キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

100均でも買える!クーラーボックス代用品はこれ!保冷剤の代用品もご紹介

クーラーボックスの飲み物

アウトドアやお出かけで活躍するクーラーボックスは、冷たいものを運ぶ時の便利アイテムです。出先のお買い物で冷たいものを買った時、思いがけずクーラーボックスが必要になった時はありませんか。そんな時に活躍する、クーラーボックスの代わりになる、代用品を紹介いたします!

クーラーボックスの代用品はこれ

保冷剤と缶

出典:PIXTA

クーラーボックスが急に必要になった!そんな時に活用できる、クーラーボックスの代用品をご紹介いたします!

発泡スチロール

発泡スチロールクーラーボックスとドリンク

出典:Amazon

100均で買えるうえ、スーパーにて無料でもらえる素材です。発泡スチロールは空気をたくさん含み、熱伝導率が低く外気の影響を受けにくいため、保温効果、保冷効果に優れています。 発泡スチロールの代用方法は、まず発泡スチロールにビニール袋を敷き、保冷剤を入れ、その中に荷物を入れます。また、箱の内側にアルミシートを張り付けると保冷効果が更に高まります。 フタを閉めたらしっかりとガムテープで止めることで、保冷力を各段に上げることができます!

段ボール

段ボール

出典:Amazon

段ボールも、スーパーで無料でもらうことができ、宅配の荷物の梱包に使われたものを保管してある家も多いでしょう。段ボールの特徴である、中空構造により保冷ができます。枚数を重ねると更に断熱性が高くなります。 段ボールの代用方法は、まずサイズ違いのダンボールを2枚ほど重ねます。これはダンボールの強化もかねてますが、何よりダンボールの保冷力をあげてくれます。耐水性ではないので内側にビニール袋を重ね、タオルをひくとよいでしょう。さらにアルミホイルを重ねても、保冷効果がアップします。

保冷バック

保冷バック

出典:Amazon

100均でも豊富に揃う、保冷バックも、クーラーボックスの代用になります。中のアルミシートが外からの熱を反射するので、保冷効果が高く、コンパクトに畳めるので持ち運びも便利です。また絵柄が豊富でかわいいものも多くあります。サイズが小さいものが多いので、入れるものが少ない時に利用するのがよいでしょう。 保冷バックの代用方法は、冷やしたいものと一緒に保冷剤を入れるだけ。大小2枚重ねて使用すれば保冷力はアップします。しっかりチャックやファスナーを閉め、密閉しましょう。

アルミホイル

テーブルに乗ったアルミホイル

出典:PIXTA

アルミホイルもまた、手に入りやすい素材です。家に常備してある家庭が多いでしょう。アルミホイルは熱伝導率が高く、熱や冷たさが伝わりやすいという特徴と、熱を反射して外気の熱から守ってくれる効果があります。保冷バッグの中にアルミシートが敷いてあるのは、その理由からです。 アルミホイルの代用方法は、保冷したいものに保冷剤を当ててからアルミホイルで包みます。そうすることで保冷剤の冷たさがものに伝わり、保冷状態を保つことができます。

プチプチ(気泡緩衝材)

緩衝材

出典:Amazon

割れ物などの梱包のときに緩衝材としてよく使われているプチプチ(気泡緩衝材)。配達物の梱包によく使用され、自宅に保管して余っているのであれば是非活用してみてください。プチプチの気泡が空気の層を作り、冷たい空気が外に逃げていくのを抑えるはたらきをしてくれます。空気の層があることで熱が移動しにくくなるので、空気がたくさん入っているプチプチはクーラーボックスの代わりとして効果的に使うことができます。 プチプチの代用方法としては、 保冷剤を直接当てても問題ないものについては、保冷剤を当ててからプチプチで包むといいでしょう。

保冷剤の代用品はこれ

手に持った保冷剤

出典:PIXTA

保冷剤が自宅にない!そんな時に保冷剤の代わりになる代用品をご紹介いたします。

凍らせたペットボトル飲料

保冷剤

出典:PIXTA

ペットボトル飲料を凍らせたものは、保冷剤の代用品として最適です。中身が溶けてしまったらそのまま飲み物として飲むことができるので、無駄もありません。明日のお出かけに保冷剤が急に必要な時、家にペットボトル飲料が置いてあれば、冷凍庫で凍らせて保冷剤として代用できます。 また、コンビニには凍らせたペットボトル飲料の種類も豊富に置いてあるので、急に必要になった時に買うことができるので便利です。 もし、家でペットボトル飲料を凍らせるという場合は、未開封のものは凍らせると膨張して破裂する危険があるので、なるべく一度蓋を開けてから凍らせるようにするのがポイントです。

食べられる保冷剤

オレンジゼリー

出典:ayurara / ゲッティイメージズ

個包装のゼリーを凍らせたものも、保冷剤として活用できます。市販のものもいいですが、手作りするのもおすすめです。市販のスタンドバックに手作りのゼリーを流し入れ、常温で冷ましてから冷凍庫で冷やして固めたものを保冷剤の代わりに利用します。ゼリーの中身に缶詰のフルーツを入れれば、見た目も可愛く、溶けたら中身をおいしく食べられる、一石二鳥の保冷剤になります。

ビニール袋と氷

ビニール袋と氷
氷は、コンビニやスーパーでも購入できる保冷剤の代用品です。氷を保冷剤の代用品として使う時は、溶けると水浸しになってしまうので、ビニール袋などに入れてから使うようにしましょう。また、スーパーなどでは保冷が必要なものを購入した時に、無料の氷を保冷剤の代わりに提供しているところも多くあります。ただし、この氷は基本的に綺麗なものではないので、食べたり飲んだりはしないようにしましょう。

クーラーボックスの代用品を使用する時の注意点

氷の上に横たわっている瓶

出典:KucherAV / ゲッティイメージズ

クーラーボックスの代わりになる代用品をご紹介いたしましたが、使用する際の注意点をまとめました。

保冷力について

どうしてもクーラーボックスに比べ保冷力は弱くなります。保冷力を上げるためには保冷剤の詰め方にも工夫が必要になります!ふたの近くは外気の影響を受けやすいため、保冷剤を上部だけではなく、底の方にも置き食材を包むようにすれば冷気が閉じ込められ、保冷効果を上げることができます。また食材を隙間なく詰め、傷みやすい食材に近くに保冷剤を置き、蓋をしっかり密閉して閉じるように気をつけましょう。

置く場所について

直射日光にあたれば、いくら断熱性がある素材でも中の温度は上昇してしまいます。そのため日陰に置くようにしましょう。また、晴れた日のアスファルトは50度以上になります!芝生の上でも熱くなるので、直接置くのは危険です。テーブルや台、クーラーボックススタンドの上など、地面と距離をとって置くようにしましょう。

耐久性について

クーラーボックスの代用品は、どれもクーラーボックスに比べつくりが単純で壊れやすいものです。そのため重量がかかると底がぬけたり持ち手が切れてしまうことがあります。荷物の入れ過ぎや扱いを丁寧にするなど気をつけましょう。

クーラーボックスがなくても代用品を活用してみよう!

クーラーボックスの代用品は無料でもらえたり、家に置いてあったり、100均で手に入るものばかりです。これから外に出ることが多くなる季節、冷たいものを運びたいけれどクーラーボックスがない!という時に代用品を利用してクーラーボックス代わりに使用してみるのはいかがでしょうか。その際は保冷剤の入れ方、代用品を置く場所、荷物の入れ方に注意しながら使用してみましょう。
 最終更新日:

あわせて読みたい記事