インスタ映え必至!キャンプ場は格好の写真スポットだった!!

hinata

>

キャンプ

>

インスタ映え必至!キャンプ場は格好の写真スポットだった!!

インスタ映え必至!キャンプ場は格好の写真スポットだった!!

 キャンプ

最近インスタにもキャンプ場の写真が大量に投稿されているのをご存知ですか?なんと「キャンプ」のハッシュタグ数は10万超え!?キャンプ場はまさしくインスタ映えするおしゃれスポットの1つなんです!そんなキャンプ場で、どんな構図がおしゃれなのか、どんなポイントを抑えればおしゃれな写真になるのか、実際に調査してきました♪


 目次


キャンプ場は絶好の写真スポット

asimo75さん(@hiro1018m)が投稿した写真 -

意外と知られていませんが、実はキャンプ場は絶好の写真スポットなんです!!「キャンプ」のハッシュタグ数、いくらぐらいだと思いますか?あまり馴染みがない人からすると数千程度だと思われるのでは?

実は「キャンプ」のハッシュタグ数は、驚きの382,545件!!日本だけでもこれだけの人がハッシュタグを付けているんです!海外のものを含めると以下のとおり。

キャンプに関するハッシュタグ数(2016年3月21日時点)
・「#キャンプ」・・・ 382,545件
・「#camp」・・・ 3,074,054件
・「#camping」・・・7,283,095件

海外も含めれば、かなりの数のハッシュタグ数があることが分かりますね!「おしゃれな写真を撮りたければ、キャンプに行け!」という名言(迷言)が生まれるのも時間の問題です。

キャンプ初心者はグランピングスポットでパシャリ☆

インスタの写真を見てもらえれば分かりますが、キャンプ場でおしゃれな写真を撮ろうと思ったら、基本的には、こだわりのアイテムをいくつも購入しなければいけません!キャンプ場によっては、キャンプ道具のレンタルも行っていますが、インスタ映えするようなアイテムばかりがレンタルできるとは限りません。

そんなキャンプ道具も持っていないキャンプ初心者におすすめしたいのが、グランピングスポットでの撮影!!テントはグランピング用におしゃれなものを扱っていますし、テントサイトやテントの内装もゴージャスにセッティングされているので、写真撮影にもっていこいなんです♪

今回は、2016年3月19日にオープンしたばかりの「森と星空キャンプヴィレッジ」で実際にhinata編集部が写真を撮影してきたので、その写真をもとにインスタ映えする撮影のレクチャーをしていこうと思います☆

おしゃれ写真の3つの共通点

実は、おしゃれな写真撮影の闘いはキャンプ場に行く前から始まっているんです。筆者は「おしゃれな写真が撮りたい!!」という人間の4大欲求の1つを満たすべく、キャンプが決まってからは寝る間も惜しんでインスタでおしゃれな写真を調べあさりました。

そんな筆者が見つけた、おしゃれ写真の共通点を3つご紹介します♪

1. 青空や緑などのビビッドカラー

@sakkukussaが投稿した写真 -

やっぱりキャンプなんだもの、自然を写してなんぼです!キャンプ道具は基本的に、淡い黄色や茶色などの色味のものが多いですが、そういったキャンプ道具とは対称的に、青空や芝などのナチュラルでありながらビビッドなカラーを写真に入れれば、コントラストがはっきりして一気におしゃれになります☆

@jawscj7が投稿した写真 -

また、上の写真のように、木製のキッチン道具の中にトマトなどの色味がはっきりしている食材を加えるのもおすすめ☆お弁当箱にプチトマトやレタスを入れるのと考え方は同じです!!

2. 太陽・ランタンなどの光

おしゃれ写真を撮るためには、光の活かし方も大切!上の写真は、朝陽をあえてレンズに反射させているのがおしゃれ度MAXです☆

3. ぼかし

yuziさん(@mareblue8)が投稿した写真 -

一点にピントを合わして、背景をぼかすのもおしゃれ写真の王道!特にキャンプ場ではコントラストがはっきりしている場合が多いので、目立つ被写体の方にフォーカスすれば、背景もいい味がでやすいです♪

ピントを合わせている面が立体的に見えるのも「ぼかし」の特徴ですよね。

キャンプ場に着く前に構想を膨らまそう♪

そして、おしゃれなキャンプ写真を撮るためには、事前に撮りたい写真の構図を構想して、戦略を立てておくことが必須!キャンプ場に着いてからいろいろと考えていると、日の高さでも表情を変えるキャンプ場の、一瞬のシャターチャンスを逃してしまうかもしれません。

どんな被写体を撮ろうかな、どんな構図で撮ろうかな、などキャンプに行く前から考えておくと、キャンプ場に着いてからもスムーズですし、何よりキャンプに行く前のワクワク感が倍増するのでおすすめです☆

実際に撮影した写真でポイントをレクチャー♪

hinata編集部が実際に撮影した写真をもとにポイントをレクチャーしていこうと思います!

1.テントサイト

   
   

ほとんど同じ構図の写真でも、当然昼と夜では光の種類によって雰囲気が変わります。特に夕方や朝方は、5分後には色合いが変わってしまうのでシャッターチャンスを逃さないように注意が必要です!

   

上の写真のように低い位置から見上げるように撮ると、写真の中の空の比率を高めることができるのでおすすめです!

2.中からのテントの内装

   

テントの中で、女子会をしている様子の撮り方もレクチャーしちゃいます!

   

テントのメインポールがあるので、写真に写り込まないようにアングルを変えましょう!

   

おしゃれなご飯やランタンの明かりがきれいに写るように、気持ち上から見下ろすように撮るのがポイントです☆

3.外からのテントの内装

   

テント内というのがより分かるように、テントの外から中を撮影した写真です!

   

テントの入り口のシルエットがきれいに見えるように、真正面から撮ることがポイントです。注意するポイントとしては、テントの中心にメインポールがあること!そのまま撮影してしまうと、メインポールが気になってしまいますが、前に人を配置すると違和感なく対処できるのでおすすめです♪

4. ハンモック

   

ハンモックで優雅な一枚を撮りたい!という方も多いのではないでしょうか?

   

ハンモックを撮影するときは、構図に空を入れようと考えると、かなり低い位置からの撮影になります。背景に余分な屋根などが映らないように、撮影する角度を工夫したり、ハンモック自体を移動させてしまいましょう!

5.キャンプサイト全体

   
   

朝夕や人の有無で大きく雰囲気を変えるキャンプサイト全体。キャンプサイト全体を写す時の注意点を教えちゃいます♪

   

構図自体はすぐ決まると思うのですが、サイト全体を撮るときに気をつけたいのは人や車などの映り込み!上の画像にもあるように、トラックが写っているだけで、そちらに目がいってしまいます。(意図せず写り込んでいたんですが。笑)

人や車の位置(有無)、その他被写体以外の目立つものには十分注意し、撮影のタイミングを逃さないように注意しましょう!

まとめ

いかがでしたか?キャンプ場にはおしゃれな写真を撮れるスポットがたくさん!そして、ポイントさえ抑えておけば、キャンプ場でおしゃれな写真を撮るのもそんなに難しくはありません!まずはグランピングスポットで、インスタにおしゃれなキャンプ写真を投稿しましょう♪



あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪