hinata

>

キャンプ用品

>

ストーブ

>

煙突付きのテンマクウッドストーブは冬キャンプの必需品!

煙突付きのテンマクウッドストーブは冬キャンプの必需品!

キャンプ用品

ウッドストーブ

出典:Amazon

寒いシーズンのキャンプにおいて防寒対策は欠かせません。さまざまな暖房器具がありますが、暖房と調理器具を兼ねる優秀なアイテムといえば薪ストーブ。今回は、1台あるだけで暖かさだけでなく調理器具として唯一無二の存在となるテンマクのウッドストーブを紹介します。

目 次

ウッドストーブとは

ウッドストーブとは

出典: Amazon

ウッドストーブは屋外だけでなく、テント内でも使用できる小型の暖房器具です。薪や小枝、木の葉も燃料となるためネイチャーストーブとも呼ばれます。キャンプにおいては暖房器具としてだけでなく、お湯を沸かしたり簡単な料理なども作れるグリルのように使用できる多機能さが魅力です。

テンマクのウッドストーブの魅力

暖房器具だけでなく調理器具としても優れたテンマクのウッドストーブ。その魅力を見ていきましょう。

二次燃焼できる

ウッドストーブの魅力

出典: Amazon

テンマクのウッドストーブの円柱状の形は、内部で二次燃焼するように設計されています。二次燃焼とは燃やした燃料から出た煙をさらに燃やし、より効率的に燃焼し続けるよう調整された仕組みです。

円柱形のため他メーカーの箱型のようにコンパクトに収納することはできませんが、少ない燃料でも強い火力を発揮できます。

組み立てが簡単

一見して組み立てが大変そうに思われる薪ストーブですが、テンマクのウッドストーブは組み立ても容易な設計です。工具を使わずかんたんに設置が可能で、本体の脚の開閉はワンタッチで解除・自動ロックされます。足を広げた後に、煙突・ロストルを取り付けるだけで設置完了するお手軽さも魅力です。

調理と焚き火が同時にできる

ウッドストーブの売りのひとつが調理機能です。テンマクのウッドストーブの天板は取り外せるため、強い火力が欲しいときに直火で調理ができます。また調理もできる焚き火台と違い、衣類や食材に煙や燃えカスが当たらない点も快適です。天板を外せばすぐに直火調理ができるウッドストーブによって、アウトドアで作れるメニューの幅も広がるでしょう。

ソロキャンプのマストアイテム!テンマクのウッドストーブおすすめ3選

テンマクのウッドストーブはS・M・Lの3種類。寸法はもちろん重量の差が大きいため、ソロかファミリーか、もち運びはバイクか四輪など使用する条件や環境をよく考えてチョイスしましょう。

テンマクのウッドストーブのカスタム品おすすめ7選

そのままでも使えるウッドストーブですが、オプションパーツでさらに利便性が向上します。

テンマクのウッドストーブの注意点

ウッドストーブの注意点

出典: Amazon

初心者にも使いやすいテンマク製のウッドストーブですが、いくつか注意点もあります。使用前に確認しておきましょう。

必ず軍手をして作業する

ステンレスやチタンのウッドストーブはサビの心配は少ないですが、手の皮脂がついたまま加熱すると焼け跡になることがあります。また、初めて使う新品には製造時についた油分が残っていることもあるため、やはり軍手をつけての作業が無難です。

火を起こす際は温度計を準備

温度計

出典: Amazon

ウッドストーブは自身で適切な量の薪を入れて温度を調整します。このとき過度に温度が上がり過ぎると薪ストーブ本体が熱でゆがんだり壊れてしまいます。灯油ストーブやガスストーブのように温度調整できないため、温度計を準備しておきましょう。

転倒しないようにしっかりと固定する

ウッドストーブ本体は基本的には脚だけでしっかり立つ構造ですが、長い煙突が上まで伸びますので、そのままではどうしても不安定です。そのため使用時には足を地面にペグダウンして固定しましょう。また煙突の先端パーツには固定用ロープを結ぶ金具もついています。この金具にロープをそれぞれ結び地面にペグダウンすることで、煙突も十分安定します。

テンマクのウッドストーブを使ってソロキャンプをもっと快適に

ウッドストーブを選ぶ際は、調理に使用するのか、焚き火として使用するのかなどの目的を決めましょう。調理をしないのであればさらにコンパクトなウッドストーブが便利ですが、調理にも使いたいのであればテンマクのウッドストーブはコンパクトさと調理性能を兼ねた相棒としてきっと活躍してくれます!

今回紹介したアイテム

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


関連するキーワード

ストーブ

おすすめのキーワード