ドッペルギャンガーの自転車を徹底解説!気になる評判は?

hinata

>

アクティビティ

>

クロスバイク

>

ドッペルギャンガーの自転車を徹底解説!気になる評判は?

ドッペルギャンガーの自転車を徹底解説!気になる評判は?

 アクティビティ

出典:ドッペルギャンガー

ドッペルギャンガーは近頃注目を集めている自転車ブランド。ドッペルギャンガーの自転車は、抑えめの価格で初心者のファーストチョイスにお勧めです◎今回はそんなドッペルギャンガーの自転車の魅力から、気になる性能や評判、おすすめの商品について紹介します。


 目次


「攻めた」アウトドアブランド ドッペルギャンガー

   

出典:ドッペルギャンガー

ドッペルギャンガーは「業界を揺るがす衝撃を与える製品を作りたい」という思いから「SHOCK THE PEOPLE」というスローガンを掲げています。そのスローガンの通り、ドッペルギャンガーの自転車はどの製品も衝撃的なものばかり。カラーリングが衝撃的なものばかりというのは側から見ても分かるでしょう。

ドッペルギャンガー製品で衝撃的なのはもちろんカラーリングだけではありません。折りたたみ自転車にロードバイク用のハンドルやタイヤを使ってみたり、ハンドルの向きを逆にしてみたり、「攻めた」設計の自転車でいつもファンをあっと言わせています。

気になるドッペルギャンガーの自転車の性能

   

出典:ドッペルギャンガー

いくら攻めたデザインと言えど、気になるのは自転車の性能ですよね。ドッペルギャンガーの製品はあまり高価ではないものが多いですが、コスパを考えたらどうなるのでしょうか?各視点から解説していきます。

同価格帯のブランドの中では軽量な車体

   

出典:ドッペルギャンガー

ドッペルギャンガーのロードバイクは11〜14kg程です。ドッペルギャンガーの自転車はオープン価格で、価格の前後はあるものの大体の製品は3万円前後で購入が可能です。価格と重量で比べると同価格帯の他社ブランドの自転車と比べて遜色ありません。中には11kg台と、この価格帯ではかなり軽い製品もあります。

 

車体自体も軽いのですが、ペダルをこぎだしてもその軽さに驚きました。
ママチャリレベルの折りたたみからの乗換えということもありますが、少し余分に払うだけでこれだけのパフォーマンスと満足が得られるのに驚きました。

Amazon

街乗りしやすい快適な走行性能

   

出典:ドッペルギャンガー

ドッペルギャンガーの自転車のギアを見ると多いのがフロント3段階×リア7段階合計21段階変速またはフロント2段階×リア7段階合計14段階変速です。5, 6万円のロードバイクでもフロント3段階×リア6段階合計16段階の自転車が多い中、多段階ギアを採用しているので、道路の傾斜に細かく対応できて嬉しいポイント。

ブレーキに関しても独自のディスクブレーキやサスペンションの採用により、高い性能を発揮します。走行時、制動時のことも考え尽くされたデザインは乗り心地もとても良いです。

 

組み立ても簡単で、軽くて扱いやすい自転車です。 変速機の調整が素人には難しいですが、コストパフォーマンスは高いです。

楽天

メンテナンス性には問題なし

   

出典:ドッペルギャンガー

ドッペルギャンガーの自転車の評判の多くがメンテナンス性に集まっています。タイヤが壊れた、ライトが外れたというような声が多いようです。ドッペルギャンガーの自転車はきちんと安全基準を満たしているので、簡単にパーツが破損するようなことはありません

ただどのブランドの自転車にも言えることですが、きちんと定期的にメンテナンスをしてあげないとパーツの不良も起きてしまいます。価格は高くありませんが、愛着を持ってあげて日々のメンテナンスは怠らないようにしましょう

 

この自転車は、パーツ交換してカスタマイズしていくことにより真価を発揮するモデルだと思います。
もともとのデザインは優れているので、ドライブトレインやブレーキ、ホイールなど、初期状態の性能が悪いと言われているパーツを交換してやれば立派なロードバイクに生まれ変わります。

Amazon

購入前に知っておきたい自転車の選び方

スポーツ自転車には「ロードバイク」、「クロスバイク」、「マウンテンバイク(MTB)」といった基本の3車種があります。まず、それぞれ魅力と特徴を各視点から紹介していきます。

【ロードバイク】

細いタイヤとドロップハンドルが特徴で、フォルムはシンプルな構造になっています。軽量な上にスピード効率に優れているので、高速走行、長時間走行、長距離走行に適しています。ロングライドやヒルクライムなどに使用されています。

ロードバイクの選び方とおすすめのロードバイクはこちら▼

【クロスバイク】

ブレーキが握りやすく、変速レバーも操作しやすい初心者向けな自転車です。こまかなコントロールも思いのままで、なじみの深い形状のハンドルが特徴。ハンドルの幅が少し広いので細かなハンドル操作がしやすく、通勤自転車としても使われています。

クロスバイクの選び方とおすすめのクロスバイクはこちら▼

【マウンテンバイク】

ものすごい走破性があるマウンテンバイクは上級者向け。自転車が跳ねてタイヤが地面から浮いてしまったり、滑ってしまったりとコントロールが難しいです。初心者には少しハードルが高いため、ロードバイクやクロスバイクを乗りこなしてからチャレンジしてください。

コスパ高!ドッペルギャンガーのおすすめロードバイク

ドッペルギャンガーのロードバイクは比較的安価なため、機能性や性能に心配する人がいると思います。フレーム素材でアルミを使っているため、他のブランドより値段が抑えられています。軽量なアルミは使い勝手が良く、パワーロスが少ないのが特徴です。路面の衝撃を吸収してくれるため、凸凹道でも安全です。

リベロシリーズ423オベリスク

   

出典:ドッペルギャンガー

リベロシリーズ423オベリスクはホリゾンタルフレームの映えるスタイリッシュなストリートバイクです。ドロップハンドルで14段階変速、ダブルレバーなどストリートバイクとして必要十分な機能と装備を備えた、シンプル・スマート・スタイリッシュな一台。そのデザインはドッペルギャンガーに派手な印象を持っている方からすると、ドッペルギャンガーらしくないと思うかもしれませんが、ドッペルギャンガーのロードバイクの中でも最も人気なバイクです。

価格:オープン価格
全長:1,700mm
重量:12.5kg
フレーム材質:スチール
購入はこちら:DOPPELGANGER 423

リベロシリーズ403

   

出典:ドッペルギャンガー

リベロシリーズ403が目指したのは「宝石のようなラグジュアリー感」白のフレームにゴールドのパーツがよく映えます。フロントが3段、リアが7段の合計21段変速で、乗る場所を選ばず様々な道で快適に乗ることができますね!同じ価格帯の自転車と比べて、フレームが大きいのに軽量でタイヤも大きな自転車は珍しいです。

価格:オープン価格
全長:1,700mm
重量:13kg
フレーム材質:アルミフレーム
購入はこちら:DOPPELGANGER 403

D40 TRANIS

   

出典:ドッペルギャンガー

D40タラニスは「より軽く」「より速く」「よりスムース」にをコンセプトとして作られたモデルです。フロント3段、リア7段の合計21段階変速、ブレーキと変速機構が一体となったデュアルコントロールレバーを採用しており、ロードバイク初心者という方のエントリーモデルとしてもぴったり。赤やオレンジなどのカラーバリエーションがあり、シンプルよりかは派手な自転車が欲しい方には嬉しいシリーズです。

価格:オープン価格
全長:1,730mm
重量:11.2kg
フレーム材質:アルミフレーム
購入はこちら:DOPPELGANGER D40

リベロシリーズ424ベルファウスト

   

出典:ドッペルギャンガー

リベロシリーズ424ベルファウストは423オベリスクど同じくホリゾンタルフレームのクラシックなデザイン。フロントには2段、リアには7段の合計14段変速で、地面と平行に伸びるトップチューブが走行中に発生する振動を吸収してくれます。サドル後部には真鍮の鋲が打ち込まれており、全体的に細かな部分にまで80年代のようなクラシックなデザインを感じる一台。人と同じデザインじゃ満足できない方にはおすすめです。

価格:オープン価格
全長:1,710mm
重量:12.7kg
フレーム材質:スチール
購入はこちら:DOPPELGANGER 424

コスパ高!ドッペルギャンガーのおすすめクロスバイク

ロードバイクとマウンテンバイクの中間であるクロスバイク。走行しているときの爽快感と安心感が抜群です。デザイン性が高く、他の人ととかぶりにくいため会社や学校の通勤に使われています。

リベロシリーズ404ノットファウンド

   

出典:ドッペルギャンガー

リベロシリーズ404ノットファウンドのコンセプトは未確認走行物体。存在しないページをネットで見たときに表示される「404 NOT FOUND(未検出)」のメッセージをサブネームに持っている一台。ロードバイク、ピストバイク、BMXなどの様々なカテゴリーをミックスさせた今までにない一台となっています。フロントには3段、リアには7段の合計21段階変速機を採用しており、それらのギアをコントロールするSIMANO製のラピッドファイヤーと呼ばれる調整機は細やかなシフトチェンジを指先でも軽快に行うことを可能にします。

価格:オープン価格
全長:1,700mm
重量:12.9kg
フレーム材質:アルミフレーム
購入はこちら:DOPPELGANGER 404

リベロシリーズ402サンクタム

   

出典:ドッペルギャンガー

リベロシリーズ402サンクタムはバイクショップ「ハヤサカサイクル」の限定モデル。徹底してカラーをドッペルギャンガーのイメージカラーである「赤×黒」で統一し、まさにドッペルギャンガー「らしい」デザインとなっています。タイヤやチェーンにも赤色が使われており、街中で走るとかなり目立つデザインとなっています。

価格:オープン価格
全長:1,760mm
重量:11.7kg
フレーム材質:アルミフレーム
購入はこちら:DOPPELGANGER 402

リベロシリーズ411ブリクサム

   

出典:ドッペルギャンガー

稲妻をサブネームに持つリベロシリーズ411ブリクサムは黒×オレンジのコントラストデザインを採用し、走る姿はまさに都市を駆け抜ける稲妻です。走行中に凹凸や段差があると知らず知らずのうちに方に力が入ってしまいますが、それを解消するためにディスクブレーキと衝撃吸収のための大径フロントフォークサスペンションを採用しています。自転車の「走る楽しみ」を追求した一台となっています。

価格:オープン価格
全長:1,710mm
重量:13.2kg
フレーム材質:アルミフレーム
購入はこちら:DOPPELGANGER 411

フラグシップシリーズD8ブラックアイス

   

出典:ドッペルギャンガー

フラグシップシリーズD8ブラックアイスはシンプルなダイヤモンド形状のフレームを持ち、各パイプはハイドロフォーミングという複雑な形状を整形するのに特化した加工技術を使用して作られています。走行中には空気の流れが美しい流線美を描くように設計されており、走行時にはとても快適な乗り心地を実現しています。自転車のフレームには珍しいツヤ消し加工を施し、黒という色の魅力を最大限に活かした一台となっています。

価格:オープン価格
全長:1,730mm
重量:13.9kg
フレーム材質:アルミフレーム
購入はこちら:DOPPELGANGER D8

リベロシリーズ401アマデウス

   

出典:ドッペルギャンガー

リベロシリーズ401アマデウスはドッペルギャンガーらしい、目立つカラーリングの一台です。「下書きをしない天才」と言われたモーツァルトにならい、下書きなしで自由に今を生きる人のために、フレームは「下書きすらされていない純白」なイメージのカラーリング。全体的な純白の中の特徴的なグリーンとピンクはエイディース・ネオンカラーをイメージしており、なんともドッペルギャンガーらしい自由なデザインの一台となっています。

価格:オープン価格
全長:1,700mm
重量:12.0kg
フレーム材質:アルミフレーム
購入はこちら:DOPPELGANGER D8

リベロシリーズ441フィロソフィカ・アイロニカ

   

出典:ドッペルギャンガー

リベロシリーズ441フィロソフィカ・アイロニカはドッペルギャンガー思わず目に止まる流線形のフレームに、アグレッシブな印象を与えるハンドルバーでドッペルギャンガーならではのこだわりを終結させた個性派のスポーティバイクです。子供の頃自転車のハンドルを逆向きにして運転したことがあるのは私だけでしょうか?ハンドルを逆向きにしたあの感覚が楽しめる遊び心がつまった一台となっています。ただ遊び心がつまっているだけではなく、このようなデザインとすることで、前傾姿勢を保ちやすく走行時の負担を軽減することができているんですよ。

価格:オープン価格
全長:1,770mm
重量:11.2kg
フレーム材質:アルミフレーム
購入はこちら:DOPPELGANGER 441

リベロシリーズ409スプール

   

出典:ドッペルギャンガー

リベロシリーズ409スプールはまさに「普段着るような服」、好きな服を着るように自転車も着こなせるという発想で作られた一台です。マリンボーダーのフレームが白いボディーによく映えます。このバイクの魅力はデザインだけではありません。フロントフォークの断面を「楕円形」にラウンドさせた形状へ変更したことで地面からの突き上げに対する剛性を強化。走行時の安定性を向上させています。

価格:オープン価格
全長:1,680mm
重量:11.6kg
フレーム材質:アルミフレーム
購入はこちら:DOPPELGANGER 409

コスパ高!ドッペルギャンガーのおすすめ折りたたみ自転車

持ち運びやすく、収納スペースにもこまれない折りたたみ自転車。軽量アルムフレームを採用し、他社が販売している同じ価格の自転車に比べれば耐久性は丈夫にあります

ブラックマックスシリーズ202

   

出典:ドッペルギャンガー

ブラックマックスシリーズ202は「ドッペルギャンガーの自転車」というアイコンのような「パラレルツインチューブフレーム」を採用した20インチの折りたたみ自転車のロングセラーモデルです。上下に2本のパイプがあるような形状のパラレルツインチューブフレームは通常のフレームから肉抜きを施したような形状をしており、軽量性を担保。楕円の穴に手を入れて楽に持ち運ぶことも可能です。肉抜きをしながらもフレームは規定の試験を耐える耐久性を誇ります。

価格:オープン価格
全長:1,480mm
重量:12.5kg
フレーム材質:アルミフレーム
購入はこちら:DOPPELGANGER 202

ブラックマックスシリーズ245ゼロポイント

   

出典:ドッペルギャンガー

ブラックマックスシリーズ245ゼロポイントは半ツヤ消しメタリック塗装を施したミリタリーテイストの一台です。極太のダイヤ、前後のサスペンションのおかげで悪路も平気で走行できます。極太のタイヤには大きめのブロックパターンが施されており、がっちりと路面を掴むので街乗りではかなり快適に走行できます。

価格:オープン価格
全長:1,460mm
重量:13.7kg
フレーム材質:アルミフレーム
購入はこちら:DOPPELGANGER 245

330ロードヨット

   

出典:ドッペルギャンガー

330ロードヨットは街づかいを極めたデザインの次世代のタウンユース・ミニベロ。カゴは付いていませんが、足元のフレーム部分に荷物を載せることができるという、今までにない積荷スタイルを実現しています。カゴに荷物を乗せると自転車前方に荷重がかかってしまい、走行時にふらついてしまいますが足元に荷物を置くことでその問題を解消。また、荷物を足元に置くことで盗難対策に効果的です。まさに街乗りに特化した自転車となっています。

価格:オープン価格
全長:1,550mm
重量:14.5kg
フレーム材質:スチール
購入はこちら:DOPPELGANGER 330

550インテルラゴス

   

出典:ドッペルギャンガー

550インテルラゴスはリベロシリーズ403のようにプレミアムなデザインに仕上がっているミニベロです。ドッペルギャンガーの定番フレームとは打って変わって新形状のフレームを採用しています。もちろんデザインだけでなく、機能も充実。一般的な折りたたみ自転車が6段変速なのに対して、550は1段追加した7段変速。より路面の状況に適した走行を可能とします。

価格:オープン価格
全長:1,530mm
重量:11.5kg
フレーム材質:アルミフレーム
購入はこちら:DOPPELGANGER 550

ブラックマックスシリーズ219オーロラ

   

出典:ドッペルギャンガー

ブラックマックスシリーズ219オーロラは折りたたみ自転車には珍しいロードバイクのようなハンドルが特徴的。タイヤも幅1.5インチのロードタイヤを採用しており、走行抵抗が少なく快適に走行することができます。ロードバイクのような走る楽しみも味わえて、持ち運びに便利な折りたたみ式という2つのタイプの自転車のメリットを兼ね備えた一台となっています。

価格:オープン価格
全長:1,480mm
重量:13.1kg
フレーム材質:アルミフレーム
購入はこちら:DOPPELGANGER 219

111ロードフライ

   

出典:ドッペルギャンガー

111ロードフライはドッペルギャンガー104に原点回帰し、さらなる進化を加えたモデルです。16インチとコンパクトなサイズながら、高身長の方にも対応できるよう特注のロングシートポストを採用しています。さらにハンドルの高さも変えることができてよりフレキシブルに対応可能。また、さらに快適に街乗りを可能とするためにロードバイクのような「ブルホーン・ハンドルバー」を採用。より快適な走行を実現できます。

価格:オープン価格
全長:1,440mm
重量:10.8kg
フレーム材質:アルミフレーム
購入はこちら:DOPPELGANGER 111

ブラックマックスシリーズ211アサルトパック

   

出典:ドッペルギャンガー

ブラックマックスシリーズ211アサルトパックは「狙撃用の武器を運搬する器具」という名の通りとてもミリタリーテイストな一台。ミリタリーで無骨なイメージの反面、走行時の乗り心地を考慮された設計となっています。サドルはこのモデル用に特注で作られた「ツインテールサドル」を採用していて、ペダルを漕ぐ時にのお尻の動きに合わせて左右独立で衝撃を吸収できるんです。黒にオレンジのアクセントが利いたデザインの中にもドッペルギャンガーならではの考慮がされ尽くされた一台となっています!

価格:オープン価格
全長:1,480mm
重量:12.4kg
フレーム材質:アルミフレーム
購入はこちら:DOPPELGANGER 211

まとめ

   

出典:ドッペルギャンガー

いかがでしたか?ドッペルギャンガーの自転車はとても値段の割に性能もよく、高コスパの自転車ばかり!初心者のエントリーモデルとしてはうってつけの自転車が数多く揃っています。ちょっと本格的な自転車が欲しいと思っているあなた!ドッペルギャンガーの自転車で衝撃的なデビューを飾ってみてはいかがでしょうか?

ドッペルギャンガーのアウトドアラインである、ドッペルギャンガーアウトドアの記事はこちら。


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪