hinata

>

キャンプ用品

>

マット

>

意外と知らない!?正しい銀マットの使い方とおすすめ5選

意外と知らない!?正しい銀マットの使い方とおすすめ5選

 キャンプ用品

出典:Amazon

キャンプをする人にはおなじみのアイテムの1つ、銀マット。その銀マットには銀の面とそうではない面とがありますが、どちらの面を上にするのが正しい使い方なのか、考えたことはありますか?今回は銀マットの正しい使い方をはじめとする、銀マットにまつわるさまざまな情報をご紹介します。


 目次


キャンパーに重宝されている銀マット!ブログの評判・口コミをチェック!

テントの中でくつろぐ女性    

出典:ninelutsk / ゲッティイメージズ

キャンプに行く人なら、当然のように知っている銀マット。一年を通して平らな寝床を作り、快適な睡眠環境を整えてくれるだけでなく、地面からの熱気や冷気を防いでくれる役割まで担ってくれています。テント泊をするには、欠かせないグッズの1つです。

また、銀マットはクッション性を高める役割もあるため、日中地面に座ったスタイルを取りたい方にもおすすめのアイテムになっています。今回は、キャンプに持って行きたい銀マットの正しい使い方や、おすすめ、口コミをご紹介します!

マットレス    

出典:Amazon

まずは、実際に使っている方の口コミを見てみましょう!

寝袋だけでは地面の凹凸や、地面への放熱があり、寝袋の性能を十分に発揮出来ません。ので寝袋を使用する際は可能な限り、スリーピングマットを使用してください。スリーピングマットと言っても、まずはホームセンター等で安売りされている銀マット程度で十分です。それが無いのとあるのじゃ大きな差があります。注意してください。

Caramel Candy Camp

どれだけ良い寝袋を用意しても、銀マットがなければ快適な睡眠環境を整えるのは難しいとのこと。地面を平らに整え、暖かい空間で眠るためには、銀マットは欠かせないことがわかります。

テント内は、銀マット2枚の上にサーマレストのマットを2枚重ねしました。これだけやると快適です。

山登りキャンパー

こちらのキャンパーは銀マットを2枚重ねて使っています!重ねて使うこともでき、重ねることで効果も増すので、快適な寝床を確保したい方におすすめな方法です。

水はけのためか、サイトには小石?が敷き詰められているのでもしお座敷スタイルをするなら、銀マットは必須です。

キャンプあれこれ日記

就寝時だけでなく、明るい時間帯にテント内でゆっくり地面に座ってくつろぐ時も、銀マットは大活躍です。簡単にクッション性を上げたい時には、銀マットが適しているようです。

表裏をきちんと理解できてる?銀マットの正しい使い方

   

出典:Amazon

銀マットには、銀の面とそうではない面があるのですが、皆さんどちらを上にして敷くのが適しているのか、考えたことはありますか?銀マット、はたしてどちらを上にして敷くのが正しい使い方なのでしょうか。ここからは銀の面を下向きにした場合と上向きにした場合についてご紹介します。

基本は銀の面を下向きにして地熱をカット

銀マットは、基本的に銀の面を下向きにして敷きます。銀の面を下向きにすることで、地面から伝わってくる地熱や湿気をカットしてくれ、銀マットを一枚敷くだけで、快適な環境を作ることができます。特に暑い夏など、少しでも熱気を避けたい場合は銀の面を下向きにして敷いてください。

冬は銀の面を上向きにして体温を反射

冬などの寒い季節は、銀の面を上向きにして敷くことをおすすめします。銀の面が温度保持の効果を果たしてくれるため、上向きに敷いてその上に寝ることで、自身の体温を反射し保温性を高めてくれるのです。よって、地面から伝わってくる冷気がある場合は、銀の面を下にして敷いてみてください。

クッション性が気になる場合は上にマットを敷けばOK!

平坦に見える場所を選び、いざ銀マットを敷いて寝てみると意外とでこぼこしていて居心地が少し悪い、と感じることもあるかと思います。そんな時は銀マットの上にマットを敷く使い方をおすすめします。銀マットで地面からの熱をカットしたり、保温性を高めたりし、その上にマットを重ねるのです。そうすることでクッション性がアップし、格段に過ごしやすい環境を作ることができます。このように夏でも冬でも一年を通して大活躍な銀マットをうまく活用してみてください。

銀マットの選び方2つのポイント

様々なメーカーから様々な種類の銀マットが販売されていますが、どれを選べば良いのでしょうか?キャンプに行ってから後悔したくない、間違いなしの銀マット選びの2つのポイントをお伝えします。

ポイント①厚み

   

出典:Amazon

まず、銀マットは厚みが重要です。厚みがないと地面からの熱をカットしたり、保温性を高めたりといった効果が薄く、せっかく銀マットを敷いたとしてもあまり意味がなくなってしまいます。また、快適な寝心地を得るためにも銀マットの厚さは重要です。あまりにも薄すぎるとクッション性が全くない状態になってしまいます。

今や100均でも販売されている銀マットですが、通常に販売されている銀マットよりも薄く、銀マットとしての効果を果たしてくれないため、あまりおすすめではありません。

ポイント②ロール式 or ジャバラ式

   

出典:Amazon

銀マットの収納方法には2通りあります。ロール式といって銀マットをくるくると巻いて収納する方法と、ジャバラ式といって折りたたんだ状態で収納する方法です。

ロール式は持ち運びがしやすいというメリットがあり、ジャバラ式は使用面を汚すことなく収納でき、使う時も片付ける時も簡単に行うことができるというメリットがあります。

ロール式もジャバラ式も効果は変わらないので、それぞれの好みによって収納方法を選ぶことが可能です。ですが、ロール式は角に癖がつきやすく、広げると角が丸まってしまうケースが多く見受けられます。この点が気になる方は、ジャバラ式の銀マットの購入をおすすめします。

おすすめの銀マット5選

各メーカーから、価格帯も大きさも異なる、様々な種類の銀マットが発売されています。ここからは、キャンプで大活躍間違いなしのおすすめ銀マットを5つご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

銀マットの重要性や正しい使い方、購入する時のポイントやおすすめの銀マットなどをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。たかが銀マットと思うかもしれませんが、キャンプで快適な空間を作るには欠かせないアイテムです。今やたくさんの種類の銀マットが発売されており、それぞれの銀マットによって収納方法も特徴も異なります。一年を通して活躍間違いなしの銀マット。ぜひ自分のキャンプに合った銀マットと、より充実した快適なキャンプ生活を楽しんでください!


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

関連するキーワード

マット

おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪