hinata

>

キャンプ用品

>

焚き火台

>

焚き火シートおすすめ5選!焚き火台使用時の必需品

焚き火シートおすすめ5選!焚き火台使用時の必需品

キャンプ用品

ロゴスの焚き火台シート

出典:Amazon

キャンプなどで焚き火台を使って焚き火をするときには、地面を熱や火の粉から守る必要があります。そこで、必需品となっているのが、焚き火シート。その名の通り、焚き火台の下に敷いて使うものです。ここでは、焚き火シートがキャンプ時の必需品になっている詳しい理由や商品を紹介します。

目 次

焚き火シートが焚き火をする時の必需品になっているのはなぜ?

ロゴスの焚き火台シート全体図

出典:Amazon

多くのキャンプ場で直火の焚き火が禁止されている今、火をおこすときの必需品が、焚き火の熱や火の粉から地面を守ってくれる焚き火シートです。キャンプをするうえで大切なのは、ルールとマナーを守ること。焚き火シートは、自然に感謝し大切にしながらキャンプを楽しむ姿勢から生まれたものなのです。

焚き火シートを選ぶポイント

焚き火シートを選ぶ際、まずチェックしなければならないのはその耐熱性・耐火性です。焚き火台の下で熱や火の粉の直撃を受けるので、耐熱性・耐火性が低ければ焚き火シートとは言えません。確かな耐熱性・耐火性を確認できたら、次は使い勝手についても考えてみましょう。

自分がどのような用途で使いたいと思っているのか、どのような大きさの焚き火台を使う予定なのかなど、キャンプ使用時の様子をある程度シミュレーションしてみてください。

おすすめ焚き火シート5選

ここからは、耐火性・耐熱性に優れ、使い勝手がよいおすすめ焚き火シートを5つ紹介します。さまざまな用途で使える、買ってよかったと評判の商品を厳選しました。ぜひ参考にしてください。

焚き火シートでマナーを守って焚き火を楽しもう!

今回は、キャンプ時に火を使うときの必需品である焚き火シートの選び方と、おすすめ商品を紹介しました。焚き火シートを使うことは、焚き火の熱から芝生やウッドデッキなどを守るための基本マナーです。

また、キャンプ時だけでなく、溶接作業や花火の火から周囲を守る養生シートとしての役割も果たすことができます。この記事を参考に、自分のニーズにあった一品を手に入れてください。

今回紹介したアイテム

商品画像 ICHIFUJI 耐火 防炎 スパッタシート 瞬間耐火温度1500度 溶接 薪ストーブ用 (ハトメ有り, 1m*1m) ロゴス(LOGOS) たき火台シート 81064021 Chaslean たき火台シート 防火シート 焚き火台シート 耐火 防炎 芝生保護 バーベキュー用品 キャンプ BBQ等適合 大きいサイズ 極厚 プロ品質 耐火シート 不燃シート 防火シート 防炎シート キャンプ 焚火 薪ストーブ 用 ハトメ付 チエ化学 (1m x 1m) CARBABY 焚き火シート スパッタシート 耐火 耐熱 防炎 溶接 ガラス繊維 薪ストーブ バーベキューコンロ 瞬間使用温度:1500℃まで サイズ:98x61cm 収納袋付
商品名 ICHIFUJI スパッタシート LOGOS(ロゴス) たき火台シート Chaslean たき火台シート チエ化学 極厚耐火シート ハトメ付 CARBABY 焚き火シート 98x61cm 収納袋付
商品リンク Amazon で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


関連するキーワード

焚き火台

おすすめのキーワード