キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

ソロストーブ(SOLO STOVE)の魅力・アイテムを紹介!

ソロストーブのバーナーでお湯を沸かす様子

昨今は自然保護のため、キャンプ場でも登山でも直火禁止が当たり前ですよね。「だから焚き火ができなくて…」そんなお悩みを解消!コンパクトな装備でありながらたき火ができる!荷物をできるだけ減らしたいソロキャンパーや登山愛好家におすすめ。ソロストーブのストーブから食器までおすすめ商品を紹介します!

ソロストーブ(SOLO STOVE)とは?

SOLO STOVEは、ウッドバーニングストーブやネイチャーストーブとも呼ばれ、小枝さえあれば使えるストーブをつくっているメーカー。ガスやガソリンも使わず、たき火の火力+燃焼効率だけで安定した火力が維持できる優れもの。 使いやすさと手ごろなサイズから、ベテランのバックパッカーからビギナーキャンパーまで幅広い方に愛用されています。

ソロストーブの魅力!

ソロストーブの魅力は熱源がたき火であること。普通は使い勝手がよくコンパクトなギアが求められます。もちろん火力調整や使い勝手で言えばガスバーナーの方が圧倒的に便利です。そんな中ソロストーブが人気なのは「自然にあるもので、純粋な炎の力だけ」で使えるから。 自然に逆らわず自分自身も自然と一体化する。煌々と燃える炎を眺めながら調理をし、暖をとる。そんな「大人の火遊び」が楽しめるところが人気の秘訣。ガス缶や液体燃料を持たなくてよい手軽さで、火と小枝さえあればいつでも使えるので、燃料が手に入らない災害時でも使えるアイテムとして活躍します。

着火がスムーズ

ソロストーブは底部に通気穴があるため、空気の流れを作ってくれるので着火もスムーズにできます。一旦炎を起こせば後は勝手に炎が大きくなっていくので燃料を追加するだけ!短時間で着火作業を終えられます

燃焼効率が良い

ソロストーブの商品画像

出典:Amazon

ソロストーブは底部に通気穴があり、そこから酸素を吸い込み、ストーブ内で上昇気流を起こさせ燃料を燃やします。またストーブの壁の間にも酸素が入り、ストーブ上部から熱風を噴出させ、二次燃焼を利用。少ない燃料で効率的に燃やせます。

片付けやすい

ソロストーブの魅力の1つ、片付けやすい!燃焼室の底にはニクロムワイヤが網状に張られ、燃え尽きた灰が灰受け皿に落ちる仕組みなのでストーブ内に灰が残りにくいです。また二次燃焼を利用しているので通常の焚き火より灰が少なく、片付けを楽にできます!

高い耐久性

丈夫で軽いスレンレス製なので耐久性も高く、コンパクト。また、外壁・内部のファイヤーボックス・ゴトクは溶接でつないでおらず、ワンピース工法と呼ばれるつなぎ目を作らない製法でつくられており、つなぎ目での破損や劣化を防ぎます。丈夫で永く使える画期的なストーブです。

ゴトク部分の安定性

ソロストーブで調理をしている様子

出典:Amazon

ゴトク部分は薪をくべる用の隙間が空いていますので、いちいち鍋をはずして薪をくべる必要がありません。鍋をのせたまま火力を調整できます。また、非常に安定しており、カップに限らず鍋を置くことも

ソロストーブ4種!

ここからはソロストーブ4種を紹介していきます。サイズ展開があってどれを買おうか迷っている、という方はぜひ参考にしてください!
商品名ソロストーブライトソロストーブ・ タイタン ソロストーブ・ キャンプファイアーソロストーブ・サインステック
画像ソロストーブ・サインステック
サイズ10.8×14.5cm13×13×14.2cm17.8×17.8×24.1 cm14×14×8cm
重さ約225g約470g約1kg約376g
950mlの水が沸騰するまでの時間8〜10分4〜6分2〜4分2〜4分
▼ソロストーブ・キャンプファイヤーの魅力を知りたい方はこちらの記事もチェック!

SOLO STOVEのギア7種

ソロストーブをより快適に使用するために、ギアを買い揃えることもおすすめします!収納性の良いクッカーなどもあるので要チェックです!
商品名レンジャーキットソロストーブ ポット900ソロストーブ ポット1800コッへル・クッカーセット 2ポットセットソロストーブ 3ポットセットアルミニウム ウインドスクリーンソロアルコールバーナー
画像レンジャーキットソロストーブ ポット900ソロストーブ ポット1800コッへル・クッカーセット 2ポットセットソロストーブ 3ポットセットアルミニウム ウインドスクリーンソロアルコールバーナー
重量6.8kg221g354g1.58kg1.46kg210g100g
サイズ38×38×32cm11.4×11.9cm15.5×14cm‎23.8×22.2×21.6cm19.6×19.6×10.7cm24×67cm4.6×7.4cm

ソロストーブを使ってみよう!

ソロストーブ

出典:楽天

【詳しい使い方】
  1. 燃えやすい乾いた小枝や枯れ葉を集めます。
  2. できるだけ平らな場所を見つけ、通気口をふざがないよう落ち葉等を取り除き、設置場所を確保します。
  3. 本体に内蔵されているゴトクを取りだし、燃料を入れ、火をつけます。(火のつきやすい新聞紙等と合わせて燃やしてください)
  4. 本体にゴトクを水平に乗せます。
  5. すぐに炎が出て燃焼が始まります。5分ほど燃やし続けると「二次燃焼」が起こり火力が一層強くなります。
「入れて燃やす」だけ!!ただ着火するだけで使えるのでキャンプ初心者でも安心!

ソロストーブの使用時に気をつけること

【注意事項】
  • 使用後の燃料は、必ず水で完全に消火してください。
  • 「火気厳禁」など使用を禁じられている場所や燃えやすいものがある場所での使用はやめてください。
  • 保護者の方は使用中に子供が近づかないよう十分注意してください。
上記の通りソロストーブは二重構造で空気の層によって囲まれていますので、外へ熱が伝わりにくく、地面や周りの草が燃えにくい構造になっています。しかしそこを過信すると、思わぬ火事や災害を招いてしまう可能性があります。 「燃え移りそうな枯れ木や草を除けておく・消火用水を必ず用意しておく・思わぬ突風に煽られることを考えて広めに安全ゾーンを作っておく」など利用者の安全対策が必須になります。火器全てに言えることですが、安全対策はバッチリにしておいてください。

使い勝手抜群のソロストーブでキャンプをより楽しもう!

火遊びが大好きなキャンパーは、ぜひ揃えておきたいアイテム。山にキャンプに、ソロキャンでもファミリーでも、さまざまなサイズがそろうSOLOSTOVE(ソロストーブ)のギアで、ゆっくりと炎を眺めるも良し料理やコーヒーを楽しむも良し。自由なキャンプを楽しみましょう!
▼ソロストーブについてもっと詳しく知りたい方はこちらをチェック!

今回紹介したアイテム

商品画像ソロストーブライトソロストーブ・タイタン(Titan)ソロストーブ・キャンプファイヤーソロストーブ・サインステックレンジャーキットソロストーブ ポット900ソロストーブ ポット1800コッへル・クッカーセット 2ポットセットソロストーブ 3ポットセットアルミニウム ウインドスクリーンソロアルコールバーナー
商品名ソロストーブライトソロストーブ・タイタン(Titan)ソロストーブ・キャンプファイヤーソロストーブ・サインステックレンジャーキットソロストーブ ポット900ソロストーブ ポット1800コッへル・クッカーセット 2ポットセットソロストーブ 3ポットセットアルミニウム ウインドスクリーンソロアルコールバーナー
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事