ウォータージャグおすすめ15選!ジャグでキャンプをもっと快適に!

 キャンプ用品

イグルーのウォータージャグ

出典:Amazon

ウォータージャグは、水場の遠いキャンプ場での水汲みの手間を省くためのマストアイテム。各社から販売されていて、おしゃれなジャグも多いです。今回は数あるジャグの中でもおすすめのジャグを紹介します。おしゃれなジャグでキャンプサイトをおしゃれに彩りましょう!


 目次


キャンプの必須アイテム、ウォータージャグ!

ウォータージャグ

出典:Amazon

キャンプをはじめとするアウトドアの必須アイテムといえば、ウォータージャグ。最近のキャンプ施設は水道設備が整っていることが多いですが、手を洗いたいときや、野菜やコップなどをサッと洗いたいとき、いちいち水場まで行くのは手間と時間がかかります。水場が遠いキャンプならなおさら。そんなとき、キャンプサイトに水を貯めておけるウォータージャグが役立ちます。

注意点として、後は完全に水を飛ばさないとカビが生えてしまうことがあります。水以外のジュース等を入れてしまうと洗浄が大変になったりと、使用後のお手入れは念入りにしましょう。

ウォータージャグの選び方

ウォータージャグを選ぶポイントは、容量です。目安としては、4人で1泊2日のキャンプなら8〜10リットル、ソロキャンプで1泊2日なら4〜6リットル程度。ただし、これはあくまで目安ですので自分のキャンプスタイルに合ったものを探してみてください。大容量のジャグは水を入れてから運ぶときに重くて大変です。そんなときはキャリー付きのものを選びましょう。

また、ウォータージャグを分類すると、ハードタイプ・ソフトタイプ・ステンレスタイプ・ガラスタイプの4種類があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分のキャンプスタイルに合ったものを選びましょう!

定番の使い勝手の良いハードタイプ

ハードタイプのウォータージャグ

出典:Amazon

定番はやっぱりハードのプラスチックタイプ。安定感があるため使い勝手が良く、お手入れも簡単です。保温機能がついたものもあります。その反面、重量がありかさばってしまうのが難点。車で行くオートキャンプであれば、重量もそこまで気にならないため、ハードタイプのウォータージャグがおすすめです。

お手入れのしやすさや、設置後の安定感から、初めてジャグを買う方にもハードタイプがおすすめ。ハードタイプを購入した後、もう一つ購入したいと思ったときには、ぜひ他のタイプも検討するとよいでしょう。

タフで保温・保冷が抜群なハードのステンレスタイプ

ステンレスタイプのウォータージャグ

出典:Amazon

ステンレスタイプのウォータージャグは頑丈で、保温や保冷に優れているのが魅力。他のタイプよりも重量がありますが、ふたが二重構造になっているものもあり、夏の暑い日に冷たい水を入れておくには最高のジャグです。ステンレスタイプはシルバーのボディがかっこよく、見た目がシンプルで、どんなサイトの雰囲気にもマッチします!

コンパクトに収納できるソフトタイプ

ソフトタイプのウォータージャグ

出典:Amazon

ソフトタイプは、軽い上に、コンパクトに畳めるのが魅力です。一方で、水を注ぐときにはジャグ自体を傾けなければならなかったり、持ち運ぶ際に不安定になりやすいなど、ハードタイプに比べて手間がかかりますのでご注意を。ソロキャンプなど荷物を少なくしたい方におすすめです。

おしゃれでかわいいハードのガラスタイプ

ガラスタイプのウォータージャグ

出典:Amazon

ガラスタイプのウォータージャグはその見た目のおしゃれさでサイトに映えることまちがいなし!ただ、転倒した際に割れてしまう危険があるので注意が必要です。転倒を防止するためにスタンドなどもありますので、こちらもチェックしましょう。

ハードタイプのおすすめウォータージャグ

定番!カラーリングがおしゃれなigloo(イグルー)ジャグ

赤と黄色のデザインが目を引くおしゃれジャグの定番!多くのキャンパーが愛用するのがこのイグルーのウォータージャグです。さまざまなサイズから選べます。安定感があり使いやすい上に、高性能な保温機能があるため大人気です。

シンプルなツートーンが魅力!CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)のジャグ

レッドとホワイトの色合いがおしゃれなキャプテンスタッグのウォータージャグ。容量が大きめなことと、丈夫なつくりになっていることが魅力です。容量が13リットルと18リットルのものがラインナップ。大人数でキャンプへ出かける方におすすめです。

コンパクトで使いやすいDOD(ディーオーディー)フツーノタンク

1泊のキャンプにちょうど良いサイズのウォータージャグ。容量は10Lと満タンにしても重くなりすぎず、持ちやすい取っ手もあり、扱いやすいです。カラーもカーキでサイトのレイアウトにも映えます!

人と差がつく!個性派でおしゃれなSOTO(ソト)ウォータージャグ

SOTOの三角型のウォータージャグ。個性派なデザインでベテランキャンパーに人気です。横向きに置いても縦向き置いても使えるので、テントサイトに合わせた使い方ができるのがうれしいポイント。上面が広くなっているため、このジャグの上に物が置けて大変便利です。

たっぷり容量がうれしい!Rubbermaid(ラバーメイド)のウォータージャグ

一番小さいサイズでも11リットルというとにかく大容量なウォータージャグ。パーティーやイベントで大活躍します!シンプルで無駄のない形状。ベテランキャンパーに人気のジャグでもあります。

ディズニー好き必見!CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)のディズニージャグ

キャプテンスタッグからは、ディズニーとコラボしたとってもかわいいジャグシリーズが販売されています。ダンボやプーさん、白雪姫などさまざまなキャラクターが登場!女の子なら誰もが気になる可愛さです。ぜひお気に入りのキャラクターをゲットしてください。

ステンレスタイプのおすすめウォータージャグ

木製スタンドがついておしゃれなsnow peak(スノーピーク)のステンレスジャグ

スノーピークのステンレスジャグです。見た目はミルクタンクのようでおしゃれ。どんなキャンプサイトにも合うこと間違いなしです。大口の注ぎ口は、水を入れやすいだけではなく、お手入れの際に手を入れて内部を洗う際にもやりやすいできます。

保冷効果抜群なMLIMA(リマ)のステンレスジャグ

リマのステンレスジャグでは、さびにくい高級スレンレスを内側と裏ぶたに使用しており、清潔に使用できます。また、水漏れを防止するために大型パッキンを使用。保冷だけでなく保温能力もあるため、冬のキャンプでお湯をためて、洗い物時にお湯を使えます!

高級感あるmarchisio(マルキジオ)のウォータージャグ

元々はオリーブオイルを入れるためのオイルドラムですが、ウォータージャグとしても利用可能なジャグ。ステンレス製にもかかわらず、重量が1.63kgと軽量なのも魅力です。

ライトグリーンが特徴!North Eagle(ノースイーグル)のステンレスジャグ

North Eagle(ノースイーグル)から出ているステンレスタイプのジャグです。ライトグリーンとステンレスのシルバーで、シンプルだけどかわいいデザインになっています。高級感と清潔感が人気の商品です。

ソフトタイプのおすすめウォータージャグ

キャリーベルト付きキャプテンスタッグのウォータージャグ

広口のソフトウォータージャグなので、中まで手が入り丸洗いでき衛生的。またソフトウォータージャグでは珍しく、キャリーベルトが付いてるので持ち運びに便利です。

ソロにおすすめバンドックのウォータージャグ

重量が80gと非常に軽く、容量も7Lとコンパクトなウォータージャグ。1泊7Lということで、ソロキャンプにピッタリです!

取っ手付きハックのウォータージャグ

取っ手付きなので、水を入れた状態でも持ち運びが安定します。満タン時が5.5Lとソロやデイキャンプなどであれば十分な容量。本体が蛇腹になっているので、収納するときも簡単にコンパクトにできます。

ガラスタイプのおすすめウォータージャグ

スタンド付きCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)のウォータージャグ

便利なスタンド付きのウォータージャグ。スタンドはひっくり返すことで、HiとLowの2段階の高さに変更できる優れものです。ハーブやフルーツを入れて季節のフルーツウォーターも作れます。

小ぶりなNewtopia(ニュートピア)のウォータージャグ

容量3.5Lと、小ぶりなウォータージャグ。専用のスタンドも付いていてキャンプ以外にホームパーティーなどでも使えるおしゃれなアイテムです。

ジャグスタンドのおすすめ

コンパクトなキャプテンスタッグのジャグスタンド

キャプテンスタッグのジャグスタンドは、コンパクトに折りたたむことが可能。また複数のフックが付いており、マグなどをつるしておくことができて便利です。

木製のFIELDOOR(フィールドア)ジャグスタンド

3枚の木製パネルを組み合わせただけのシンプルなジャグスタンド。ジャグスタンドとしては十分な80kgの耐荷重があります。収納時は簡単に分解して持ち運べます。

▼ジャグスタンドを詳しく知りたい方はこちらもクリック

ウォータージャグを持ってキャンプに行こう!

ウォータージャグ

出典:楽天

自分のキャンプスタイルに合ったウォータージャグは見つかりましたか?用途や人数に合ったジャグを探すだけでなく、ぜひデザインにもこだわってお気に入りのジャグを探してみてください。そのジャグを持って、キャンプをもっと便利に、もっとおしゃれに、もっと華やかに楽しみましょう!

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪