キャンプ場で星空を120%楽しむ!おすすめのキャンプ場7選

キャンプ場

夜のキャンプを楽しむ家族

出典:maroznc / ゲッティイメージズ

キャンプ場は、星空を見るのに適した場所。なぜなら、キャンプ場では周りに電灯などが少なく、星の輝きをダイレクトに感じることができるからです!そこで今回は、星空が綺麗に見えるおすすめのキャンプ場や、キャンプでの星空の楽しみ方、星空撮影のコツを紹介します。


 目次


キャンプ場の星空

キャンプ場の夜空

出典:Pixabay

みなさんはキャンプ場での夜をどう過ごしていますか?バーベキューをして盛り上がったり、非日常的な空間で普段は話せないような話をして友人と過ごしたり。キャンプ場での夜ってなんだかワクワクするもの。キャンプ場での楽しみ方はまだまだたくさんあります!バーベキューやおしゃべりももちろん楽しいですが、いつもとは少し違った夜の過ごし方をしてみませんか?

突然ですが、キャンプ場で星空を見たことはありますか?実はキャンプ場から見える星ってとてもきれい。キャンプ場では街中のように夜空が過剰に照らされていることがありません。必要最小限の照明しかないキャンプ場は星空を楽しむための環境としては最高。今回はそんなキャンプ場での星空の楽しみ方を紹介します!

当日の会場には、「星を見せる会社」になることをビジョンに掲げており、天体望遠鏡や双眼鏡の生産しているVixen(ビクセン)でマーケティングディレクターをなさっており、また「星のソムリエ」でもあるSAMさんが会場にいらっしゃったので、星空がよく見えるキャンプ場のポイントを伺いました。

星空がよく見えるキャンプ場は?

綺麗な星空を見るためには場所が大切!場所次第で楽しめるかどうかの9割は決まると言っても過言ではありません。では、どんなキャンプ場がいいのでしょうか?選ぶ視点はズバリ2点!
キャンプサイトから見える星空

出典:Pashadelic

1点目は明かりが少ないキャンプ場であること。いくらキャンプ場内に明かりが少ないとはいえ、キャンプ場の周辺が明るいようだときれいな星空を見られません。都内のキャンプ場はアクセスはいいですが、住宅やオフィス、街灯が多いためどうしても明るくなってしまいます。都心から少し離れた地域や、山中にあるキャンプ場を選びましょう。
ライトアップされたテントサイトと空

出典:Pashadelic

2点目は視界が開けたキャンプ場であること。いくら明かりの少ないキャンプ場とはいえ、背の高い樹木に囲まれているなどして、そもそも空があまり見えないキャンプ場ではせっかくのきれいな星を最大限楽しめません。星は1時間に約15度動きます。目当ての星座が見えたとしても視界が狭いとすぐに見えなくなってしまいます。森の中の開けた部分から星空が少し見えるよりも視界一面に星空が広がっている方が感動します。

以上、2点が星空の見えるキャンプ場の探し方ですが、この2点を満たせるキャンプ場って実は少ないんです。明かりの少ないキャンプ場というのは山中などの住宅が少ない場所が当てはまるんですが、山の中にあるキャンプ場は背の高い樹木に囲まれており、視界が広くないことがしばしば。

逆に視界が開けたキャンプ場は樹木が少ない平野部に多いのですが、住宅地は基本的に平野部につくるので明かりが多いことが多いんです。

この2点を見事に満たすキャンプ場に先日筆者が行ってきました!そのキャンプ場とは「森と星空のキャンプヴィレッジ」です。栃木県の茂木町にあるモータースポーツレース場であるツインリンクもてぎ内の施設で、2016年3月19日にリニューアルオープンしたばかりのキャンプ場です。どんなキャンプ場か気になる方は、こちらからチェック!

星空の美しいキャンプ場7選

森と星空のキャンプヴィレッジ以外にも、全国各地に星が美しいキャンプ場があります。その中でも各地域の厳選した星空の見えるキャンプ場を紹介。

【関東・群馬】野反湖キャンプ場

野反湖キャンプ場

出典:Kohei Fujii / flickr

抜群の透明度を誇り、魚の泳いでいる姿が水面からでも確認できるほどの野反湖。その湖畔にあるキャンプ場が群馬県の野反湖キャンプ場です。昼間は、豊かな緑が生い茂った湖畔と、美しい青色をした湖、空との美しいコントラストを堪能できます。標高1,500mという大自然に囲まれた環境にあることから、夜には他の光に邪魔されない満点の星を眺められるスポットです。

もちろんキャンプ場の施設も充実。広々としたテントサイトのほか、バンガローもあります。レンタルサービスも充実しており、手ぶらでもキャンプを楽しめます!キャンプ以外にも、レベルに合わせたトレッキングコースが複数あり、朝から晩まで自然を堪能できるスポットです。

【基本情報】
住所: 群馬県 吾妻郡中之条町入山国有林内
電話:090-5201-4782
営業期間:4月〜11月
公式はこちら:野反湖キャンプ場

【関西・奈良】フォレスト・イン洞川

洞川キャンプ場

出典:旧)洞川キャンプ場

奈良県の天川村という山に囲まれた場所にあるキャンプ場。山々に囲まれているおかげで余計な光が一切なく、美しい星空を堪能できる、関西随一のキャンプ場です。
洞川キャンプ場のコテージ
星空を堪能できるだけでなく、自然に恵まれたこのキャンプ場にはきれいな川が流れており、初夏の昼間には川遊びを、夜には星空の光とともにホタルの光も堪能。大小様々なオートサイトのほか、バンガローもあります。大自然を感じるキャンプ場でゆったりと星を眺めてみてください。

【基本情報】
住所:奈良県吉野郡天川村洞川934-15
電話: 0747-64-0757
営業期間:通年
公式はこちら:フォレスト・イン洞川

【甲信越・長野】銀河もみじキャンプ場

環境省から「星が最も輝いて見える場所」の第一位に認定されたこともある、とにかく美しい星空を堪能できるキャンプ場です。高い標高と町から離れた立地、澄んだ空気と自然あふれる環境が最高の夜空をつくりだします。
銀河もみじキャンプ場のバンガロー

出典:銀河もみじキャンプ場

23棟のバンガローを備えており、初心者でも安心です。キャンプ場の名前にもある通り秋には紅葉も美しく色づきます。秋に訪れて、昼間は紅葉、夜は星空と絶景をいつでも楽しむのも最高です。

【基本情報】
住所:長野県下伊那郡阿智村浪合治部坂1711-1 
電話:0265-48-6058 
営業期間:4月〜11月
公式はこちら:銀河もみじキャンプ場

【東海・岐阜】めいほう高原キャンプフィールド

キャンプサイト

出典:めいほう高原キャンプフィールド

スキー場の一角にある自然に囲まれたキャンプ場!スキー場の広大な敷地がすぐ横にあるのみで、そのほかに光源になるものがなく、また高原の空気が澄み渡っているので、星の輝く明るい夜空を楽しめます。

ピザ作りやカヌー体験のように、キャンプ以外にも楽しめるアクティビティが満載。子どもも喜ぶこと間違いなしなので、ファミリーキャンパーさんにはうってつけのキャンプ場です!

【基本情報】
住所:岐阜県郡上市明宝奥住水沢上3447-1
電話:0575-87-0030
営業期間:4月〜10月末
公式はこちら:めいほう高原キャンプフィールド

【四国・徳島】まぜのおかオートキャンプ場

まぜのおかオートキャンプ場での料理の様子

出典:まぜのおかオートキャンプ場

太平洋を望むことができる小高い丘の上にあるキャンプ場です。四国の中でも施設の充実したキャンプ場で、テントサイトやコテージはもちろん、プールやテニスコートも付属しており、キャンプとともにその他のスポーツやアクティビティを楽しむこともできます♪また、海も山も近くにあるため、豊かな自然の中で採れた新鮮な魚や野菜などをいただくことができますよ!

星空ももちろん絶品!海と山に囲まれ、澄んだ空気の中満点の星空を楽しむことができますよ♪

【基本情報】
住所:徳島県海部郡海陽町浅川字西福良43
電話:0884-74-3111
営業期間:通年
公式はこちら:まぜのおかオートキャンプ場

【九州・大分】久住高原オートビレッジ

久住高原オートビレッジでのキャンプの様子

出典:久住高原オートビレッジ

阿蘇の山々を眺めることができ、高台にあるため空を見上げれば全面に美しい星空を眺められるキャンプ場です。時には流れ星を見ることができ、都会の暮らししかしたことのないお子さんに自然を感じてもらうにはうってつけ。阿蘇山がひらけて見える露天風呂もあり、その雄大な自然にあっとされるばかりです!
久住高原オートビレッジの紅葉

出典:gtknj / flickr

秋に訪れると、周辺一体が紅葉で埋め尽くされています!キャンプ場についてからはもちろん、道中にも自然を感じ素敵な時間を堪能できます。

【基本情報】
住所:大分県久住高原820「天空の丘」
電話:0974-64-3111
営業期間:通年
公式はこちら:久住高原オートビレッジ

【北海道】星に手のとどく丘キャンプ場

星に手のとどく丘キャンプ場の星

出典:星に手のとどく丘キャンプ場

その名の通り、まさに星に手がとどくかと思うほどに美しい星空が目一杯に広がる素敵なキャンプ場です。日本で一番星がきれいだと言われる富良野町の中でも、山に囲まれたこのキャンプ場はより一層澄み切った空気で、遠く輝く星までもが見える場所ですよいつもは焚き火を楽しんだら寝てしまうという方も、焚き火を楽しんだ後は明かりを全て消して星空を堪能しましょう!

【基本情報】
住所:北海道空知郡中富良野町字中富良野ベベルイ
電話:090-1302-1422
営業期間:4月下旬~10初旬まで
公式はこちら:星に手のとどく丘キャンプ場

キャンプ場での過ごし方

林から見える星空

出典:standret / ゲッティイメージズ

行き先さえ決まってしまえば、あとはお楽しみの星空キャンプが待っています。星が見える夜になるまでの過ごし方はもちろん自由。キャンプをとことん楽しみましょう!星空を見ずに寝てしまわないよう、はしゃぎすぎには注意です。

ただし1つだけしなければいけないことがあります。それは昼間のうちに星空を見るスポット絞ってしまうことです。夜になってしまうと、星空がきれいに見えるような暗いスポットを探すことは難しく、危ないです。昼間にいろんな場所を見て回るついでに、めぼしいスポットをピックアップしておくとよいでしょう。スポットを探すポイントは「南の空が開けているかどうか」ですよ!!理由はこの後説明します。

夜になって星空を見るスポットに移動する時は暗くて大変です。明かりを持っていく必要がありますが、ここでやってはいけないことが懐中電灯などの白色の明かりを使うことです。見る時は消すから問題ないんじゃないの?と思う方もいるかと思いますが、星空をきれいに見るためのポイントは周辺の明かりがないことはもちろん、自分の目を暗闇に慣れさせておくことです。懐中電灯などに使われている白色光は光量が多く、いろんな色の光が混ざった光なので、目が強い光に慣れてしまい、弱い光を放つ星を見ることができなくなってしまいます。
テーブルに並んだランタン
そこでおすすめなのがランタンです。ランタンはLED、ガス、ガソリンを使う3種類のタイプがありますが一番光量の少ないLEDのタイプを選ぶのがよいでしょう。暖色系のLEDを使ったタイプもあるので、そこまで明るくならないです!星空を見ている時間は使わないとは言え、帰り道に電池が切れると大変なのでソーラー発電タイプは使わないのが無難でしょう。

いよいよ星空観察

おめあてのスポットに着いたらいよいよ星空観察を始めましょう!一口に観察と言ってもいろんな楽しみ方ができます。

まずはシンプルに夜空を見上げる。

観察するスポットが星空を見るのに適した場所なら、見上げるとそこには最高の星空が広がっているはずです!南の空が開けていればその季節に見ることのできる星座は全部見ることができるでしょう。季節特有の星座は全て南の空を通るので南の空は開けているスポットが絶好のスポットなんです!

双眼鏡を使ってもっと小さな星たちも!

双眼鏡
双眼鏡って風景や鳥を見るためのものじゃないの?と思っている方は多いと思います。実際、バードウォッチングなどでよく使われますが、実は星を見るのにも役立ちます。月の模様もはっきり見えて、裸眼では見えないような光の弱い星まで見られます。星を見るための双眼鏡もあり、星雲まで見られることもあるとか。

天体観測と言ったら望遠鏡!

テラスに置かれた望遠鏡
星を見るなら望遠鏡は鉄板。月のクレーターはもちろん、土星の輪っかや木星の縞模様まで見えます!最近の望遠鏡はシンプルで高性能なものが出てきたため、初心者でも扱いが簡単。望遠鏡を担いでほうき星を探しに行きましょう。

最高のぜいたく!?ハンモック

芝生の上に並んだハンモック
長時間でも眺めていたい星空ですが、ずっと見上げていると首が痛くなることも。そんな時にはハンモックがおすすめです!上を見上げる必要がないので首も疲れず、寝ながら夜空を見れば視界一面に星空が広がっています。ハンモックでゆらゆら揺られながら、視界いっぱいに星空を楽しめるなんて最高のきれいだと思いませんか?ハンモックを持っていくのが難しい場合にはコットを持っていくのもおすすめです。

写真に撮って絶景を持ち帰ろう!撮影のポイントは?

最高の景色はキャンプから帰っても楽しみたいもの!夜空の写真を撮るのが難しいと思っている方に朗報です!一眼レフカメラさえ触ったことのない筆者でも簡単にきれいな夜空が撮影できました。
撮り方など技術的な説明はこちら
最近のカメラはとても性能が良いので少しコツをつかめば簡単に写真が撮れます。詳しく撮り方を知りたい方は記事を読んでもらえばわかるので、今回は「写真を撮る」を楽しむ方法を紹介します!

なにを撮るか、なにと撮るか

きれいな星空

出典:pashadelic.com

星空のみを撮る場合、なにを撮るのかで写真の見栄えは大きく変わってきます。一番見栄えが良いのは天の川。夜空が明るくなるほど無数の星が光っている景色はそれだけで被写体としては十分です!ロケーションが良ければ6月から8月まで見られるのでキャンプシーズンともかぶっていておすすめです。他にもはくちょう座やさそり座などキャンプシーズンには写真映えする星座がいくつもあります。
ライトアップされたテントサイト
しかし、せっかくキャンプに来てるなら、キャンプ感が出ている写真も欲しいところ。そんな時にはテントやランタンと星空を一緒に撮ってみるのはどうでしょうか?明かるい被写体と一緒に写してしまうと、星が写りにくくなってしまいますが、明るい一等星や二等星は写るので「星のきれいなキャンプ場」の写真が撮れます。

どう撮るか

同じ星空を撮るにしても、どう撮るかが違うだけで大きく印象の異なる写真を撮れます。
星が流れる様子

出典:pashadelic.com

1つ目はシャッタースピード。どのくらいの間、シャッターを開けて写真を撮るかを設定できます。長い時間シャッターを開けると動いている被写体が繋がっているような写真が撮れ、短いシャッタースピードなら動いている被写体でも止まった状態の写真に。星が繋がっているような写真はシャッタースピードを遅くして撮っています。
山と星空

出典:pashadelic.com

2つ目はホワイトバランス。ホワイトバランスは光によって色が違って見えるのを補正するためのものです。例えば室内で見た白と、外で太陽の光が当たっている白では同じ白でも違って見えます。それを同じ白に補正できるのがホワイトバランス機能。

星空の写真を撮るときには白色蛍光灯のホワイトバランスに設定するのがおすすめです!太陽光のホワイトバランスに設定して写真を撮ると実際に目で見ている感じに近い星空の写真が撮れますが、白色蛍光灯のホワイトバランスに設定すると夜空が寒色系の色に変わり、「The 宇宙!」という感じの星空が撮れます

写真の好みは人それぞれなので、たくさん写真を撮りながら自分好みの設定を見つけてみてください!きれいな写真を撮っていると、時間を忘れて夢中になってしまいます。筆者は夢中になりすぎていつの間にか朝になってました。

最後に

実はキャンプ場は星空を見れる絶好のスポットです。星空の自分なりの楽しみ方を見つけて、キャンプをもっと楽しみましょう!

この記事で紹介したスポット

キャンプ場画像 野反湖キャンプ場 フォレスト・イン洞川 銀河もみじキャンプ場 めいほう高原キャンプフィールド まぜのおかオートキャンプ場 星に手のとどく丘キャンプ場
キャンプ場名 野反湖キャンプ場 フォレスト・イン洞川 銀河もみじキャンプ場 めいほう高原キャンプフィールド まぜのおかオートキャンプ場 星に手のとどく丘キャンプ場
リンク キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪