられます。車体が大きいキャンピングカーにはない魅力ですね。

お出かけ先でも本格的なキッチンで料理!

キャンピングトレーラーには流しにコンロ、電子レンジまで置けるスペースがあります。なので出先でも本格的な料理が可能!ここまで設備が充実していたら、お出かけ先でも本格的な料理にチャレンジできますね!

普通免許で牽引できるおすすめの小型キャンピングトレーラー5選

ここではキャンピングトレーラーの中でも総重量が750kg以下で普通免許で牽引できるトレーラーを紹介します!普通免許で牽引できるトレーラーを探している方は是非参考にしてみてください!

小型で機能性も◎!普通免許で牽引できる「タバート」

タバート

出典:タバート

大型免許不要、普通免許で牽引できる、タバートのスモールエッグ!コロンとした外観がまるで玉子みたいで、かわいいですね。ステンレスシンク付きキッチンファニチャーや2口ガスレンジ、大人3人が就寝できるベッド、冷蔵庫、清水タンク、温水ボイラーなどさまざまな設備が標準装備でついています
【基本情報】
  • 車体寸法:517×201×241cm
  • 就寝定員:3人
  • 主な設備:ベバストFFヒーター 3WAY冷蔵庫 ツインサブバッテリー 外部電源、充電、スタビライザー、アクリル二重窓、シンク、2バーナーコンロ、LPGガスボンベ
公式はこちら:タバートジャパン <スモールエッグを動画でチェック>

長距離旅行も安心!普通免許で牽引可能な「アビバ」

キャンピングトレーラーの中に生活に必要なキッチン、洗面、トイレ、シャワー、ベッドなどの設備が一通り備わっている、トラベルトレーラーと呼ばれるタイプです。 全長5.5mから7mまで7種類のラインアップがあります。そのうち、360DKと360DD、400PSは普通免許で牽引可能です。シャープな外観はとてもスタイリッシュでかっこいいですね!
【基本情報】
  • 全量:5530〜7069cm
  • 車体長:4142〜5664cm
  • 全幅:2090〜2300cm
  • 全高:2580cm
  • 就寝定員:3〜7人
  • 主な設備:シンク、冷蔵庫、トイレ・シャワー、洗面台、Bluetoothアンプ
公式はこちら:アドリアジャパン <トラベルトレーラーを動画でチェック>

軽自動車でも牽引できる!「コロ」

コンパクトでかわいいデザインのキャンピングトレーラー。こちらの特徴は、軽自動車でもトレーラーが牽引ができること!なので、どんな車を持っていても一緒に連れて行けます。小さくても機能性は十分。コの字型のソファーや広々としたベッド、収納スペースなど、トレーラーに大切な居住性も抜群です!
【基本情報】
  • 全長:340cm
  • 全幅:147cm
  • 全高:190.5cm
  • 就寝定員:2or4人
  • 主な設備:ソフア、ベッド、シンク、網戸付きウィンドウ、アウトリガー
公式はこちら:パンショップミカミ <コロを動画でチェック>

ドイツ製で堅牢な作り!「カラド」

堅牢で安定感抜群の作りが売りのキャンピングトレーラーです。ドイツの老舗ブランド「ハイマー」の子会社として誕生した「カラド」は、そのノウハウを活かした質の高いトレーラーが魅力。2段ベッド、大きなダイニングテーブルとトイレなど、4人連れのファミリーにちょうど良い居住性となっています。 参考はこちら:ライズ産業株式会社

日本の使用環境に合わせた作り!「インディアナ・RV」

日本で販売されているキャンピングトレーラーの多くは欧米からの輸入車。そのため現地仕様のまま作られていることが多く、日本では使用しにくい場合も。そんななか、このインディアナは日本の使用環境に応じた独自の装備を搭載で、国内でも使いやすい設計となっています。 参考はこちら:INDIANA RV <インディアナ・RV>を動画でチェック!

インターネットで注文できるキャンピングトレーラーおすすめ3選

ふるさと納税やインターネットで注文できる、気軽に手に入るキャンピングトレーラーもあります!初めてのキャンピングトレーラー購入にはハードルが高く感じられるかもしれませんが、コンパクトなものもあるので一見の価値ありです。
商品名奈良県宇陀市役所 キャンピングトレーラー「X-cabin」300伊藤平 キャンピングトレーラー Dreamトヨタ ハイラックスサーフ キャンピングトレーラーセット
画像奈良県宇陀市役所 キャンピングトレーラー「X-cabin」300伊藤平 キャンピングトレーラー Dreamトヨタ ハイラックスサーフ キャンピングトレーラーセット
乗車人数4人2〜3人5人

疑問点解決!キャンピングトレーラーを買う前に知っておくべきこと

いざキャンピングトレーラーを買おうとしても、大きな買い物ですし乗用車を購入するわけではないので、不安な点は疑問点がたくさんあることでしょう。ここでは、よくある疑問点を解決していきます。

初期費用や維持費はどれくらいかかる?

朝日に照らされているトレーラー

出典:Pixabay

キャンピングトレーラーを所有してみたい!そこで気になるのは購入費用と維持費です。 【初期費用】 キャンピングトレーラー自体の価格は、新車で購入した場合、およそ200〜250万円ほど。安くとも1,000万円近くするキャンピングカーよりかなり安いです。購入する場合、キャンピングトレーラー本体値段にくわえて、
  • ヒッチメンバー(牽引装置)の取り付け費用
  • 車体の登録申請費用
  • 駐車場代(別に駐車場を借りる場合)
【維持費】 維持費には、大きく2年に一度の車検費用と、自動車税・重量税がかかります。ただし、トレーラーはエンジンが搭載されていない分、キャンピングカーと比較して整備代も安価。トレーラー自体は、人を乗せて運転しないので、保険料も安く設定されています。
  • 車検費用(重量税:8,200円、自賠責保険:5,140円、その他検査手数料等:2,000円〜30,000円)/2年
  • 自動車税:10,200円/年
車検を、ディーラーや業者に依頼すると、細かく点検を行ってもらえる代わりに、費用が嵩むので、これらの一年分の費用はおよそ5万円前後(駐車場代を除く)を見積もっておくと良いでしょう。「ユーザー車検」という、所有者自ら陸運局に車を持ち込んで車検を行う場合は、車に関する専門知識を持つ必要がありますが、手数料は2,000円程度で済むので、維持費がかなり安くなります。

キャンピングトレーラーには免許が必要?

メタリックのキャンピングトレーラー

出典:Pixabay

「キャンプトレーラーを牽引するには特別な免許が必要なの?」と思う方も多いと思います。現在の日本の法律では、トレーラーの総重量が750kg以下の場合は、普通免許でキャンピングトレーラーを牽引できます。 総重量750kg以下というと、どの位の大きさのキャンピングトレーラーなのか気になりますよね。収容人数4人程度のキャンピングトレーラーのほとんどが750kg以下となっているので、特別大きなトレーラーでない限り、普通免許で走行可能と言えます。 ちなみに750kg以上の大型トレーラーを牽引するための牽引免許は、12〜15時間程度の実技教習を受け、試験に合格すれば取得ができます。免許を取得するための費用は、教習所によりますが、大体15万円前後です。

どうやって車とつないでいるの?移動は大変?

ヒッチメンバー

出典:Amazon

キャンピングトレーラーをつなぐには、「ヒッチメンバー」という牽引装置が必須になります。この装置には種類や牽引方法がいろいろあり、キャンピングカーの重量や形状によって使用する装置が変わってきます。 また、キャンピングトレーラーの多くは海外製で個人輸入や輸入代行などで手に入れる場合が多いです。そのため、一般の自動車整備工場では牽引装置の取付工事は行っていないことがあります。 購入先に、どこの整備工場なら対応してもらえるのか確認しておくと安心です!国内ではトヨタが、キャンピングトレーラーを取り扱っているディーラーとして知られているので、気になる方は一度お近くのトヨタに問い合わせてみましょう。

駐車場はどうしたらいいの?

キャンピングトレーラーを所有する場合、ある程度大きな駐車スペースが必要になります。自宅の庭に駐車スペースがない場合は、自宅から半径2km圏内に駐車スペースを借りて、その住所をトレーラーの車検登録時に申請する必要があります。

一般的な乗用車につなぐことは可能?

キャンピングトレーラーを牽引している乗用車

出典:pixabay

ミニバンを始め、2,000㏄以上の車ならキャンピングトレーラーをつなぐことは可能です。舗装道路なら、二輪駆動(前輪駆動でも後輪駆動でも)でも牽引するには問題ありません。 ただし、芝生のキャンプ場や雪道など、未舗装道路を走行する場合には、牽引する車は四輪駆動タイプの方が適しています。キャンプ場によっては、スタックを避けるという理由から、二輪駆動でキャンピングトレーラーを牽引していると利用を断られるケースもあるようです。

キャンピングトレーラーの走行中の注意点

高速道路や一般道で走行するときは、道路交通法によってトレーラーに人は乗れません。物やペットをトレーラーに乗せて走行できますが、重すぎる荷物はキャンピングトレーラーのバランスが悪くなるので注意しましょう。

キャンピングトレーラーで自分スタイルを!

キャンプの楽しみ方を広げてくれるキャンピングトレーラーについて紹介してきました。新車を購入するだけでなく、中古やレンタルなどさまざまなキャンプトレーラーの楽しみ方があります。ぜひキャンピングトレーラーでお出かけを楽しんでください! ▼こちらも読まれています!

今回紹介したアイテム

商品画像奈良県宇陀市役所 キャンピングトレーラー「X-cabin」300伊藤平 キャンピングトレーラー Dreamトヨタ ハイラックスサーフ キャンピングトレーラーセットCURT ヒッチメンバー
商品名奈良県宇陀市役所 キャンピングトレーラー「X-cabin」300伊藤平 キャンピングトレーラー Dreamトヨタ ハイラックスサーフ キャンピングトレーラーセットCURT ヒッチメンバー
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事