キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

小川張りを分かりやすく解説!おすすめセッティングテープと自作方法も紹介

タープ テント

出典:photoAC

美しく張られたタープと連結したテント。この一見難しそうな小川張りですが、セッティングテープがあればだれでも簡単に設営ができます。この記事では、小川張りの設営手順を詳しく解説。おすすめセッティングテープや、セッティングテープの手作り方法も紹介します。憧れの小川張りをマスターしましょう。

小川張りとは?

テントとタープ

出典:photoAC

小川張りとは、テントの出入り口の上にタープを重ねて張る方法です。テントの後方にポールを立て、セッティングテープや延長ベルトを伸ばしてタープを設営。テントとタープを連結することにより、テント出入口に屋根付きのリビングスペースを作りだせます。 小川張りの「小川」とは、ogawaブランドで有名な老舗アウトドアブランド「キャンパルジャパン(旧:小川キャンパル)」が由来。自社製品である「システムタープヘキサDX」を使用してテントとタープを連結したことが、今の「小川張り」の原点とも言われています。

小川張りがおすすめの理由

テントとタープ

出典:photoAC

限られたスペースにテントとタープを設営するのは至難のわざ。そんな時におすすめしたいが、テントの上にかぶせるようにタープを張る小川張りです。スペースを有効活用できるので、狭い区画サイトでもテントとタープを設営できます。 また、テントとタープを隙間なく設営する小川張りは、日差しや雨をしっかりさえぎれるのがメリット。天候に左右されずにタープとテントの移動がスムーズに行えます。そして、何より小川張りは見た目がかっこいいというのもポイント。美しい小川張りは、キャンパー憧れのスタイルでもあります。

小川張りのタープはヘキサ?レクタ?

レクタタープ テント

出典:photoAC

小川張りには、ヘキサタープとレクタタープのどちらでも使用可能です。ヘキサタープの方が設営するのが簡単と言われており、さまざま形のテントに対応できるメリットもあります。大人数で使うならレクタタープがおおすすめ。長方形のレクタタープは、縦方向と横方向の両方で設営でき、さまざまなレイアウトを楽しめます。どちらのタープでも小川張りは可能なので、持っているテントの相性や好みのスタイルでタープを選んでみましょう。

小川張りの注意点

小川張りの注意点は、普通にタープを張るよりも少し強度が落ちること。セッティングテープや延長ベルトでポールとタープを連結しているため、タープの張りが弱くなります。強風や豪雨の場合は、小川張りをせず、通常通りテントとタープを別々に張るようにしましょう。

小川張りは難しい?張り方の手順を解説

テント タープ

出典:photoAC

設営が難しそうな小川張りですが、必要な材料や張り方がわかれば意外と簡単。いつかチャレンジしてみたいと思っていた方は、ぜひこの機会に小川張りの張り方をマスターしてください。コツをつかめばさまざまなレイアウトの小川張りを楽しめます。

小川張りの張り方

タープ テント

出典:photoAC

小川張りには、タープとポール、ロープの他にセッティングテープや延長ベルトが必要です。タープとテント、どちらから設営しても良いですが、今回はタープを先に張り、その後タープの下にテントを設営する手順を紹介します。 ①設営したい場所にタープを広げる。 ②タープの片方にセッティングテープを接続する。 ③タープのもう片方は通常通りポールにさし、ポールを立てる。 ④セッティングテープにポールをさし、ポールを立てる。 ⑤通常のタープ設営と同様、ロープを張りペグダウンする。 ⑥セッティングテープの下にテントを設営する。

小川張りの張り方を動画でチェック!

小川張りの張り方を動画でチェックしてみましょう。こちらは、小川張りの原点である「ogawaシステムタープヘキサDX」の張り方を説明した動画です。ヘキサタープですが、レクタタープでも張り方は同じ。現地で設営する前に、動画を良く見て手順を覚えておきましょう。

小川張りにはセッティングテープが必要

テント ベルト

出典:photoAC

小川張りに必要なのがセッティングテープ。タープとポールをつなぐための重要な役割を持ちます。ロープだけでも設営できることはできますが、セッティングテープがあった方が設営がしやすく、設営後の安定感もあります。小川張りを行う際は、ぜひセッティングテープを準備しましょう。

おすすめセッティングテープ3選

セッティングテープがなければ自作しよう

工具

出典:photoAC

セッティングテープは自作も可能です。材料はホームセンターや100円ショップで手に入るので、気軽に作ってみましょう。ベルトは5メートルほどのものを、カラビナはさびにくいステンレス製がおすすめです。ハトメ用の穴があけにくいので、ハサミで切り込みを入れたり、先のとがったものを押し込んだりして、穴を広げていくとあけやすいです。 (材料) 荷締めベルト、カラビナ、両面ハトメ、ハトメパンチ (作り方) ①ベルトの端を3cmほど二重に折り、ハトメ用の穴をあける。 ②①であけた穴にハトメをさし、ハトメパンチで仕上げる。 ③同様に、ベルトのもう片方側にも穴をあけハトメを付ける。 ④ベルトの両端の穴にカラビナを付ける。 ⑤長さの調節ができるように、50cmほどの間隔で穴をあけハトメを付ける。

小川張りでタープとテントをかっこよく連結!

限られたスペースを有効活用できる小川張りなら、サイトの大きさにかかわらずタープとテントが設営可能。テント入り口付近に屋根ができると、とても快適にキャンプができます。何より見た目がかっこいい小川張り。ぜひこの機会にマスターしてください。

今回紹介したアイテム

商品画像コールマン エクステンションウェビングキットキャプテンスタッグ タープ 延長ベルトREVOR 小川張り専用 タープ延長ベルト
商品名コールマン エクステンションウェビングキットキャプテンスタッグ タープ 延長ベルトREVOR 小川張り専用 タープ延長ベルト
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事