キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

アレンジ自在。コールマンのヘキサタープで自分流のキャンプスタイルをコーディネート♪

水色に統一されたテントサイト

キャンプの必需品と言えるタープ。色々なブランド・種類のタープがありますが、中でもコールマンのヘキサタープは種類も豊富で開放感も抜群!キャンプを楽しくなる工夫が満載です。他のタープとの違いからコーディネート術まで、コールマンのヘキサタープの魅力をご紹介していきます!

そもそもヘキサタープって何?

組み立てられたコールマンのキャンプグッズ
ヘキサタープとは、簡単に言ってしまうと六角形(ヘキサゴン)のタープのこと。アイテムによって違いはありますが、基本的には2本のメインポールと6本の張り綱で屋根となる部分を立ち上げるタイプです。この六角形をという形が大きな特徴で、様々な利点があります。 そもそものタープの使い方は日よけ、雨よけですが、テントを寝室とすれば、タープはリビング!アウトドアなら自然の中での解放感を満喫できるリビングが欲しくなりますよね。でも雨風にも対応できる空間がほしい。できれば設営や撤収も簡単でありたい。そんな希望にも応えてくれるのヘキサタープなのです。

タイプ別で比較!ヘキサタープの特徴とは

コールマンのヘキサタープ

出典:Amazon

タープにはヘキサタープ以外に、テントタイプのスクリーンタープ、四角形のスクエアタープなどがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、これらのタープと比較しながらヘキサタープの特徴をご紹介していきましょう!

スクリーンタープのメリット・デメリット

コールマンのスクリーンタープ

出典:Amazon

メリット ・閉鎖された空間が作れるので、雨や風にさらされる心配がなく、虫もよけられます。 ・テントと連結させるためのフラップ付きが多く、しっかりとした連結が可能。 デメリット ・複数のポールや全体を覆う布を使うので、収納後もサイズ・重量が大きくなります。 ・閉鎖された空間なので、他のタープほど解放感はありません。 ・撤収時に濡れたり汚れたりしている場合は、片づけるのに時間がかかります。

スクエアタープのメリット・デメリット

コールマンのスクリーンタープ

出典:Amazon

メリット ・四角い形なので、大きな空間を作れることができ、大人数のキャンプにも対応できます。 ・高さが確保しやすい構造なので、解放感は抜群。 デメリット ・上部のみを覆う構造のものが多いので、横からの雨や風には弱い。 ・ポールを多く使用するので設営や撤収に手間がかかります。 ・収納時のサイズや重量もそれなりにあります。

ヘキサタープのメリット・デメリット

メリット ・六角形を生かして、日陰の大きさや雨風よけなど状況に応じたアレンジが可能。 ・張り方のアレンジしだいで解放感のある空間も目線を避ける空間を作ることもできます。 ・シンプルな構造なので軽量でコンパクト。 デメリット ・虫よけ、寒さには対応できません。 このように、それぞれのタープにメリット・デメリットがありますが、コールマンのヘキサタープは張り方次第で様々な形にアレンジが可能。 例えば、張り綱を短くして、ペグダウンすれば、角度がついて三角の屋根のようになり、雨や風をかなり防ぐことができます。また、ポールを6本使ってスクエアタープのような広い空間を作る、メインポールの片側だけを低くして、ロースタイルキャンプ向けにするなど、アレンジは自由自在です!テントとの連結や解放感とプライバシーを両立させることも可能。 言ってみれば様々なタープのいいとこ取りをしているのがヘキサタープなのです!

コールマンのおすすめヘキサタープをご紹介!

ヘキサタープの魅力をご紹介しました!ここからは、ラインナップも豊富で多くのキャンパーから愛される「コールマン」のヘキサタープの人気アイテムをご紹介しましょう!

コールマンのヘキサタープのコーディネート術

形を生かして様々なアレンジ・コーディネートができるのが、コールマンのヘキサタープの最大の魅力!そのコーディネートの例をみてみましょう♪
オートキャンプで車とヘキサタープを連係させたサイトのコーディネートです。テントを張らずに車で寝る場合でも、リビングは広々確保したいですよね。日陰のスペースも充分にとれて、解放感もばっちり♪快適に過ごせる空間に仕上がっています!
テントとヘキサタープを連結せずに広々と空間を使ったコーディネートです。天気のいい日にバーベキューをするならオススメのアレンジですね。テントにもタープにも出入りがしやすく、とにかく解放感があるので気持ちよく過ごせそうですね!
テントとヘキサタープを連結させたコーディネートです。寝室とリビングが一体となっているので、天候が悪くなっても濡れることなく行き来ができます。どんな状況になってもゆっくりとくつろぎたいなら、すぐにテントに出入りできる空間づくりも大切です!
テント、スクリーンタープ、ヘキサタープを連結させたコーディネート。寝室、リビング、ダイニングといった感じですね。ひろびろとしていながら秘密基地のようなアレンジで、ワクワクする空間ができあがっています。リラックして、色々なことがたのしめそうなコーディネートです!
▼全ブランド、全種類のタープを見たい人はコチラ

まとめ

オートキャンプでもディキャンプでも活躍してくれるタープは、1つは持っていたいアイテムです!コールマンのヘキサタープは、とにかくアレンジがしやすく様々なコーディネートができるので、どんなキャンプシーンにも対応してくれます。これからのキャンプやバーベキューシーズンにぜひ活用してください! ▼ヘキサタープ以外にも、コールマンの人気ギアをチェック!

今回紹介したアイテム

商品画像コールマン XPヘキサタープ / Sコールマン  ヘキサライトIIコールマン IL XPヘキサタープ/MDXコールマン ウェザーマスター® ヘキサタープ/L
商品名コールマン XPヘキサタープ / Sコールマン ヘキサライトIIコールマン IL XPヘキサタープ/MDXコールマン ウェザーマスター® ヘキサタープ/L
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事