【みんなの#ひなたごはん】キャンプで食べたい!魚料理レシピ集

 キャンプ料理

alt

「キャンプ飯」というと、肉料理を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかし、近くで新鮮なお魚が手に入るキャンプ場などでは、魚を使った料理をしてみるのも、楽しみのひとつ!今回は、Instagramで「#ひなたごはん」をつけてくれた投稿のなかから、魚を使ったキャンプ飯のレシピを、厳選して紹介します。


 目次


魚料理をキャンプでも作ってみよう!

キャンプで作る!みんなの魚料理レシピ

キャンプではややマイナーな魚料理ですが、新鮮な食材や旬のものを使えば、キャンプ飯がもっと楽しくなります。今回は魚を使ったキャンプ飯レシピを、Instagramで「#ひなたごはん」をつけてくれた投稿のなかからご紹介。気になる料理があれば、ぜひレシピを参考にしてみてください!それぞれの料理に使えるアイテムも合わせて紹介していきます!

キャンプでの魚料理9選

鮭のホイル焼き

alt

出典:Instagram(@jarimari777)

jarimari777さん

jarimari777さん

キャンプ場では楽をしたかったので、家で仕込みをほとんど終えられる料理にしました。冷蔵庫の余っている野菜を適当に入れて作れる、我が家の手抜きメニューの定番です!味付けのアレンジ次第でバリエーションが広がり、洗い物が少ないので、炊事場の利用を極力控えることもできます。

【材料】
・鮭の切り身
・玉ねぎ
・パプリカ
・マッシュルーム
・ミニトマト
・オリーブオイル
・塩
・胡椒
・ヨーデルサワークリームスパイス

【作り方】
①玉ねぎをスライスし、パプリカ、マッシュルーム、ミニトマトを食べやすい大きさに切る。
②アルミホイルにオリーブオイルを薄くひく。
③玉ねぎ、軽く塩胡椒した鮭の切り身、の順にアルミホイルにのせる。
④パプリカ、マッシュルーム、ミニトマトを散らして、ヨーデルサワークリームスパイスをかける。
⑤ホイルで包んで蒸し焼きにする。
⑥蒸しあがったら、さらにヨーデルサワークリームスパイスをかけて完成。

【ワンポイントアドバイス】
1番下に敷く玉ねぎは焦げやすいため、少し厚めにスライスにするのがポイントです。ヨーデルサワークリームスパイスは、たくさんかけたほうが、おいしくなります。

アクアパッツア

alt

出典:Instagram(@yuki_camp_only)

yuki_camp_onlyさん

yuki_camp_onlyさん

魚を1匹そのまま使う料理は家だとなかなかできないので、「息子が魚を1匹まるごと食べたい」と言ったのをきっかけに、食べさせたくて作りました。魚介の出汁がたっぷりで、シンプルなのに驚くほどおいしいです。ガーリックトーストと相性抜群なので、いつも一緒に食べています。

【材料】
・白身魚1匹
・アサリ
・エビ
・パプリカ 
・にんにく1かけ
・オリーブオイル
・白ワイン
・クレイジーソルトまたは塩胡椒
・黒胡椒
・レモン

【作り方】
①パプリカを食べやすい大きさに切り、にんにくはみじん切りにする。
①魚の鱗を取って、塩をふる。
③ダッチオーブンを火にかけ、オリーブオイルとにんにくを入れる。
④にんにくの香りが立ってきたら魚を入れて軽く両面を焼く。
⑤パプリカ、アサリ、エビを④の周りに並べ、クレイジーソルトをふる。
⑥白ワインを回し入れたら蓋をして、10分ほど蒸し焼きにする。
⑦黒胡椒をふりかけたら完成。

【ワンポイントアドバイス】
エビやアサリは殻付きのものを使うと、しっかり出汁が出ておいしいです。

イクラたっぷりのはらこ飯

alt

出典:Instagram(@mitsouko_lumiere)

mitsouko_lumiereさん

mitsouko_lumiereさん

「おいしい秋の味覚が食べたいな」「秋の味覚といえば鮭イクラかな」と思い、作りました。鮭の煮汁で炊いたご飯は、旨みたっぷりで絶品です。イクラを惜しみなく乗せたら、幸せな気分に浸れます!

【材料】
・お米2合
・生秋鮭3切
・イクラの醤油漬けたっぷり
・水200ml
・みりん大さじ2
・醤油大さじ2
・日本酒大さじ1
・砂糖大さじ1
・すりおろし生姜大さじ1
・だし汁200ml

【作り方】
①みりん、醤油、日本酒、佐藤、すりおろし生姜、だし汁をライスクッカーかメスティンに入れて煮立たせる。
②1口大に切った鮭を①に入れ、弱火で5分ほど煮る。
③鮭に火が通ったら固くなる前に取り出し、煮汁を30分ほど冷ます。
④研いだお米と水200mlを煮汁に加えて炊飯する。
⑤炊き上がったご飯を器に盛り、鮭とイクラを盛り付けて完成。


【ワンポイントアドバイス】
鮭が固くならないよう、煮すぎないのがポイントです。炊飯する際は、煮汁の粗熱をしっかりとります。

自家製ツナのガーリックぽん酢丼

alt

出典:Instagram(@mitsouko_lumiere)

mitsouko_lumiereさん

mitsouko_lumiereさん

自家製ツナでお酒に合うメニューを作りたかったので、ガーリックぽん酢丼にしました。グルキャンに持って行ったところ、お友達もあっという間に平らげてくれ、「もっとツナを作っていけばよかった…」と思ったほど。自家製ツナは簡単に作れるのに、味も食感も感動モノなのでおすすめです!

【材料】(1人前)
・ご飯シェラカップ1杯分
・自家製ツナまたは市販のツナ缶適量(ご飯が隠れるくらい)
・ドライ柚子ひとつまみ
・アーモンドスライス大さじ1程度
・ツナ油小さじ1
・ぽん酢大さじ2
・ドライハーブ小さじ1程度
・すりおろしにんにく少々
・好みでフレッシュハーブひと枝

【作り方】
①油をひいていない弱火のフライパンで、アーモンドスライスを軽く色づくまで(5分程度)炒める。
②ツナ油、ぽん酢、ドライハーブ、にんにくを混ぜる。
③シェラカップにご飯を盛り、ツナをのせる。
④ツナの上に②のドレッシングを回しかける。
⑤ローストしたアーモンドと柚子をまぶし、飾りのフレッシュハーブをのせたら完成。

【自家製ツナの材料】
・マグロ1さく
・塩大さじ1
・ローリエ2枚
・タイム2枝
・サラダ油適量
・黒胡椒適量

【自家製ツナの作り方】
①マグロに塩を振り30分ほどおく
②ペーパータオルでマグロの水気を取る
③ホーロー容器(なければフライパンなどでも可)にマグロとローリエ、タイムを入れ、マグロが浸かる程度の油を注ぐ
④弱火で5分加熱し、裏返してさらに5分焼く
⑤粗熱をとったら完成

【ワンポイントアドバイス】
自家製ツナを作る際は、香りの強い油を使うとマグロ本来の旨みが損なわれてしまうため、香りの弱い油を使ったほうがおいしく仕上がります。オリーブ油なら、エキストラバージンではなく、バージンオイルで充分。ツナ丼は柚子とハーブの風味を加えるのが、おいしさの秘訣です。

サーモンのウッドプランクグリル

alt

出典:Instagram(@ikihcikom)

ikihcikomさん

ikihcikomさん

我が家はもれなく家族全員肉派で、キャンプ飯は偏りがち。キャンプに行けないお休みもお庭でソトメシを楽しんでいるので、「肉ばっかりじゃなぁ…」と思っていたところ、アメリカではポピュラーな、ウッドプランクグリルという調理法を知りました。

燻製なのにふっくら仕上がる点と、見た目が華やかな点が気に入り、「これならお魚でもおいしく好みな感じに調理できる!」とチャレンジ。プランクが焦げないよう水分に漬け込む時間は必要ですが、あとはほぼのっけて焼くだけなので気に入りました。「燻製がこんなにふっくら仕上がるなんて」と感動します。

【材料】(4人前)
・サーモン4切
・レモンスライス8枚
・ローズマリー4枝
・黒胡椒
・塩
・メープルシロップ
・白ワイン

【作り方】
①白ワインを入れたバットの中で、プランクグリル用のプランク(板)を1時間以上しっかり漬け込む。
②プランクを取り出してキッチンペーパーで軽く水気をふく。
③プランクにサーモンを並べ、塩と黒胡椒をふる。
④サーモンの上に、スライスしたレモン、ローズマリーの順でのせる。
⑤メープルシロップを全体にかける。
⑥BBQグリルの上にプランクを乗せて加熱し、サーモンに火が通ったら完成

【ワンポイントアドバイス】
プランクが燃えやすいので火加減に注意。炭火の方がやりやすいと思いますが、私は焚き火でやったので、プランクを置く場所を度々調整しました。プランクごとアルミで包んでしまう方法もあるみたいです。

板が燻されることで燻製になりますが、白ワインに浸してあるので蒸し焼きのようになり、ふっくらと香りのいい仕上がり。

ちなみにプランクが焦げないよう漬け込む水分は、水でも白ワインでも、ウイスキーでもいいようです。次はウイスキーに漬け込んだ板で、他の食材の調理にチャレンジしてみたいと思います。

カツオの藁焼き

alt

出典:Instagram(@saya_hiro_camp)

saya_hiro_campさん

saya_hiro_campさん

キャンプではいつも特別な体験をしたいと考えており、絶対自宅で作らないカツオの藁焼きを作りました!お肉のバーベキューに飽きてきたこと、昼間は暑い時期だったので、ビールが進む冷たい料理を作りたいと思ったことも理由の一つです。

非日常的な経験ができたのでよかったです。ワイワイ楽しみながら、調理することができました。作り方も単純で、失敗せず作ることができます。夫も「ビールと合う!」と喜んで食べてくれたので、嬉しかったです。簡単にお店の味を楽しめるので、とてもオススメ!

【材料】
・カツオ 1さく
・粗塩
・にんにく
・玉ねぎ
・大葉
・ねぎ
・ポン酢
・おろししょうが
・ 藁(焼き用)

【作り方】
①薬味として使うにんにく、玉ねぎをスライスし、ねぎを適当な小口切りにする。
②皮付きのカツオに扇形になるよう串(バーベキュー串3〜4本)に刺し、粗塩を振る。
③焚き火台に藁をセットして火をつけ、皮目から焼きはじめる。
④皮目に焼き色がついたら、裏返して身のほうも、色が変わるくらいまで軽く焼く。
⑤カツオを串から外して粗熱を取り、アルミホイルに包んでクーラーボックスで冷やす(冬場は外に出しておくだけでもOK)。
⑥食べやすい大きさにカットして、大葉、玉ねぎを敷いたお皿に盛り付け、にんにく、ねぎを散らして完成。おろししょうが、ポン酢をつけて食べる。

【ワンポイントアドバイス】
藁はすぐ燃えはじめるので、カツオを焼き始める準備が整ってから火をつけるのがポイント。焼きすぎると中まで火が通ってしまうので、火から下ろすタイミングに注意します。

製氷皿でお寿司

alt

出典:Instagram(@skyyoutdoor)

skyyoutdoorさん

skyyoutdoorさん

去年のクリスマスに自宅でケーキ型を使ってリース寿司を作ったのが楽しかったので、今回少しアレンジして作ってみました。

Googleマップでキャンプ場近くに美味しい鮮魚を売っているスーパーがあると知ったこと、女子のグループキャンプなのでお寿司だと食べやすいかなぁと思ったこと、皆さんお料理上手なので、お肉料理は作る方がいるだろうなぁと思ったことも、この料理を作った理由の一つです。

甘エビをむくのが面倒でしたが、お刺身を買えば並べて詰めるだけなので簡単です。火を使わないので、お子様とワイワイ作るのも楽しいと思います。醤油の代わりに煎り酒を持って行ったのも好評でした。キャンプでお寿司、なかなかオススメです!

【材料】
・ハマチのお刺身
・サーモンのお刺身
・イカのお刺身
・甘エビのお刺身
・ホタテのお刺身
・イクラ
・錦糸卵
・レモン
・きゅうり
・大葉
・大根のツマ
・煎り酒

【作り方】
①錦糸卵を作っておく。
②レモンときゅうりをそれぞれ薄切りにする。
③製氷皿にラップをして、それぞれのくぼみの底にネタを並べる。
④ネタの上に酢飯を詰めて軽く押す。
⑤お寿司をお皿の上にひっくり返す。
⑥錦糸卵を端に添え、サーモンの上に薄切りレモン、イカの上に薄切り胡瓜とイクラをのせたら完成。

【ワンポイントアドバイス】
製氷皿に詰める際、隣に色味の違うネタがくるよう並べると彩りが綺麗です。お刺身だけでなく、ツマや大葉、レモン、胡瓜などを添えると、より華やかになります。

ホンビノス貝のワイン蒸し

alt

出典:Instagram(@pekocamp)

pekocampさん

pekocampさん

海が見えるキャンプ場だったので、海鮮をたくさん使った料理がしたくて作りました。お酒にピッタリなので、みんなビールが進みましたよ。

【材料】
・ホンビノス貝(貝ならなんでもOK)
・白ワイン
・にんにく
・レモン

【作り方】
①にんにくをスライスし、レモンを輪切りにする。
②鍋にホンビノス貝、白ワイン、にんにくをを入れて中火で酒蒸しする。
③レモンの輪切りを乗せて完成。

【ワンポイントアドバイス】
貝の殻が開かない場合は、ワインを足して強火にします。

鰻蒲焼と天然ブリの藁焼き

alt

出典:Instagram(@camp_yoco)

camp_yocoさん

camp_yocoさん

すべて好きなお店のものです。以前家で食べたことがあり、「時短で美味!」を意識している私のキャンプ飯にぴったりだと思ったので、またお取り寄せしました。ブリはグルキャンで食べたこともあるのですが、あっという間になくなってしまうくらいおいしいです。

【材料】
・「つきじ宮川本廛」の鰻蒲焼と肝吸い
・「沖の島水産」の天然ブリの藁焼き

【作り方】
①鰻蒲焼は温めてご飯に乗せ、タレをかける
②お湯を注いで肝吸いを作る
③ブリは切って盛り付ける

魚料理に挑戦すれば、キャンプ飯の楽しみ方も広がる!

キャンプ場で楽しめる魚料理、全9レシピをご紹介しました! 焼くだけでなく、蒸したり炊いたり、生で食べたり、さまざまな方法で調理することで、幅広いバリエーションの魚料理が作れます。いつもはお肉ばかり…という方も、次回は魚を使ったキャンプ料理に、挑戦してみてはいかがでしょう!
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪