キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

【みんなの#ひなたごはん】夏キャンプで食べたいそうめんレシピ

そうめんアレンジレシピ

暑い日が続き、涼を感じる料理が欲しくなる季節。夏の定番料理といえば、そうめんです!いつも普通に食べるだけは飽きてしまうそうめんも、アレンジを加えればあっという間に新鮮な絶品メニューに変身。今回は、Instagramで「#ひなたごはん」をつけて投稿してくれた人の中から、厳選したレシピを紹介します。

夏の定番料理、そうめんで夏のキャンプ飯をおいしく!

簡単アレンジから本格派まで!みんなのそうめんアレンジ

夏になると食べたくなる、そうめんです。今回は、簡単アレンジしたものから、本格的なアレンジまで、Instagramで「#ひなたごはん」を付けて投稿してくれた人のなかから選りすぐりのレシピを紹介します。夏のキャンプ飯のレパートリーに加えてみてください!

簡単に彩り良く!そうめんアレンジ3選

子どもに大人気!ひと口そうめんレシピ

【材料】(幼児2人を含む4人分) ・流水麺 2〜3パック ・金糸卵 2個 ・茹でオクラ 6本 ・ミニトマト 8個 ・ハム 1パック ・ブロッコリースプラウト 1パック ・めんつゆ 適量 ※実際に盛り付けている分量は適量。盛り付けのバランスを見ながら調整し、余った分は別の皿などに移しています。 【作る手順】 ①流水麺を水でさっとほぐす ②フォークとスプーンを使って、くるくると一口サイズに巻き、盛り付ける ③切ったトマトやオクラなどの具材をそうめんの上に載せる 【ワンポイントアドバイス】 その場でカットするだけで食べられる食材を用意。トッピングは子どもが好きなものを選びました。また、子供が楽しんで食べられるように、かわいい一口サイズにカット!
person icon

@irodori_masakiさん

くるくると頑張った甲斐があり、いつもより子ども達もたくさん食べてくれました。が、夫には物足りなかったようで、くるくるする前の麺を大口で頬張ってました!

すだちでさっぱり!そうめんレシピ

【材料】(1人分) ・そうめん50g ・すだち 1個 ・七味 適量 ・めんつゆ 大さじ2杯程度(好みの濃さになるまで水で薄めます) ・薬味ねぎ 少量 ・きざみのり 少量 ・氷 適量 【作る手順】 ①鍋にそうめんが浸かるくらいの水を入れ、沸騰したお湯にそうめんを入れる。 ②軽く箸でほぐしながら1分半〜2分ゆでる ③ジャグの水を使用し、手早く水洗いする ④ゆで上がったそうめんをザルに移し、水気を取る ⑤輪切りに切ったすだちと氷をのせて完成 ⑥お好みで薬味を載せる 【ワンポイントアドバイス】 そうめんは火加減が大切なので、風の強い日は、ガスの火力が弱くならないようウインドスクリーンを使用するのがおすすめ。盛り付けは、夏の暑さの中でもさっぱり食べれるように、すだちと氷で涼しげな盛り付けにしました。
person icon

kuma_campさん

すだちの酸味で後味さっぱり!おいしくいただきました。

金魚に見立てたパプリカが涼しげ。そうめんレシピ

【材料】(3人分) ・そうめん 5束 ・パプリカ 赤黄色 適量 ・オクラ 適量 ・めんつゆ 適量 ・ゴマ、万能ねぎ 適量 ・ロック氷 【作る手順】 ①パプリカを金魚の型抜きでくり抜く ②万能ねぎを切っておく ③めんつゆに切った万能ねぎゴマを入れておく ④そうめんをゆでる ⑤ゆであがったらザルにあけ、冷水でもみ洗いする ⑥桶に氷と水をはり、そこへそうめんをいれる ⑦そうめんの上に金魚の型抜きをしたパプリカ、オクラを散りばめる 【ワンポイントアドバイス】 そうめんはあっという間にゆで上がるので、下準備をしっかりとやっておきます。桶に流したそうめんの上に彩り良くパプリカ金魚を散りばめましょう。
person icon

megu_mikiさん

そうめんの味は至って普通ですが、金魚が泳いでるかのようで涼しさを感じられました。「金魚のパプリカがかわいく楽しめ、雰囲気が良かった」と好評でした。

もう一手間!そうめんアレンジレシピ4選

揚げナスと豚しゃぶの絶品コンビ!そうめんレシピ

【材料】(2人分) ・そうめん 2束 ・冷えた麺つゆ300CC(好みのつゆで) ・ナス 1本(大きめ) ・豚こま100g(塩こしょうで味付け) ・薬味(鰹節、大葉千切り、しょうが) お好みで 【作る手順】 ①そうめん用のお湯を沸かす ②沸かしている間にナスを縦半分に切り、斜めに何本か切り込みを入れ、さらに半分にする ③フライパンに油を1センチほど入れ、ナスと豚こまを揚げ焼きし、油を切る ④そうめんはゆでたら冷たい水にさらし、水分をよく切り器に盛る ⑤キンキンに冷やした麺つゆをかけ、ナスと豚肉、薬味を盛り付けて完成 【ワンポイントアドバイス】 そうめんはよく冷やすこと。ペットボトルの水を凍らせて持って行けば、そうめんを水にさらす時に氷水の状態になっているので便利です。素麺はつゆが薄まらないようによく絞りましょう。
person icon

taro_sama500さん

暑い時期のそうめんはあっさりしていておいしいです。ただ、味が単調なので食べ進むと飽きてしまいますか。具材や薬味があることで、味に深みが出て最後までおいしく食べられます。

絶品の組み合わせ!そうめん×夏野菜の天ぷらレシピ

<夏野菜の天ぷら> 【材料】(2人分) ・パプリカ 1/3個 ・ナス 1/2個 ・アスパラ 2本 ・オクラ 2本 (下処理) ・パプリカは短冊切り ・ナスは輪切りか縦にスライス ・縦に切る場合は、皮の部分に切れ目を入れる ・アスパラは3等分 【作る手順】 ①メスティンに油を底から3cm位になるまで入れて温め、その間に天ぷらの衣作りをします。 ②衣を作ります ・シェラカップに天ぷら粉を少しづつ入れ水を足します。 ・必要最低限で良いので少量づつ入れます。 ・水の量は混ぜてちょっと緩めのカレー位にする。 ※大量に余ると、捨てるのが大変なので、足りなくなったら、その度に天ぷら粉と水を足して調整するのがおすすめ。 ③油の温度は温度計で160度位が目安。キャンプでは嵩張るので、②の衣を1滴垂らし、すぐに泡と共に浮いてきたら適温。下処理した夏野菜を②の衣にくぐらせ、90〜120秒揚げます。メスティンでやると油の量が少なく、温度も下がりやすいので、少量ずつ揚げるのがポイント。 ④揚がったら皿にキッチンペーパーを敷き、その上に取り込んで余分な油を落とします。 【ワンポイントアドバイス】 天ぷらを作る注意点として、天ぷら粉と水を混ぜるのは揚げる直前。混ぜ過ぎないのがポイントて。太い箸で叩くように混ぜるのですが、キャンプならスプーン2本で叩くように軽く混ぜます。 <そうめん> 【材料】(2人分) そうめん(真砂喜之助製麺所の小豆島手延べ素麺) 300g 【作る手順】 ①沸騰したお湯で1分ゆでる ②ざるや皿に盛り付ける 【ワンポイントアドバイス】 薬味は刻みネギと刻みオクラで。オクラは麺とゆでてから刻みます。ネギは自宅で事前に切ってタッパーに入れておくと、時短になります。
person icon

@heartful_imageさん

外の暑さと素麺のひんやり感が火照った体を冷ましてくれます。旬の野菜の天ぷらも揚げたてだとサクサクで最高においしいですし、何より自分の好きな景色を見ながらいただけるのはもう堪りません!

イタリアン風?!そうめんアレンジレシピ

【材料】(2人分) ・ナス 1本 ・ズッキーニ 1本 ・玉ネギ 1/2個 ・赤パプリカ 1/2個 ・黄パプリカ 1/2個 ・ベーコン50g ・ニンニク 1片 ・トマトソース 200g ・コーン 適量(彩り程度に) ・ブロッコリー 適量(彩り程度に) 【作る手順】 ①野菜とベーコンは食べやすいサイズ(1cm程度)に切る ②フライパンにオリーブオイルをひき、すりおろしニンニクを炒める ③先に玉ねぎとベーコンを入れ、その後に野菜を炒める ④トマトソースを入れ20分ほど煮込む ⑤塩コショウで味付けし、粗熱がとれたらゆでたそうめんに盛り付ける 【ワンポイントアドバイス】 野菜は食べやすいサイズに小さくそろえて切ります。コーンとブロッコリーは下ゆでし、後で盛り付けるとカラフルに仕上がります。
person icon

wonder2_1014さん

いつものそうめんに飽きたら、ちょっと変わったそうめんも良いと思います。

たまごが決め手!そうめんアレンジレシピ

【材料】(2人分) ・そうめん 3束 ・卵 2個 ・小ネギ 適量 ・ゴマ 適量 ・めんつゆ(2倍) 適量 ・ゴマ油 適量 【作る手順】 ①そうめんを1分半ゆがき、冷水でしめる ②ネギとゴマかける ③盛り付けたそうめんの真ん中に穴を開けてたまごを割る(お好みで卵黄でも良い) ④めんつゆ(2倍)と、ごま油を好きな量かける 【ワンポイントアドバイス】 そうめんをしっかり冷水で締め、卵を載せる前に真ん中に穴を開けておくことがポイント。
person icon

pucakreさん

暑い日のテント設営後、疲れている時に食べると、冷たくて思わず「うまっ!」と言ってしまいます。

夏のキャンプ飯は、そうめんアレンジで楽しもう!

簡単なレシピから、一手間加えたそうめんアレンジまで全8レシピを紹介しました。いつもとは違うそうめんを食べたくなったら、気になるレシピを参考にしてみてください。素材がシンプルでも、アレンジは無限に楽しめます!
 最終更新日:

あわせて読みたい記事