ロードバイク初心者の説明書!基礎知識からおすすめのロードバイクまで!

 おでかけ

自転車をこぐ人

出典:Halfpoint / ゲッティイメージズ

ロードバイクデビューしてみたいと思っている方、ロードバイクの選び方はしっかりと理解できていますか?高価な買い物の前に知っておきたい基礎知識から、おすすめのロードバイクまで一挙紹介!初心者のロードバイクの選び方から、練習での走行距離や速度の目安なども解説します。


 目次


ロードバイクとクロスバイクの違い

自転車に乗っている2人

出典:sezer66 / ゲッティイメージズ

ひとくちに自転車と言ってもママチャリにマウンテンバイク、クロスバイクやロードバイクと、種類はさまざま。購入を検討する前には自転車の種類と選び方をしっかりと知っておく必要があります。

中でも自転車のことををあまり詳しく知らない方がよく混乱してしまう点が、クロスバイクとロードバイクの違い。一見似ていますが、両者にはきちんとした違いがあります。

ロードバイク

壁に立てかけてあるロードバイクの写真

出典:Pixabay

ロードバイクは、高速走行に特化した自転車です。高速で走りやすいよう、摩擦抵抗を減らすためにタイヤが細くなっています。そのため、ロードバイクは低速走行には不向きで、低速走行した場合、安定性がかなり悪くなってしまいます。

また、空気抵抗が少ない前傾姿勢を保つために、ハンドルはドロップハンドルという下向きに曲がったハンドルです。ドロップハンドルはいろんな部分を持てるため、同じ体制だと疲れる長距離走行でも体制を変えて走行できます。

価格は5万円〜。フレームの素材によっては数十万円と高価なものもあります。

クロスバイク

白い壁の前に止められたクロスバイクの写真

出典:Danilo__ / ゲッティイメージズ

クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクのちょうど間のようなタイプの自転車。ロードバイクはタイヤが細いため、段差が多かったり、低速で走らないといけない街乗りにはあまり向きませんが、クロスバイクは街乗りも可能です。

また、ママチャリなど普通の自転車と比べると走行性能が良く、より長い距離を楽に走ることが可能で、街乗りから長距離サイクリングまでさまざまなシーンで活躍します。価格帯はかなり広く、ロードバイクよりも安いですが、モデルによってはかなり高額なものもあります。

いつ、どこで、どんなシーンで使用するのか、使用用途を事前にしっかりと考えてから買うようにしましょう。

ロードバイクの種類

ロードバイクの中でも形状や性能が違い、いくつかの種類に分かれています。同じメーカーから販売されている同じロードバイクでもフレームの形状や性能が異なると、走行感覚に違いがあります。ここでは、ロードバイクの種類を紹介します。

エアロロード

トレックのロードバイクの画像

出典:Amazon

エアロロードは、スピード感のある速い走行に向いている種類のロードバイクです。空気抵抗を最小限に抑えるようにパーツを構成されています。ティアドロップ型という形状にすることで前からの空気抵抗だけでなく、斜めからの空気抵抗も軽減。エアロロードのフレームは、普通のロードバイクのフレームに比べて太くなっており、フレームの剛性が高くなっています。そのため、ペダルを漕いだ力がが地面に伝わりやすく、進む距離が延びます。速く走行したいという方におすすめです。

グラベルロード

グラベルロードバイクの画像

出典:Amazon

グラベルロードは、砂利道と舗装道路両方を走行可能な長距離向けのロードバイクです。グラベルロードという種類は新しく種類分けされたロードバイクで、がたがたした砂利道でも安定して止まれるようにディスクブレーキを採用しています。オフロードだけでなく、通学や通勤など街乗りでも快適に走行できるため、活躍シーンが幅広い便利なロードバイクです。

エンデュランスロード

フェルトのVR60の画像

出典:Amazon

エンデュランスロードは、競争しないロードバイクというキャッチコピーがあり、体にかかる負担を軽減してらくに走行できる長距離向けのロードバイクです。上体を起こし楽な姿勢で走行できるようなフレーム設計になっていて、ホイールベースとの距離が長めに作られています。上半身を起こして乗れるため、腰や肩、背中など上半身の負担を軽減し、長距離の走行を可能にします。

2020年最新モデルのトレンドと傾向

フジのグラベルロードバイクの画像

出典:Amazon

2020年のトレンドは、走行性と安定性です。スピード感のある走行を可能にするフレーム形状と安定感のある制動力を持つディスクブレーキ、また、街乗り・オフロードで使えるグラベルロードバイク。どのロードバイクにも爽快感を感じられるよう走行性を高めるため、フレーム形状の開発に力を入れています。

また、より快適な走行を追求するため、高級層のロードバイクだけでなく、エントリーモデルにもディスクブレーキ取り入れようというメーカーの開発が行われいます。グラベルロードは、シーンを選ばず幅広く活用できるロードバイクなため、街乗りで使いたいという初心者の方にも受け入れられやすく、2020年のトレンドです。

ロードバイク初心者はどれくらいの距離・速さで走る?

道路に停められたロードバイク

出典:Pixabay

ロードバイクは、どのくらいの距離をどのくらいのスピードで走るものなのか、わからないままに高額な自転車を購入することはできません。

初心者がロードバイクを楽しんで走れる距離は、ズバリ「50km」です。50kmは初心者でもそれほど苦労せずに走れますし、ちょうどいい疲労感を感じられる距離とされいます。

そして、初心者の方は約時速20km程度がちょうどいいでしょう。平均20kmを目安に、気持ちいい道でスピードをあげたくなったらあげて、登り坂がきたら足をゆるめて…というように走れば、それほど負担なく走れるはずです。

そのため、ロードバイクでサイクリングをする時間は2~3時間程度が目安です。それくらいの時間があれば、十分にロードバイクを楽しめます。走っているうちに自然と体力がつき、長距離にも挑戦可能です。

ロードバイクの選び方

自転車に乗り指を指している人

出典:BaronVisi / ゲッティイメージズ

初めてのロードバイクの購入では選ぶ際のポイントは大きく分けて5つあります。それは、使用用途とデザイン、予算、そしたフレームの素材とコンポーネントのグレードです。それではそれぞれのポイントを見ていきましょう。

使用用途

自転車に乗っている人

出典:jacoblund / ゲッティイメージズ

みなさんはロードバイクをどのようなシーンで乗りますか?普段の街乗り、通勤・通学。趣味のサイクリング、長距離の輪行。舗装路か未舗装か、両方か、などたくさんあります。

全てを網羅できるロードバイクがあればいいですが、残念ながら全ての用途を満たすロードバイクはありません。ロードバイクはカテゴリーごとに一長一短があるものなため、自分の使い道を先に考えておく必要があります。

自転車に乗っている人

出典:Tuned_In / ゲッティイメージズ

例えば、舗装された道路を走ることを目的として作られたロードバイクで未舗装の林道、砂利道を走ってしまうと、タイヤやホイールに不具合が起きてしまいます。

普段乗りの場合は街中を走ることが多いため、信号、歩道の段差、人の飛び出しなどでいちいち止まる必要があります。そのため、レース用のような速いスピードを出せません。また、ブレーキの効きがいい方が安全です。

通勤・通学で乗る場合もほぼ同じになりますが、雨の日も乗る場合はフレームにこだわらなければなりません。というのも、鉄の材質のものですとさびやすいため、さびにくいアルミやカーボン製といったロードバイクを選ぶ必要があります。

自転車に乗っている人

出典:jacoblund / ゲッティイメージズ

日帰りサイクリングと本気のレースの大会を考えている場合では、ロードバイクのタイプは似たタイプになります。しかし、ここでの大きな違いは性能です。レース大会を目指すには、他人よりも1秒でも速く走る必要があります。そのため、軽くて高性能なロードバイクが求められます。

サイクリングをたまにしたいという方はレースモデル程の性能は必要ないため、グレードをおとしたタイプで充分でしょう。サイクリングに夢中になってレースにも挑戦したくなったらレースモデルの購入をおすすめします。

自転車に乗っている人

出典:LorenzoPatoia / ゲッティイメージズ

長距離ツーリングを考えている方は、荷物をたくさん載せる必要があります。その場合は、荷台が付けれるタイプがふさわしいでしょう。また、長距離走行には、疲れにくいタイプがおすすめです。フレームがクロモリというスチール製のものだと振動を吸収し、疲れにくくなります。

特に自転車旅にオススメなのが「ランドナー」と呼ばれるタイプのロードバイク!旅に最適化された工夫がいくつもあります。詳しくはこちらの記事を▼

未舗装の路の上を自転車で走る人

出典:Mikel Ortega / flickr

未舗装の道もたまに走るという方は、ロードバイクの中でもかなりマウンテンバイクに近い、シクロクロス(サイクロクロス)やグラベルグラインダーというタイプがおすすめです。特徴としては、タイヤがレースタイプのものに比べて太く、車のタイヤのように凸凹しています。

また、未舗装の道では泥や砂は避けられません。一般的なロードバイクではそのような道を走るとブレーキの効きが悪くなってしまいます。そのため、お買い求めの際には強力なブレーキが備わっているものを探しましょう。

せっかく買ったロードバイクが大切に使いたいですよね。そのためには買う前に自分の使用用途をある程度絞っておきましょう。

デザイン

山に止まっている赤い自転車

出典:underworld111 / ゲッティイメージズ

デザインはそれぞれによって好みが変わってきますね!ハンドルがドロップしているもの、バーハンドルのもの、レース用のように乗ったときにより前傾姿勢になるもの、ロゴのデザイン、カラーリング本当にさまざまあります!

何かこだわりがある人はそのこだわりに合わせてロードバイクを探してもらえれば大丈夫ですが、特に決まっていない方は、見た目のデザインでビビッ!ときたもので選ぶのがおすすめです。デザインが気に入っていればいつまでも大事に乗り続けたいと思えるはずです。

フレームの形状

グランディールのロードバイクの画像

出典:Amazon

ロードバイクを選ぶ際には、フレームの素材も重要な要素となります。主に、クロモリ(スチール)、アルミ、カーボンの3つの素材に別れています。それぞれ特徴があり、クロモリ(スチール)は衝撃吸収に優れ、乗り心地が良いフレーム素材です。クロモリはフレームに傷がついても溶接で修理できるため、長く愛用できます。しかし、クロモリフレームは車体重いというデメリットもあります。

アルミは、軽量でさびにくいという特徴を持った素材です。アルミフレームは比較的安価なため、初心者の方におすすめになっています。しかし、クロモリに比べると衝撃を吸収しづらいというデメリットがあります。

カーボンは、金属ではないため、軽量な上に衝撃吸収にも優れている素材です。しかし、とても高価なため、ロードバイクに慣れてきて長く乗りたいという方におすすめです。

コンポーネントのグレード

シマノのコンポーネントの画像

出典:Amazon

ロードバイクを選ぶ際には、コンポーネントと呼ばれるパーツも基準にしましょう。コンポーネントの良し悪しはロードバイクの走りに影響するため、とても重要な様子の一つです。コンポーネントにはメーカー毎にグレードがあり、グレードの高いコンポーネントは、ギアの段階が増えたり、ブレーキの効きが良くなるなど走りに重要な影響を与えます。

予算

お財布の写真

出典:liza5450 / ゲッティイメージズ

良いロードバイクはその分値段が高価になります。全て自分の希望通りのものは、きっと思ったよりも高額になってしまうでしょう。予算によって自転車選びは大きく変わります。

費用が高くなる要素は以下の2つ!
・フレームの素材
・ギアやブレーキ性能

安くてもいいからとにかくロードバイクに乗りたい!という方には5万円前後で探せます。ある程度しっかりしたものを買いたい!と考えている方は10万円~15万円程のロードバイクがおすすめです。

ずっと乗り続けたいからいいものが欲しい!と考えている方は20万円から上の最高の性能のものを選ぶと理想的なサイクリングができるでしょう。

坂道を自転車を漕いで上がる人

出典:Lin Cheong / flickr

この料金の差とは一体何だ?と思う方も多いと思います。さまざまな要素がありますが、その金額の差の理由は「いかに速く走ることができるか、また、いかに疲れないか」という目的から部品が高価なものになるということです。

より速く走るならとにかく軽くして、足の力をダイレクトにタイヤの回転に伝えられるものが求められます。また、長距離を走るなら、疲れずに高いパフォーマンスで走り続けることが求められます。

予算の問題といっても最終的には自分がどこを目指すのか!?ということにつきます。

以上5つのポイントから購入の際の選び方の基準を紹介しました。目的が決まっている方は店員さんと相談して予算の許す限りの理想のロードバイクを購入しましょう。

そんなガッチガチではなくてもっと気軽に乗りたいな…と考えている方も多いと思います。そのような方は、ざっくり使用用途を絞って、予算の許す限りで自分の気に入ったデザインのものを選ぶのがおすすめです!

おすすめのロードバイクメーカー

ビアンキ

ビアンキのロードバイクの画像

出典:Amazon

日本でもビアンキカラーと言われる特徴的なエメラルドグリーンのペイントが大人気の自転車ブランド「ビアンキ」。ビアンキは世界最古の自転車メーカーとされており、130年以上もの歴史あるメーカーです。ビアンキのバイクは性能も良く、ファッション性も高いため、街乗りでもスタイリッシュに乗れます。ビアンキカラーのイメージが強いですが、実はカラーオーダーも可能です。2000通りからオリジナルカラーのビアンキをゲットできるのがとても魅力的ですよね。

スペシャライズド

スペシャライズドのロードバイクの画像

出典:Amazon

「世界でベストサイクリングブランドになる」というビジョンを掲げ、高性能バイクを作り出している自転車メーカー「スペシャライズド」。スペシャライズドは、マウンテンバイクからキッズバイク、トッププロライダーが乗るバイクまで同じ技術を活かし、一般ユーザー向けに幅広いラインアップを展開しています。プロレースでも裏付けされているスペシャライズドのバイクを試していてはいかがでしょうか。

トレック

トレックのロードバイクの画像

出典:Amazon

アメリカNo.1自転車メーカーでアフターサービスも充実している「トレック」。トレックは特許取得済みのカーボンや航空宇宙技術を世界で初めて自転車に落とし込むなど、高い技術力とブランド力で日本でも人気を博しています。また、アフターサービスが充実しています。また、トレックは自分好みにバイクをオーダーカスタマイズできるため、自分だけの夢の一台を作ることが可能です。

ジャイアント

ジャイアントのロードバイクの画像

出典:Amazon

大人気を誇る台湾発の王道メーカー「ジャイアント」。ジャイアントは初心者から上級者まで満足させる高い性能のバイクを幅広く展開しています。その中でも特に人気が高いバイクが、初心者向けのエントリーモデルです。比較的リーズナブルで十分な軽さと走りやすさ。幅広い用途に対応できる点から人気を集めています。

キャノンデール

キャノンデールのロードバイクの画像

出典:Amazon

自転車のパーツからウェアまで幅広く商品を展開している自転車メーカー「キャノンデール」。アルミフレームの製造にも定評があり、軽量で剛性にも優れているキャノンデールのエントリーは人気となっています。カーボンフレームと比較しても劣ることのないアルミフレームがキャノンデール最大の特徴です。ぜひ、キャノンデールのアルミフレームのロードバイクを試してみてください。

初心者におすすめのロードバイク8選【10万円以下】

LOUIS GARNEAU J20 Road 2020/2019

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)はカナダに拠点をおくメーカーです。二つのブランドを持っていて比較的低価格でカジュアル(街乗り)向きなLouis Garneau(ルイガノ)と、比較的高価格でスポーツ(競技)向きなGarneau(ガノー)があります。本格的なスポーツ走行、街乗りが可能で通勤・通学などにおすすめです。本格的なレースからツーリングや通勤通学まで、幅広く使える!

Bianchi (ビアンキ) VIA NIRONE 7 PRO 105

Bianchi(ビアンキ)は、1885年から続くイタリアの老舗ブランド。ツール・ド・フランスをはじめとする数々のレースで、プロのレーサーがビアンキを乗り活躍してきました。

特徴的なのは、イタリア語で「青い空」を意味する「チェレステ」と呼ばれる水色のイメージカラー。全体がチェレステカラーのものから、この1台のように差し色に使われているものまでさまざまです。

FELT Z95

FELTのロードバイク

出典:Amazon

FELTというメーカーはアメリカ、ドイツに拠点をおくメーカーです。比較的新しいメーカーですが、フェルトのモデルを乗ったプロの選手が活躍してきて徐々に認知度が上がってきています。

入門用としてはぴったりのモデルで重量も10.5kgとロードバイクではやや重い方になりますが、その分タイヤ、フレームが太く、走っていて安定感があります。また、サドルをかなり下げれるため、前傾姿勢に抵抗がある人でもロードバイクに乗れます。

GIANT CONTEND 2

GIANT(ジャイアント)は台湾のメーカーです。高い技術力がありながらも、高度に機械化された生産ラインのおかげで、低価格高品質な製品の製造を可能にしている人気メーカーです。

最新モデルのCONTENDシリーズは、これまでGIANTの入門用モデルとしてなを馳せてきた「TCRシリーズ」「DEFYシリーズ」を融合させたアルミロード。前傾ポジションも緩めに設計されており、ハンドリングもスムーズなので初心者でも安心して乗りこなせるモデルです。

FUJI ロードバイク BALLAD R 2020モデル

BALLADは FUJIが誇るアーバンクロモリバイクの決定版。ドロップハンドル仕様のデザインで、クラシカルかつ程よい重厚感が魅力的です。

ロードレーサージオメトリーには、STI仕様のシマノCLARISを搭載していて、スマートなスポーツ走行ができます。サイズは全部で6展開。男性はもちろん、女性にもぴったりのサイズ感を楽しめます。

アイゼル ロードバイク

ShimanoTourney14速ディレイラーを前後装備してあるアイゼルのロードバイクエントリーモデル。軽量でコンパクトなキャリパーブレーキを使っています。

スペア ロードバイク

鮮やかなカラーが目を引くスペアのロードバイク エントリーモデル。フレームにはアルミ素材を使っているため、軽量で出だしが良好なロードバイクになっています。

SAVANE Cabon ROAD 700c

カーボンフレーム、カーボンフォーク、カーボンシートポスト装備のフルカーボンロードバイク。シマノ製のパーツを組み込み、軽量で高性能なバイクになっています。コストパフォーマンス抜群なため、初心者の方におすすめです。

初めての方におすすめのロードバイク9選【10万円以上】

FELT F7

F7は15万円代でカーボンモデルのものが買えるお得なモデルです!重量が9.0kgと抑えられつつも、最大の違いは乗った時の振動の吸収具合です!

この振動のなさから乗り心地が一般的なアルミ製とは全く違ってきます。つまり、疲れないのです!是非カーボンの乗り心地を体験してみてはいかがですか?

GIOS AIRONE

「GIOSブルー」で親しまれているイタリアのバイクブランド。細身なフレームと濃いブルーが特徴的なロードバイクです。GIOS最新モデルの「AIRONE」は、しなやかで衝撃吸収性の高いクロモリ素材を採用した入門用ロードバイク。前輪2段階、後輪10段階の計20段階の変速は初心者には申し分ない性能です。イタリアンカラーとの2色展開。

Giant(ジャイアント) TCR SL 1

アルミフレームとカーボンフォークによるクラス最高レベルの剛性になっていて、エントリーライダーに最適なロードバイクになっています。また、チューブレスレディタイヤが快適性をアップ。

ANCHOR RS6 EX

RS9で使った解析技術PROFORMATのデータをもとに、アルミ素材のレーシングフレームとして誕生したRS6。リアルレーサーの最新機能を、手頃に楽しめるロードバイクです。さらなる軽量化のために、できるかぎり無駄をそぎ落とし、コストパフォーマンスに優れた、新しい走りをカジュアルに味わえます。

ビアンキ VIA NIRONE 7 SORA 2020年モデル

ビアンキの創業地である「ニローネ通り7番地」の名前を付けらているエンデュランスロードバイク。走りに安定感があり、ロングライドをしたい方におすすめのロードバイクとなっています。

ビアンキ ロードバイク アリア 105

スピードを求めるライダーのために開発されたエアロロードバイク。上位機種で培われたデータと技術を投入し、開発された新しいバイクで、快適な走行を楽しめるベストパートナーになること間違いなしです。

SPECIALIZED S WORKS ルーベSL3 RED

ルーベSL3は、より滑らかで高速な走行を可能にし、超軽量で耐久性抜群のカーボンフレームを採用しています。また、レース用サドルにはわずかにパッドがくわえられており、長距離走行も可能です。

トレック EMONDA ALR5

EMONDA ALR5は、反応性に優れ、軽量性も備わったバランスの取れたロードバイクです。アルミフレームを採用しているEMONDA ALR5ですが、カーボンバイクのようにスマートでスタイリッシュな見た目をしています。

キャノンデール SUPER SIX 3 ULTEGRA

カーボンフレーム、カーボンフォークと装備しているSUPER SIX 3 ULTEGRA。シマノのパーツも組み込まれているため、軽量で衝撃も吸収し、スピード感があって速い走行を楽しめます。

女性におすすめのロードバイク

自転車に乗る女性

出典:steluk / ゲッティイメージズ

現在、女性のロードバイク人口の増加に伴って、機能性を重視したものや、デザイン性を重視したものが増えています。ここでは女性におすすめのロードバイクを紹介します。

ビアンキ VIA NIRONE7

人気メーカービアンキのロードバイクです。乗り心地と剛性バランスに優れており、これからロードバイクライフをはじめたい初心者に最適の1台です。

キャノンデール CAAD 8

CAAD8は、キャノンデールの初心者向けモデルで、重量が軽いロードバイク。フレームはアルミ製で、耐久性も高くなっています。デザインもスタイリッシュで、街乗りにも最適!

ロードバイクにおすすめのアクセサリー・ガジェットパーツ6選

ATARAXIA 自転車ライト

最大1,200ルーメンの明るいライトです。リチウムイオン電池充電型のため、電池を交換する心配がありません。工具不要の簡単取り付け式のため、誰でも簡単!また、点灯時間最大6時間の安心アイテムです。

キャットアイ VOLT400

カートリッジ式バッテリーになっているため取り付け簡単!スマートなデザインでロードバイクに取り付けるととてもクールなアイテム!また、充電タイミングインジゲーター付きの優れたライトです。

ロードバイクのタイヤホイール

ロードバイクのホイールは、「アルミ」「カーボン」と大きく分けて2種類の素材のものがあります。「アルミ製」のメリットはサビにくさと価格の安さ、「カーボン製」のメリットは軽量で走行性能に優れていることです。初心者は、まずはアルミ製、上級者でアルミを持っている方はカーボン製に挑戦してみる、というのが良いでしょう。

ロードバイクのチェーブ

タイヤに空気を保つために必要なチューブは、自転車に必須のアイテム。サイズ、バルブの形状、素材、価格など、自分のロードバイクにあったものをチョイスしたいものです。

ロックブロス トップチューブバッグ

ロードバイクのフレームに取り付けて、スマートフォンや財布など小物を収納できる便利アイテム。トップチューブバッグを取り付けておけば、サイクリングの際には必需品を収納して手ぶらで楽しめます。また、スマフォでナビをする時にも便利なため、おすすめです。

GARMIN EDGE 830 サイクルコンピューター

フルスペックナビゲーション搭載で、幅広くライドシーンに対応可能です。新型GPSチップを採用しているため、より快適な走行をアシストしてくれます。

ロードバイクに乗る時の服装は?

バイクを決めたら次は必要な装備を準備しましょう!一覧にしてまとめたのでぜひ参考にしてアイテムを集めましょう!

ヘルメット

ロードバイク用ヘルメットの画像

出典:Amazon

不測の事故などから頭部を守る最も重要なアイテムです。ヘルメットを選ぶ基準として、乗るバイクの種類で選びましょう。また、公道で使用するには安全基準の目安になるSGマークが付いている必要があるため、お買い求めの際は注意してくださいね。

サイクリングキャップ

サイクリングキャップの画像

出典:Amazon

汗止め、日焼け止めの効果があります。また、直射日光を遮り安全な運転をサポートしてくれるため必ず着用しましょう。

サングラス

サイクリングサングラスの画像

出典:Amazon

紫外線・風・埃などから目を守ります。また、ノーマルレンズの他にも、調光レンズ・偏光レンズ・度付きレンズが装着可能なものなど、各ブランドからさまざまなタイプが発売されており、用途に応じて使い分けられます。また、視力の悪い人は度付きのサングラスを選ぶか、コンタクトの装着をおすすめします。

サイクルジャージ・サイクルパンツ

サイクルパンツの画像

出典:Amazon

派手なデザインが多くある理由として、周囲に気づいてもらうということがあります。また、空気抵抗を減らす、接触部分での体への負担を少なくするなどさまざまなメリットがあるため、よく吟味して選んでください。

サイクルシューズ

シマノのサイクルシューズの画像

出典:Amazon

サイクルシューズのことを、一般的にビンディングシューズと呼びます。ビンディングシューズはペダルと足を固定する自転車専用シューズのことで、ロードバイクなどで長距離・高速走行を可能にする目的で作られました。通常のシューズと比べはるかに疲れにくいというメリットがあります。

手袋

サイクリンググローブの画像

出典:Amazon

手袋も必要なアイテムです。季節に応じて種類を変える必要があります。夏は通気性をあげたメッシュグローブ。冬は防寒性の高いゴアテックスグローブを使いましょう。また、雨の日はレイングローブなどが必要です。

注意したいロードバイクの乗り方

街中に止まっているロードバイクの写真

出典:photo AC

初心者でもすぐに楽しめるロードバイクですが、時速30km前後で走行するため、油断すれば大怪我にもつながりかねません。そこで気をつけたいポイントをいくつか留意しておいてください。

走行時の姿勢

ロードバイクはハンドル・ペダル・サドルの3点に体重を分散して乗ります。この体重分散により、長距離走行を可能にしています。

ところがロードバイクに慣れないうちは上半身や腕をピンっと突っ張ったまま乗ってしまうため、体のあちこちが痛くなってしまいます。肘を少し曲げて上半身はリラックスする感じで乗りましょう。

走行する場所

ロードバイクはアスファルトやコンクリートの舗装路面を走ることを考えられています。歩道のような段差があるところを走るのは苦手ですし、破損やパンクの恐れがあります。

ロードバイクは基本的には車道の左側を走るようにします(自転車は道交通法において軽車両なので、ロードバイク以外の自転車も車道を走ることが義務づけられています)。前照ライトや後尾ライトは必ず付けましょう。

シフトチェンジ

ロードバイクにはクランクが2~3速、ホイールのカセットスプロケットに8~11速のギアが付いています。これらを上手くシフトチェンジすることにより、歩くのも大変な程の急坂を登れます。

現在多くのロードバイクでは、左右のブレーキレバーにシフトチェンジレバーを兼用させているものがほとんどです。シフトチェンジ方法はメーカーにより違うので事前に確認し、練習で慣れておきましょう。

初心者が実際のレースに出るための目安とは?

ある程度ロードバイクに慣れてきたら、もっと長い距離を運転したい!誰かと競い合ってみたい!と思う人もいるのではないでしょうか?ここで大会に出るための目安と、初心者に人気の大会を紹介します!

時速30キロの壁の巡行を目標に!

自転車に乗っている人

出典:Deklofenak / ゲッティイメージズ

大会に出場し、ゴールするためには時速30kmを一定の時間で保つ力が必要です。時速30kmと聞くと楽勝じゃん!と思う人が多いかもしれませんが、これを一時間以上、さらに向かい風の中これを持続するとなるとかなりの体力が必要になります。

時速30キロを達成するために

自転車でレースをしている人

出典:Pavel1964 / ゲッティイメージズ

時速30km以上で巡航するために必要な要素は、正しいフォームを身につけ、効率よくペダリングを行うことです。時速30km以上というのは、その2つの要素さえ身につけ辛抱強く練習すればほとんどの人が達成できる目標です。大会出場を目指して頑張りましょう。

実際に大会に出場しよう

泥道を自転車で走っている人

出典:Pavel1964 / ゲッティイメージズ

ここで実際に多くの初心者に人気の大会を紹介します!練習を積んでからぜひエントリーしてみてくださいね!

『富士の国やまなしMt.富士ヒルクライム』
日本最大級のヒルクライムレースです。世界遺産・富士山が舞台で絶景が臨めます。大会前日は「サイクルエキスポ」や「トークショー」などのイベントがあり、大会当日だけでなく2日間たっぷりと自転車を楽しめます。平均完走率99%以上のヒルクライムなので初心者でも安心して参加できます。 

公式HP:富士の国やまなしMt.富士ヒルクライム

『マウンテンサイクリングin乗鞍』
マウンテンサイクリングin乗鞍は1986年から続く4,000名超の参加者を集めるビッグイベントです。アスファルト道路としては日本最高所(2,720m)の乗鞍・鶴ケ池を目指し、全長20.5km、標高差1260mを駆け上がります。少し難易度は上がりますが、初心者からも人気を誇るヒルクライムイベントです。

公式HP:マウンテンサイクリングin乗鞍

ロードバイク初心者におすすめの練習方法

フィットネスジムでバイクを漕いでいる女性

出典:kzenon / ゲッティイメージズ

先程、ロードバイクで初心者のおすすめの走行距離を50kmと言いました。では、そのくらいのコースはどんなルートを走るのが良いでしょうか?

50kmを走る!その前に知っておきたい「輪行」

自転車をこぐ人

出典:Halfpoint / ゲッティイメージズ

「輪行」という言葉をご存知ですか?輪行とは、「自転車を専用の袋に入れて電車や飛行機に乗せて移動すること」です。

自転車で50kmを走るとなると、当然家から出発して往復50km走り切らなければいけないと思いがち。でもそうなると走れる範囲はかなり限られます…。輪行をうまく駆使するのが、自転車を楽しむコツ!

輪行をすることも視野に入れて、自分の走りたいコースだけを走るのがベストかもしれません。

休憩できるスポットを把握しておいて!

昼間の綺麗な広場

出典:wat / ゲッティイメージズ

国道を走れば頻繁にコンビニなどがあるので問題ありませんが、サイクリングロードは近くに何もない区間もしばしば。地図やインターネットであらかじめコンビニや自動販売機の位置を把握しておくのがベストです!

水分はもちろんですが、カロリーを大量に消費するサイクリングではエネルギーの補給も必須。荷物が増えすぎない程度に、しかり準備しておきましょう!

練習で走るなら、やっぱりサイクリングロード!

川沿いの土手の写真

出典:NalYukoY / ゲッティイメージズ

ロードバイクで走るとなると、やはり交通量も多く見晴らしもよくない国道ではやはり楽しくありません。

初心者が走るなら、見晴らしも良く安心なサイクリングロードが絶対おすすめ!東京都内からスタートするなら、荒川や多摩川のサイクリングロードは定番のサイクリングスポットです。大きな川なら大抵サイクリングロードがあるので、住んでいる場所の近くを探してみましょう!

さあ、ロードバイクに挑戦しよう!

自転車に乗っている人

出典:Tomas Hliva / ゲッティイメージズ

以上ロードバイクの選び方のポイントと初心者におすすめのロードバイクをご紹介しました。どんなにいいロードバイクでも自分の体格にあったものでなければその性能を活かすことができません。購入を考えている方は是非自転車に足を運んで店員さんと相談しながら自分の気に入ったロードバイクを購入してください!

▼こちらも読まれています!

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪