hinata

>

キャンプ用品

>

スノーピーク

>

スノーピークのタクードを徹底解説!便利アイテムも紹介!

スノーピークのタクードを徹底解説!便利アイテムも紹介!

キャンプ用品

石油ストーブ

出典:PhotoAC

スノーピークから販売されているタクードはアウトドアやキャンプにぴったりなアイテム!バーベキューテーブルとドッキングさせて鉄板調理を楽しんだり、鍋ややかんを乗せて煮込み調理ができたりととにかく便利です。寒い時期はサブストーブとしても活躍!便利なタクードについて詳しく紹介します。

目 次

コンパクトサイズの石油コンロ「タクード」!

スノーピークのタクード

出典:楽天

スノーピークから販売されているタクードは、灯油を燃料とした調理用コンロです。コンパクトで持ち運びやすくアウトドアやキャンプなどで活躍します。鍋などの煮込み料理に適しており、やかんを置いてお湯を沸かすことも可能。バーベキューテーブルなどに取り付けることができ、鉄板料理も楽しめます。昔ながらの石油ストーブのような形状しているので、サブストーブとしても活躍!ストーブとして使用する場合は、一酸化炭素中毒に注意して使いましょう。

タクードの特徴や魅力を紹介!

タクードの便利な特徴を4つ紹介します。アウトドアやキャンプにぴったりの魅力的な特徴ばかりです。

サイズがコンパクトで安定感抜群・持ち運びにも便利

コンパクトサイズ

出典:PhotoAC

タクードのサイズは幅380×奥行き380×高さ340mmとコンパクトで、重量6kgとコンロとしては持ち運びが便利な方です。灯油も同時に持参しなくてはなりませんが、火を起こす手間、管理、炭の処理など面倒な作業がありません。灯油を入れれば、すぐに火を点けられます。キャンプなどのアウトドアシーンでは、火を起こすところから楽しみたいと感じる方も多いとは思いますが、少しでも荷物を減らし、手間も極力減らしたい方にタクードはおすすめです

高い燃焼効率で長い時間燃焼可能

燃焼効率

出典:PhotoAC

スノーピークのタクードは、長い燃焼継続時間も魅力的です。灯油を満タン3.1L入れておけば、最大約15時間の継続燃焼が可能!燃焼筒を使った燃焼方法なので効率が良いためです。熱を入れておく時間が長い煮込み料理も安心して作ることができます。燃焼筒の周りには金属の板が覆っているため、横からの風に強く、火が消えにくい構造です。また、サブストーブとして使用する場合は一晩点けっぱなしも可能ですが、一酸化炭素中毒には十分注意しましょう

タクード本体には傾きや振動で停止する安全装置が搭載されているので、万が一本体を倒してしまっても火が燃え移ることはないでしょう。横に寝かせてしまうと中に入っている灯油がこぼれてしまう可能性があるので、転倒しない安定した場所に設置するよう注意が必要です。

サブストーブとしても使用可能

ストーブ

出典:Pixabay

タクードは調理器具としてだけでなく、サブストーブとしても活躍します。小さいボディですが火を使っているので、非常に暖かく、寒い時期のテント内などしっかりと暖を取ることができます。真冬や気温が氷点下になる場所ではタクードは容量不足です。あくまでサブストーブとして考えておくことをおすすめします。ストーブとして使用する場合は一酸化炭素中毒になる可能性があるので、換気には十分注意しましょう。

タクードの天面は非常に高温になります。テント内や室内で使用する場合、熱に弱いものはタクードから離れた場所に置くようにします。手軽に火を点けられますが、正しく使わないとトラブルの原因となるので、キャンプ場や他の利用者に迷惑が掛からないよう注意が必要です。

直接ガンガン暖かいを期待すると、期待外れになっちゃいます!でも、外気温3度でも、テント内ではセーターで過ごせるようにすることは余裕で出来ます。タクードの使用感は、テントの中にいたらダウンコートは脱げるねぇ~いいねぇ~、という感じです。

ぼるしちのキャンプ&ライフ
タクードは一般的な石油ストーブと比べてしまうと、パワー不足を感じます。しっかりと部屋やテント内を温めたい場合は薪ストーブや石油ストーブを使用しましょう。春や秋など気温があまり下がらない季節にはちょうど良いかもしれません。タクードは火力調整ができないので、気温が下がる夕方~翌朝まで点けておくなど、予定を立てておくと良いでしょう。
▼冬キャンプでは一酸化炭素中毒への対策も行いましょう!

テーブルにドッキングして使える

キャンプ道具

出典:PhotoAC

タクードと同じくスノーピークから販売されている「アイアングリルテーブル(IGTフレーム)」とドッキングが可能です。IGTフレームに取り付けが可能なアイテムはたくさん販売されています。ユニットとして取り付けできるアイテムが設定されており、IGTフレームの大きさもユニットの数で分かれています。とても自由度が高いIGTフレームを使って、シーンに合わせたり、自分好みにタクードのレイアウトを楽しみましょう。

タクードのフィットするケースや五徳はある?

タクードと一緒に使えるアイテムはあるのでしょうか。スノーピークのタクードにフィットする代用アイテムを紹介します。

石油ストーブ用ケースを代用

収納ケース

出典:PhotoAC

タクードには専用の収納ケースがありません。別売りというわけでもなく、オプションアイテムとして販売もしていません。これではアウトドアやキャンプへ持ち運ぶのに不便ですが、ほぼ同じサイズのスノーピーク製石油ストーブの収納ケースが使えます。収納ケースの天面と側面が大きく開くのでタクードを収納しやすいです。少しケースの方が大きいので余ったスペースには五徳や鍋、フライパンなど調理器具を一緒に収納すると良いでしょう。持ち手も付いているので、持ち運びにとても便利です。

キャプテンスタッグの五徳がフィット!

ごとく

出典:PhotoAC

タクード用のオプションアイテムはあまり販売されていませんが、他社の商品を使って、タクードをより便利に使うことができます。キャプテンスタッグから販売されている「炭焼キ名人・七輪用ゴトク」がタクードにぴったりフィット!タクードの大きさが七輪とほぼ同じ大きさということもあり、七輪用のアイテムが使用可能です。五徳は調理の際の火力調整に必要なアイテム。タクード本体には火力の調整機能が付いていないこともあり、五徳を使って高さを出し、火から離すことで火力を調整できます。色々な五徳を試してみると良いかもしれません。

タクードに付属している天板はオプションアイテムとして販売されています。もし紛失してしまった場合、再度購入できます。

焚き火用のゴトクを、タクードの上に乗せれば、天板の調理スペースを広げることができます。ゴトクの両縁にも置くことができるので、保温ができて便利に使えます。

キャンプ200gください
タクードに焚き火用の五徳を乗せて使う口コミを見つけました。タクードの鉄板の面積が限られていますが、焚き火用の五徳で広げて、お湯や食材を保温する場所を確保しています。あまり広げすぎるとバランスが悪くなり、最悪の場合、落下してしまう危険性があります。また、火から距離が離れてしまうと保温力も下がるので使いながら調整してみると良いでしょう。焚き火と違い、簡単に移動もできるので使い勝手はとても良いです。

スノーピークの石油コンロタクード!

スノーピークの石油コンロタクードとタクードのオプションアイテムを合わせて3つ紹介!タクードを使うなら揃えておきたい魅力あるアイテムもあります。

コンパクトサイズで使い勝手抜群のタクードをゲットしよう!

アウトドアやキャンプでの調理器具だけでなく、コンパクトストーブとしても活躍するタクードは使い勝手抜群です。灯油を使うことさえ気を付ければ、さまざまなシーンで役に立つでしょう。火を扱うので狭いテント内や室内での使用は注意が必要です。色々と役に立つタクードをぜひチェックしてみてください。

今回紹介したアイテム

商品画像 スノーピーク アウトドア タクードストーブ KH-002BK snow peak スノーピーク(snow peak) ストーブバッグ BG-100 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー BBQ用 七輪用ゴトク 炭焼き名人M-6635
商品名 スノーピーク タクード スノーピーク ストーブバッグ キャプテンスタッグ 七輪用ゴトク
商品リンク 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事