「道志の森キャンプ場」体験レポート!我が家のおすすめキャンプ場

キャンプ場

道志の森キャンプ場のプール

筆者が愛用しているおすすめキャンプ場「道志の森キャンプ場」の体験レポートをお届けします。8月、夏真っ盛りの中行ってきました。夏でも涼しく巨大なプールで遊べてしまうようなところから、ほかの季節でも訪れたくなるポイントを紹介します。


 目次


道志の森キャンプ場のおすすめポイント3つ

道志の森キャンプ場の川岸
道志の森キャンプ場はキャンパーの聖地と呼ばれる道志の中でも有名なキャンプ場。道志川の支流、三ヶ瀬川沿いに2キロにわたってフリーサイトが広がっています。予約不要で思い立ったらすぐに行けるのも魅力。まずはそんな大人気キャンプ場の特におすすめしたい3つのポイントを紹介していきます。

1. 多彩なフリーサイト

川沿いのフリーサイトの様子
広いフリーサイトの中から好みの場所を選べます。区画サイトと違い、テントやタープを広めにレイアウトすることが可能。さらに道志の森キャンプ場は林の中、川沿い、平坦な砂地、プールの近くなど好みに合わせてサイトのタイプを自由に選べます。場所によって同じキャンプ場であるにもかかわらず雰囲気が大きく変わるため、何度も訪れたくなること間違いなしです。

2. 広いプール

道志の森キャンプ場のプール
道志の森キャンプ場には夏季限定でプールが登場します。子ども用プールがあるキャンプ場は他にもありますが、こちらのキャンプ場は桁違いの巨大なプール。もちろん無料で自由に利用できます。周りは木々や山で囲まれ、セミの声が鳴り響く中でのプールは最高。水深は50センチほどで、手前は浅く奥に行くほど深くなっています。子どもは浮き輪必須です。

市営のプールでは大きなボートなどは使用禁止になっている所も多いですが、こちらは皆さん自由に大きめのボートやフロートを持ち込みしていました。もちろん、子どもが使用する程度の常識範囲内での大きさです。

3. トイレがきれい

道志の森キャンプ場のトイレ
トイレがきれいなキャンプ場は増えてきましたが、こちらのキャンプ場はその中でも本当にきれいでした。写真を見ていただくと分かるように、きれいなだけでなくおしゃれな雰囲気があります。女性や子どもでも安心して利用可能。きれいなトイレがあるのはプール近く、管理棟近く、川の中流あたりです。
道志の森キャンプ場のトイレ
清潔に保たれていることもあり、山の中であるにもかかわらず虫もほとんどいません。とても気持ち良く利用できました。

ただ、トイレットペーパーはどのトイレにも付いていないため、自宅から持参する必要があります。忘れてしまった場合は管理棟で販売されているため、そちらを買いましょう。トイレットペーパーを持ち運ぶ袋がなく私はビニール袋に入れて移動していましたが、トイレットペーパーを入れる専用バッグを持参している人を何人か見かけました。

キャンプレポ!道志の森キャンプ場はこんな場所

それではここからキャンプレポをお送りします。
道志の森キャンプ場の看板
道志の森キャンプ場の看板を発見しました。矢印が大きいためつい左に曲がりたくなりますが、今回の我が家の目的はプール近くのサイトだったため、さらに直進しました。道志の森キャンプ場は、まず先にサイトを探してから後ほど管理棟で支払うシステム。または管理棟に行かなくても後ほど管理の方がバイクで集金に回ってくるため、その時に支払っても大丈夫です。集金で支払う場合は金額が200円高くなります。

サイト選びをしながら場内散策

道志の森キャンプ場の場内マップの画像

出典:道志の森キャンプ場

どのサイトにしようか広すぎて悩みます。地図を見ながら看板のある地図でいう下から上に向かって車を走らせました。管理棟を通り越し、まずはプールの近くまで行ってみました。
プール周りのフリーサイトの様子
このプールの周りもサイトになっています。ここも人気の場所とのことでしたが、我が家は子どもがまだ3歳と小さく、目を離した隙にプールに行かれても困ってしまうため、別の場所へ。
道路のそばのサイトの様子
川沿いのサイトもすてきです。奥の川沿いサイトは人気のようで、すでに先客で埋まっていました。道路のすぐそばのサイトは空いていましたが、車の通行には注意しましょう。
道志の森キャンプ場の橋
そしてこの橋の奥にもサイトが広がっていました。車では入れないため、不便ではありますがプライベート感たっぷり。静かにキャンプを楽しみたい方には穴場かもしれません。
橋から眺めることができる川
この橋から眺める川の風景がまたなんともきれい。
プールの上流のサイトにテントを設営した様子
そして我が家はプールとトイレ、炊事等から近くて静かで落ち着けそうなプールのやや上流あたりにテントを設営しました。奥の方なため車の往来も少なくゆったりとキャンプを楽しめる良いサイトでした。

ちなみにこの日は7月の木曜日。到着した日はまだガラガラで選べる状態でしたが金曜日になると徐々に増え始め、土曜日には小学生が夏休みに入ったこともあり、朝8時の時点でプール近くのサイトはいっぱいに。夏休みの土日や大型連休は前日入りしないといい場所を取るのは難しいです。

広いプールで遊ぼう

プールで遊ぶ少年
さっそくプール遊びです。広い森の中のプールは最高!川の水のせいか、キンキンに冷たいです。深さがあるため、子どもは浮き輪必須。深いところでは大人でも腰くらいの高さになるため、一緒に遊んであげる場合は大人も水着を着用することをおすすめします。

プール遊びの際には、直射日光を浴びるためラッシュガードを着させてあげた方が安心です。30分も遊んでいると水の冷たさで子どもたちは歯ぎしりをして震えるほど。こまめに休憩を促してあげましょう。夏に風邪をひきそう、という贅沢な悩み。それにしても本当に広くて雰囲気の良いプールでした。このプールだけでも道志の森キャンプ場にしてよかった!と思いました。
川で遊ぶ少年
ちなみに場内には川も流れていますが、小さい子が遊ぶにはやはり少し不安だったため滞在中の水遊びはこのプールのみにとどめました。小学生くらいでしたら川遊びも楽しいかもしれません。

夕食は焼き鳥とバーベキュー

グリルで焼かれる焼き鳥
今回は2泊だったため、1泊目は王道のバーベキュー。焼き鳥がとてもおいしかったです。久しぶりに飯盒でご飯を炊きました。いつも強火で失敗してしまいますが、火加減に注意したらおいしいご飯ができました。
バーベキューで焼いた食材と飯盒で炊いたご飯

水がきれいな所にしかいない生物発見!

夜、スクリーンタープ内でトランプをしているとふわっと何か光るものが見えました。えっ、これ何でしょう?
手のひらで光る蛍
なんとホタルです!私初めてこんなに間近で見ました。手の平に乗せると、ピカピカ光っています。なんとも風流な雰囲気を味わえました。

川釣りや紅葉などの自然から、温泉まで楽しめる!

バンガローでのんびり宿泊

バンガローの画像

出典:PIXTA

フリーサイトでキャンプするために道志の森キャンプ場を利用するという方が多いですが、実はバンガローも完備。「本格的なキャンプはまだちょっと…」という方も、バンガローなら気軽に道志の森の豊かな自然の中で過ごせます。3食付きのプラン、自炊プランなど、いくつかあるプランのなかから自分たちのスタイルにあわせて選んでみてください。

詳しくはこちら:道志の森キャンプ場

温泉につかって疲れを回復

湯気の立っている温泉

出典:Fontaine-s / ゲッティイメージズ

道志の森キャンプ場の近隣には日帰り温泉施設があるため、温泉で疲れを癒やしたい!という方は周辺温泉施設に行くのがおすすめです。

■山中湖「石割の湯」
キャンプ場から山中湖方面に車で15分ほどの距離にある温泉です。アメニティが揃っているため、万が一忘れても心配いりません。

詳しくはこちら:山中湖「石割の湯」
■「道志の湯」
キャンプ場から厚木方面へ車で15分ほどのところにある温泉です。住んでいる地域によって料金が変わるという料金制度。横浜市民の方は優待制度があり格安になるため特におすすめです。

詳しくはこちら:「道志の湯」

川釣りを堪能できる

釣り堀の釣り場に置いてある釣りの道具

出典:Givaga / ゲッティイメージズ

道志は釣りも盛んな地域。近隣の川で釣りを楽しんだ後にキャンプ場でキャンプ宿泊して、夜ご飯に釣った魚を食べる!といったプランも楽しめます。春といえども元々涼しいこの地域。寒さ対策は万全で楽しみましょう。3月・4月ごろにはニジマスなどが釣れるため、キャンプ場に美味しそうな香りが立ちこめます。

紅葉の見ごろは11月中旬

出典:minipins / ゲッティイメージズ

今回は夏の利用でプールを楽しみましたが11月になると紅葉も楽しめます。例年は11月初旬〜中旬がピーク。夏の青々とした緑とは一変、落ち着いた木の幹と紅葉、落ち葉のグラデーションがなんとも言えない上品な雰囲気を作り出します。11月は比較的空いているため、のんびり自然を楽しむことが可能。ただし、11月の道志はかなり冷え込むため防寒対策は忘れずに行いましょう。

混雑するシーズンや天気など、予約前の確認ポイント

混雑するシーズンを把握しておこう

道志の森に流れている川の画像

出典:PIXTA

道志の森キャンプ場は予約不要ということもあり、混雑状況をしっかり把握しておかなければいけません。ここではあくまで私の体感値ではありますが月ごとの混雑具合をまとめてみました。混雑するシーズンはチェックインの少し前には付いているのがベストです。

【月ごとの混雑具合】
4月:△
5月:×
6月:△
7月:×
8月:×
9月:△
10月:○
11月:○

朝晩の気温は低め!天気を事前にチェック

森と曇った空の画像

出典:PIXTA

先程もふれましたが道志の森は朝晩とても冷え、夏場であっても焚き火などで身体を温めたいと感じる気温です。そのため当日の天気は事前にチェックしておくようにしましょう。また山の天気は変わりやすいということを意識して雨対策のグッズを持っていくことをおすすめします。

現地の天気はこちら:道志の森キャンプ場 天気予報

周辺のコンビニ・スーパーもチェック

■北海屋商店
【基本情報】
住所:山梨県南都留郡道志村大栗4940-1
電話:0554-52-2806
営業時間:9:00〜17:00
アクセス:道志の森キャンプ場から車で30分
北海屋商店はこちら:道志村観光
■フーズマーケットおかじま都留(スーパー)
【基本情報】
住所:山梨県都留市田原2-9-2
電話:0554-43-7255
営業時間:9:00-21:45
アクセス:道志の森キャンプ場から車で30分
公式はこちら:フーズマーケットおかじま都留

道志の森キャンプ場の詳細情報

センタービレッジキャンプ場の川辺のキャンプサイト

出典:道志の森キャンプ場

予約について

先に少し触れましたが道志の森キャンプ場は予約不要のキャンプ場です。思い立ったらすぐに訪れることが可能な反面、暖かいキャンプオンシーズンには多くキャンパーが訪れるため、早めに向かわなければサイトが全然空いていないなんてことも。前日に準備をしっかり済ませ当日は朝早くに出発することをおすすめします

道志の森キャンプ場へのアクセス

大体はこの3パターンです。

①中央自動車道→相模湖IC→月夜野経由→国道413号(道志道)→道志の森キャンプ場
②中央自動車道→都留IC→県道24号→国道413号(道志道)→道志の森キャンプ場
③東名自動車道→御殿場IC→国道138号→山中湖経由→国道413号(道志道)→道志の森キャンプ場

より詳しく、地図で確認したいという方はこちらをチェック!
▶︎道志の森キャンプ場アクセスマップ

チェックイン・チェックアウトはともに12時

道志の森キャンプ場の様子
チェックイン・チェックアウトともに午後12時となっています。チェックインについては、ゴールデンウィークや夏休み期間等の繁忙期は朝8時ごろから受付を開始しているため、早めに向かっても大丈夫。ただし、大人気キャンプ場なため、繁忙期にテントサイトが埋まってしまった場合はテントのチェックインの時間が変更されるなどの入場規制がかかる場合があるため注意しましょう。

冬季の営業はどうなっている?

道志の森キャンプ場は冬季も営業しており、オンシーズンほどではないものの多くのキャンパーが利用しています。ただし気をつけておくべきことが一点。冬季の間は凍結を防ぐために止水され、水道や水洗トイレが使えません。この点に配慮した上でキャンプに行くようにしましょう。

道志の森キャンプ場の基本情報

住所山梨県南都留郡道志村10701
マップコード161 269 531*61
電話080-4444-2440
営業期間4月下旬~11月下旬
料金[宿泊]800円/人

[駐車]1,000円〜/台
(期間により異なる)
チェックイン
チェックアウト
どちらも12:00

※繁忙期に限り8:00ごろから入場可能
予約不要
公式サイト道志の森キャンプ場

道志の森キャンプ場で大自然を満喫

自然いっぱいで大きなプールまで楽しめる道志の森キャンプ場を紹介しました。プールがあるためファミリーが多そうなイメージですが、敷地が広いためソロやデュオの方でもきっと気に入るサイトがあります。ぜひお気に入りのサイトを探しに行ってみてください。
▼道志の森キャンプ場以外にも、魅力的なキャンプ場が多くある道志エリア。他のスポットが気になる!という方は、こちらの記事もチェック!
▼その他、山梨のキャンプ場についてもっと知りたい方は、こちらもチェック!

この記事で紹介したスポット

キャンプ場画像 道志の森キャンプ場
キャンプ場名 道志の森キャンプ場
リンク キャンプ場の情報を見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード


おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪