暖炉に調理に!便利なソロストーブ「キャンプファイヤー」の魅力!

 キャンプ用品

薪ストーブの使用例

出典:Amazon

ガスやホワイトガソリンなどがなくても、「暖を取ったり、調理をしたりしたい!」という場合には、ソロストーブの『キャンプファイヤー』がおすすめです。枝などを使って、簡単に火力の強い火をつけれます。ここでは、ソロストーブの『キャンプファイヤー』の魅力をご紹介します。


 目次


ソロストーブの『キャンプファイヤー』が人気の秘密

キャンプファイヤー    

出典:Amazon

ソロストーブの『キャンプファイヤー』は、近年のブッシュクラフト人気が関わっています。ブッシュクラフトというのは、さまざまなものを現地調達して、ナイフなどを使ってキャンプをするサバイバル要素の高いキャンプスタイルのこと。ブッシュクラフトに長けた人であれば、テントすら持っていかないという方もいるほどです。

ウッドストーブとは、ガスとか液体燃料は使わず、木や、まつぼっくり、紙、ペレットなどを燃料として燃焼します。

ワンコと奥さんと自分

ソロストーブの『キャンプファイヤー』は、まつぼっくりや木くずを使って燃焼させることができるため、ブッシュクラフトに興味を持っている方のハートをくすぐったのです。『キャンプファイヤー』があれば、燃料を気にしながら料理をする必要がないため、いつでもどこでも火を起こして暖を取ったり、料理をしたりできます。

ソロストーブの『キャンプファイヤー』の特徴を紹介!

ソロ ストーブ キャンプファイヤー    

出典: Frozenmost / ゲッティーイメージズ

火の起こしかた

ソロストーブの『キャンプファイヤー』は、燃料を使わないことから、火を起こすのが難しそうに感じる方が多いかもしれません。しかし、意外に簡単なのが『キャンプファイヤー』の魅力です。薪や木の枝、そしてまつぼっくりなどを小さくして投入します。

そして、間に新聞紙を入れて、マッチなどで火をつければ、それだけで二次燃焼によって火が付き始めます。一度火がついたら、大きめの薪などでもしっかりと燃えます。

二次燃焼構造

一次燃焼というのは、木や枝、まつぼっくりなどが直接燃えることをいいます。そして、それらが燃えるときに、白煙などが舞い上がるのですが、実はこの白煙の中には可燃性の物質やガスがまだまだたくさん含まれています。

二次燃焼というのは、このガスが燃えることでさらに強い火力を得ることをいいます。ガスや白煙を燃やすことから、煙を少なくするメリットもあるため、『キャンプファイヤー』で作業をしていても煙たくなりにくいのです。

『キャンプファイヤー』を利用した料理について

『キャンプファイヤー』を利用して料理をする際の注意点としては、火力調整が難しいということ。当たり前ですが、燃え盛っている薪や枝などの燃料は、自分たちでコントロールすることは難しいです。

そのため、燃料がある限り、その時点での最高火力が維持され続けてしまいます。もし、弱火の調理をしたい場合は、火からクッカーを外すなどの工夫をしなければならないので注意しましょう。焼き飯などの高火力が必要な作業に関しては、『キャンプファイヤー』は最適かもしれません。

夜は焚き火として利用する

ソロストーブの『キャンプファイヤー』は、食事の際に調理器具として活用できます。食事が終わったらそれで終わりかというと、そんなことはありません。小さめではありますが、そのまま文字通り『キャンプファイヤー』として、火を囲んで皆で楽しめます。火を囲みながら、焼きマシュマロなどをすると、子供たちも喜びますよ。

近場に燃料がないときは

もし、枝やまつぼっくりなどがない場合は、割りばしなどがあると同じように燃やすことができます。ある程度本数が必要であることと、すぐに燃えやすいため、火がついたら大きめの薪などを投入して、火力を保つようにしましょう!

さて我が家では使った割りばしは捨てずに取っておいて、このように焚き火グッズで焚き付けに使用しています。

原付二種PCXとアウトドア

使用済みの割りばしを保管しておいて、火種として活用する方もいるようです。キャンプの際に常備しておけば、万が一周囲に火種がなかったとしても、代用することができます。

コンパクトに収納できる

ソロストーブの『キャンプファイヤー』は、使用しないときにはコンパクトにまとめることができるため、持ち運びがとても楽です。そのため、普段のキャンプの時だけではなく、万が一の災害が起こった際の、緊急用のストーブ兼コンロとして活用したいと考えて保管している人も多いようです。

ガスやガソリンがなくても火を起こすことができるため、便利に使え点も魅力の一つです。

燃料を必要としないソロストーブの『キャンプファイヤー』

まとめ

ソロストーブの『キャンプファイヤー』は、燃料を必要とせずに、木の枝やまつぼっくりを使って、火を起こして焚き火をすることができるキャンプギアです。火力が強く、二次燃焼も期待できるため、料理などにも活用することができます。ぜひ、興味がある方は、ソロストーブの『キャンプファイヤー』を試してみてはいかがでしょうか。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

ストーブ 薪ストーブ

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪