【アンティークストーブ】アウトドアでも家でもニッセンのSS-6がおすすめ!

hinata

>

キャンプ

>

【アンティークストーブ】アウトドアでも家でもニッセンのSS-6がおすすめ!

【アンティークストーブ】アウトドアでも家でもニッセンのSS-6がおすすめ!

 キャンプ

出典:hinata編集部

もうすっかり冬本番。一日中暖房が手放せなくなってきましたね。 ひとくちにストーブと言っても、その種類は数え切れないほどありますが、製造から約40年たっても、未だにキャンパーに人気のアンティーク石油ストーブがあるのです。

1976年製造のアンティークストーブ

   

日本船燈株式会社(通称:ニッセン)という船の灯りを製造する会社がつくった、こちらのストーブ。その名も『SS-6』。こちらのSSシリーズは、SS−1からSS—6まであり、このSS−6の製造は1976年。今から約40年前に作られたアンティークストーブですが、昭和アンティークとして飾るだけでなく、未だに暖房器具として愛用している方の多い石油ストーブです。

ホウロウで出来た丸いフォルム

   

出典:hinata編集部

SS−6の特徴とも言える丸みを帯びたオフホワイトのボディーは、ホウロウで出来ているので、煤などで汚れがついた時のお手入れが楽ちん。このストーブには点火装置がなく、マッチで火をつけるタイプなので構造がとてもシンプル。そのため、壊れにくく、初心者でも簡単に分解してお掃除ができるストーブなのです。

見た目の可愛さだけじゃない、SS−6の魅力とは?

   

今はもう製造されていないこのストーブですが、オークションに出品されると15000円から、状態によっては35000円ぐらいで取引されています。 というのも、こちらのストーブ、見た目の可愛さだけでなく、実はそのパワーが凄いんです。

アウトドアで使われる石油ストーブにも何種類かありますが、その中でも火力はトップクラス。現在新品で手に入る『アラジンストーブ』や『フジカストーブ』の火力が2500kcal前後なのに対して、こちらのSS−6は約5000kcalと2倍!! 現在家庭用に販売されている、一般的な9畳用の石油ストーブが2100kcalということですから、SS-6なら20畳ぐらいの空間が1台で暖められる計算になります。

キャンパーにも大人気

   

アウトドアで使える石油ストーブの中で同クラスのパワーを誇る『武井ストーブ』は、点火前に余熱が必要だったり、ポンピングして圧を加える作業をしなくてはならず、使いこなすには技術のいる玄人向け商品。点火に失敗すると火が出てしまうので、屋内で使用するには不向きです。 ですが、このSS−6なら自宅でもアウトドアでも、マッチで簡単に点火できます。 タンクも大きめなので、連続燃焼時間は約10時間。冬の軽井沢でもこれ1台で快適なキャンプが出来たので、そのパワーは実証済みです。

それでいてサイズも案外コンパクト。下の赤いタンク部分の幅が39cm×39cmなので、キャンプに持ち出す時には、我が家では助手席の足元にちょうどぴったり収まってくれています。

アンティークストーブはどこで手に入るの!?

   

日本船燈のアンティークストーブは、SSシリーズ以外にもいくつか種類がありますが、いずれも状態の良いものは希少価値が高く、オークションなどで高値で取引されています。それでも、もしも、これが欲しい!!と思ってしまったら、リサイクルショップを回って掘り出し物を探し当てるか、オークションで落札する他ありません。 東芝からSS-6のOEM商品(東芝KSW−572、KSW−372、KSW−50HS)が発売されていますが、タンク部分の色が東芝製はチョコレート色。こちらの製品も現在製造は終了しているので、やはり中古で探す他はありません。

それでも、手に入りにくいからこそ、やっと手に入れられた時の感慨はひとしお。毎年きちんとメンテナンスしてでも、長く長く使い続けたい愛着のある一品になると思いますよ。


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

ストーブ
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner