hinata

>

おでかけ

>

>

新型ジムニーがキャンプにおすすめな5つの理由とは?

新型ジムニーがキャンプにおすすめな5つの理由とは?

 おでかけ

出典:suzuki

今年の7月に発売されて以来、納車待ちが続出するほどヒットしている新型ジムニーをご存知でしょうか?悪路でも走破する機能性と無骨でありながらも、どこかキュートな外観が人気の秘密でもあります。本格的なクロスカントリー仕様なので、キャンプでも大活躍すること間違いなしの新型ジムニー。キャンプにおすすめの4つの理由を解説します!そして、気になるブログでの評判もご紹介します♪


 目次


20年ぶりにジムニーがフルモデルチェンジ!

   

出典:suzuki

今回発売されたジムニーは4代目。前モデルの3代目から、20年の月日を経てフルモデルチェンジしました!軽自動車でコンパクトなのに、ワイルドでアウトドアな雰囲気のジムニー。新型ジムニーでは、ボディーカラーが全13色と豊富で、前ジムニーの3色に比べると、大幅に増えました。

ジャングルグリーンやブルーイッシュブラックパール、シフォンアイボリーメタリックなどのカラーは特に人気のカラーリング。さらに、エンジンは最新型となりラダーフレームの強度もアップ!パネルやメーター部分など内装も一新されて、以前より使いやすくなって新登場。

   

出典:suzuki

ちなみに、こちらは1998年に発売された3代目ジムニー。今回フルモデルチェンジした4代目に比べると、シルエットが丸みを帯びキュートな雰囲気ですね。

   

出典:suzuki

4代目新型ジムニーにはXC・XL・XGの3つのグレードがあり、全てのタイプに共通するのが4人乗りであることと4WDであること。さらに、マニュアルと、オートマチックのどちらかのタイプを選ぶことができます。

ジムニーがキャンプにおすすめな5つの理由

   

出典:suzuki

さて、この新型ジムニーは、タフでおしゃれなだけではありません!キャンプにもおすすめな4つの理由を説明します。

1.悪路でも安心!抜群の走破性

   

出典:suzuki

ジムニーが根強い人気を誇るその1番の理由は、オフロードでも安心して乗れる走破性。ぬかるんだ泥道や雪道でも、埋もれる心配もなく走り抜けることができます。

もちろん、タウンユースの走りも快適。そのわけは、路面状況に応じて2WDと4WDを切り替えることができるため。4WDとは前輪と後輪の両方をエンジンの動力で回すため、悪路を走行するなら俄然適しています。しかし、一方で燃費がかかるため、タウンユースなら2WDで十分!よりユーザーの使いやすさを考え、4WD、2WDに切り替えられるのは嬉しいポイントです。

そして、注目すべきは新たに開発されたラダーフレーム。より快適な乗り心地と安定感のある操縦性を実現しました。車体とラダーフレームをつなぐボディーマウントゴムが従来の物より大きくなり、車体に伝わる振動が軽減されたためです。さらに、ラダーフレームに車体が載ることで、耐久性も高くなっています。

キャンプ場は、山の中や林道を抜けた先など舗装されていない道を通って行くことが多いですよね。雨上がりのぬかるんだ道でも、ジムニーならば不安を感じることはありません♪

2.強くて長持ちする耐久性

   

出典:suzuki

ジムニーは本格的なオフロードでも安心して走ることのできる、類まれな軽自動車です。耐久性はもちろん、ラダーフレームの特徴は悪路走破性や過酷な使用環境にも耐える剛性です。

普通車の場合は箱型の車体にタイヤが付いている状態ですが、ジムニーの場合はラダーフレームの上に箱型の車体が載っています。そのため、外部からの衝撃にも強いのです。さらに、新型ジムニーでは従来のラダーフレームが進化して、Xメンバーとクロスメンバーが追加されました。これにより、ねじりに対しての剛性もアップ。

そして、歴代のジムニーに引き継がれているのが、3リンクリジッドアクスル式サスペンション。普通車で使われる、独立懸架式サスペンションに比べ、ジムニーのリジッドアクスル式サスペンションでは左右のタイヤをダイレクトに繋ぎ、デコボコ道でも接地面の大きさによる安定性と、大きな対地クリアランスを実現するのです。

高低差のあるデコボコ道でも車体を損傷することなく走行できるのは、3リンクリジッドアクスル式サスペンションとラダーフレームのおかげなのです。

3.低燃費、静粛性、軽量性に優れた新採用R06A型ターボエンジン

   

出典:suzuki

走りやすさを追求したエンジンは、低回転からの力強いトルクと信頼性を追求したR06A型ターボエンジンを搭載。クロスカントリー、オフロードなど、本格4WDの過酷な使用環境でこそ本領を発揮します。軽量・コンパクトな設計を実現し、水や雪、飛び石への対策も抜かりありません!

4.キャンプに似合う洗練されたデザイン

   

出典:suzuki

新型ジムニーがキャンプにおすすめな理由4つ目は、洗練されたデザイン。

豊富なカラーバリエーションはビビッドなイエローやブルー、そして落ち着いた雰囲気のグレーと幅広いラインナップ。大人な女性にもピッタリはまるシャイニーなシルバーやホワイトパールもおすすめです。

もちろん、ワイルドな男性に似合うブラックやダークグリーンもあります。キャンプなどのアウトドアではもちろんのこと、街で乗ってもおしゃれなのは嬉しいですね。

5.キャンプ仕様にカスタマイズ可能

新型ジムニーをキャンプでおすすめする理由その5は、キャンプ仕様に使いやすくカスタマイズできること!ジムニーはもともとアクセサリーの種類が豊富で、カスタマイズも多種多様。

自分だけのジムニーを作り上げるのも楽しみの一つなのです。それでは、ジムニーをキャンプ仕様にしてくれるおすすめアクセサリーを次の項で紹介します♪

ジムニーをキャンプ仕様にするおすすめの道具

   

出典:syzuki

ジムニーは純正のアイテムが豊富にあり、キャンプ仕様に変身させることも簡単です!また、純正アイテムの利点は高品質でサイズがピタリと合う安定感があること。今回ご紹介するアイテムは、どれもキャンプを快適にしてくれるものばかり。ぜひ参考にしてくださいね。

ルーフラックで積載量アップ

使い勝手の良いジムニーですが、なんといっても軽自動車。ソロキャンプでも場合によっては荷物が積みきれないことも。そんな時に活躍するのが、ルーフラックです。ジムニーにルーフラックを設置することで、積載量がアップしてより多くの荷物を載せられます。

詳しくはこちら:ジムニールーフラック

カーテンとマットで車中泊

コンパクトなジムニーですが、リアシートと助手席を倒せば車中泊も可能に。ただし、快適な睡眠を得るためには、カーテンとマットは揃えたいですね。

意外と軽視されてしまうけど、車中泊の場合は防犯性を高めるためにもカーテンを使うようにしましょう。そして、快適な睡眠を得るためにはマットも必要です。シートをフラットな状態にしても、多少の凸凹が気になってしまいますが、マットを敷くことでシートの段差を軽減することができます。

ジムニーの純正アクセサリーでベッドクッションやプライバシーシェードが販売されているので、要チェックです♪

詳しくはこちら:ジムニーベッドクッション/プライバシーシェード

タープで快適なキャンプを!

ジムニーは軽自動車ゆえ、車内空間には限りがあります。そこで活用してほしいのが、カータープ。純正アクセサリーとして販売されています。設置はいたって簡単で、ルーフパネルに付属の吸盤でペタリと付けるだけ。

車中泊した場合でも、食事は広々とした所でとりたいですよね。カータープを設置すれば、開放感のあるプライベート空間を作ることができます。

詳しくはこちら:ジムニーカータープ

インバーターで充電!

非日常がキャンプの魅力とは言っても、スマホやモバイルは必須アイテム。インバーターがあれば、ジムニーのシガーソケットから充電することが可能です。

緊急事態だけど、スマホのバッテリーも残りわずか…!そんなピンチの時にもインバーターがあれば、安心ですね。ジムニー純正のインバーターは販売されていませんが、あると便利でおすすめです。

ジムニーの評判をブログでチェックしよう

タフでキュート、キャンプにおすすめ!そんな新型ジムニーですが、やはり気になるのは実際に見た人・乗った人の評判ですよね。さっそくブログチェックしてみましょう♪

グレード 3種類 
XCは ライト LEDだよ。
その他は HIDでもなく ハロゲンだー。
ってことは 私みたいに HIDに変えるのかな・・・今は安いもんね~
そして、なんと ジムニーなのに、女性の車、必須条件
XC・XLは UVカットガラスだよ・・・憧れの(マジ)

たまごちゃん/ameblo

日常で車を運転する女性にとって、UVカットの窓は理想です。いくら、アウトドアが好きでキャンプが好きでも、紫外線はお肌の大敵ですからね。新型ジムニーのXC・XLクラスは全面UVカット仕様なのです。

やっぱり今回のデザインは
昔のような完全に「丸目」に戻った
事がオイラ的にカッコよく見えるポイント♪
オフロード車はやっぱりこうじゃないと♪

しかも丸みを持ったデザインの車が
多くなるなか…あえて角々♪♪

オヤジ隊長の遊び方♪/ameblo

そうなんですよね!4代目ジムニーは3代目に比べると、クラシカルでワイルド。デザインがとってもおしゃれです。アウトドアに興味はない、という方でもジムニーに乗ってお出掛けしたくなる。そんなデザインですね♪

ジムニー談義に花が咲きw

この日はキャンプをしに来たと言うよりは車の集いみたいな感じでしたラブ

でも、これもキャンプの楽しみの1つでもありますよね笑笑

ジムニー=キャンプ道具の1つと思ってるわたくし(〃ω〃)

りょ~チャンのキャンプ珍道中/ameblo

この日はなんと、ジムニー3世代が集ってのキャンプだったようです。ジムニーは耐久性があり、修理もしやすい車です。大切にメンテナンスしながら乗れば、長く愛用できる1台です。それがジムニーの魅力でもあるんですね。

ジムニーでキャンプに行くときの注意点

   

出典:suzuki

ジムニーはキャンプで活躍してくれること間違いなし!ですが、注意してほしいことが2点あります!安全と快適なキャンプのためにぜひ参考にしてくださいね。

荷物の詰め込みすぎに注意

   

出典:suzuki

ジムニーに限らず、車内に荷物を詰め込み過ぎると、視認性が悪くなりとても危険です。また、キャンプ道具が破損することもあるので、空間に余裕を持って積み込むようにしましょう。

大きな道具はルーフラックに積むこともあると思いますが、ジムニーは他の軽自動車に比べて車体が高くなっています。重たい荷物は積み下ろしの際に危険なので、注意しましょう。

軽自動車ゆえの狭さ

   

出典:suzuki

ジムニーの魅力の一つが、コンパクトな軽自動車であるということ。狭い道での方向転換も得意です。ですが、軽自動車ゆえに車内もコンパクト。普通乗用車に乗り慣れた方だと、狭いと感じるかもしれませんね。

車中泊の場合、ジムニー室内の長さは179cm。長身の方であれば、窮屈に感じる可能性も。幅は130㎝なので、大人2人が並んで寝るのはかなり窮屈かもしれないですね。

まとめ

   

出典:suzuki

軽自動車でありながらオフロードが楽しめるジムニー。悪路にも強く、キャンプ仕様にカスタマイズできるのが嬉しい所です。なかでも、ソロキャンプの心強い相棒になってくれますよ♪


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

関連するキーワード


おすすめのキーワード

  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪