ストーブの次はこれ!こだわりの灯油タンクでワンランク上の冬キャンプを

 キャンプ用品

出典:Instagram (@takagram35)

冬キャンプには欠かせない石油ストーブ…の横にある灯油タンク。おしゃれキャンパーたちはここにもこだわっています。今回は、サイトをアップデートしてくれるタンクを特集。あなたのサイトにぴったりな、素敵な灯油タンクが見つかること間違いなしです!


 目次


その赤いタンク、ダサくない・・・?

出典:Photo AC

冬キャンプの定番アイテム、石油ストーブ。とても暖かいだけでなく、調理までできてしまう優れモノです。そんなストーブの横にある灯油タンク。ホームセンターで買ったポリタンクだったりしませんか?一般的な赤や青の大容量タンクはお手軽ですが、サイトで悪目立ちしてしまうこともしばしば。それではお気に入りのギアでコーディネートしたサイトが台無しです。

最近はおしゃれなモデルもたくさん出ているので、この冬はこだわりの灯油タンクをゲットして、ワンランク上の冬キャンプを目指しましょう。おしゃれな灯油タンクの選び方からおすすめのアレンジまで、一挙紹介します!

おしゃれなタンク選びのポイント

灯油タンクを選ぶポイントは大きく3点!しっかりおさえて自分好みのタンクをゲットしましょう♪

素材

出典:楽天

灯油タンクといってまず思い浮かべるのがポリエチレン製の容器。でも、ワイルドなキャンプの雰囲気を活かしたいなら、金属製の缶タイプもおすすめです。

【ポリタンク】
長所:軽いので扱いやすく、様々なカラーが選べる
短所:少し安っぽい印象になってしまう、キャップが劣化しやすい
【金属缶】
長所:とにかく頑丈で機能性抜群。スタイリッシュで無骨な印象
短所:重いものが多く、カラーも限られる

カラー

出典:楽天

同じようなカラーばかりのイメージがある灯油タンクですが、実は透明以外なら何色でも構いません。関東では危険物とわかりやすいので赤、関西では顔料が安価なので青が一般的になっていますが、ぜひサイトに合うカラーを見つけてみましょう。

「絶妙なカラーや質感に超こだわりたい!」という方には、後ほどリメイクについてもご紹介しています。要チェック!

容量

灯油タンクの容量は5L/10L/20Lが一般的です。キャンプには、運搬しやすい5Lや10Lがおすすめ。いくつか購入すれば、場合によって使い分けできます。灯油の使用量は、昼間も使うかどうかなど用途や季節によっても異なるので、キャンプスタイルに合った容量を選びましょう。

数日間かけてキャンプに行くことが多い方、2台以上のストーブを使う方には20Lも使い勝手に優れています。20Lは、10Lを2つ購入するよりもリーズナブルなのも魅力です!

サイトに合わせて選ぶ!おすすめ灯油タンク6選

出典:Instagram (@s.michiya)

先ほど紹介したポイントの中でも、一番大きな違いは「素材」。ここからは、ポリエチレン製と金属製に分けて、おしゃれなタンクを紹介していきます♪ぜひお好みのタンクを見つけてみてください!

【カラー×容量で選ぶ】ポリエチレン製タンクおすすめ3選

10Lと20Lはスタッキング可能な仕様で上の写真のように重ねておけるので荷物の多い連泊におすすめです!

【アーミー好きなら】金属製タンクおすすめ3選

灯油をガソリン携行缶にいれるのもOKです。 色や形も選択肢が広がりますね。

注意※ 給油口の大きさが若干違うのでポンプ使用時は工夫が必要です!

もっと自分らしくしたい!そんな上級者さんに・・・

【簡単に雰囲気チェンジ】ステッカー

出典:Instagram(@imaf.5)

先ほど紹介したおしゃれなタンクも、キャンパーさんの中では持っている方も多いかもしれません。気に入ったけど、かぶったりするのはちょっと...という方におすすめなのが、ステッカーでのアレンジ。手軽なのに、ガラッと印象が変わりますよ!

【既製品じゃ物足りない】オリジナル塗装

出典:Instagram(@haru.space)

マットなブラックの質感がとっても素敵にリメイクされていますよね!DIYすれば、キャップの色にもこだわることができます。

PP素材の塗装は、
1. 全体をやすりがけする
2. プライマースプレー (ミッチャクロン等)
3. お好みのカラースプレーを薄く重ね塗り
という順番がキレイに仕上がるそう。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

【渋さがたまらない!】レザークラフト

出典:Instagram (@takagram35)

濃い色のレザーがヒューナースドルフのカーキカラーにマッチした渋い一品。取っ手だけでなく、キャップにもぴったりと味のあるヌメ革が巻かれています。

おしゃれになるのはもちろん、こぼしてしまってもレザーが吸ってくれるのも◎。ノズルも注ぎやすく漏れないように、パッキンや管継手で工夫されているそうです。ここまでこだわると愛着がわいて長く使いたくなりますね♪

【細かいところまでこだわる】給油ポンプ

出典:楽天

タンク自体はおしゃれになったのに、ポンプがそのままじゃ残念…。そんな時におすすめなのがキャンパーさんに大人気のこのポンプ!

まとめ

出典:Instagram(@sugar_fam1982)

今回はおしゃれな灯油タンクの選び方とアレンジ方法についてご紹介しました!見逃しがちなアイテムですが、こだわるとぐっとサイトが素敵になります。お気に入りのタンクで、もっとおしゃれな冬キャンを楽しみましょう♪

↓まだストーブを持ってない!という方はこちらをチェック


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪