キャンプの暖房器具は電気ヒーターで決まり!おすすめ13選!

 キャンプ用品

屋外でヒーターで温まる

出典:Amazon

秋から冬にかけてのキャンプは防寒準備が重要。ただ、防寒着だけでは限界があります。そこで、暖房器具を持って行くのがおすすめ!その中でも簡単に扱えて安全な電気ヒーターを解説します。また、キャンプに持っていけるおすすめの電気ヒーターも紹介します。

LINEの友だちを追加

 目次


キャンプに電気ヒーターは必要か?

アウトドアヒーター

出典:楽天

そもそもキャンプにヒーターは必要?と考える方も多いのではないでしょうか。春や夏のデイキャンプには、ほぼ必要ありませんが、山でのキャンプや、秋冬の宿泊するキャンプでは、寒くて暖房が欲しくなってしまいます。日常と同じ感覚でキャンプに出かけ、寒すぎてテントで寝れずに車で寝ました。という声もよく耳にする失敗談です。秋や冬にかけて冷え込むキャンプで、ヒーターは必要不可欠なギアのひとつです!

あるとないではキャンプが楽しめるかどうかにも関わってくることも。自然の温度差をきちんと把握し、その場所の気温に合った暖房器具を用意する必要があります。

電気ヒーターの種類と特徴

カーボンヒーター

山善のカーボンヒーター

出典:Amazon

カーボンヒーターは、炭素繊維に電気を流して暖める暖房機器。特徴は広範囲ではなく、部分的に暖かくしてくれることです。遠赤外線を放射するので体は暖まりやすく、例えば手元や足元だけ暖かくしたい方におすすめ。また、熱効率がよいため、他の電気ヒーターと比べ電気代は安く押さえられます。値段も手ごろです。

シーズヒーター

テクノスのシーズヒーター

出典:Amazon

シーズヒーターはカーボンヒーターよりも遠赤外線の放射量が高く、暖かくなるまでの時間が短い電気ヒーター。発熱体が壊れにくく、耐久性が高いのが特徴です。キャンプなどに持ち運ぶということで、壊れにくさも重要なポイント。ただし、値段は高めに設定されています。

ハロゲンヒーター

ハロゲンヒーター

出典:Amazon

ハロゲンヒーターは、速暖性が高く、スイッチを入れたら直ぐに暖かくなります。これは、ハロゲンランプから直接、赤外線輻射熱が放射されているから。カーボンヒーターと同じく、全体を暖かくするというよりスポットを暖めるのに重宝します。ただし、カーボンヒーターよりも、エネルギー効率が悪く電気代が高めです。

グラファイトヒーター

アラジンのグラファイトヒーター

出典:Amazon

グラファイトヒーターは、カーボンヒーターと似ていますが、立ち上がりが早く遠赤外線の量が多く、直ぐに暖かさを感じられるのが特徴です。その分本体の値段も高めに設定されています。

セラミックファンヒーター

セラミックファンヒーター

出典:Amazon

セラミックヒーターは、スイッチを入れたら直ぐに暖かい風が流れてくるのが特徴。他のヒーターと違い、熱くなる発熱体が内部にあるため、小さな子どもが万が一触れても火傷の恐れが少なく安全性が高いです。

アウトドアにおすすめの電気ヒーター

DOSHISHA Pieriaパーソナル【セラミックファンヒーター】

電源を入れたらすぐに暖まるのが魅力の、パーソナルセラミックヒーターです。小型でコンパクトなので、場所も取らずに持ち運びもラクラク!弱300Wと高600Wまで2段階切り替えも可能です。安全性も兼ね備えていて、転倒時にはスイッチがオフになります。

パナソニック ポッカレット【セラミックファンヒーター】

コンパクトなのにパワフルな温風がでるセラミックヒーターです。安全設計の二重安全転倒OFF機能が付いているので、万が一倒してしまっても自動で電源が落ちるので安心して使用できます。

アイリスオーヤマ【セラミックファンヒーター】

コンパクトで軽量!持ち運びに便利なハンドルが付いたセラミックヒーターです。安全性にも優れていて、チャイルドロックや、転倒時オフ機能が搭載されています。人感センサーも付いているので、人がいない時は自動でオフになり便利。インテリアに好きなカラーを取り入れられる、カラーバリエーションの豊富さも魅力です。

TEKNOS 暖炉型【セラミックファンヒーター】

一見暖炉のように見える、暖炉型のセラミックファンヒーターです。炎は照明としても利用でき、一台で二役の万能アイテム。本物の暖炉のような炎を演出してくれるので、日常から離れてリラックスした時間を過ごせます。コンパクトでオシャレなデザインは、キャンプをより一層楽しいものにしてくれます。

BRUNO ノスタルストーブ【カーボンヒーター】

遠赤外線のカーボンヒーターは、ファンが付いていて温かい空気を送り込めるのが魅力。30分から最大3時間までのタイマー機能がついているので、消し忘れ防止にも役立ちます。500Wから1000Wまで温度調節も可能です。

山善 電気ストーブ【カーボンヒーター】

本体にスチール素材を使用しており衝撃に強いヒーター。樹脂素材のストーブに比べ万が一発火した場合延焼を防ぎ安全性が高く安心できます。消費電力は強(800W)と弱(400W)に切り替え可能です。

山善 あしもとあったか電気ストーブ【カーボンヒーター】

小型の足元を暖める電気ストーブです。キャンプ場では寒さが足元から感じやすいので、足元だけ温めたい時にぴったりな電気ストーブ。重量も1.1kgで消費電力も400Wと電気ヒーターの中でも小さい方です。テントサイトにあるAC電源はもちろんのこと、ポータブル電源でも使用できます。

スリーアップ レトロ【カーボンヒーター】

デザインは一見、石油ストーブに見えますが実は電気ストーブ。レトロな雰囲気を感じさせる昔のストーブをモチーフにデザインされています。カーキ色のボディは、キャンプにもピッタリマッチします。

コロナ【シーズヒーター】

自動で切れるタイマーや、首振り機能、省エネ運転など多機能なシーズヒーター。遠赤外線を発するシーズヒーターにブラックセラミックコーティングを施し、暖かさが向上しています。

RELICIA ビームヒーター【シーズヒーター】

コンパクトなのに高性能なビームヒーター。内部のパネルが熱を効率よく反射することで、同じ消費電力で2倍の暖かさを感じられます。本体上部に取っ手が付いていて、キャンプ場でも持ち運びやすいです。

コイズミ 遠赤電気ストーブ【シーズヒーター】

消費電力が、800W・500W・200Wと三段階で切り替えられキャンプで使い勝手が良い。1000WのAC電源がある場合は800Wで使用し、ポータブル電源しかない場合は200Wを使用するなどの使い方もできます。

アラジン【グラファイトヒーター】

遠赤グラファイトヒーターは、電源を入れてからの立ち上がりが早く、すぐに暖まる電気ヒーター。冬の寒いキャンプ場などで、すぐに暖まりたい方におすすめのヒーターです。首振り機能も付いており、広範囲に暖かさを届けることが可能です。

山善 スリムヒーター【グラファイトヒーター】

スリムなボディに、70°の左右首振り機能があり広範囲を暖めてくれるヒーターです。上部にあるシンプルなボタンで、ワット数や首振りを操作でき簡単に扱えます。

キャンプ場に電気ヒーターを持って行こう!

電気ヒーターを持っていく際は、キャンプ場のAC電源のワット数を確認するのを忘れずにしましょう。また念のため、ポータブル電源を持っていくと、万が一使えない場合でも安心です。電気ヒーターで暖をとり、寒い季節のキャンプでも楽しい時間を過ごしましょう。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪