キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

機能性抜群なノースフェイスのソロテントおすすめ4選!カスタムアイテムも紹介

テント

出典:Amazon

アウトドアブランドとして有名なノースフェイス。今回はノースフェイスのソロテントに注目してみます。人気のソロテントをピックアップして紹介。持ち運びに適した軽量な作りや、通気性・防風性などの機能や特徴、初心者でも設営しやすい構造といったテントの魅力を解説します。

ノースフェイスのソロテントの魅力

ノースフェイスのソロテントにはソロキャンパーやバイクキャンパーにおすすめのポイントが多数。特に注目すべき魅力を解説します。

平均2kgと軽量で持ち運びやすい

テント

出典:yahoo

下記のピックアップで紹介しているテントは平均約2kgと軽量な作りです。同じノースフェイスのテントでもワオナ4が5.3kg、ジオドーム4が11kgなので、比べてみてもかなりの軽量化を成功させているのが分かります。テントはすべてコンパクトにまとめて専用の袋に収納できるので、持ち運びも楽々。 この中でも特に軽量なテントがストームブレーク1で、その重さはわずか1.4kg!女性キャンパーやバイクキャンパーにぴったりで、また少しでも荷物の軽量化が望ましい登山でも活躍します。

メッシュ生地のため通気性がよく、夏でも快適

テント

出典:Amazon

エコトレイル2Pとストームブレーク1は、インナーテントの半分ほどの面積にメッシュ生地を使用しており、通気性抜群です。湿気や虫の侵入も防ぎ、夏のキャンプには欠かせません。上に被せるフライシートには、雨や結露の侵入を防ぐシームシーリング加工が施され、雨天にもしっかりと対応。 ソロ用テントは軽量化を図るためシングルウォール(1枚のシートのみでできたテント)タイプが多い中で、ピックアップで紹介しているすべてのテントは、インナーテントとフライシートが分かれたダブルウォールタイプです。耐風性もあり、フライシートとインナーテントの間を空気が通るので、雨でも通気性は確保。快適なテント空間を実現しています。

設営時間はわずか10分!

テント

出典:yahoo

テントによって違いはありますが、ピックアップされているテントはどれも設営が簡単で、説明書を見れば間違うことなく短時間で設置できます。ポールはいくつかのパーツに分かれていますが、あらかじめロープで繋がっているのでそのままはめ込むだけ。 ストームブレークを例にあげると、組み立てた2本のポールを交差させるように、インナーテントの四方のすみにある穴に差し込んでフレーム完成。あとはインナーテントのフックをポールに引っかければインナーテント部はできあがります。あとはフライシートを被せて、ペグで地面に固定するだけ。初心者でも10分ほどで設営でき、慣れれば5分設営も可能です。テント設営の入門編としてもおすすめです。

ノースフェイスのソロテントおすすめ4選

代表的なソロテントをピックアップ。それぞれ魅力的な特徴があります。どのタイプが自分のスタイルに向いているのか吟味しましょう。

ノースフェイスのソロテントと一緒に購入!おすすめキャンプ用品

ソロテントを使うならぜひ一緒に持ち込みたいアイテムも紹介します。

ノースフェイスのソロテントを購入し、ソロキャンプを楽しもう!

テント

出典:Amazon

通気性や拡張性など、どれも魅力的なノースフェイスのソロテント。ソロキャンプやバイクキャンプにはぜひノースフェイスのソロテントを使ってみてください! ▼こちらの記事もどうぞ

今回紹介したアイテム

商品画像エコトレイル2Pエバカーゴ2ストームブレーク1ホームステッド ルーミー 2ホームステッドシェイド ケルプタンジェイステイク M
商品名エコトレイル2Pエバカーゴ2ストームブレーク1ホームステッド ルーミー 2ホームステッドシェイド ケルプタンジェイステイク M
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事