ガスバーナー人気おすすめ12選!選び方やブランドを解説

 キャンプ用品

アウトドアでガスバーナーを使っている画像

出典:PIXTA

アウトドアの料理シーンで大活躍するガスバーナー。簡単に着火でき、コンパクトで持ち運びに優れたガスバーナーも多くあります。この記事ではそんなガスバーナーの種類や選び方、おすすめのアイテムを紹介します。


 目次


キャンプに欠かせないガスバーナー!

ガスバーナーの画像

出典:PIXTA

キャンプなどのアウトドアをする際、キャンプ料理を楽しみにしている方は多いと思います。ですが、バーベキューコンロを持って行くのは大変。そんな時大活躍するアイテムが、ガスバーナーです。ガスバーナーはコンパクトで携帯性に優れており、場所を選ばず簡単に着火できる便利なアイテム。ソロキャンプではもちろん、グループでのキャンプや登山シーンにもおすすめです。

アウトドアで大活躍のガスバーナーの魅力

キャンプ料理の際に大活躍

ガスバーナーを使ってキャンプ料理をしている人の画像

出典:PIXTA

ガスバーナーはアウトドアで料理をする際に大活躍します。燃料となるガスを装着して、火を付ければすぐに使用可能です。そのため、火を起こすための準備も必要なく、料理をしたい時やお湯を沸かしたい時にすぐに使えます。十分な火力があり、数分でお湯を沸かせますし、しっかり料理も楽しむことが可能です。

焚き火や火起こしにも活用可能

ガストーチを使って炭に火を付けている画像

出典:PIXTA

ガスバーナーは料理やお湯作り以外にも、焚き火の火起こしとしても使用可能です。焚き火をする際には着火材にライターなどで火を付けて、木材に着火させることがあると思います。しかし、木材に火をしっかり移すのは中々大変。そんな時、ガスバーナーを使うと火力が強く、一点に集中して火を付けられます。太めの木材にガスバーナーを使って火を移し、火種にして焚き火をすると火が起こしやすいです。

ガスバーナーの種類

シングルバーナー

SOTOのシングルバーナーの画像

出典:Amazon

シングルバーナーはコンロが1つ付いているガスバーナーのことです。コンパクトに収納でき、携帯性抜群。ソロキャンプはもちろん、登山など荷物を最低限に抑えたい時におすすめです。またバックパックにも収納できるサイズ感なため、便利に持ち運びできます。ツーリングキャンプにもおすすめです。

ツーバーナー

ユニフレームのツーバーナーの画像

出典:Amazon

ツーバーナーはコンロが2つ付いたガスバーナーのことです。シングルバーナーと比較するとコンロが2つ付いている分、サイズは多少大きくなってしまいます。ですが、コンロが2つ付いているため、家庭のキッチンコンロのように使えて料理をより快適に行うことが可能。ツーバーナータイプはグループキャンプの際におすすめです。

ガストーチ

SOTOのマイクロトーチの画像

出典:Amazon

ガスバーナーにはコンロ型ではなく、ノズルの先端から火を出すバーナーのガストーチという種類もあります。ガストーチはライターのように手軽に使え、焚き火の火起こしや食材の表面を焼きたい時に便利に使用可能。ガストーチも1つ持っていたら、アウトドアの料理や焚き火シーンで便利に使えるため、おすすめです。

ガスバーナーの選び方を解説

用途に合わせてガスバーナーの種類を選ぶ

SOTOのシングルガスバーナーの画像

出典:Amazon

ガスバーナーを選ぶ際には自分のアウトドアスタイルや人数に合わせて、より快適に使えるものを選びましょう。ソロキャンプや2人の少人数キャンプ、また荷物を極力コンパクトにまとめてアウトドアをしたいという方はシングルバーナーがおすすめ。グループキャンプや料理をこだわって本格的に行いたいという方にはコンロが2つあるツーバーナーがおすすめです。

一体型か分離型か

プリムスの分離型ガスバーナーの画像

出典:Amazon

一体型のガスバーナーか、分離型のガスバーナーかという点もガスバーナーを選ぶ際のポイントです。一体型のガスバーナーは燃料となるガス缶をバーナーに直接装着するタイプで、分離型のガスバーナーはバーナーと分離してガス缶を装着対応です。

一体型のガスバーナーはサイズがコンパクトで軽量な点が魅力のポイントです。しかし、ガス缶が一体化しているため、鍋などを高い火力で熱しているとガス缶に熱がくわわってしまう可能性があるため、注意が必要です。

分離型のガスバーナーは安定感があり、キャンプテーブルの上でも安心して料理ができます。また、ガス缶が分離されているため、高い火力で料理をしていてもガス缶に熱が伝わる心配もありません。しかし、一体型バーナーと比較するとガス缶とバーナーが分離している構造なため、サイズが大きいという点もあります。

OD缶か、CB缶か

ユニフレームのCB缶の画像

出典:楽天

ガスバーナーを選ぶ際にはどのガス缶に対応したモデルかという点も重要なポイントです。ガス管にはOD缶とCB缶という2つの種類があり、ガスバーナーによってどちらのガス缶に対応しているか異なります。そのため、ガスバーナーを選ぶ際にはどのガス缶に対応したモデルなのかという点も確認しましょう。

CB缶は家庭用ガスコンロでも使用される細長いガス缶のことです。スーパーやコンビニ、100均などで手軽にゲットできます。また価格も安価な点も特徴です。OD缶は丸型のガス缶でアウトドアの使用に適したものです。アウトドアでも燃料の出力が高く、アウトドアをより快適に行えます。しかし、OD缶はホームセンターやアウトドアショップに行かないと手に入らないため、購入するのに手間がかかるという点もあります。

火力もチェック

火がついたガスバーナーの画像

出典:PIXTA

ガスバーナーを選ぶ際にはどのくらいの火力があるのか確認しましょう。お湯を沸騰させたり、食材を焼いて料理をするのに火力があまりにも弱いと時間がかかってしまい大変です。ガスバーナーの火力は2,500kcal/h以上を基準にしてみてください。2,500kcal/hの火力があれば、アウトドアでもストレスなく、暖かい飲み物を作ったりできるため、ガスバーナーを選ぶ際にはどのくらいの火力があるかというポイントも重要です。

ガスバーナーのおすすめメーカー・ブランドを紹介

SOTO

SOTOのガスバーナーの画像

出典:楽天

キャンパーから高い人気を誇るSOTOのガスバーナー。一体型のシングルバーナーや分離型のシングルバーナー、ツーバーナーや3バーナーなどさまざまな種類のガスバーナーを展開しているため、自分の用途にあったガスバーナーを見つけることが可能です。また、耐風性に優れており、アウトドアでも安定して火を付けれる点も魅力のポイントとなっています。

ユニフレーム

ユニフレームのガスバーナーの画像

出典:Amazon

焚き火台で有名なユニフレームのガスバーナーもおすすめです。持ち運びに優れたミニバーナーやダッチオーブンでの調理も安心できるテーブルトップバーナーなどを展開しています。また、バーナーシートやウィンドスクリーン、クッカースタンドなどガスバーナーのオプションアイテムが充実している点も魅力の1つです。

一体型のガスバーナー人気おすすめ7選

分離型のガスバーナー人気おすすめ5選

ガスバーナーを使ってアウトドアをより快適に楽しもう!

アウトドアで便利に使えるガスバーナーについて紹介しました。シングルバーナーやツーバーナー、一体型や分離型などさまざまなガスバーナーがあります。アウトドアをする際の人数や持ち運びのことを考えて、自分の用途に適したガスバーナーを選んでみてください。ぜひ、この記事を参考にしてガスバーナーをゲットしましょう。
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪