hinata

>

ライフスタイル

>

リュック・ザック

>

【最新】アウトドアにも旅行にも!仕分け上手になる、スタッフバッグのおすすめ12選

【最新】アウトドアにも旅行にも!仕分け上手になる、スタッフバッグのおすすめ12選

ライフスタイル

リュックを背負い山道を歩く人

荷物の整理に便利なスタッフバッグ!限られた容量のバッグや、車のカーゴスペースに詰め込むのに苦労することはありませんか?今回は用途に合わせたスタッフバッグの紹介と、ちょっと変わったスタッフバッグの使い方のテクニックとアイデアを紹介します。

目 次

登山にも最適なスタッフバッグとは?

荷物が入ったスタッフバッグ
スタッフバッグとはバックパックに荷物を詰める時、その物の役割やカテゴリー別に仕分けして、まとめておくためのバッグです。こうすることでキャンプサイトや移動の途中でも、必要な物をすぐに取り出せるので、バッグの中をあれこれと探し回ることが無くなり、貴重な時間の節約にもなります。

スタッフバッグの選び方

スタッフバックにはさまざまなカラー、サイズ、素材のものがあります。特にスタッフバックは使う用途によって機能が異なるので、自身がどのような用途で使いたいか考えながら選びましょう!

用途に合わせた色やサイズ選び

巾着袋式のスタッフバッグ
サイズや色は多種多様なので、服を入れるのは黄色、救急セットは赤など、ひと目見て、中に何が入っているか想像しやすいものを選ぶのがポイントです!またサイズは大きさの異なるものを持っておいて、ギアに最適なサイズのスタッフバックを使う事で、パッキングにも無駄がなくなります!

防水機能が備わっているのかチェック

防水タイプのスタッフバッグ
スタッフバックで重要なのが防水性。夏場の豪雨などに遭遇してしまうと、レインカバーをしていてもバックパックの中が水浸し、なんてことも多々あります。ギアを濡らさない為にも防水機能が付いているかを確認しましょう!

防水タイプにはテント生地のように破れにくいリップストップナイロン素材のものと、ラミネートやコーティングが施された完全防水タイプがあります。多少の雨から物を守るのであれば軽量なテント生地素材で十分です。

使用シーンに合わせた素材を選ぶ

スタッフバックには、主にナイロン、ポリエステルのものがあります。旅行用、普段使いにはナイロンがおすすめ。耐久性があり、破れにくく、種類も豊富なので、ナイロン性のものを持っておけば間違いないです。その反面軽いと生地も薄くなるため、先の尖ったものなどを収納すると裂けてしまいます。

アウトドアに最適なのがポリエステル。ポリエステルはナイロンに比べ防水性に優れている為、天候の変化が激しい山間部やマリンスポーツ等で活躍します。

破れにくく軽量なナイロン製のおすすめ6選

とにかく軽量なナイロン製は、アウトドア以外に旅行などでも活躍するアイテム!
防水加工のされたスタッフバッグに出張帰りの洗濯物を入れるなど、日常使いできるのも嬉しいポイントです。

防水性・耐久性に優れるポリエステル2選

防水性・耐久性に優れたポリエステル製は、外での急な天候悪化でも耐えることができるのでアウトドアで特におすすめです。マリンスポーツにも対応可能な防水性の商品もあります。

サイズ違いのセットでおすすめのスタッフバッグ2選

大きなスタッフバッグにまとめて荷物を入れてしまうと、いざ使用する時に混乱することも。
お薬やティッシュはピンク色、着替えはグリーン色など決めることで使用時に簡単に荷物を取り出すことができます!

ポーチ式スタッフバッグのおすすめ2選

ポーチ式のメリットは開口部が大きく、物が取り出しやすいことです。グルーミングセットやサニタリー、ナイフ類などもこのタイプのスタッフバッグに入れておくと使いやすいです。

スタッフバッグの意外な使い方

スタッフバッグはパッキングの仕分けに使う以外にも、その特性を活かしたいろいろな使い方ができます。入れる物は衣類や道具ばかりではなく、枯葉や空気までもが入れると役に立つこともあります。

ベアープルーフ

木に吊り下げられたスタッフバッグ
季節によっては野生動物がキャンプサイトまで餌を探しに出てくることがあります。食品や生ゴミをテントの近くや中に入れていると、お腹を空かした動物と遭遇する危険性があります。そこで食品類は臭いを少しでも抑えるために、防水タイプのスタッフバッグに入れて、テントから少し離れたところの木の枝にぶら下げておきます。野生の熊は大型になると立った時に3m近くまで手が届きます。ですから地上から3m以上の高さで、木の幹から2m以上離れた辺りにパラコードなどでつるしてください。

枯葉の枕

落ち葉が入ったスタッフバッグ
寝る時に頭の高さが上手く合わずに寝辛いことがあります。そんな時は枯葉や枯草をスタッフバッグに詰めて枕を作ります。なるべくたくさん入れた方が心地良い枕になります。入れる枯葉や枯草はできるだけ柔らかい物で、葉脈や茎の硬いところが無い物を選びましょう。防水タイプの場合、硬い茎や枝で穴を開けてしまうこともあるのでご注意を。

浮き袋

HELPの文字が書かれた手
完全防水タイプのスタッフバッグは簡易的な浮き袋になります。川への転落などで救助が必要な場合、ロープの先に密閉したスタッフバッグを付けて投げれば、とりあえずは水面から顔を出しておけるので、その次の救助ステップまで凌ぐ事ができます。

浄水器

雫

出典:Pixabay

コットンや化繊の平織タイプのスタッフバッグに、底を抜いた筒状のビニール袋を入れ、底の方から藁などの細かい枯草、砂、細かい砂利、親指大の石といった順番に入れ、川の水などを上から入れます。するとスタッフバッグの底から濾過された水が出て来ます。これを煮沸すれば飲料水として使えます。

スタッフバッグを活用して荷物を整理しよう!

カヌーを漕ぐ女性
キャンプでは特に撤収時に荷物をまとめるのに時間を取られることがよくあります。スタッフバッグを有効活用し、使った道具をいつもまとめておくことで撤収がとても楽になります。またスタッフバッグごとのパッキングはバックパックの中の整理がしやすく、いつも同じように配置できるので、バランスが変らず歩くペースも変わりません。手際良いパッキングでアウトドアアクティビティをストレスなく、さらに楽しんでください。

今回紹介したアイテム

商品画像 イスカ(ISUKA) スタッフバッグ M インディゴブルー 355209 [モンベル] mont-bell ライトスタッフバッグ 10L 1123828 PRBL (PRBL) [ザノースフェイス] スタッフバッグ ピーエフスタッフパック NM61722 メンズ ブラック SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) ウルトラSIL ナノ ドライサック 8L オレンジ 1700297 [ザノースフェイス] スタッフバッグ Pertex(R) Stuff Bag 3L ファイアリーレッド [ザノースフェイス] スタッフバッグ ウォータープルーフロールトップスタッフパック NM61706 メンズ ブラック [マムート] ポーチ ドライバッグ ライト / 2810-00131 15 L black [マーモット]Staff Bag/スタッフバッグ STAFF BAG レッド [オクトス] スタッフバッグ3L/6L/10L 3枚セット (バリエーション5) [MOCAL] スタッフバッグ 超軽量・撥水・4枚セット(3L/5L/10L/15L) GRANITEGEAR(グラナイトギア) エアジップディティーフルセット イスカ(ISUKA) ウェザーテックポーチ 7 ブラック 364901
商品名 イスカ スタッフバッグ モンベル ライトスタッフバッグ ザノースフェイス スタッフバッグ ピーエフスタッフバッグ シートゥサミット ウルトラSIL ザノースフェイス スタッフバッグ ザノースフェイス スタッフバッグ ウォータープルーフロールトップスタッフパック マムート ドライバッグ マーモット スタッフバック オクトス 透湿防水スタッフバッグ MOCAL スタッフバッグ グラナイトギア エアジップディティーフルセット イスカ ウェザーテックポーチ
商品リンク Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る Amazon で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る Amazon で見る Amazon で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事



おすすめのキーワード