キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

キャンプ場で"ていねいな朝ごはん"を。やみつきの万能調味料『エゴマじゃん』でお手軽台湾料理を作る!

ご当地ひなたごはん

暑い日が続き、あっさりしたものばかり食べてしまう反面、辛いものが食べたくなるのも事実。今回、夏の定番メニュー「棒棒鶏」と、台湾式豆乳スープ「シェンドウジャン」を作ります。万能調味料『エゴマじゃん』で、手軽に本格的な中華・台湾料理をアウトドアシーンで実現。「酸っぱ辛い」料理は、食欲増進で夏バテ防止にも。簡単においしくできるので、夏のキャンプ飯にぜひ取り入れてみてくださいね!

連載企画「ご当地ひなたごはん」7月のテーマは福島県

万能調味料でキャンプ飯をグレードアップ!

ご当地ひなたごはん
毎月、全国各地のご当地食材を使ったキャンプ飯レシピを紹介する連載「ご当地ひなたごはん」。7月のテーマは東北地方の福島県。「ふくしまの常備食」シリーズの食材を使ったレシピを、3回に渡り紹介しています。 「ふくしまの常備食」シリーズは常温で保存でき、アウトドアの携行食や、災害時の非常食としても活躍するので常備しておくと便利。今回は、福島の特産品であるシソ科の葉野菜「エゴマ」と唐辛子からできた、うまみたっぷりの万能調味料『エゴマじゃん』のキャンプ飯レシピ2品を紹介します!

福島産『エゴマじゃん』でキャンプ飯!

このご当地食材を使います

少量で辛さの出る豆板醤や、甘みの強い韓国コチュジャンに比べ、まろやかな辛さと甘酒のやさしい甘み、エゴマの深いコクが特徴の『エゴマじゃん』。ほんの少し加えるだけで、料理のうまみが何倍にもアップします。定番メニューの味変に、バーベキューソースにもイチオシ。

エゴマダレの棒棒鶏れんこんサラダ

ご当地ひなたごはん
暑い夏にさっぱりと食べたい棒棒鶏(バンバンジー)。鶏むね肉をゆで、お好みの野菜をそえて、合わせダレをかけるだけで立派なメインディッシュに。市販のタレやドレッシングもいいけれど、キャンプの準備にエゴマじゃんでオリジナルの合わせダレを仕込んでおけば、棒棒鶏や野菜サラダ、焼肉のつけダレとしても活用でき重宝します。
【材料】2〜3人分
  • 鶏むね肉 300g
  • れんこん 1節
  • きゅうり 2本
  • 長ねぎ(青い部分) 1本分
  • 塩麹 大さじ1 ※塩でもOK
[合わせだれ]
  • エゴマじゃん 小さじ2
  • 練りゴマ 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ2
  • 酢 大さじ1
  • 牛乳もしくは豆乳 大さじ1
  • すりおろしにんにく 少々

作り方

(下準備)
  • 鶏むね肉にフォークで数カ所穴を開け、塩麹または塩をすり込む(できれば前日)
  • れんこんを薄切りにしてサッと茹で、冷水でよく洗い、ぬめりを取る
  • 合わせだれを作っておく
ご当地ひなたごはん
むね肉は5分ゆでたら、あとは放置。余熱でじっくり火を通すことで、しっとりとした蒸し鶏になります
①長ねぎの青い部分と鶏むね肉を鍋に入れ、かぶるくらいの水を入れて中火で熱し、沸騰してから5〜6分ゆでる。むね肉の色が変わったら火から下ろし、そのまま20分ほど置いて余熱で蒸す
ご当地ひなたごはん
むね肉は手で簡単に裂けます。繊維に沿って一定の細さにしましょう
②むね肉の粗熱がとれたら、手でさく。器にせん切りにしたきゅうり、れんこん、むね肉を乗せて、合わせダレをかける
ご当地ひなたごはん
合わせダレの分量はお好みで。酢を多めにしたり、エゴマじゃんをたっぷり入れてみてもよし

シェンドウジャン(台湾式豆乳スープ)

ご当地ひなたごはん
お酢で豆乳を固めたほろほろのスープに、ザーサイや小エビ、香菜をトッピング。中華揚げパン油條(ヨウティアオ)をそえていただく台湾の定番朝ごはん鹹豆漿(シェンドウジャン)。どうして今までやらなかったの!?と、地団駄踏みたくなるくらい手軽で本格的な台湾の風がふく、キャンプの朝食にぴったりな一品。
【材料】(2〜3人分)
  • 小エビ or 桜エビ 大さじ1.5
  • 千切りしたザーサイ 20g
  • エゴマじゃん 小さじ1/2
  • 酢(千鳥酢) 大さじ1.5
  • しょうゆ 大さじ1
  • ごま油 大さじ1
  • 豆乳  400ml
  • 香菜(パクチー) 適量
  • 青ねぎ 適量
  • 仙台麩(フランスパンでもOK) 2〜3枚

作り方

ご当地ひなたごはん
小エビの方が、桜エビよりダシがよく出ます
①フライパンにごま油を入れ、桜エビ、千切りしたザーサイを入れて炒めたら、エゴマじゃんを加えて全体的に和える。器に酢としょうゆを混ぜておく
ご当地ひなたごはん
酢じょうゆに温めた豆乳をそそぐだけで、おぼろ豆腐のようにとろとろに!感動の瞬間です
②豆乳を鍋で温めて沸騰直前で火を止め、酢としょうゆの入った器に注ぐ。①、パクチー、青ねぎを散らし、仙台麩を添える

レシピを考案したのは、坂下真希子さん!

icon

坂下真希子

アフタヌーンティー・ティールームのお菓子やジャムなどの開発を担当。週末は山の家での二拠点生活。ライター・一田憲子さんのウェブサイト「外の音、内の香」で日々のレシピを連載中。著者に「パンによく合うかんたんサラダ弁当」(立東舎)。 リンネル YouTube Vlog「【日々の食卓】坂下真希子さん秋食材のデリ風作り置き編」など、ライフスタイル系メディアに多数出演実績あり。13歳息子と8歳娘、ファッションデザイナーの夫と4人家族。

エゴマ油についてもっと知りたい!

ダイエットやアンチエイジング効果も期待できるスーパーオイル

ご当地ひなたごはん
“エゴマ”はゴマの仲間と思われがちですが、シソ科の植物で、エゴマの葉はシソと似た形状。エゴマの種子は搾ってエゴマ油として食用に使われ、このエゴマ油には、α-リノレン酸という必須脂肪酸が含まれています。必須脂肪酸は人の体に不可欠なものの、体内で作ることができないため、エゴマ油など植物由来のものや青魚などから摂る必要が。 α-リノレン酸には血液をサラサラにしてくれたり、脂肪が蓄積されにくい体質作りに役立つという見解もあり、スーパーオイルとして注目されています。
person icon

日本エゴマの会・ふくしま代表 渡部夫妻

エゴマじゃんは、小さな小瓶で持ち歩きやすいので、アウトドアのシーンにもぴったり。焼き肉やエビ、ホタテなどのシーフードにつけても合いますし、現地で購入した新鮮な野菜に和えてナムル風にしてもおいしいです。健康や美容にもいいエゴマを、楽しくお料理に取り入れてくださいね!

次回は、山梨県のご当地グルメでキャンプ飯!

ご当地ひなたごはん
8月のご当地ひなたごはんは、山梨&静岡県。富士山周辺のご当地食材で作るキャンプ飯を3回に渡ってお届けします。あの人気B級グルメ「富士宮やきそば」のアレンジレシピも紹介するのでお楽しみに!
series top img

キャンプを何倍にも楽しく思い出深いものにしてくれるのは、なんといってもおいしいごはん。訪れた土地ならではの食材で料理し、キャンプ場で味わえたら最高です。「ご当地ひなたごはん」は、全国各地のご当地...

記事一覧へ
 最終更新日:

あわせて読みたい記事