キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜もっとそとが好きになる〜
塩もみナスの香味油がけ

ビールが進む!「塩もみナスの香味油がけ」のレシピ

※本記事には一部プロモーションが含まれます

料理研究家の植松良枝さんに「旬食材でつくるキャンプおつまみ」を教わる連載の第11回は、「塩もみナスの香味油がけ」を紹介します。下ごしらえを自宅ですませれば、キャンプ場では香味油をつくるだけ。桜エビとゴマ油が香ばしい、初夏にぴったりのレシピです。

植松良枝

監修者

料理研究家

植松良枝

  • Instagramアカウント

料理教室「日々の飯事」を主宰。季節を取り入れながら暮らすスタイルが人気。野菜づくりは今やライフワークとなっていて、野菜を多く使ったシンプルな料理が得意。週末は自宅のテラスでおうちキャンプを楽しむ。著書に「バスクバルレシピブック」(誠文堂新光社)、「一度は使ってみたい野菜で、何度でもつくりたいレシピ」(プレジデント社)など公式HP

続きを読む

香りもごちそう!「塩もみナスの香味油がけ」

塩もみナスに香味油をかける様子
前回は、ホットサンドメーカーで「焼きナス」をつくりました。今回も6月の旬食材「ナス」でつくる、「塩もみナスの香味油がけ」を紹介します。ゴマ油とショウガ、桜エビの香ばしい香りが調理中から食欲をそそるので、乾杯が待ちきれない最初のおつまみにおすすめです。 今回のレシピは、ナスに火を通さない簡単&時短なものです。塩を使ってナスの水分を抜き、味を染み込ませるのがポイント。塩もみは自宅でやっておけば、キャンプ場では熱々の香味油をつくる5分ほどの工程で完成します!熱伝導率の良いシェラカップを使ってつくると、あっという間に油が沸騰するので、さらに時短でできます。

材料(2人分)

「塩もみナスの香味油がけ」の材料
  • ナス 2本
  • 桜エビ 50g
  • 小口ネギ 50g
  • ショウガ(千切り) 1/2片
  • 塩 ひとつまみ
  • ゴマ油 大さじ3

作り方(調理時間15分)

1. ナスの皮をむき、斜めに切る

ナスを斜めに切っている様子
ナスの皮をストライプ柄にむき、縦に半分に切ったら横向きに置いて1.5cm幅ほどの厚さになるよう斜めに切ります。
person icon

植松さん

皮を全てむいてしまうと、きれいな色に仕上がりません。しかし逆に皮をむかないと口当たりが悪くなってしまいます。半々のストライプにむくことで、色みも口当たりもちょうど良くなります

2. 塩をふりかけてなじませる

ナスをジッパー付き保存袋に入れて塩をかける様子
1をジッパー付き保存袋に入れ、塩を小さじ2/3(分量外)ふりかけて袋の中でよく混ぜ合わせます。ジッパーを閉じたら、ナスがしんなりするまで置きます。
person icon

植松さん

ここまでの作業は自宅でやってきてOK。クーラーボックスに入れて冷やしておくと、おいしく仕上がります

3. ナスの水気を絞る

ナスの入ったジッパー付き保存袋の角をハサミで切る様子
10分以上経ったら2の保存袋の角をハサミで小さく切ります。そのまま水分をよく絞り出し、ナスを皿に盛りつけます。

4. 香味油をつくる

シェラカップでごま油と千切りショウガを熱している
ゴマ油をシェラカップに入れ、ショウガを加えて沸騰するまで中火で熱します。
person icon

植松さん

熱伝導率の良いシェラカップを使えば、あっという間に沸騰します。カップの取手が熱くなるので、ふきんなどで押さえて。火傷には注意してください
シェラカップに桜エビ、ネギを加えた様子
桜エビと小口ネギ、塩を加えます。よくかき混ぜたら、具材に火を通しすぎないようにさっと火を止めます。

4. 香味油をかける

塩もみナスに香味油をかけている様子
ナスに熱々の香味油をまわしかけたら完成です。

ビールにぴったり!香ばしいナスのおつまみ

塩もみナスの香味油がけとビールが食卓に並んでいる
ビールの苦味に、桜エビのうまみと香ばしい油をまとったナスがよく合います。エビのカリカリとした食感と、ナスのしんなりした歯触りのコントラストも楽しいおつまみです。つややかなナスの色にエビの桜色とネギの緑のコントラストが鮮やか。シンプルな塩味なので、バーベキューの箸休めにもおすすめです。

今回のキーアイテム

アルファベットや数字、記号など、文字が底に刻印された、かわいいシェラカップ。全部で57種類もあり、自分や家族、推しのイニシャルが集められるコレクション性の高いアイテムです。プレゼントにはもちろん、パーティーのメッセージガーランドにも使え、「SNS映えする」と人気を集めています。 もちろん見た目だけでなく、機能性も折り紙つき。100~250mLまでの50mL刻みで計量可能で、さびにくく頑丈なステンレス製です。直火で使用でき、クッカーとしても食器としても使えるため、何個あっても困らない便利なアイテムです。
撮影/宮本信義 スタイリング/河野亜紀

旬を作って食って飲む

キャンプでは地元で採れる食材や、旬の幸を味わいたいですよね。「旬を作って食って飲む」では、野菜を使う料理を得意とする人気料理研究家の植松良枝さんに、旬の食材でつくるおつまみを教わります。お酒と料理のフードペアリングも必見です!


特集・連載


あわせて読みたい記事