テント泊のザックの選び方&人気・定番ブランドおすすめザック

 キャンプ用品

出典:Amazon

テント泊用のザックを購入したいけど、どれを選んだら良いのか困っていませんか?テント泊に最適なザックの選び方から適した容量、荷物の軽量化、パッキング方法など口コミを参考に詳しくご紹介します。人気ブランドのおすすめザックもありますので、ぜひ参考にしてください。


 目次


テント泊用ザックの選び方

   

出典:楽天

荷物が比較的少なく軽くなる日帰りの登山やトレッキングの場合は、多少ザックが身体にフィットしていなくても問題になりませんよね。テント泊となるとザックに詰める荷物の量も増え、重量も増すためしっかりと身体にフィットしたタイプを選ぶ必要があります。

重要となる部分は、肩と腰のベルトの2本です。ザックと身体を繋いでいる2本のベルトが身体に合っているかをしっかりと確認しましょう。登山中に違和感が生じれば、トラブルや疲れの原因となります。テント泊用のザックを購入する際は、実際に背負ってみてしっかりと自分の身体に合っているか、フィットしているかを注意してみてください。

テント泊のザックの容量について

1泊2日なら最低でも50L、55L〜65L位がベスト

   

出典:楽天

テント泊では、荷物が多くなりますよね。必要な道具を一式集め、最終的にザックの大きさを決めると良いでしょう。夏と冬で持参するものが多少違いますが、1泊2日であればシュラフやテント、料理道具など入れるので最低でも50Lの容量はあった方が良いです。人によってスタイルが違うので、最適な容量はそれぞれですが、少し余裕を持った55~65Lの容量のザックを選びましょう。

ザックの外側に紐やゴムで荷物を取り付けられる製品もあります。マットやスコップ、衣料品など括り付けて持ち運ぶことができます。

男性/女性で容量に差はある?

   

出典:楽天

テント泊用のザックには、男性用、女性用と分かれている製品もあれば、男女兼用の製品もあります。男性用のザックは、男性の身体に合わせた肩、腰ベルトの調整幅となっています。女性用は女性の身体に合わせた作りになっていますよね。男女兼用の場合は、調整幅が広く作られており男性でも女性でも調整をすればしっかりとフィットします。

男性用でも女性用でも男女兼用でも大事なのは、自分の身体にフィットして余計なチカラが加わったり、スレが生じたりしていないかという箇所です。

ザックの容量に関する口コミをチェック!

   

出典:楽天

ザックを変えたと言っても新調したわけではなく、もともと日帰り〜山小屋泊登山用として持っていたものを使っただけ。グレゴリーのジェイド38(約40L)で、これに普通にテント泊装備が入りました。

今日も山へ行こう

テント泊のザックの容量は人によって様々なようです。もちろんザックが軽量だと体力の消耗も抑えられますよね。こちらの口コミの場合は、テント泊を数多くこなしており、持参する荷物の軽量化やコンパクト化をしたことによって40Lザックに収納が可能となっています。また、パートナーと共同装備の運搬を分担することにより、荷物を少なくしていますね。

クーガー 55-75は、この商品名からもわかるように55リットルから75リットルまで容量が伸縮するとことによって、1泊のテント泊から2泊以上の長期の縦走登山にも対応できるというのがウリです。

ですが、当時私が考えていた登山は、土日1泊のテント泊登山でした。

当時すでに買いそろえていた登山用品の中には、今思えば「キャンプ用」な道具が混じっており、それなりにかさ張るものでした。

ケイマイちゃんねる

「大は小を兼ねる」と信じ、大き目のザックを用意していた方の口コミです。大き目のザックはたくさんの荷物を運ぶことが可能ですが、ザック自体の重量もあり、トータル的に重くかさ張ってしまいがちです。テント泊では、必要最低限に荷物を抑えることが重要ですが、軽量化を図るのも良さそうですね。ここはやはり経験がものを言うのではないでしょうか。

テント泊のザックの重さとアイテム軽量化のコツ

テント泊ザックの重量

   

出典:楽天

一般的に言われているテント泊でのザックは60L、そして重量は20kgほどになると言われています。20kgも背負って登山するのかと不安になった方も多いと思いますが、夏と冬、ザックに入れる物の内容によって重量はかなり上下することを覚えておきましょう。

今回は32リットルのザックに残雪期用テント泊装備をパッキングしてるんだけど、
その重量は約10㎏ちょうど程度でかなりコンパクトかつ軽量にまとまったと自負してます。

日本一周!旅する力ブログ

上記の口コミのように冬用の装備のテント泊で、見事にコンパクトかつ軽量に荷物をまとめることもできます。32Lザックはかなり小さめとなっており、登山する上でも身体にしっかりフィットし疲れにくいと言えるでしょう。軽量は身体への負担も少ないので、ザックが重いと感じている方は軽量にしてみると良いかもしれませんね。

テント泊のアイテム軽量化のコツ

   

出典:楽天

テント泊では、なるべくザックの重量は減らしたいと考えますよね。夏と冬での装備が違いますがザック軽量化へのコツをいくつかご紹介します。

コチラはアメリカ NEMO社の「ホーネット1P」という軽量テントです。
まずその重量なんだけど・・・ダブルウォールテントとしては異例の本体で765g!
軽量で定評のあるモンベルの山岳テント、ステラリッジ1型ですら1210gなのだから
1㎏を大きく下回るこのテントは持ってみても驚くほど軽くて小さい!

日本一周!旅する力ブログ

テント泊で必ずザックは入っているテントを軽量なタイプに変更してみましょう。日帰りなら必要はありませんが、1泊以上するならここを軽量化すると良いでしょう。1kgを切るテントも存在するので、色々と探してみるのも面白いですね。

結局のところ、目安(と言われている)15kgをはみ出している部分のほとんどは、登山+αの楽しみの部分ばかり。楽しみたければ頑張って担げ!というのが結論か。

行動中、水が少なってザックが1kg軽くなっただけで、全然負担感が違ったことを考えると、その他のもの(ペーパー類やエイド類など)も必要部分だけ切り出す、といった小さな積み重ねで削っていくだけでも、きっとトータルの負担感は軽減するはずだ。

K10’s Memorandum

テント泊装備には関係のない物が一番重いようですね。カメラや三脚、モバイルバッテリーなど登山には直接関係の無い荷物が負担をかけているようです。口コミにもあるように、1kg軽くなっただけで、身体への負担が軽減されるので、自分の体力と相談しながら持参するべき荷物を判断する必要がありそうですね。

テント泊用ザック・人気ブランドのおすすめアイテム

グレゴリー

オスプレー

モンベル

ユニセックス トレッキングパック55

   

出典:Amazon

モンベルから販売されているテント泊用のザックです。モンベル独自技術のクイックアジャストシステムを搭載しており、バックパネルの紐を引っ張ることで背面長を調整することが可能。荷物の量によって都度調整でき、身体にフィットするのが特徴です。身体への負担を大きく減らすことができそうですね。

【基本情報】
容量:55L
重量:約2.18kg
カラー展開:GM、ORBL

詳細はこちら:モンベル公式HP

レディース トレッキングパック50

   

出典:Amazon

基本的な構造はメンズのトレッキングパックと同じですが、レディースと記載があるように女性の身体に合わせたショルダーハーネスやヒップベルト、バックパネルが特徴です。身体にしっかりとフィットする構造となっているので、疲れを抑えることができ、安心して登山やトレッキングを楽しめそうですね。

【基本情報】
容量:50L
重量:約2.13kg
カラー展開:CY/SV・RB/SV

詳細はこちら:モンベル公式HP

パッキング(詰め方)のコツ

   

出典:楽天

テント泊装備を上手にパッキングするコツをご紹介します。夏と冬、個々によって荷物の量や持参する物が違いますので、自分のスタイルに合わせて参考にしてください。ここで大事なことは、物が必要になった際にすぐに取り出せて使えること、登山時のザックのバランスがしっかりと取れていることの2点です。身体への負担も考慮して、パッキングしておきたいですね。

・テント場で使う物は、ザック下部に入れよう。(シュラフなど)
・重量のある物は、背中側に入れるとバランスが取りやすい。(食料や燃料など)
・軽い物は、ザックの外側に入れよう。(マットや衣類など)
・すぐに取り出したいレインウェアなど雨具はザック上部が最適。(水筒やフリースジャケットなど)

お気に入りのテント泊用ザックを手に入れよう

自分のスタイルに合ったテント泊用のザックは見つかりましたでしょうか?ただ容量が大きいだけでは、登山に適していないことが分かっていただけたと思います。必要な時に必要な物をすぐに取り出せるような最適なザックを探してみてください。


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪