飯盒の使い方&形状別おすすめ特集

 キャンプ用品

出典:楽天

昔からある「飯盒」は、アウトドアやキャンプで大活躍。お米を炊くのに当たり前のように使っている「飯盒」ですが、正しく使えていますか。お米、水の計量方法やシーズニングの有無、炭火での調理方法などをおさらいしていきましょう。


 目次


飯盒をおさらい

   

出典:楽天

「飯盒」はキャンプやバーベキューといったアウトドアで調理に使用する携帯用の炊飯器です。小学生・中学生の頃に林間学校などで触れたことがある人も多いのではないでしょうか。普段からアウトドアをしている方にとってはなじみの調理道具。「飯盒」でしっかりとお米を炊くには少しばかりコツが必要となります。電気が無くても、お米が炊ける方法を今一度おさらいしましょう。

自衛隊でも使われている!

   

出典:Amazon

陸上自衛隊では、戦闘飯盒2型と呼ばれる「飯盒」を使用。お米の炊ける量は2合で、一般的な「飯盒」の4合に比べ、半分の容量です。コンパクトで持ち運びに便利な大きさです。中皿には、ちょうど2合分のお米の量が測れる線があります。本体には水の量を示す線も記載されており、野外でも分量を間違わずに炊飯できます。

現在では、「飯盒」で炊飯をすることは少なくなってきているようです。火が必要となる「飯盒」は手間となってしまい、レトルト食品やフリーズドライ食品が使われることが多いです。

シーズニング不要なものが大半

   

出典:Amazon

現在販売されている「飯盒」やメスティンはほとんどが加工され、シーズニングが不要な製品が多いです。アルミの場合はアルマイト加工されている製品はシーズニングが不要です。メスティンはアルマイト処理されていないことがあり、シーズニングが必要になる場合があります。シーズニングが必要な理由は、アルミ独特の金属臭を消すことやアルミの変色防止など、キレイに長く使うために必要な処理です。

飯盒炊さん(飯盒炊爨)?飯盒炊飯?

   

出典:Amazon

飯盒炊爨(はんごうすいさん)、飯盒炊飯(はんごうすいはん)と2通りの呼び方があります。実際のところどんな違いなのか知らない方が多いかと思います。結論からいうと、両方ともほぼ同じ意味で使われています。飯盒炊飯は文字通りご飯を炊く意味で使われることが多く、飯盒炊爨はご飯以外の色々な具材を調理する時に使われることが多いようです。

近年ではクッカーと呼ばれる調理器具が広く使われるようになり、「飯盒」でお米を炊くということが少なくなってきていますね。

飯盒のいいところ、気になるところ

飯盒のいいところ

   

出典:Amazon

「飯盒」は他のクッカーやメスティンに比べ、しっかりと蓋が締まり、中蓋も付いているので圧力をかけて炊飯できます。お米の量を測る時は、中蓋で2合、外蓋で3合を測ることができ、本体には水の分量を示す目盛りが付いています。炊飯する上で、非常に使い勝手が良いですね。

「飯盒」は基本的にお米を炊く道具ですが、お米以外も調理できます。お米を炊くついでに、中蓋で味噌汁を作ることもできますし、鍋が無ければお湯を沸かす道具にもなります。ラーメンを茹でることもできます。

飯盒の気になるところ

   

出典:Amazon

「飯盒」は直火にかけて使用します。本体の外側には炭のすすが付いたり、中のご飯が焦げ付いたりとお手入れが少々面倒です。焚き火が禁止されているキャンプ場などでは、ストーブの上で調理することがあります。「飯盒」は縦長の形状となっているため、バランスが安定していません。地面が平らな場所なら問題ありませんが、傾斜がある場所で安定させるのに苦労するかもしれません。

飯盒で炊飯!炭火での使い方

   

出典:Chris Makarsky / flickr

キャンプやアウトドアで「飯盒」を使う場合は、炭火で炊くことがあるかと思います。そこで、炭火での「飯盒」の使い方やちょっとしたコツなどをご紹介します。

・お米の吸水はしっかりと行う
普段、家庭で炊飯器を使用しお米を炊く場合は、お米を洗った後に水に浸しておきます。お米にしっかりと水を吸わせておくことによって、お米の芯の部分まで熱が届きやすくなります。夏場は30分以上、冬場は1時間以上は吸水させたいところです。

・水の量は本体に目印がある
「飯盒」は、基本的に2合、4合でお米を炊くことができます。中蓋すりきり一杯で2合のお米を計量することができます。「飯盒」本体の中を覗くと、中央付近に目印が2つあるのが分かると思います。底から1つ目が2合用の水の量、2つ目が4合用の水の量となっています。わざわざ計量カップで測らなくても、その場で適正の水の量が分かるのは楽です。

・「はじめチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いても蓋取るな」
誰もが聞いたことがあるフレーズではないでしょうか。「飯盒」を使ってお米を炊く場合は、このフレーズが非常に参考になります。しかし、炭火での火加減の調整は非常に難しいので、「飯盒」を移動させて中に伝わる熱を調整しましょう。

「はじめチョロチョロ」のフレーズに合わせ、最初は炭火の真ん中に置くのではなく、少し離れた位置に置きましょう。少しグツグツと煮立ってきたら、「中パッパ」で炭火の真ん中に置き、沸騰させます。焦げないように位置を調整しつつ、水分が無くなるまで炊きます。水分が無くなったら、火から下して、10分ほど蒸らせば完成です。

・蓋を開けても問題ない
「赤子泣いても蓋取るな」は、昔ごく一般的に使われていた釜でお米を炊く場合に必要な項目です。「飯盒」の場合は、少しであれば蓋を開けても問題ありません。むしろ、時々蓋を開けて中身をしっかり確認することによって、失敗を防ぐことができます。

使用後のお手入れ

   

出典:T-Bone Sandwich / flickr

「飯盒」を使用した後は、すすだらけになっていることがほとんど。直火で使用しているので、仕方ないですが、少しでもお手入れの手間が省けたらと思いませんか。「飯盒」を火にかける前に、石鹸水を周り薄く塗っておくと、すすが水洗いだけで簡単に落とせます。誤って石鹸水が中に入らないように注意しましょう。

中に付いてしまった焦げはタワシなどを使いゴシゴシとしっかり汚れを落としておきます。少しでも焦げ付いたお米が残った場合、カビが生えて異臭が残ってしまうおそれがあります。洗った後はしっかりと乾燥させてから、片づけておきましょう。

形状別おすすめ飯盒

兵型

米をおいしく炊けるかという点では、基本的に、圧力をかけることができるかという点が重要となりますが、飯盒の場合、中ふたもありますし、外ふたもしっかりとはまるようになっておりますので、他のクッカーより圧力をかけることができます。

けいぽんライフ

「飯盒」の形状上、しっかりと圧力がかかりお米が美味しく炊けるようですね。中蓋で別の料理を同時に調理できたりと、アウトドアやキャンプでは大活躍です。

キャンプを始めたばかりの頃、キャンプ用品のお店でこの飯盒を見かけ、昔ボーイスカウトのキャンプに参加した際に、飯盒でご飯を食べた事を思い出しました。そしてそれが妙に美味しかったように感じました。

ノーマルブログ

子どもの頃のキャンプの思い出は「飯盒」という方は結構多いのではないでしょうか。その「飯盒」の形は、この兵型の場合が多いと感じます。子どもの頃、自分たちで火を起こし炊いたご飯の味。大人になっても忘れられない味を再現するのも楽しみのひとつです。

丸型

形が丸なので、焦げ付いたりしても案外洗いやすい。熱も効率的に伝わると思うのだが。

車が3つの轟さん日記2

使用後の洗浄は確かに丸型の方が洗いやすいように感じますよね。熱の伝わり方も丸型の方が均等に広がると感じます。兵型との大きな違いは、形もそうですが、持ち運び時に邪魔になるかならないかという点です。兵型は腰やリュックに装着して持ち運ぶことを前提に作られています。丸型はどうしてもかさ張ってしまいますよね。

こんな感じに 丸型ハンゴウであれば鍋の代わり になり、夏の川遊びなどのインスタントラーメン、冬の鍋にも使え、5号という大きさから家族4人分でも十分活躍してくれます。

Misoji×Camp

兵型飯盒に比べ、丸型飯盒は汎用性に優れているようですね。特殊な形をしている兵型飯盒より、家庭で使っている鍋やフライパンのように使える丸型飯盒の方が良いと感じている方も多いようです。

四角型

メーカーでは炊飯目安が約1.8合とありますが、ソロキャンプなどでは1合の米をエスビットなどで固形燃料を使用して、半自動で炊かれている方が多いです。
私も先日のキャンプで、米1合を半自動で炊いてみました。

Yosocam

「飯盒」と同じような役割もこなせるメスティンは、コンパクトで持ち運びに非常に便利です。大きさが小さいので、大人数での利用はあまり向いていません。ソロキャンプや2人でのキャンプやアウトドア向きですね。

メスティンは「アルミ(無垢)」という素材で作られています。通常の日本製の鍋は「アルミ(アルマイト加工)」という傷や錆び対策がされていますが、そういったことがなされていません。

無垢なままのメスティンで煮炊きをすると、アルミが酸化して黒色変化したり、さびやすいく焦げやすい、そこで守ってくれる「被膜」を作る必要があります。

そのために、「米のとぎ汁」や「野菜くず」でメスティンを15分ほど煮込むシーズニングを行います。するとアルマイト加工に似た「被膜」ができ、メスティンをサビや傷から守ってくれます。

湘南で暮らすキャンパーのブログ

メスティンはシーズニングが必要な製品もあります。気にならないという方もいますが、やはり金属臭が料理に移ってしまうのは、心配です。使う前にしっかりとシーズニングを終えておきましょう。アルミを加工する際にできたバリがある場合があります。こちらも使用する前にしっかりと取り除いておいた方が安全に使用できます。

ホームセンターでも購入可能

   

出典:City of Tuscola / flickr

「飯盒」はホームセンターでも購入が可能です。もちろんアウトドア用品のショップでも手に入ります。アウトドアシーズンには、ホームセンターでアウトドア専用のコーナーが開設されるので、探してみてはいかがでしょうか。一般的な兵型から丸型飯盒、メスティンなど、珍しいものだとカラフルな飯盒もあるみたいです!価格もそれぞれ違うので、自分や使用用途に合わせた「飯盒」がきっとみつかるでしょう。

飯盒で美味しいご飯を炊こう!

改めて「飯盒」を知ることで、新しい発見があると嬉しいものです。アウトドアやキャンプでは、当たり前のようになっている「飯盒」を正しい知識で安全に使い、美味しいご飯を炊いてみましょう。


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪