キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

燻製器を自作!身近なもので燻製料理にチャレンジ!

燻製されて色づいた食材

燻製料理ときくとなかなか自宅では作るのが難しい、専用の燻製器が必要では?などなど、敷居が高いイメージがありますよね。でも、燻製器があれば料理の幅がぐっと広がります!そこでおすすめしたいのが燻製器の自作!実は燻製器は専用のものでなくても身近なアイテムで自作することができます!今回は燻製器の作り方と燻製レシピを紹介します。

自作燻製器の作り方4種

ダンボール編

燻製初心者でも燻製が出来る段ボールで出来たソトの燻製器 燻家 スモークハウス
一番身近で手軽なものですとダンボールを使った燻製器があります。ダンボールでしたらスーパーやホームセンター、または自宅にあります。火を使うからダンボールは燃えてしまうのではないか?という疑問もあるかもしれませんが、燻製の仕方を間違えなければ大丈夫。自作するための材料は、たったの3つ! <材料>
  • ダンボール
  • 割り箸
  • バーベキュー用の網

鍋編

鍋燻製器は自宅にある鍋や、ホームセンターなどで購入できる簡易的な鍋で作ることができます。2つのやり方があり、中華鍋を2つ用意して、一つは燻製器の土台にして、蓋替わりでもう一方の中華鍋を被せるというやり方があります。 <材料>
  • 金網
  • 中華鍋2つ
  • ボルト4つ
  • ナット4つ
金網の4隅に長めのボルトを通します。その後、ナットを締めることで網を浮かすための脚を簡易的に作ることができます。
中華鍋を使わずに作るもう一つのやり方は一般的な鍋を使ったものです。こちらは鍋蓋が付いていれば一つの鍋でできます。同じように金網、ナット、ボルトを用いて焼き網を作ります。この焼き網があれば、同じようにフライパンにも応用することができます。また、土鍋でも応用できますから、いくつか挑戦してみて、鍋ごとの違いを確かめてみてはいかがでしょうか?ダンボールとは異なり、調理後処理をすることができないので、こちらは使い捨てではなく、何度も使うことができます。

一斗缶編

一斗缶の燻製器

出典:Amazon

一斗缶の燻製器は雰囲気がでて、よりアウトドアな気分で燻製料理を楽しむことができます。アウトドアの場で一斗缶燻製器があると盛り上がります!一斗缶は金属ですから加工には電動ドリルが必要になってきますので、怪我には充分気をつけてください。一斗缶は金物屋さんや、ホームセンター、通信販売で購入することできます。今までご紹介した中で一番予算がかかりますが、その価値は十分にあります。市販の燻製器とほぼ同じ構造になりますから、燻製が失敗しにくく、とても高性能なものです。 <材料>
  • 一斗缶(1.8リットル)
  • 電動ドリル
  • 金網22mmの角型の網
  • ボルト
  • ナット
焼き網が斜めにならないように電動ドリルで穴を開けましょう。また一斗缶下部にいくつかの穴を開けて、空気の通り道を作って、より可燃性の高い状態に保つようにしましょう。
一斗缶の燻製器

出典:Amazon

金網を二つ置けるようにすることで、より多くの燻製を一度に作ることができます。先程紹介した一斗缶燻製器でも充分な性能がありますが、DIY好きの方々はオリジナルの改良を重ねた一斗缶燻製器を作っているので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください! 燻製を楽しむために必須のスモークチップについてはこちら▼

番外編

今回は割愛しますが、番外編として木製の燻製器を自作することもできます。木製になると、作業がかなり大変になってきますので、かなり上級者向け。燻製の幅が広がるので、燻製にはまってきたら挑戦したい自作です。木製燻製器こそ自作燻製器の最高峰であり、最もDIYしがいのある製作法でもあります!DIYに自信のある方や、燻製を突き詰めたい方は是非挑戦してみてください!

キャンプで気軽にできるおすすめ燻製器6選

ダンボール

商品名[ソト(SOTO)]スモークハウス[キャプテンスタッグ]BBQ用 燻製ログハウス
画像
サイズ‎41×24×10.7cm25×21×52.5cm
重さ553.99 g600g

商品名[ソト(SOTO)]いぶし処 スモークポット[キャプテンスタッグ]BBQ用 燻製鍋
画像
サイズ23×23×16.5cm26.5×20×16cm
重さ1.56kg480g

一斗缶

商品名[ソト(SOTO)]いぶし処 スモークスターターキット[BUNDOK(バンドック)]フォールディング スモーカー
画像
サイズ19.4×22.2×41.5cm17×18.5×31.5cm
重さ2kg1.38kg

燻製器を使って、キャンプでも気軽に燻製料理を楽しみましょう!

以上燻製器の作り方と燻製レシピをご紹介しました。燻製器は様々な方法で簡単に自作することができます。燻製料理は普段はなかなか食べる機会がないですから、ご興味のある方はぜひ燻製器を自作して、燻製料理をしてみてください!自作の燻製器だと最初は温度調整が難しいと思います。もし予算があるようなら、温度計を購入すると、失敗がなくなりますよ! 色んな種類の燻製を作ってみたい方はこちら▼
こちらの記事も読まれています▼

今回紹介したアイテム

商品画像ソト(SOTO) 燻家 スモークハウスキャプテンスタッグ BBQ用 燻製ログハウスソト(SOTO) いぶし処 スモークポットキャプテンスタッグ BBQ用 燻製鍋ソト(SOTO) いぶし処 スモークスターターキットBUNDOK(バンドック) フォールディング スモーカー
商品名ソト(SOTO) 燻家 スモークハウスキャプテンスタッグ BBQ用 燻製ログハウスソト(SOTO) いぶし処 スモークポットキャプテンスタッグ BBQ用 燻製鍋ソト(SOTO) いぶし処 スモークスターターキットBUNDOK(バンドック) フォールディング スモーカー
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事