リラックス度高し!リクライニング式アウトドアチェアおすすめ10選

 キャンプ用品

リクライニング

出典:Amazon

「コールマン」などのアウトドアブランドから多数販売されている、リラックスした姿勢で休めるアイテム「リクライニングチェア」。座り心地を体感したことはありますか?今回は人気のリクライニングチェアをピックアップ。コンパクトになるなどの魅力も解説します。


 目次


リクライニングできるアウトドアチェアの魅力・特徴

リクライニング

出典:Amazon

アウトドアに専用の携帯チェアを持参するキャンパーは多いですが、リクライニングチェアを体験したことはありますか?背もたれが大きく倒れ、通常のイスでは味わえないリラックスした姿勢で休める特徴的なアイテムです。

複数のアウトドアブランドから販売されていて、ちょっとした休憩にピッタリなものからベッド代わりになる寝心地の良いものまでさまざま。野外フェスなど小休憩を何度も取るような場面では背もたれのみ稼働するタイプ、夜に天体観測したいというユーザーにはフットレストまで一体化したベッドのようにリクライニングできるタイプなど、目的に合ったアイテムをチョイスできます。

お気に入りのリクライニングチェアでお昼寝したり、リラックスタイムを満喫したり、夜には星空をながめたりと大活躍。リクライニングチェアがあるだけでキャンプなどのアウトドアでののんびりと過ごす時間が極上のものになる、そんな魅力的なギアです。

リクライニングできるアウトドアチェアの種類と選び方のポイント

コンパクトな収束式か、安定感のある折りたたみ式か

折りたたみ

出典:Amazon

リクライニングチェアはアウトドアで使うことを目的としたアイテム。そのため現地に持ち運ぶために「使用時より小さくまとめられる」ことは必須です。大別すると、パイプイスのように折りたたむ「折りたたみ式」と、ポールを傘のようにまとめられる「収束式」の2つのタイプがあります。

「折りたたみ式」はチェアを2つに折りたたむタイプで、パンと張った座面や背もたれのリクライニングチェアで使われています。構造上どうしても背もたれ分の高さは出てしまいますが、幅は狭くまとまるのでちょっとした隙間に収納できる利点があります。

「収束式」は4本の脚を1カ所に収束させる方法で、ハンモックのように座面や背もたれがソフトなリクライニングチェアで使われています。まとめ方により高さや厚みは出てしまいますが、チェア自体が折りたたみ式のものより軽量な傾向があり、専用の収納袋が付属しているケースがほとんど。かついで持ち運ぶことが可能です。ちょっとしたスペースに立てかけることもできます。

大型の車で現地に移動したり、そもそも自宅で使うことを目的としているなら「折りたたみ式」。ソロキャンプなどで持ち込むアイテムをコンパクトにしたかったり、近所の運動会などに持ち運んだりするなら「収束式」がおすすめです。

ハイスタイルかロースタイルか

ロースタイル

出典:Amazon

ハイとローというのは座った時の座面が高いか低いか、ということ。それぞれメリットデメリットがあり、ユーザーの使用状況によってもおすすめが変わってきます。

ハイスタイルのメリットはキャンプテーブルを使った食事などで通常のイスのように使いまわせるところ。リクライニングチェアとしての機能に特化したタイプは向いていませんが、通常のイスと形状が似たタイプも多いです。キャンプに持ち込むアイテムを減らしたい場合、どちらにも使えるハイスタイルを選ぶのがおすすめ。また背もたれから足先までリクライニングに対応したフットレスト付きタイプはほぼハイスタイルなので、そういった「極上のリラックス」を求めるなら迷わずハイスタイルを選びましょう。

ロースタイルのメリットはまずハイスタイルよりも背もたれや足が短くコストも安いというところ。また、ハイスタイルタイプより軽量という点にも注目です。コストを抑えたい、楽に持ち運びたい、というキャンパーにおすすめ。座る位置が低くキャンプテーブルでの使用には向いていないのがデメリットですが、例えば焚き火を囲む団らんなどの足を投げ出して深く座るロースタイルにはピッタリです。

フットレストやドリンクホルダーなど

ドリンクホルダー

出典:Amazon

使用目的に合わせて「付いていたら良いな」と思うプラスアルファも重要なポイントです。フェスやスポーツ観戦では飲み物はすぐ近くに携帯したい、そんな時にはドリンクホルダーの付いたタイプがおすすめです。横になってしっかりと休憩したい場合、足もお腹と同じか少し高い位置に上げられると効果的。そんな時はフットレスト付きのタイプがベストです。

ほかにも背もたれにポケットが付いた収容能力があるものなど、ユーザー目線で便利な機能を付属させたリクライニングチェアは多数あります。購入の際は使いたいシーンを思い描いて、そういった追加要素も考慮してみましょう。

リクライニングできるアウトドアチェアのおすすめメーカー

コールマン

コールマン

出典:楽天

「コールマン」は1901年にランプのレンタル業からスタートしたブランドです。「真夜中の太陽」と称されたランタンの発明など素晴らしい功績をあげ、1960年代後半にキャンプ用品全般にラインを拡大。総合アウトドアメーカーとして現在も優良なアイテムを世に送り出しています。

そんな「コールマン」のリクライニングチェアは、人気の高い「インフィニティチェア」を筆頭に「確かな使い心地とコストパフォーマンスの良さ」が特徴です。この機能ならきっと高額では?と価格を確認すると手が届く値段といううれしいアイテム。愛されるのも納得です。

キャプテンスタッグ

キャプテンスタッグ

出典:楽天

「キャプテンスタッグ」は、カトラリーや調理器具で有名な「パール金属株式会社」のアウトドア部門として1976年にスタートし、2012年に「キャプテンスタッグ株式会社」として設立された日本のブランド。使いやすさ・購入しやすさを第1に考えたものづくりを続けています。

そんな「キャプテンスタッグ」のリクライニングチェアは他のブランドと比べてもかなりのコスパの良さが魅力。アウトドアになじむカラーや使い心地も優良で「リクライニングチェアの入門編」として強くおすすめできます。

【ハイスタイル】リクライニングできるアウトドアチェア7選

【ロースタイル】リクライニングできるアウトドアチェア3選

リクライニング式アウトドアチェアでリラックス

リクライニング

出典:Amazon

ユーザーに良質なリラックスを提供するリクライニングチェア。アウトドアでの休憩に、自宅での極上の癒やしに、ぜひ今回の記事を参考に素敵なアイテムをゲットしてください。

▼こちらの記事もどうぞ。
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪